PictureThis
camera identify
アプリを使う
tab list
ホーム 認識 アプリ
日本語
English
繁體中文
日本語
Español
Français
Deutsch
Pусский
Português
Italiano
한국어
Nederlands
العربية
Svenska
Polskie
ภาษาไทย
Bahasa Melayu
Bahasa Indonesia
アプリを入手
アプリを使用するとこのページはより良く表示されます
care_about care_about
概要
care_basic_guide care_basic_guide
基本のお世話
care_advanced_guide care_advanced_guide
高度なお世話
care_scenes care_scenes
より詳細なお世話ガイド
care_pet_and_diseases care_pet_and_diseases
害虫と病気
care_more_info care_more_info
詳しい情報
care_faq care_faq
サイトについて
care_new_plant care_new_plant
新たな植物のお世話

ナツボダイジュ(夏菩提樹)の世話の仕方

ナツボダイジュ(夏菩提樹)は温帯の市街地の街路樹や公園などに広く植栽されています。木は工芸品や薪などに、乾燥した花はハーブティーなどに利用されます。夏に咲く花には芳香性があり、ハチなどの虫の蜜源になります。
水やり
水やり
3週ごと
日照量
日照量
十分な日光
ナツボダイジュ(夏菩提樹)
ナツボダイジュ(夏菩提樹)
ナツボダイジュ(夏菩提樹)
ナツボダイジュ(夏菩提樹)
ナツボダイジュ(夏菩提樹)
care_basic_guide

基本のお世話ガイド

Cultivation:WaterDetail

ナツボダイジュ(夏菩提樹)の水のやり方は?

ナツボダイジュ(夏菩提樹)は耐乾性がなく、湿潤な土壌を好みますが、土壌に水が溜まることは好みません。雨が少なく、乾燥した天候で、蒸散量が多い春先には、水やりを増やす必要があります。雨の時期は水やりを止めましょう。開花期の初期と末期、および結実期には、十分に水をやりましょう。冬の初めに一度水をしっかりとやってから水やりを止め、横方向の成長と木化を促進します。
ナツボダイジュ(夏菩提樹)は根茎を深く発達させるため、一般的に成熟後は水やりを必要としません。しかし、長期間の干ばつに見舞われた場合は、水をやる必要があります。土壌が乾きやすい場合は、表面に有機マルチを敷くとよいでしょう。そうすることで、土壌の水分蒸発を抑制して、湿り気を保つことができます。
Cultivation:WaterDetail
waterreminders

二度とお世話を忘れません!

特製の便利なお世話の通知で、植物のお世話は今まで以上に簡単になりました。
ナツボダイジュ(夏菩提樹) 、どのような方法で水やりをすればよいのでしょうか?
根の発育をよくするために、株元にガーデンホースを置いておくとよいでしょう。葉には直接かからないようにし、屋外で直射日光に当たっている場合は、より多くの水やりが必要になることを知っておいてください。根を湿らせるために、各植物につけるバブラーを使うのもよいでしょう。また、植物を追加・削除する際には、庭やベッド全体を覆うことができるソーカーホースを使い、根を深く押し込むようにします。余分な水を切り、土が乾くのを待ってから水やりをしましょう。病気を予防するために、地面の高さに水やりをしましょう。晴れた日には、ブッシュ全体に水をかけるとよいでしょう。鉢植えでも地植えでも、ナツボダイジュ(夏菩提樹) 、軽い散水よりも深い水やりを好むことを覚えておいてください。
もっと読む more
ナツボダイジュ(夏菩提樹) 水が多すぎる/少なすぎる場合はどうしたらよいですか?
水を与えすぎたナツボダイジュ(夏菩提樹) は、葉が黄色くなり、落ちたり、しおれたりするようになります。また、植物がくすんで不健康に見え、茎がムズムズしているような兆候も見られます。これらの兆候が出始めたら、可能な限りスケジュールを調整するのがベストです。 また、水不足のサインでもあります。葉がパリパリに乾いてくるのに対し、水やりが過剰なものは葉が柔らかくしおれてくるのがわかるかもしれません。土が乾いていて、水やりが足りないときにチェックし、時間をおいて十分な水やりをしましょう。十分な水やりでナツボダイジュ(夏菩提樹) は再び回復しますが、それでも数日後には根が傷んでいるため、乾燥した葉や黄色い葉が現れるでしょう。しかし、根が傷んでいるため、数日後には乾燥し、葉が黄色くなることがあります。 ナツボダイジュ(夏菩提樹) を室内で栽培する場合は、常に鉢の水分レベルをチェックしてください。室内で水をやり過ぎないようにし、黒い斑点の兆候があるかどうかを確認します。その場合は、数日間水やりを控えて、鉢の中の土を乾燥させてください。 水のやりすぎは、植物に根腐れが存在することにつながります。このような場合、特に変色した根やぬるぬるした根が見られたら、別の鉢に移したほうがいいかもしれません。常に根腐れをできるだけ防ぎ、土がぬるぬるになりすぎないようにしましょう。 ナツボダイジュ(夏菩提樹) を屋外に植えるときは、少し深めに掘るとよいでしょう。指で確認して、土が乾きすぎていることに気づいたら、それは水不足の可能性があります。植物の回復のために、十分な水やりが必要です。
もっと読む more
ナツボダイジュ(夏菩提樹) 水やりはどのくらいの頻度で行えばよいのでしょうか?
ナツボダイジュ(夏菩提樹) は、深くて頻度の少ない水やりを好みます。特に鉢植えの場合は、毎回1ガロンの水に浸してあげたいところです。植木鉢の貯水量は限られており、土が早く乾いてしまうからです。寒冷地に住んでいる場合は、3~5日に1回の水やりが必要です。屋外でも屋内でも、土が乾いている早朝に水やりをしましょう。水やりが必要かどうかは、室内の土の状態を確認することでも判断できます。土の上部2~3インチが乾いていたら、満遍なく水を与える時期です。暑い日中は、暑さで鉢の中の土がすぐに乾いてしまうので、毎日水分をチェックする必要があるかもしれません。 また、庭がある場合は、土への灌水も必要です。暑い地域に住んでいるときは、週に1回程度の水やりがいいかもしれません。屋外でも室内でも、土の2~3センチほどが乾きすぎたと感じたときだけ水をやるようにしましょう。雨水が植物にかかる量を考慮し、根腐れを防ぐために雨水がかからないようにします。ナツボダイジュ(夏菩提樹) 、一般的に春と秋に成長します。屋外では、より多くの水を節約するために、約3〜4インチの深さのマルチングを追加する必要があります。 砂地は水はけが良いので、水やりの頻度を多くする必要があります。しかし、粘土質のものでは、あなたは植物を乾燥させるために2〜3日間行くことができ、任意の根腐れを開発しないように、この少ない頻度で水を供給する必要があります。水やりをして、葉が垂れ下がってきたと感じたら、カレンダーに日付を書き込んでおくとよいでしょう。これは、1日遅れている可能性があることを意味します。
もっと読む more
ナツボダイジュ(夏菩提樹) 、どれくらいの水を与えればいいのでしょうか?
ナツボダイジュ(夏菩提樹) 鉢植えの場合は、鉢の底から水が垂れてくるくらいまで深く水をやるとよいでしょう。その後、土が乾くのを待ってから、もう一度水をやります。1週間に植物に与えた量は、水計算機や水分計で調べるとよいでしょう。特に開花期にはたっぷりと水を与えますが、その後は根腐れを防ぐために水分を蒸発させてください。 ナツボダイジュ(夏菩提樹) が十分な降雨のある屋外に植えられている場合、追加の水やりは必要ないかもしれません。ナツボダイジュ(夏菩提樹) が若かったり、新しく植えられたりした場合は、週に1-2インチの雨がかかるようにしてください。ナツボダイジュ(夏菩提樹) が成長し続けると、雨量だけで生きていけるようになります。暑い日が続くときや、2-3週間雨が全く降らないときだけ、ナツボダイジュ(夏菩提樹) 、暑さによるダメージを防ぐために、涼しい時間帯にたっぷりと水やりをすることを検討してください。乾燥が続く場合は、さらに水やりが必要です。
もっと読む more
ナツボダイジュ(夏菩提樹) 、季節や気候によって水やりの頻度を調整したほうがいいのでしょうか?
ナツボダイジュ(夏菩提樹) が必要とするのは屋外での雨で、水やりが必要なのは乾燥が続くときだけです。春と秋の生育期には、土壌を湿らせておく必要がありますが、水浸しにはせず、乾燥と湿潤を交互に繰り返すことで、ナツボダイジュ(夏菩提樹) はよく育ちます。夏の間は、暑い気候のため水分の蒸発が早く、降雨がない場合は、水やりの頻度を増やし、水分を保つために余分に水を与える必要があります。 通常、ナツボダイジュ(夏菩提樹) 、冬は水が少なくて済みます。ナツボダイジュ(夏菩提樹) は葉を落として休眠状態に入るので、テラコッタのような水はけは良いが保湿性の高い混合土に入れておくと、水の蒸発が早くなります。ナツボダイジュ(夏菩提樹) 屋外栽培の場合、葉が落ちて休眠期に入ったら、水やりを完全に省略できます。ほとんどの場合、ナツボダイジュ(夏菩提樹) 、秋と冬の雨を頼りに、休眠期全体を乗り切ることができます。 春以降、気温が高くなったら、ナツボダイジュ(夏菩提樹) 、栽培して成長を促し、花を咲かせることができます。この植物は一般的に、花を咲かせるときに池や干ばつを好むわけではありません。特に冬場は、常に水はけが良い状態にしておく必要があります。 鉢植えの場合は、根の張りに限界があります。特に夏に鉢植えにした場合は、十分な水やりを心がけましょう。冷たく湿った根を嫌うので、特に成長途中の場合は、十分な水はけを与えてください。 ナツボダイジュ(夏菩提樹) 'sの水やりは、常にこまめに行うのがベストです。天候にもよりますが、少なくとも週に1、2回は根元全体を深く浸すようにしましょう。葉まで届くような浅い水やりは、一般的に菌類の繁殖を促し、根の奥まで届かないので避けたほうがよいでしょう。ナツボダイジュ(夏菩提樹) 'sがすでに休眠状態であっても、秋から冬にかけて完全に乾燥させないようにしましょう。 植物は一般的にあまり長い間水に浸かっているのを好まないので、植物を溺れさせないでください。土の水はけが悪いと、冬に枯れてしまうことがあります。また、ストレスを軽減し、水を節約し、健康な花を咲かせるために、可能な限りマルチングを施してください。
もっと読む more
ナツボダイジュ(夏菩提樹) 、季節や気候、生育期間によって水やりの際に気をつけるべきことはありますか?
地植えの場合、ナツボダイジュ(夏菩提樹) 、ほとんどが雨に頼っています。しかし、2-3週間雨が降らない場合は、深めの水やりをすることをきちんと考慮する必要があるかもしれません。ナツボダイジュ(夏菩提樹) 夏に水やりをする場合、午前中に行うようにするとよいでしょう。水温と根の温度差が大きいと、根にストレスがかかります。外が暑いときに水やりをするのは避けなければなりません。マルチングを始めるのは、地面があまり冷えていない春の間です。 植物の年齢も重要です。水不足は、植えたばかりの植物が成長しない最も一般的な理由の一つです。植え付けが完了したら、水やりを控えめにする必要があります。 特に土に保水性のある素材を使用している場合は、秋から冬にかけての水やりを減らしてください。冬の乾燥した風はそれらを乾燥させますし、植えたばかりのものは風の強い冬、夏、秋に乾燥の危険性があります。風が強い季節は、水やりの回数が増えるということです。鉢に植えたものは乾燥が早いので、水やりの回数が多くなりがちです。花が少なくなったのを確認したら、葉が乾き始める。 鉢植えは水やりが比較的複雑で、頻度も変動しやすい。鉢植えの植物が水の中に沈まないように常に気をつけましょう。受け皿やボウル、トレイのある容器に入れるのは避けましょう。秋に水をやりすぎると、葉がまだらになったり、黄色っぽくなったりすることがあります。現在の気候や季節に関係なく、常に水のやりすぎを防ぐようにするとよいでしょう。ナツボダイジュ(夏菩提樹) の花が咲き始める時期には、水やりの回数を増やしたくなるかもしれませんが、完全に成長したら休ませてください。 3~5日に一度、適量の水を与えますが、定期的に与えるのはやめましょう。鉢に指を突っ込んで土が乾いていることを確認し、適切な時期かどうかわからない場合は水分計を使いましょう。根腐れしすぎると枯れてしまうので、お住まいの地域の気候や季節に関係なく、水のやりすぎや水不足に注意しましょう。
もっと読む more
なぜ、ナツボダイジュ(夏菩提樹) 、水やりが重要なのでしょうか?
ナツボダイジュ(夏菩提樹) に水を与えることで、必要な栄養素を土から植物の他の部分に運ぶことができます。水やりの量を知っていれば、この種を健康に保つことができます。必要な水やりは、お住まいの地域の天候や植物の土壌によって異なります。 ナツボダイジュ(夏菩提樹) は湿った土壌で成長しますが、一般的に湛水には耐えられません。地植えの場合は十分なマルチングを行い、水やりが少なすぎるという罠には決して陥らないようにしてください。鉢植えの場合は、根元が湿っているくらいの水やりで、花を咲かせることができます。 葉を茂らせる場合は、10~20cmの深さまで水を与え、成長を継続させる必要があります。雨が降っているときは水やりを控え、雨水から必要な栄養を摂らせるようにしましょう。
もっと読む more
left right
Cultivation:FertilizerDetail

ナツボダイジュ(夏菩提樹)の肥料のやり方は?

植え付ける前に土壌に有機肥料または緩効性肥料を混ぜます。移植後は秋の初め頃まで、20日に1回窒素肥料を与えます。毎回たくさんの肥料を与える必要はありません。まんべんなく散布しましょう。成熟した木はそれほど肥料を必要としません。そのため、枝や葉の成長を促進し、植物の耐性を向上させるために、木の状態に応じてリンとカリウム肥料を追肥するとよいでしょう。土壌が肥沃であれば、肥料は必要ないかもしれません。
Cultivation:FertilizerDetail
ナツボダイジュ(夏菩提樹) なぜ肥料をやる必要があるのですか?
ナツボダイジュ(夏菩提樹) に肥料を与える必要があるのは、いくつかの重要な理由があるからです。これらの理由の中で最も明白なのは、肥料があなたのナツボダイジュ(夏菩提樹) が素敵な花を咲かせるのを助けるということです。春先に肥料を与えることは、あなたのナツボダイジュ(夏菩提樹) がその季節に素晴らしい花を咲かせることを確実にする最良の方法の一つです。 また、肥料は、あなたのナツボダイジュ(夏菩提樹) に、休眠中の成長段階で地中に蓄えることのできるエネルギーをたくさん与えます。秋の植え付け時や春の終わりに、ナツボダイジュ(夏菩提樹) に栄養を与えることで、ナツボダイジュ(夏菩提樹) がより多くのエネルギーを蓄え、活発な成長が再開したときに使用できるようにします。
もっと読む more
ナツボダイジュ(夏菩提樹) 肥料を与えるのに最も適した時期はいつですか?
ナツボダイジュ(夏菩提樹) の施肥は、タイミングが重要です。この時、ナツボダイジュ(夏菩提樹) がまだ休眠している間に、早すぎる肥料を使うと。この肥料は有効利用できず、雨水で流され、廃棄物や公害の原因になります。最初の施肥は、春先に行うのが望ましい。初夏まで月1回のペースで施肥を続けてください。
もっと読む more
ナツボダイジュ(夏菩提樹) いつ肥料をやらない方がいいのでしょうか?
ナツボダイジュ(夏菩提樹) 窒素が多すぎる肥料を与えると、葉はたくさん茂るが花はあまり咲かないということになりかねませんので、避けてください。他の栄養素に比べ、窒素の量が少ない肥料を探しましょう。 秋口以降に肥料を与えると、冬になる前に成長しすぎてしまうことがあるので、肥料は与えないようにしましょう。また、ナツボダイジュ(夏菩提樹) 、暑くて乾燥した時期には肥料を与えないようにしましょう。乾燥した土は、湿った土に比べて肥料を効果的に届けることができないからです。この時期に肥料を与えると、生育が促進され、より多くの水を必要とするようになり、水が足りなくなる可能性があります。肥料は、気温が低い季節の早い時期に与えるのがベストです。 最後に、ナツボダイジュ(夏菩提樹) 、近くの植物や芝生に施された肥料を吸収してしまうことがあります。そのため、うっかり樹木や芝生に二重の肥料を与えてしまわないように注意してください。
もっと読む more
私のナツボダイジュ(夏菩提樹) 、どのような肥料が必要ですか?
ナツボダイジュ(夏菩提樹) の理想的な肥料は、植物の三大栄養素が比較的バランスよく配合され、リンがやや多めに配合されているものです。また、コンポストやミミズ、肥料などの有機物を加えて、ナツボダイジュ(夏菩提樹) の土壌を改善する園芸家もいます。経験豊富な園芸家の中には、花芽が出始めたら、リンを含む水溶性肥料を1~2回補充する人もいます。こうすることで、花の発育がよくなり、より大きく、より長く咲かせることができるようになります。 肥料には様々な形があり、これらの形のほとんどは、あなたのナツボダイジュ(夏菩提樹) にうまく作用します。しかし、ナツボダイジュ(夏菩提樹) のための最もよい肥料のいくつかは液体か粉の形態で来ます。どちらの肥料を使用するにしても、肥料を希釈して、ナツボダイジュ(夏菩提樹) に水をやりながら与えるようにしてください。
もっと読む more
ナツボダイジュ(夏菩提樹) 肥料はどのように与えるのですか?
肥料の種類は必ず指示通りにし、栽培しているナツボダイジュ(夏菩提樹) に合った使い方を調べてください。ナツボダイジュ(夏菩提樹) に過剰な肥料を与えないことが重要で、適切な使用量を決定することが重要です。通常の経験則では、樹齢(わかっている場合)または幹の直径から、使用すべき肥料の量を理解することができます。1年につき10分の1ポンド、または幹の1インチにつき1ポンドの肥料を目安に、最大で1ポンドまでとします。 粒状肥料や血粉などの有機肥料は、樹木の根元からドリップライン(最も伸びた枝の下の空間)まで散布しますが、幹に肥料を接触させないようにします。しかし、幹に肥料が触れないようにします。時間が経つにつれて、粒が分解され、土に馴染んで根に吸収されます。肥料を与えた後は、木の根元に堆肥を1センチほどの深さで敷き詰め、十分に水を与えます。
もっと読む more
ナツボダイジュ(夏菩提樹) 肥料をやりすぎるとどうなるのでしょうか?
肥料はいつでも追加することができますが、余分な肥料は簡単に取り除くことができないので、肥料を与えすぎるよりも肥料不足の方がはるかによいです。ナツボダイジュ(夏菩提樹) 肥料を与えすぎると、葉の先端や縁が茶色くなったり、葉が黄色くなったり、しおれたり、場合によっては木の周りの土の表面に肥料塩の地肌が見えることがあります。このような状態は肥料焼けと呼ばれ、植物の細胞内に蓄積された塩分が多すぎるために起こります。窒素過多が問題である場合、ナツボダイジュ(夏菩提樹) 、葉はたくさん出ますが、窒素は葉の成長をサポートするため、花はあまり成長しません。 もし肥料をやりすぎてしまった場合は、ナツボダイジュ(夏菩提樹) の下の土の表層を取り除き、肥料が最も集中している場所を取り除いてみてはいかがでしょうか。その後、根の周りの肥料を取り除くために、大量の水やりでその部分を洗い流します。
もっと読む more
left right
Cultivation:SunlightDetail

ナツボダイジュ(夏菩提樹)に必要な日光は?

ナツボダイジュ(夏菩提樹)の木はたっぷりと日光に当たることを好み、1日3-6時間の日光を浴びるのが理想的です。家の日当たりの良い方向など、日光が十分に当たる屋外に植えることができます。十分な日光は木の光合成を促進して、成長を促進します。ナツボダイジュ(夏菩提樹)は半日陰でも正常に成長しますが、日照が少なすぎると花の数が減ることや、花が咲かなくなることさえあります。苗木は、さらに耐陰性があります。夏には日よけネットを設置して、小さな木を強い日差しから保護するよいでしょう。
Cultivation:SunlightDetail
lightmeter

植物に実際に当たる光を知りましょう。

スマホで植物に最適な場所を見つけて、最大限に健康にしましょう。
ナツボダイジュ(夏菩提樹) 健全な成長のためには、1日にどれくらいの時間、日光を浴びる必要がありますか?
健康な成長のためには、ナツボダイジュ(夏菩提樹) 、1日に少なくとも3~6時間の日照を確保するようにしてください。これは最低条件であり、日陰でも育つ植物がほとんどですが、光合成に必要な光量が少ないため、日当たりや日陰が必要な植物よりも柔軟性があります。
もっと読む more
ナツボダイジュ(夏菩提樹) はどのような日光を必要とするのでしょうか?
ナツボダイジュ(夏菩提樹) は、完全または部分的な日光に当てることで最高のパフォーマンスを発揮します。午前中の直射日光があれば最高のパフォーマンスを発揮しますが、夏には午後の強い日差しから保護する必要があります。温帯環境では、午後の強い日差しが強すぎると、葉が焼けてしまい、植物の外観と健康にダメージを与えることがあります。
もっと読む more
日光はナツボダイジュ(夏菩提樹) を傷つけますか?ナツボダイジュ(夏菩提樹) を日差しや熱のダメージから守るにはどうしたらいいですか?
ナツボダイジュ(夏菩提樹) 室内で植えたものは、屋外に移動させたときに直射日光で傷みやすくなります。日焼けのしすぎによる日焼けを防ぐには、日陰の場所から明るい場所に、少しずつ鉢を移動させるのが一番です。しかし、夏の日差しに慣れた植物でも、猛暑でダメージを受けることがあります。熱波では、植物が過度の暑さに対応できるよう、土の水分を一定に保つことが大切です。また、コンテナに植えた植物を午後から日陰になる場所に移動させたり、遮光布をかけたりすることで、異常気象の中でも繊細な植物(ナツボダイジュ(夏菩提樹) )を保護することができます。
もっと読む more
ナツボダイジュ(夏菩提樹) は日焼けを避ける必要があるのでしょうか?/ナツボダイジュ(夏菩提樹) を日差しから守る必要がありますか?
ナツボダイジュ(夏菩提樹) にとっては、明るい朝日や日差しを浴びることは非常に有益ですが、夏の厳しく暑い真昼の日差しは、手に負えないことがあります。 地植えの場合、夏の日差しは通常、ナツボダイジュ(夏菩提樹) がその強さに徐々に適応できるように、季節を通してゆっくりと強くなっていきます。しかし、室内や保護された場所にあった鉢植えは、一日のうちで最も暑い時間帯に突然直射日光が当たる場所に置かれると、しばしば傷んでしまう。 この植物を夏の午後の厳しい日差しから守るには、昼間に背の高い樹木や植物、建物や景観に遮られるような下層に植えるか置くとよいでしょう。
もっと読む more
ナツボダイジュ(夏菩提樹) 日照不足になるとどうなるのでしょうか?
ナツボダイジュ(夏菩提樹) 日当たりが悪すぎると、緑色が薄くなったり、黄色い葉が垂れてきたりすることがあります。葉が落ちるのは正常なことですが、葉が落ちても新しい葉が生えてこない場合は、何か問題がある証拠です。また、光量が不足しているにもかかわらず、ナツボダイジュ(夏菩提樹) 、新しい葉が伸びてきたとしても、その葉は細長く、青白く、虫に食われやすくなっています。これらの兆候に注意し、植物の照明条件を変更することで、大きな違いが生まれます。
もっと読む more
ナツボダイジュ(夏菩提樹) の成長段階によって、日照について特別な配慮が必要なのでしょうか?
柔らかい新しい葉は、特に日焼けに敏感です。このことを念頭に置いて、非常に若いナツボダイジュ(夏菩提樹) 、晩春から初夏にかけてのような強い成長段階にあるときは、成熟したものや秋の休眠期にあるものよりも、厳しい日差しや暑さに敏感になります。また、苗床から出たばかりのナツボダイジュ(夏菩提樹) 、強い完全な日光に備える準備ができていないことがほとんどなので、ゆっくりと日光に慣らすことが必要です。
もっと読む more
太陽光やナツボダイジュ(夏菩提樹) 、何か注意点やコツはありますか?
移植したばかりのナツボダイジュ(夏菩提樹) は、少しショックを受けることが多いので、午後の明るい日差しを遮るか、保護された場所に置くなどして、注意深く世話をする必要があります。暑い日には、ナツボダイジュ(夏菩提樹) の葉が垂れ下がっているのを見かけることがありますが、これは通常、心配する必要はありません。植物は葉に含まれる水分を根に送り込み、火傷から守ってくれます。しかし、夕方や翌朝になっても葉が垂れ下がっている場合は、植物が水を必要としています。日光が濡れた葉に当たって焦げやすいので、一日のうちで一番暑い時間帯の水やりは必ず避けましょう。 ナツボダイジュ(夏菩提樹) 水不足の植物は、常に湿っている土よりも弱くなります。そのため、根が弱くなり、夏の暑い日差しの中で葉を守るために、葉から水を逃がすことができなくなることがあります。水不足の植物には、長めに深めの水やりをし、次の水やりの前に土の上2インチを乾燥させることで対処します。葉がなくなっても、きちんと手入れをすれば、新しい葉が生えてきます。
もっと読む more
left right
Cultivation:PruningDetail

ナツボダイジュ(夏菩提樹)の剪定の仕方は?

ナツボダイジュ(夏菩提樹)の幹をまっすぐに保つには、植え付け後の最初の冬または2年目の春に、側枝と上向きに伸びているる枝の3分の1を剪定することを開始します。幹の高さが5 〜 6 mに達したら剪定を止めます。毎年春に、地面近くで発芽する幹の新芽や枝をなるべく早くきれいに切り落とします。さもなければ、これらの芽が栄養素を過剰に消費し、幹の成長に悪影響を与える可能性があります。
樹冠の形状を美しく整えるには、冬に剪定します。成長しすぎた側枝、混雑している細い枝を剪定し、病気になった枝や乾燥した枝を完全に除去しましょう。側枝の過剰な成長を制御して、20 cm程度にするには、初夏に側枝の頂芽を取り除きます。
Cultivation:PruningDetail
ナツボダイジュ(夏菩提樹) 剪定は必要ですか?
ナツボダイジュ(夏菩提樹) は比較的早く成長する性質があるにもかかわらず、あまり剪定を必要としません。日常的に剪定する必要はありませんが、時々剪定が必要です。 剪定は、この木を整頓し、病気や破損した葉を取り除くために行うことができます。また、ナツボダイジュ(夏菩提樹) 、形を整えるために剪定することができます。
もっと読む more
ナツボダイジュ(夏菩提樹) を剪定するのに最適な時期はいつですか?
ナツボダイジュ(夏菩提樹) は、必要に応じて剪定する必要があります。通常、これらの木は、傷んだ葉、黄変した葉、枯れた葉、枯れた葉を取り除くために剪定する必要があります。また、この植物は、混雑している芽や交差している芽を取り除くために剪定する必要があります。 ナツボダイジュ(夏菩提樹) の剪定に最適な時期は、晩冬から早春の間です。この時期は、剪定による植物へのダメージが最も少ない時期です。
もっと読む more
ナツボダイジュ(夏菩提樹) の剪定はどのようにすればよいのでしょうか?
ナツボダイジュ(夏菩提樹) の剪定は、何を見ればいいのかがわかれば、かなり簡単な作業です。剪定には鋭利な剪定ばさみが必要です。剪定ばさみで、木の傷んだ部分や病気の部分を取り除きます。 新芽が混み合ってきたり、交差し始めたりするのも見逃さず、取り除いてください。下枝の剪定はしないのが理想的です。下枝を残すことで、より自然で開放的な樹形となります。 また、下枝を残すことで、病気によるストレスや、吸盤の発生を防ぐことができます。
もっと読む more
ナツボダイジュ(夏菩提樹) 剪定した後はどうすればいいのでしょうか?
ナツボダイジュ(夏菩提樹) を剪定した後、特に守るべきことはありません。しかし、樹木から取り除いた病気の葉は、他の植物から離して処分することをお勧めします。これは、他の植物に病気が広がるのを防ぐためです。 ナツボダイジュ(夏菩提樹) を剪定した後、より早い成長を促すために、肥料処理を施してもよいでしょう。剪定後すぐに水やりをすると、傷口から真菌が侵入することがあるので、水やりはしないでください。
もっと読む more
ナツボダイジュ(夏菩提樹) の成長段階別の剪定で気をつけるべきことは?
ナツボダイジュ(夏菩提樹) の剪定に最適な時期は、晩冬から早春の間です。この時期は、剪定による植物へのダメージが最も少ない時期です。新芽が混み合ってきたり、交差し始めたりしたら、それを取り除いてください。下枝の剪定はしないのが理想的です。下枝を残すことで、より自然で開放的な樹形となります。そうすることで、風通しや採光がよくなり、病気の感染も抑えられ、ナツボダイジュ(夏菩提樹) 、より力強く成長することができます。枝を剪定するときは、強い枝を残し、弱い枝を取り除き、45度くらいに外側に伸びる健康な補助枝を残す必要があります。角度がつきすぎたり、小さすぎたりする枝は取り除く必要があります。枝の大きさが4分の3インチ以上の場合は剪定ノコが必要です。剪定は「枝の皮の隆起」から「枝の襟」の方向で行うと、治りがよくなります。ノコギリが必要な枝は「3回切り法」で剪定する必要があり、枝の皮が破れて幹に亀裂が入り、植物の回復に悪影響が出るのを防ぐことができます。 最後に、枯れたり傷んだりした部分を切り落とすだけで、可能な限りベストな状態を保つことができるのも魅力でしょう。これは一年中いつでも可能です。枯れたり傷んだりした茎は、土踏まずのところで切り、完全に取り除いてください。
もっと読む more
ナツボダイジュ(夏菩提樹) を剪定するときのコツはありますか?
ナツボダイジュ(夏菩提樹) について覚えておいていただきたいのは、定期的な剪定が必要ないことです。必要なときに必要なだけ剪定し、それ以上はしないほうが、木がよく育つ可能性が高いです。 さらに、この木の下枝は、ストレスによる病気が木を襲うのを防ぐために、そっとしておいた方が良いということも覚えておくとよいでしょう。 直径の異なる枝には、異なる剪定道具が必要です。樹高が高すぎる場合は、剪定を安全に行うか、専門家に依頼する必要があります。
もっと読む more
left right
close
care_advanced_guide

高度なお世話ガイド

Cultivation:WaterAndHardinessDetail

ナツボダイジュ(夏菩提樹)に適した温度の範囲はどこからどこまでですか?

ナツボダイジュ(夏菩提樹)の木は、穏やかで湿潤な生育環境を好み、非常に耐寒性があります。木は成長するために、湿った土壌でしっかりと水分を吸収する必要があります。ただし、冠水には耐性がありません。土壌に水が溜まっている状態が長く続くと、葉が落ちたり、根腐れが発生したりする可能性があります。また、乾燥している場所や沼地でもうまく育ちません。
Cultivation:WaterAndHardinessDetail
Cultivation:SoilDetail

ナツボダイジュ(夏菩提樹)にはどの土が最適ですか?

ナツボダイジュ(夏菩提樹)根系は深く広がり、肥沃で水はけの良好な土壌で最もよく発達します。この木は、痩せた土壌や、水浸しで通気性のない粘土質の土壌ではうまく成長しません。土壌が粘土質の場合は、粗砂を加えて透水性を改善しましょう。この木は中性よりもアルカリ性の土壌を好み、弱酸性の土壌でも成長します。ただし、湿地や塩分を含む土壌では育ちません。
Cultivation:SoilDetail
Cultivation:PlantingDetail

ナツボダイジュ(夏菩提樹)の植え方は?

ナツボダイジュ(夏菩提樹)の苗は園芸店で購入できます。苗を移植する必要がある場合は、春先に行いましょう。この時期は、苗が発芽して成長する準備ができており、根が回復して再生しやすいからです。春の初めから秋の終わりまでの通常の成長期の後、木は移植によるダメージから回復して冬を越す準備が整います。
ナツボダイジュ(夏菩提樹)を植え付けるには、太陽が当たる場所に深さ50 〜 60 cmの穴を掘って、十分な元肥を入れて植えるのが一番です。若木を植えた後は、土を埋め戻して固めるか、幹の根元に高さ10 cmほど土を盛って、若木の周りの土壌の湿気と温度を保ちます。それから、木に水をたっぷりとやり、土壌の湿気を保ち続けるために頻繁に世話をします。風で木が倒れてしまうことを防ぐために、棒や鉄のフレームを使って木を支えることもできます。
Cultivation:PlantingDetail
Cultivation:HarvestDetail

ナツボダイジュ(夏菩提樹)の収穫の仕方は?

ナツボダイジュ(夏菩提樹)の木は、わずかに柔らかいので作業しやすいです。この木は、家具全般の製造や室内の装飾などに使用可能で、他の用途の材料としても利用できます。ミツバチを飼っている場合は、シナノキ(リンデン)の花は蜂が蜜を集めるのに適しています。ナツボダイジュ(夏菩提樹)の蜜は豊富で高品質で、蜂蜜やお菓子を作るために使用できます。夏にシナノキの花を収獲し、乾燥させてリンデンティーを作ることもできます。
Cultivation:HarvestDetail
care_scenes

ナツボダイジュ(夏菩提樹)の成長と世話の詳細情報

基本のお世話ガイド
もっと見る
照明
十分な日光
ナツボダイジュ(夏菩提樹) 原産地は日当たりのよい草地や林縁など、十分な光量が得られる開放的な環境。日当たりのよい場所で生育するが、部分日照にも耐えることができ、さまざまな日照条件に適応する。
普段の最適な日光
風水の方角
南東
ナツボダイジュ(夏菩提樹) 南東向きの環境では、この植物がポジティブに調和するかもしれない。回復力と粘り強さの象徴として、その大きく頑丈な葉の構造は、東南に多く代表される「木」の要素を取り入れることができます。しかし、風水は相対的な学問であり、個人の経験や環境はそれぞれ異なります。
風水の詳細
care_pet_and_diseases

よくある害虫と病気

1000万件の実例に基づく、ナツボダイジュ(夏菩提樹)によく発生する問題
赤斑病
赤斑病 赤斑病
赤斑病
この感染が原因で植物に赤斑の斑点が発生します。
対処法: 赤斑病の症状が軽い場合は、治療しなくても問題ありません。しかし、葉の多くに斑紋ができてしまった場合には対処することをおすすめします。はじめのうちは自然農薬で対処し、必要に応じてより強力な合成化学殺菌剤を散布します。 自然農薬ではカビを殺せませんが、広がることを防げます。 小さじ1/2杯の重曹と小さじ1杯の液体石鹸を4.5リットルの水に溶かす。その混合液を入れたスプレーボトルで混合液が滴り落ちるまで葉の両面に散布する。既存の斑紋が大きくならず、新しく発生しなくなるまで、2週間ごとに繰り返す。 銅ベースの殺菌性石鹸を葉にスプレーし、葉の上面と下面をコーティングする。製品ラベルの指示に従って再塗布すること。銅は葉の表面に浸透し、胞子の発芽を防ぎ、カビが広がるのを防ぐ。 ラベルの指示に従って株全体に万能殺菌剤を散布すること。
葉の甲虫
葉の甲虫 葉の甲虫
葉の甲虫
リーフ・ビートルは、10~20mmの大きさの有色昆虫の一種。葉や花びらをかじるので、表面に小さな丸い穴が散在する。
対処法: 被害があまり深刻でない場合: 成虫、幼虫、卵を取り除きましょう。全てのライフステージのハムシを取り除き、温かい石鹸水の入ったバケツの中に入れて駆除します。バケツを被害を受けている葉の下に置いて植物を揺らすと、より簡単に駆除することができます。葉の甲虫の活動が活発になる午後に行うのが最も効果的です。虫が逃げて他の植物に被害が広がらないように、必ず密封された袋や容器に入れて処分してください。 より深刻な被害がある場合: 有機殺虫剤を使用しましょう。合成殺虫剤の前に、まずは天然由来の殺虫剤を使用してみましょう。ニーム油や除虫菊などの天然由来の殺虫剤を、ラベルに表記された指示に従って使用してみてください。 それでも駄目なら、合成殺虫剤を使用しましょう。ハムシ駆除に有効な殺虫剤の例としては、カルバリル、ペルメトリン、ビフェントリンなどがあります。殺虫剤はラベルに表記された指示に従って使用してください。
ケムシ/イモムシ
ケムシ/イモムシ ケムシ/イモムシ
ケムシ/イモムシ
毛虫は蛾や蝶の多肉質の幼虫で、さまざまな色、模様、毛並みをしています。葉や花弁をかじって、大きく不規則な形の穴をあけます。
対処法: 毛虫は多種多様ですが、どの種も植物をかじるので、大量発生すると深刻な被害を与えることがあります。 重症の場合には次のよう処置を行ってください。 殺虫剤を塗りましょう。有機溶剤である、Bacillus thuringiensis (Bt) をスプレーします。Btは蛾や蝶の幼虫期にのみ作用します。効果を得るためには、毛虫がBtを取り込む必要があるので、必ず植物全体をコーティングしてください。これは他の昆虫に害を与えません。 チリエキスをスプレーしましょう。唐辛子の種を煮て、毛虫が嫌う辛みのあるスプレーを作ることができます。この混合物を植物にスプレーしますが、人間にとっても辛いので注意してください。 益虫を使用しましょう。寄生蜂のような毛虫を食べる害虫を庭に放してください。 軽症の場合には次のよう処置を行ってください。 手で摘みましょう。手袋を使って、植物に付いた毛虫を取り除き、石けん水の入ったバケツに移して処分します。 珪藻土を撒きましょう。人体には無害ですが、毛虫を刺激することができます。そのため毛虫は、移動や食事がしにくくなります。
虫えい
虫えい 虫えい
虫えい
虫や病気が原因で葉に奇妙な突起が現れることがあり、さまざまな色や形の突起が現れることもあります。
対処法: 虫えいが発生すると、見た目が悪いため気になりますが、物理的には植物や樹木にほぼ悪影響を与えることはないため、化学的な処理は必要ありません。こぶの見た目が悪く処置したい場合は、滅菌した(10%に希釈した漂白剤を使用)演芸用はさみや高枝切りばさみで取り除きましょう。除去した植物のくずは、すべて廃棄または破棄してください。 害虫や病気を放っておくと長期的な被害をもたらすため、根本的な原因をみつけて治療する必要があります。害虫を特定した後は、個人の栽培方法の好みに応じて、自然または化学的療法を使い分けましょう。 害虫を自然に処理するには、殺虫剤入りの石けんを散布しましょう。水1リットルに対して大さじ1杯の殺虫剤をスプレーボトルに入れ、軽く混ぜます。裏側や上部もしっかりとかかるように注意しながら、葉から水滴が滴り落ちるまで植物全体にスプレーします。その後も2〜3日おきに再散布しましょう。 有機的に処理する場合は、天然由来の殺虫剤であるニームオイルを、ラベルの指示に従って、害虫が全滅するまで7日おきに散布します。 化学的に処理する場合は、殺虫剤を葉面に散布します。製品ラベルに記載されているメーカーの指示に従って散布してください。 真菌や細菌が原因の場合は、春に殺菌剤や銅系の殺菌剤を散布します。製品ラベルに記載されている投与方法に従って散布してください。
水不足
水不足 水不足
水不足
水分が不足すると、葉は枝の根元部分から徐々に黄色くなり、植物全体もしおれてきます。
対処法: 植物は乾いており、いますぐ水が必要です。 水やりで植物を復活させることができます。一番簡単な方法は、植物の土壌にゆっくりと水を注ぎ、表面全体が湿るようにすることです。水を速く注ぎすぎると、水は土壌全体に浸透する前に流れ出してしまいます。植木鉢に排水穴がない場合は、鉢の大きさの約3分の1を超える量の水を植物に与えないでください。植木鉢に排水穴がある場合は、土壌が完全に湿り、水が鉢の中を流れ出すまで、ゆっくりと水を与えることができます。 植物の見た目を良くするために黄色の葉を切り落とす場合は、植物の葉の3分の1以上を取り除かないでください。葉が枯れ落ちるまで待って、拾う方が良いかもしれません。
立ち枯れ病
立ち枯れ病 立ち枯れ病
立ち枯れ病
環境の急激な変化や、植物が通常の開花期を終えたために、花が乾いてしまうことがある。
対処法: 花が枯れてしまうのが加齢による自然な現象であれば、その過程を遅らせたり止めたりする方法はありません。植物内のホルモンがいったん老化プロセスを開始すると、それを元に戻すことはできないのです。 水不足の場合は、室温の雨水、ボトルに入れた湧水、ろ過した水道水などを用いて、すぐ水やりをしましょう。余分な水が鉢植えの底から出てくるまで水を与えましょう。地上に植えてある植物の場合は、土が浸水するまで水を与えますが、表面には水が溜まらないようにしましょう。 栄養不足の場合は、粒状または水溶性の液肥を使用しましょう。推奨量の約半分を土にまくことが最善です。葉につけないように、また、粒状のものは土へよく染み込むようにしてください。 植物が細菌や真菌に感染した場合、病気の植物を治す治療法はありません。最も良い方法は、感染した植物を取り除き、敷地外に廃棄してしまうことです。決して堆肥には入れないでください。
autodiagnose

植物の病気を治療して予防しましょう。

AIの植物ドクターは数秒で、あなたが植物の問題を診断するのを手助けします。
close
赤斑病
plant poor
赤斑病
この感染が原因で植物に赤斑の斑点が発生します。
概要
概要
葉の変色した斑点は植物の一般的な病気です。カビもしくは細菌が原因ですが、ほとんどの場合はカビの病原体が関係しています。
赤斑病は、すべての観葉植物、顕花植物、野菜、および木、茂みや低木の葉に発生します。すべての植物が感染する可能性をもち、暖湿な環境ではさらに感染しやすくなります。葉が存在する限り、あらゆる成長段階で発生しえます。
小さな茶色がかった斑点が葉に出て、進行するにつれて拡大します。重症の場合、病斑が光合成を妨害したり落葉したりすると、植物や樹木が衰弱します。
症状の分析
症状の分析
多くの場合赤斑病は全体のごく一部のみに発症し、少数の葉に出ます。症状が軽い場合は、株にわずかなストレスを与えるだけです。しかし、治療せずに放置し、何シーズンにもわたって症状が進行すると、感染した株の健康と収穫に深刻な影響を与えます。
  • 胞子形成が始まると(真菌胞子の繁殖)、葉に小さな斑点がつく。
  • 病気が雨滴を通して広がるので、発生はランダムに散らばる。
  • 葉裏や湿度の高い植物の内部に現れることがある。
  • 茶色の斑点は拡大し、他の斑点とくっついて、より目立つ斑点になる。
  • 葉の縁が黄色になることがある。
  • デッドスポットには小さな黒点(菌の子実体)が現れる。
  • 斑点は葉全体が茶色になるまで広がる。
  • 落葉する。
重度の症状
  • 部分的または全体が早い時期に落葉する。
  • 成長が遅れる、
  • 害虫やその他の病気の被害にあいやすくなる。
疾病の原因
疾病の原因
赤斑病、または斑点病とは、植物や木の葉に被害を出す複数の病気を総称した一般的な用語です。葉の斑点に関する病気の約85%は、カビまたは糸状菌によるものです。 赤斑病は、細菌感染、または同様の症状を伴う害虫によるものがあります。
暖かく、葉の表面が湿っているときに、風や雨によって運ばれるカビの胞子が表面に付着します。カビの胞子は細胞壁を破壊しませんが、植物の原形質膜と細胞壁の間で繁殖します。胞子が繁殖するにつれて、毒素と酵素を放出し、葉に壊死斑(すなわち、死んだ組織)を生じさせ、細胞が分解されたときに放出された生成物をカビが消費するようになります。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース そして すぐに使える大量のガイド...
qrcode
携帯のカメラでQRコードをスキャンするとアプリをダウンロードできます
葉の甲虫
plant poor
葉の甲虫
リーフ・ビートルは、10~20mmの大きさの有色昆虫の一種。葉や花びらをかじるので、表面に小さな丸い穴が散在する。
概要
概要
葉の甲虫の大きさは様々で、1.5 mmから2 cmまでの成虫が存在します。ハムシの成虫も幼虫も、多様な種類の植物の葉を食べます。葉の甲虫には35,000種類以上の種があり、金色、緑色、黄色の縞模様、赤い縞模様など様々な色や柄があります。ハムシの中には、その形や色から、テントウムシと間違えられるような外見のものもいます。楕円形や丸い形、細長い形の体を持っています。この害虫は、春と夏に最も活発に活動します。
ハムシは、駆除しなければ野菜や観葉植物に大きな被害を与えます。様々な植物の葉、花、茎、根、果実などを食べてしまうのです。また、飛ぶことができるので、植物から植物へと簡単に移動することができます。葉の甲虫には、特定の作物だけを食害する種もいれば、様々な種類の植物を食べる種もいます。被害の大半は表面上の傷に過ぎませんが、蔓延すると植物が弱り、他のより重大な病気にかかりやすくなってしまいます。
症状の分析
症状の分析
葉の甲虫の発生が確認できる最初の兆候としては、葉に、目に見えるほどの小さな穴が開くことが挙げられます。被害が進行すると、葉は変色し、黒いハムシの糞が見られるようになります。やがて葉が黄色や茶色に変色してくると、枯れ落ちてしまいます。中には葉脈だけが残ってスケルトンのようになる葉もあります。
春になると成虫が土の中から出てきて、植物の葉の上に卵を産みつけます。孵化すると、若い幼虫は葉をムシャムシャと食べながら成長していきます。体が大きくなり成虫となった葉の甲虫は地面に落ち、冬の間は土の中で蛹になり、また同じサイクルを繰り返します。
また、葉の甲虫は果物や野菜にも穴を開けて食べてしまいます。食害は小さな丸い穴として出現し、穴の周りには一回り大きい茶色い部分が見られることもあります。
対処法
対処法
被害があまり深刻でない場合:
  1. 成虫、幼虫、卵を取り除きましょう。全てのライフステージのハムシを取り除き、温かい石鹸水の入ったバケツの中に入れて駆除します。バケツを被害を受けている葉の下に置いて植物を揺らすと、より簡単に駆除することができます。葉の甲虫の活動が活発になる午後に行うのが最も効果的です。虫が逃げて他の植物に被害が広がらないように、必ず密封された袋や容器に入れて処分してください。
より深刻な被害がある場合:
  1. 有機殺虫剤を使用しましょう。合成殺虫剤の前に、まずは天然由来の殺虫剤を使用してみましょう。ニーム油や除虫菊などの天然由来の殺虫剤を、ラベルに表記された指示に従って使用してみてください。
  2. それでも駄目なら、合成殺虫剤を使用しましょう。ハムシ駆除に有効な殺虫剤の例としては、カルバリル、ペルメトリン、ビフェントリンなどがあります。殺虫剤はラベルに表記された指示に従って使用してください。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース そして すぐに使える大量のガイド...
qrcode
携帯のカメラでQRコードをスキャンするとアプリをダウンロードできます
ケムシ/イモムシ
plant poor
ケムシ/イモムシ
毛虫は蛾や蝶の多肉質の幼虫で、さまざまな色、模様、毛並みをしています。葉や花弁をかじって、大きく不規則な形の穴をあけます。
概要
概要
ケムシ/イモムシは家庭菜園に影響を与えてしまうことがあります。 害虫を駆除しなければ、害虫によってわずか数日のうちに葉がなくなってしまいます。一方で、毛虫は最終的に受粉や生態系全体にとって欠かせない美しい蝶や蛾になるため、家庭菜園家たちの悩みの種でもあります。
毛虫には何千もの種類があり、その多くは特定の植物だけを標的にしています。毛虫がトラブルを起こしている場合は、手で取り除くか、防虫ネットを使うことで、大切な植物を守ることができます。
症状の分析
症状の分析
ケムシ/イモムシは、蝶と蛾の幼虫です。暖かい季節には、庭を訪れる蝶や蛾は葉の裏側に卵を産みつけます。
小さな卵が孵化すると、若い幼虫が現れ、植物の葉を食べ始めます。孵化した幼虫の数にもよりますが、彼らは非常に短期間のうちに植物の葉を食べ尽くしてしまいます。ケムシ/イモムシは、この摂食サイクルの間に約4~5回、成長とともに脱皮します。
ケムシ/イモムシによって食べられた植物は、葉の穴によって確認できます。葉の縁が食べられてしまうこともありますし、花に影響が出ることもあります。
見つけやすいものもありますが、探さなければいけないものもあります。というのも、体が植物の一部のように隠れてしまっていることが多いからです。葉の裏側だけでなく、植物の茎に沿って注意深く観察しましょう。また、葉の裏側に白や黄色、茶色の小さな卵が群生していないか観察してください。
成長した毛虫はさなぎになります。それぞれの種によって定められた一定期間が経過した後、そのさなぎから蝶や蛾が出てきて、再びサイクルが始まるのです。
対処法
対処法
毛虫は多種多様ですが、どの種も植物をかじるので、大量発生すると深刻な被害を与えることがあります。
重症の場合には次のよう処置を行ってください。
  1. 殺虫剤を塗りましょう。有機溶剤である、Bacillus thuringiensis (Bt) をスプレーします。Btは蛾や蝶の幼虫期にのみ作用します。効果を得るためには、毛虫がBtを取り込む必要があるので、必ず植物全体をコーティングしてください。これは他の昆虫に害を与えません。
  2. チリエキスをスプレーしましょう。唐辛子の種を煮て、毛虫が嫌う辛みのあるスプレーを作ることができます。この混合物を植物にスプレーしますが、人間にとっても辛いので注意してください。
  3. 益虫を使用しましょう。寄生蜂のような毛虫を食べる害虫を庭に放してください。
軽症の場合には次のよう処置を行ってください。
  1. 手で摘みましょう。手袋を使って、植物に付いた毛虫を取り除き、石けん水の入ったバケツに移して処分します。
  2. 珪藻土を撒きましょう。人体には無害ですが、毛虫を刺激することができます。そのため毛虫は、移動や食事がしにくくなります。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース そして すぐに使える大量のガイド...
qrcode
携帯のカメラでQRコードをスキャンするとアプリをダウンロードできます
虫えい
plant poor
虫えい
虫や病気が原因で葉に奇妙な突起が現れることがあり、さまざまな色や形の突起が現れることもあります。
概要
概要
一般的な植物の炎症症状である虫えいは、木を含む様々な植物の葉や茎、枝、幹などに現れる、球状または塊状の腫瘍のようなものです。牡蠣の貝殻の中の砂の周りに真珠ができるように、潜在的な問題や刺激の周りに虫えいが形成され、植物の健康な部分を原因から分離しようとします。多くの場合、虫害や局部的な感染症の周りに形成されます。
症状の分析
症状の分析
植物の葉やその他の部分に、異常な塊が出現します。茶色もしくは鮮やかな色のこぶは、単純な構造のものから複雑な構造のものまで色々あります。
  • ほとんどの草本植物や樹木の葉に、虫こぶは発生し得ます。暖冬の後に最もよく発生します。害虫や病原菌が寒さのため死に絶えないためです。
  • 葉に発生するこぶは、葉が巻いているように見えたり、乳頭状の突起、水ぶくれ、毛せん(毛状の成長)のように見えたりし、葉の上面および下面に発生し得ます。
  • 芽や花にこぶが発生した場合は、その部分の大きさや形が変形します。
  • 茎や小枝にこぶが発生すると、小枝や茎に変形した成長をもたらします。わずかな腫れのようなものから、大きな節のような塊まで、症状は様々です。
  • こぶが養分を奪ってしまうため、植物の生育が悪くなることもあります
  • たくさんのこぶがあったり、長期間にわたって存在したりすると、長期的な被害が発生します
忘れてはならないのは、虫えい、特に葉に発生する虫こぶは非常に一般的な症状であるということです。虫こぶが時々植物に発生するのは特別なことではないため、虫こぶに気づいたからといって慌てる必要はありません。しかし、虫こぶが広範囲に発生したり、長期間にわたって発生したりした場合には、虫こぶを取り除くための処置が必要となります。
疾病の原因
疾病の原因
虫えいが発生する過程や、原因となる生物は数多く存在します。樹液を吸う虫が葉を食害時に発生、虫の卵が成長する過程で発生、真菌や細菌の感染に反応して発生する例が挙げられます。
最も一般的な原因は以下の通りです。
  • ダニや昆虫の食害や産卵:唾液などの分泌物により、植物に成長ホルモンを多く分泌させます。
  • ホルモンの分泌量が多いことにより、細胞数や細胞サイズが増大します(このため、成熟した植物は影響を受けない傾向があります。)。
  • 真菌の感染
  • 葉身や葉鞘に発生する虫えいは、真菌や細菌によるものが多いです。
  • 線虫も植物にこぶを発生させることがありますが、根に発生することが多いです。
  • ヤドリギなどの寄生植物は宿主にこぶを発生させます。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース そして すぐに使える大量のガイド...
qrcode
携帯のカメラでQRコードをスキャンするとアプリをダウンロードできます
水不足
plant poor
水不足
水分が不足すると、葉は枝の根元部分から徐々に黄色くなり、植物全体もしおれてきます。
症状の分析
症状の分析
植物の葉は水不足のため黄変しているところです。一番古い葉が最初に黄色に変わります。葉は縁から中央に向かって黄色になります。水不足のその他の兆候には、土壌がかなり乾燥していることや、鉢の端から離れていることなどがあります。
対処法
対処法
植物は乾いており、いますぐ水が必要です。
  1. 水やりで植物を復活させることができます。一番簡単な方法は、植物の土壌にゆっくりと水を注ぎ、表面全体が湿るようにすることです。水を速く注ぎすぎると、水は土壌全体に浸透する前に流れ出してしまいます。植木鉢に排水穴がない場合は、鉢の大きさの約3分の1を超える量の水を植物に与えないでください。植木鉢に排水穴がある場合は、土壌が完全に湿り、水が鉢の中を流れ出すまで、ゆっくりと水を与えることができます。
  2. 植物の見た目を良くするために黄色の葉を切り落とす場合は、植物の葉の3分の1以上を取り除かないでください。葉が枯れ落ちるまで待って、拾う方が良いかもしれません。
予防策
予防策
  1. 新しい植物を手に入れたら、その植物に合った水やりの方法を調べてください。植物に定期的に水やりをするのを忘れないようにリマインダーを設定しましょう。すべての植物が同じではないので、水やりスケジュールですべての植物を区別するようにしてください。
  2. 植物の根の近くに配置する長い測定器を備えた土壌水分計を購入することをお勧めします。頻繁にチェックして、土壌水分計が水やりが必要であると示したら、植物に水をやりましょう。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース そして すぐに使える大量のガイド...
qrcode
携帯のカメラでQRコードをスキャンするとアプリをダウンロードできます
立ち枯れ病
plant poor
立ち枯れ病
環境の急激な変化や、植物が通常の開花期を終えたために、花が乾いてしまうことがある。
概要
概要
花が弱ったり、垂れ下がったり、しおれたり、色あせたりして、回復できなくなってしまった状態を立ち枯れ病といいます。花が完全に乾燥するか枯れてしまうまで、しわくちゃになったり縮んだりして枯れていきます。
植物の種類や生育する気候にかかわらず、どの花も枯れることがあります。これは、室内用鉢植え植物、ハーブ、花を咲かせる観賞植物、樹木、低木、園芸野菜、食用作物など、世界中で広く起こりうる症状です。
しおれ(枯れることと混同されることが多い)とは異なり、花が枯れる原因はさまざまです。また多くの場合、原因は水不足だけではありません。重症化した場合、花が枯れることで植物全体が死に至ることもあります。
症状の分析
症状の分析
立ち枯れ病は、きわめて軽症の状態から始まって、花を殺してしまうほど重度な状態にまで進行します。症状の重症度は、原因と、症状が進行してから処置されるまでの期間により左右されます。
  • 花がしおれ垂れ下がります。
  • 花びらと葉がしわしわになり始めます。
  • 花弁や葉先に褐色の紙のような筋や斑点が現れます。
  • 花頭が小さくなります。
  • 花びらの色が薄くなります。
  • 葉が黄色くなります。
  • 花が完全に死んでしまいます。
疾病の原因
疾病の原因
立ち枯れ病の主な原因には、自然な老化、水分不足、栄養不足、細菌性または真菌性の病気などがあります。立ち枯れ病を見つけたら、根本的な原因を特定することが重要です。治療が可能であれば、最善の治療方針にたどり着く糸口となるためです。
土壌の水分量を調べ、栄養不足の兆しがないか植物全体をよく観察しましょう。どちらも原因に該当しない場合は、花の下の茎を切り開いてください。断面に茶色やさび色の汚れがある場合、細菌や真菌の感染であると考えてよいでしょう。
花が寿命の終わりに近づいている場合は、植物内の遺伝暗号により、老化を制御する植物ホルモンであるエチレンが増え、細胞の老化と死が進行します。細胞分裂は停止し、植物は、花の内部にあるエネルギーを分解し始め、そのエネルギーは植物の他の部位で消費されます。
上記以外の立ち枯れ病の原因としては、植物が防衛機構として茎を封鎖し、維管束系内の輸送を停止するときに起こります。これは、花から水分が失われるのを防ぐだけでなく、細菌や真菌が植物の健康な部分に感染するのを防ぐ目的があります。水と栄養の輸送が止まると、花はしおれ始め、最終的には枯れてしまいます。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース そして すぐに使える大量のガイド...
qrcode
携帯のカメラでQRコードをスキャンするとアプリをダウンロードできます
care_more_info

ナツボダイジュ(夏菩提樹)の詳細

種類
種類
高木
形態
形態
多年生
樹冠の直径
樹冠の直径
9 〜 15 m
開花時期
開花時期
晩春, 夏
花の色
花の色
葉の色
葉の色
花の直径
花の直径
7 〜 11 cm
草丈
草丈
18 〜 24 m
plantfinder

あなたにピッタリな植物を見つけます。

植物の種類やペットへの安全、技術水準、場所など、あなたの基準に基づいた緑のオアシスを計画しましょう。
care_faq

よくある質問

強い風でナツボダイジュ(夏菩提樹)が傾いたり倒れたりしないようにするにはどうすればよいですか?

more more
苗木が移植されたばかりのときは、根は完全には定着していません。したがって、苗木は強い風で簡単に傾いたり倒れたりしてしまいます。複数の棒や鉄製のパイプとフレームを使って、苗木が倒れないように支えることができます。支柱と幹が接触する部分に干し草や布を入れて、幹が支柱によって傷つかないようにしましょう。
care_new_plant

新たな植物のお世話

new-plant
次の花の咲く植物の写真とガイドは新たな環境に植物が適応し、元気に育つことを手助けします。
more
1
健康な花の咲く植物を選ぶ
check-health

健康状態を確認しましょう

part-image-bg part-image
植物の全体
左右対称の樹冠、均等に分布した枝、充実したコンパクトな形状、過剰な成長がない、節間が近い、葉の大きさが均一である。
part-image-bg part-image
未開封の花蕾がたくさん付いていて、揺すっても簡単に落ちず、花弁に病斑や萎れが見られない。
part-image-bg part-image
枝が枯れておらず、幹に穴が開いていたり、損傷がない。
part-image-bg part-image
株元にカビや褐変、軟腐病がないこと。
part-image-bg part-image
植物の内側、日陰や重なる部分、葉の裏を確認する。色が均一か、黄ばんでいないか、茶色の斑点がないか、虫が這っていないか、蜘蛛の巣がないか、変形していないか、しおれていないか。
health-trouble

健康状態のトラブル解決

植物の全体
trouble-image
more 1 クラウンが非対称であったり、欠落していたり、枝ぶりが不揃いである: 非対称のクラウンの大きい部分の弱くて細い枝を剪定し、その後、伸びすぎた大きい枝を刈り込みます。
trouble-image
more 2 節間が上部ほど長く、葉はまばらで上部ほど小さい: 光量や時間を増やす。
trouble-image
more 1 乾いた枝: 樹皮の一部を剥がして枝が生きているかどうかを確認し、乾燥した枝は切り落とす。枝の内側に虫の侵入の跡がないか、注意してください。
trouble-image
more 2 穴の開いたバーク: の穴に殺虫剤を注入し、根に浸透性殺虫剤を塗布する。
trouble-image
more 3 破損した樹皮: をブラシで塗り、傷を治す薬剤を塗って、濡らさないようにします。
trouble-image
根元にカビ、褐変、軟腐病が発生する: を風通しのよい乾燥した環境に置き、殺菌剤で水やりをします。
trouble-image
more 1 すでに多くの花が咲いています: 開花期間を長くするために、環境中の温度を下げましょう。枯れてきた花は適時剪定し、養分の枯渇を防ぐ。
trouble-image
more 2 花芽が落ちる: 温度は15〜25℃に保ち、明るい日陰に置き、水やりはこまめに行い、肥料は与えないようにしましょう。
trouble-image
more 3 花弁に斑点や病気がある: 花びらに直接水をかけることは避けてください。
trouble-image
more 4 花がしおれる: 水分が多すぎたり、乾燥しすぎている土は避けてください。指で土を触ったとき、しっとりとした感触があるが、指に水の跡が残らない程度がよい。
trouble-image
more 1 葉の色にムラがある、黄ばんでいる: 黄葉を剪定し、株元に腐敗の兆候がないか確認する。重症の場合は殺菌剤を散布する。
trouble-image
more 2 茶色の斑点や小さな黄色の斑点がある: は風通しの良い場所に置き、葉への水やりは控える。重症の場合は殺菌剤を散布してください。
trouble-image
more 3 葉の裏や葉の間のクモの巣に小さな這う昆虫がいます: 光照射を増やし、重症の場合は殺虫剤を散布する。
trouble-image
more 4 葉に変形や欠落がある: は、物理的なダメージか害虫の侵入かを判断します。線状や裂け目の被害は物理的なもので、それ以外は害虫の発生です。殺虫剤を散布する。
trouble-image
more 5 葉っぱが枯れる: は部分的に日陰を作り、過度の日射しを避ける。重症の場合は葉の1/3~1/2を切除する。
autodiagnose

植物の病気を治療して予防しましょう。

AIの植物ドクターは数秒で、あなたが植物の問題を診断するのを手助けします。
check-condition

生育条件を確認しましょう

check
土の確認
土は雨上がりのような爽やかな香りがして、カビ臭さがないことが大切です。
check
光量の確認
植物が必要とする光量を確認し、それが植える場所と一致しているかどうかを確認する。
check
風通しの確認
換気をよくしてください。
check
気温の確認
外気温が植物に適していることを確認する。
condition-trouble

生育条件のトラブル解決

check
白亜質, 壌土
土壌がカビ臭くなったり、悪臭を放つ: は、根が腐っていないか確認し、風通しのよい乾燥した環境に置き、殺菌剤を入れて水やりします。
check
適温
温度が低すぎる: 一時的に室内に移し、気温が上がったら屋外に出す。
check
風通し
十分な風通し
非風通しの環境: 根腐れ、病気、花落ちの原因になります。死角を避けて風通しの良い場所に植物を配置する。
check
適切な光量
十分な日光, 半日陰
光量が足りない: 開花期は適度に減光するが、完全な遮光環境にはしない。開花後は通常の栽培環境に移行する。開花・結実期間が長い植物では、短縮しないように通常の光を与えてください。
移植の回復: 移植後の鉢植えは、一時的に遮光し、1週間後に異常な落下や枯れがなければ、通常の光に移します。地植えの場合は、1週間ほど遮光し、その後通常の光に移すか、水やりに注意してください。
more
2
新たな花の咲く植物を導入する
ステップ1
condition-image
植え替え
鉢植え - 開花期を過ぎてから植え替えをする。 地植え - 根を傷つけないように、また土を落とさないように、直接植える。
もっと見る show-more
ステップ2
condition-image
剪定
残った花、黄色い葉、枯れた葉を剪定する。それ以外の剪定はしない。
もっと見る show-more
ステップ3
condition-image
水やり
適切な水やりをしてください。新しく移植した植物や購入した植物には、少なくとも2週間は土が常に湿っているように、より頻繁に水を与えます。過湿は避け、土に触れて指に水がついたら水をやらないようにしましょう。水不足や過湿は、植物の花や実を落とす原因になります。
もっと見る show-more
ステップ4
condition-image
肥料
購入直後は肥料を与えないでください。2週間後に半分の濃度で肥料を与えてください。
もっと見る show-more
lightmeter

植物に実際に当たる光を知りましょう。

スマホで植物に最適な場所を見つけて、最大限に健康にしましょう。
label
main-image
ナツボダイジュ(夏菩提樹)
label-image
植え替え
鉢植えの植え替え: 花が終わるのを待つ。 地植えの植物を植え替える:根や土を傷つけないように注意する。
label-image
剪定
残っている花や、黄色い葉、枯れた葉を剪定する。それ以外の剪定はしない。
label-image
水やり
新しい植物には、2週間は水やりの回数を増やします。土の状態を確認しながら、水やりの過不足がないようにしましょう。
label-image
肥料
購入直後は肥料を与えないでください。2週間後に半分の濃度で肥料を与えてください。
label-image
日当たり
開花の長い植物は、通常の光が必要です。移植した株は1週間ほど遮光し、その後通常の光に移します。
label
main-image
ナツボダイジュ(夏菩提樹)
label-image
植え替え
鉢植えの植え替え: 花が終わるのを待つ。 地植えの植物を植え替える:根や土を傷つけないように注意する。
label-image
剪定
残っている花や、黄色い葉、枯れた葉を剪定する。それ以外の剪定はしない。
label-image
水やり
新しい植物には、2週間は水やりの回数を増やします。土の状態を確認しながら、水やりの過不足がないようにしましょう。
label-image
肥料
購入直後は肥料を与えないでください。2週間後に半分の濃度で肥料を与えてください。
label-image
日当たり
開花の長い植物は、通常の光が必要です。移植した株は1週間ほど遮光し、その後通常の光に移します。
plant

ポケットの中の植物学者

plant
plant

App

plant
close
product icon
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース そして すぐに使える大量のガイド...
究極の植物ガイド
判定し、よりよく育て、世話をする!
product icon
17,000種の在来植物と400,000種の世界の植物が研究されました
product icon
約5年間もの調査
product icon
80人以上の植物学とガーデニングの学者
ad
ad
ポケットの中の植物学者
Scan the QR code with your phone camera to download the app
close
title
ポケットの中の植物学者
qrcode
QRコードをスキャンしてダウンロード
概要
基本のお世話
高度なお世話
より詳細なお世話ガイド
害虫と病気
詳しい情報
サイトについて
新たな植物のお世話
ナツボダイジュ(夏菩提樹)
ナツボダイジュ(夏菩提樹)
ナツボダイジュ(夏菩提樹)
ナツボダイジュ(夏菩提樹)
ナツボダイジュ(夏菩提樹)

ナツボダイジュ(夏菩提樹)の世話の仕方

ナツボダイジュ(夏菩提樹)は温帯の市街地の街路樹や公園などに広く植栽されています。木は工芸品や薪などに、乾燥した花はハーブティーなどに利用されます。夏に咲く花には芳香性があり、ハチなどの虫の蜜源になります。
水やり
3週ごと
水やり
日照量
十分な日光
日照量
care_basic_guide

基本のお世話ガイド

Cultivation:WaterDetail

ナツボダイジュ(夏菩提樹)の水のやり方は?

Cultivation:WaterDetail
ナツボダイジュ(夏菩提樹)は耐乾性がなく、湿潤な土壌を好みますが、土壌に水が溜まることは好みません。雨が少なく、乾燥した天候で、蒸散量が多い春先には、水やりを増やす必要があります。雨の時期は水やりを止めましょう。開花期の初期と末期、および結実期には、十分に水をやりましょう。冬の初めに一度水をしっかりとやってから水やりを止め、横方向の成長と木化を促進します。
ナツボダイジュ(夏菩提樹)は根茎を深く発達させるため、一般的に成熟後は水やりを必要としません。しかし、長期間の干ばつに見舞われた場合は、水をやる必要があります。土壌が乾きやすい場合は、表面に有機マルチを敷くとよいでしょう。そうすることで、土壌の水分蒸発を抑制して、湿り気を保つことができます。
waterreminders

二度とお世話を忘れません!

特製の便利なお世話の通知で、植物のお世話は今まで以上に簡単になりました。
ナツボダイジュ(夏菩提樹) 、どのような方法で水やりをすればよいのでしょうか?
more
ナツボダイジュ(夏菩提樹) 水が多すぎる/少なすぎる場合はどうしたらよいですか?
more
ナツボダイジュ(夏菩提樹) 水やりはどのくらいの頻度で行えばよいのでしょうか?
more
ナツボダイジュ(夏菩提樹) 、どれくらいの水を与えればいいのでしょうか?
more
もっと見る more
Cultivation:FertilizerDetail

ナツボダイジュ(夏菩提樹)の肥料のやり方は?

Cultivation:FertilizerDetail
植え付ける前に土壌に有機肥料または緩効性肥料を混ぜます。移植後は秋の初め頃まで、20日に1回窒素肥料を与えます。毎回たくさんの肥料を与える必要はありません。まんべんなく散布しましょう。成熟した木はそれほど肥料を必要としません。そのため、枝や葉の成長を促進し、植物の耐性を向上させるために、木の状態に応じてリンとカリウム肥料を追肥するとよいでしょう。土壌が肥沃であれば、肥料は必要ないかもしれません。
ナツボダイジュ(夏菩提樹) なぜ肥料をやる必要があるのですか?
more
ナツボダイジュ(夏菩提樹) 肥料を与えるのに最も適した時期はいつですか?
more
ナツボダイジュ(夏菩提樹) いつ肥料をやらない方がいいのでしょうか?
more
私のナツボダイジュ(夏菩提樹) 、どのような肥料が必要ですか?
more
もっと見る more
Cultivation:SunlightDetail

ナツボダイジュ(夏菩提樹)に必要な日光は?

Cultivation:SunlightDetail
ナツボダイジュ(夏菩提樹)の木はたっぷりと日光に当たることを好み、1日3-6時間の日光を浴びるのが理想的です。家の日当たりの良い方向など、日光が十分に当たる屋外に植えることができます。十分な日光は木の光合成を促進して、成長を促進します。ナツボダイジュ(夏菩提樹)は半日陰でも正常に成長しますが、日照が少なすぎると花の数が減ることや、花が咲かなくなることさえあります。苗木は、さらに耐陰性があります。夏には日よけネットを設置して、小さな木を強い日差しから保護するよいでしょう。
lightmeter

植物に実際に当たる光を知りましょう。

スマホで植物に最適な場所を見つけて、最大限に健康にしましょう。
ナツボダイジュ(夏菩提樹) 健全な成長のためには、1日にどれくらいの時間、日光を浴びる必要がありますか?
more
ナツボダイジュ(夏菩提樹) はどのような日光を必要とするのでしょうか?
more
日光はナツボダイジュ(夏菩提樹) を傷つけますか?ナツボダイジュ(夏菩提樹) を日差しや熱のダメージから守るにはどうしたらいいですか?
more
ナツボダイジュ(夏菩提樹) は日焼けを避ける必要があるのでしょうか?/ナツボダイジュ(夏菩提樹) を日差しから守る必要がありますか?
more
もっと見る more
Cultivation:PruningDetail

ナツボダイジュ(夏菩提樹)の剪定の仕方は?

Cultivation:PruningDetail
ナツボダイジュ(夏菩提樹)の幹をまっすぐに保つには、植え付け後の最初の冬または2年目の春に、側枝と上向きに伸びているる枝の3分の1を剪定することを開始します。幹の高さが5 〜 6 mに達したら剪定を止めます。毎年春に、地面近くで発芽する幹の新芽や枝をなるべく早くきれいに切り落とします。さもなければ、これらの芽が栄養素を過剰に消費し、幹の成長に悪影響を与える可能性があります。
樹冠の形状を美しく整えるには、冬に剪定します。成長しすぎた側枝、混雑している細い枝を剪定し、病気になった枝や乾燥した枝を完全に除去しましょう。側枝の過剰な成長を制御して、20 cm程度にするには、初夏に側枝の頂芽を取り除きます。
ナツボダイジュ(夏菩提樹) 剪定は必要ですか?
more
ナツボダイジュ(夏菩提樹) を剪定するのに最適な時期はいつですか?
more
ナツボダイジュ(夏菩提樹) の剪定はどのようにすればよいのでしょうか?
more
ナツボダイジュ(夏菩提樹) 剪定した後はどうすればいいのでしょうか?
more
もっと見る more
close
care_advanced_guide

高度なお世話ガイド

Cultivation:WaterAndHardinessDetail

ナツボダイジュ(夏菩提樹)に適した温度の範囲はどこからどこまでですか?

Cultivation:WaterAndHardinessDetail
ナツボダイジュ(夏菩提樹)の木は、穏やかで湿潤な生育環境を好み、非常に耐寒性があります。木は成長するために、湿った土壌でしっかりと水分を吸収する必要があります。ただし、冠水には耐性がありません。土壌に水が溜まっている状態が長く続くと、葉が落ちたり、根腐れが発生したりする可能性があります。また、乾燥している場所や沼地でもうまく育ちません。
Cultivation:SoilDetail

ナツボダイジュ(夏菩提樹)にはどの土が最適ですか?

Cultivation:SoilDetail
ナツボダイジュ(夏菩提樹)根系は深く広がり、肥沃で水はけの良好な土壌で最もよく発達します。この木は、痩せた土壌や、水浸しで通気性のない粘土質の土壌ではうまく成長しません。土壌が粘土質の場合は、粗砂を加えて透水性を改善しましょう。この木は中性よりもアルカリ性の土壌を好み、弱酸性の土壌でも成長します。ただし、湿地や塩分を含む土壌では育ちません。
Cultivation:PlantingDetail

ナツボダイジュ(夏菩提樹)の植え方は?

Cultivation:PlantingDetail
ナツボダイジュ(夏菩提樹)の苗は園芸店で購入できます。苗を移植する必要がある場合は、春先に行いましょう。この時期は、苗が発芽して成長する準備ができており、根が回復して再生しやすいからです。春の初めから秋の終わりまでの通常の成長期の後、木は移植によるダメージから回復して冬を越す準備が整います。
ナツボダイジュ(夏菩提樹)を植え付けるには、太陽が当たる場所に深さ50 〜 60 cmの穴を掘って、十分な元肥を入れて植えるのが一番です。若木を植えた後は、土を埋め戻して固めるか、幹の根元に高さ10 cmほど土を盛って、若木の周りの土壌の湿気と温度を保ちます。それから、木に水をたっぷりとやり、土壌の湿気を保ち続けるために頻繁に世話をします。風で木が倒れてしまうことを防ぐために、棒や鉄のフレームを使って木を支えることもできます。
Cultivation:HarvestDetail

ナツボダイジュ(夏菩提樹)の収穫の仕方は?

Cultivation:HarvestDetail
ナツボダイジュ(夏菩提樹)の木は、わずかに柔らかいので作業しやすいです。この木は、家具全般の製造や室内の装飾などに使用可能で、他の用途の材料としても利用できます。ミツバチを飼っている場合は、シナノキ(リンデン)の花は蜂が蜜を集めるのに適しています。ナツボダイジュ(夏菩提樹)の蜜は豊富で高品質で、蜂蜜やお菓子を作るために使用できます。夏にシナノキの花を収獲し、乾燥させてリンデンティーを作ることもできます。
care_scenes

ナツボダイジュ(夏菩提樹)の成長と世話の詳細情報

基本のお世話ガイド
もっと見る
care_pet_and_diseases

よくある害虫と病気

1000万件の実例に基づく、ナツボダイジュ(夏菩提樹)によく発生する問題
赤斑病
赤斑病 赤斑病 赤斑病
この感染が原因で植物に赤斑の斑点が発生します。
対処法: 赤斑病の症状が軽い場合は、治療しなくても問題ありません。しかし、葉の多くに斑紋ができてしまった場合には対処することをおすすめします。はじめのうちは自然農薬で対処し、必要に応じてより強力な合成化学殺菌剤を散布します。 自然農薬ではカビを殺せませんが、広がることを防げます。 小さじ1/2杯の重曹と小さじ1杯の液体石鹸を4.5リットルの水に溶かす。その混合液を入れたスプレーボトルで混合液が滴り落ちるまで葉の両面に散布する。既存の斑紋が大きくならず、新しく発生しなくなるまで、2週間ごとに繰り返す。 銅ベースの殺菌性石鹸を葉にスプレーし、葉の上面と下面をコーティングする。製品ラベルの指示に従って再塗布すること。銅は葉の表面に浸透し、胞子の発芽を防ぎ、カビが広がるのを防ぐ。 ラベルの指示に従って株全体に万能殺菌剤を散布すること。
Learn More About the 赤斑病 more
葉の甲虫
葉の甲虫 葉の甲虫 葉の甲虫
リーフ・ビートルは、10~20mmの大きさの有色昆虫の一種。葉や花びらをかじるので、表面に小さな丸い穴が散在する。
対処法: 被害があまり深刻でない場合: 成虫、幼虫、卵を取り除きましょう。全てのライフステージのハムシを取り除き、温かい石鹸水の入ったバケツの中に入れて駆除します。バケツを被害を受けている葉の下に置いて植物を揺らすと、より簡単に駆除することができます。葉の甲虫の活動が活発になる午後に行うのが最も効果的です。虫が逃げて他の植物に被害が広がらないように、必ず密封された袋や容器に入れて処分してください。 より深刻な被害がある場合: 有機殺虫剤を使用しましょう。合成殺虫剤の前に、まずは天然由来の殺虫剤を使用してみましょう。ニーム油や除虫菊などの天然由来の殺虫剤を、ラベルに表記された指示に従って使用してみてください。 それでも駄目なら、合成殺虫剤を使用しましょう。ハムシ駆除に有効な殺虫剤の例としては、カルバリル、ペルメトリン、ビフェントリンなどがあります。殺虫剤はラベルに表記された指示に従って使用してください。
Learn More About the 葉の甲虫 more
ケムシ/イモムシ
ケムシ/イモムシ ケムシ/イモムシ ケムシ/イモムシ
毛虫は蛾や蝶の多肉質の幼虫で、さまざまな色、模様、毛並みをしています。葉や花弁をかじって、大きく不規則な形の穴をあけます。
対処法: 毛虫は多種多様ですが、どの種も植物をかじるので、大量発生すると深刻な被害を与えることがあります。 重症の場合には次のよう処置を行ってください。 殺虫剤を塗りましょう。有機溶剤である、Bacillus thuringiensis (Bt) をスプレーします。Btは蛾や蝶の幼虫期にのみ作用します。効果を得るためには、毛虫がBtを取り込む必要があるので、必ず植物全体をコーティングしてください。これは他の昆虫に害を与えません。 チリエキスをスプレーしましょう。唐辛子の種を煮て、毛虫が嫌う辛みのあるスプレーを作ることができます。この混合物を植物にスプレーしますが、人間にとっても辛いので注意してください。 益虫を使用しましょう。寄生蜂のような毛虫を食べる害虫を庭に放してください。 軽症の場合には次のよう処置を行ってください。 手で摘みましょう。手袋を使って、植物に付いた毛虫を取り除き、石けん水の入ったバケツに移して処分します。 珪藻土を撒きましょう。人体には無害ですが、毛虫を刺激することができます。そのため毛虫は、移動や食事がしにくくなります。
Learn More About the ケムシ/イモムシ more
虫えい
虫えい 虫えい 虫えい
虫や病気が原因で葉に奇妙な突起が現れることがあり、さまざまな色や形の突起が現れることもあります。
対処法: 虫えいが発生すると、見た目が悪いため気になりますが、物理的には植物や樹木にほぼ悪影響を与えることはないため、化学的な処理は必要ありません。こぶの見た目が悪く処置したい場合は、滅菌した(10%に希釈した漂白剤を使用)演芸用はさみや高枝切りばさみで取り除きましょう。除去した植物のくずは、すべて廃棄または破棄してください。 害虫や病気を放っておくと長期的な被害をもたらすため、根本的な原因をみつけて治療する必要があります。害虫を特定した後は、個人の栽培方法の好みに応じて、自然または化学的療法を使い分けましょう。 害虫を自然に処理するには、殺虫剤入りの石けんを散布しましょう。水1リットルに対して大さじ1杯の殺虫剤をスプレーボトルに入れ、軽く混ぜます。裏側や上部もしっかりとかかるように注意しながら、葉から水滴が滴り落ちるまで植物全体にスプレーします。その後も2〜3日おきに再散布しましょう。 有機的に処理する場合は、天然由来の殺虫剤であるニームオイルを、ラベルの指示に従って、害虫が全滅するまで7日おきに散布します。 化学的に処理する場合は、殺虫剤を葉面に散布します。製品ラベルに記載されているメーカーの指示に従って散布してください。 真菌や細菌が原因の場合は、春に殺菌剤や銅系の殺菌剤を散布します。製品ラベルに記載されている投与方法に従って散布してください。
Learn More About the 虫えい more
水不足
水不足 水不足 水不足
水分が不足すると、葉は枝の根元部分から徐々に黄色くなり、植物全体もしおれてきます。
対処法: 植物は乾いており、いますぐ水が必要です。 水やりで植物を復活させることができます。一番簡単な方法は、植物の土壌にゆっくりと水を注ぎ、表面全体が湿るようにすることです。水を速く注ぎすぎると、水は土壌全体に浸透する前に流れ出してしまいます。植木鉢に排水穴がない場合は、鉢の大きさの約3分の1を超える量の水を植物に与えないでください。植木鉢に排水穴がある場合は、土壌が完全に湿り、水が鉢の中を流れ出すまで、ゆっくりと水を与えることができます。 植物の見た目を良くするために黄色の葉を切り落とす場合は、植物の葉の3分の1以上を取り除かないでください。葉が枯れ落ちるまで待って、拾う方が良いかもしれません。
Learn More About the 水不足 more
立ち枯れ病
立ち枯れ病 立ち枯れ病 立ち枯れ病
環境の急激な変化や、植物が通常の開花期を終えたために、花が乾いてしまうことがある。
対処法: 花が枯れてしまうのが加齢による自然な現象であれば、その過程を遅らせたり止めたりする方法はありません。植物内のホルモンがいったん老化プロセスを開始すると、それを元に戻すことはできないのです。 水不足の場合は、室温の雨水、ボトルに入れた湧水、ろ過した水道水などを用いて、すぐ水やりをしましょう。余分な水が鉢植えの底から出てくるまで水を与えましょう。地上に植えてある植物の場合は、土が浸水するまで水を与えますが、表面には水が溜まらないようにしましょう。 栄養不足の場合は、粒状または水溶性の液肥を使用しましょう。推奨量の約半分を土にまくことが最善です。葉につけないように、また、粒状のものは土へよく染み込むようにしてください。 植物が細菌や真菌に感染した場合、病気の植物を治す治療法はありません。最も良い方法は、感染した植物を取り除き、敷地外に廃棄してしまうことです。決して堆肥には入れないでください。
Learn More About the 立ち枯れ病 more
autodiagnose

植物の病気を治療して予防しましょう。

AIの植物ドクターは数秒で、あなたが植物の問題を診断するのを手助けします。
close
赤斑病
plant poor
赤斑病
この感染が原因で植物に赤斑の斑点が発生します。
概要
概要
葉の変色した斑点は植物の一般的な病気です。カビもしくは細菌が原因ですが、ほとんどの場合はカビの病原体が関係しています。
赤斑病は、すべての観葉植物、顕花植物、野菜、および木、茂みや低木の葉に発生します。すべての植物が感染する可能性をもち、暖湿な環境ではさらに感染しやすくなります。葉が存在する限り、あらゆる成長段階で発生しえます。
小さな茶色がかった斑点が葉に出て、進行するにつれて拡大します。重症の場合、病斑が光合成を妨害したり落葉したりすると、植物や樹木が衰弱します。
症状の分析
症状の分析
多くの場合赤斑病は全体のごく一部のみに発症し、少数の葉に出ます。症状が軽い場合は、株にわずかなストレスを与えるだけです。しかし、治療せずに放置し、何シーズンにもわたって症状が進行すると、感染した株の健康と収穫に深刻な影響を与えます。
  • 胞子形成が始まると(真菌胞子の繁殖)、葉に小さな斑点がつく。
  • 病気が雨滴を通して広がるので、発生はランダムに散らばる。
  • 葉裏や湿度の高い植物の内部に現れることがある。
  • 茶色の斑点は拡大し、他の斑点とくっついて、より目立つ斑点になる。
  • 葉の縁が黄色になることがある。
  • デッドスポットには小さな黒点(菌の子実体)が現れる。
  • 斑点は葉全体が茶色になるまで広がる。
  • 落葉する。
重度の症状
  • 部分的または全体が早い時期に落葉する。
  • 成長が遅れる、
  • 害虫やその他の病気の被害にあいやすくなる。
疾病の原因
疾病の原因
赤斑病、または斑点病とは、植物や木の葉に被害を出す複数の病気を総称した一般的な用語です。葉の斑点に関する病気の約85%は、カビまたは糸状菌によるものです。 赤斑病は、細菌感染、または同様の症状を伴う害虫によるものがあります。
暖かく、葉の表面が湿っているときに、風や雨によって運ばれるカビの胞子が表面に付着します。カビの胞子は細胞壁を破壊しませんが、植物の原形質膜と細胞壁の間で繁殖します。胞子が繁殖するにつれて、毒素と酵素を放出し、葉に壊死斑(すなわち、死んだ組織)を生じさせ、細胞が分解されたときに放出された生成物をカビが消費するようになります。
対処法
対処法
赤斑病の症状が軽い場合は、治療しなくても問題ありません。しかし、葉の多くに斑紋ができてしまった場合には対処することをおすすめします。はじめのうちは自然農薬で対処し、必要に応じてより強力な合成化学殺菌剤を散布します。
自然農薬ではカビを殺せませんが、広がることを防げます。
  1. 小さじ1/2杯の重曹と小さじ1杯の液体石鹸を4.5リットルの水に溶かす。その混合液を入れたスプレーボトルで混合液が滴り落ちるまで葉の両面に散布する。既存の斑紋が大きくならず、新しく発生しなくなるまで、2週間ごとに繰り返す。
  2. 銅ベースの殺菌性石鹸を葉にスプレーし、葉の上面と下面をコーティングする。製品ラベルの指示に従って再塗布すること。銅は葉の表面に浸透し、胞子の発芽を防ぎ、カビが広がるのを防ぐ。
  3. ラベルの指示に従って株全体に万能殺菌剤を散布すること。
予防策
予防策
他の多くの病気と同様に、赤斑病は治療するよりも予防​​する方が簡単で、手入れを通して行います。
  • 菌類やバクテリアが越冬する可能性のある場所を最小限に抑えるために、冬の前に地面から落ち葉を取り除く。
  • 株を適切な間隔で植えて、風通しをよくする。
  • 剪定により、株の中心付近の風通しをよくする。
  • 病気の植物を処理した剪定道具は徹底的に掃除する。
  • 病気の植物材料を堆肥にしないこと。
  • 葉が湿りすぎないように、株の上からの水やりは避ける。
  • 適切な日光、水、肥料を与えて、株の健康を保つこと。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース
すぐに使える大量のガイド...
close
葉の甲虫
plant poor
葉の甲虫
リーフ・ビートルは、10~20mmの大きさの有色昆虫の一種。葉や花びらをかじるので、表面に小さな丸い穴が散在する。
概要
概要
葉の甲虫の大きさは様々で、1.5 mmから2 cmまでの成虫が存在します。ハムシの成虫も幼虫も、多様な種類の植物の葉を食べます。葉の甲虫には35,000種類以上の種があり、金色、緑色、黄色の縞模様、赤い縞模様など様々な色や柄があります。ハムシの中には、その形や色から、テントウムシと間違えられるような外見のものもいます。楕円形や丸い形、細長い形の体を持っています。この害虫は、春と夏に最も活発に活動します。
ハムシは、駆除しなければ野菜や観葉植物に大きな被害を与えます。様々な植物の葉、花、茎、根、果実などを食べてしまうのです。また、飛ぶことができるので、植物から植物へと簡単に移動することができます。葉の甲虫には、特定の作物だけを食害する種もいれば、様々な種類の植物を食べる種もいます。被害の大半は表面上の傷に過ぎませんが、蔓延すると植物が弱り、他のより重大な病気にかかりやすくなってしまいます。
症状の分析
症状の分析
葉の甲虫の発生が確認できる最初の兆候としては、葉に、目に見えるほどの小さな穴が開くことが挙げられます。被害が進行すると、葉は変色し、黒いハムシの糞が見られるようになります。やがて葉が黄色や茶色に変色してくると、枯れ落ちてしまいます。中には葉脈だけが残ってスケルトンのようになる葉もあります。
春になると成虫が土の中から出てきて、植物の葉の上に卵を産みつけます。孵化すると、若い幼虫は葉をムシャムシャと食べながら成長していきます。体が大きくなり成虫となった葉の甲虫は地面に落ち、冬の間は土の中で蛹になり、また同じサイクルを繰り返します。
また、葉の甲虫は果物や野菜にも穴を開けて食べてしまいます。食害は小さな丸い穴として出現し、穴の周りには一回り大きい茶色い部分が見られることもあります。
対処法
対処法
被害があまり深刻でない場合:
  1. 成虫、幼虫、卵を取り除きましょう。全てのライフステージのハムシを取り除き、温かい石鹸水の入ったバケツの中に入れて駆除します。バケツを被害を受けている葉の下に置いて植物を揺らすと、より簡単に駆除することができます。葉の甲虫の活動が活発になる午後に行うのが最も効果的です。虫が逃げて他の植物に被害が広がらないように、必ず密封された袋や容器に入れて処分してください。
より深刻な被害がある場合:
  1. 有機殺虫剤を使用しましょう。合成殺虫剤の前に、まずは天然由来の殺虫剤を使用してみましょう。ニーム油や除虫菊などの天然由来の殺虫剤を、ラベルに表記された指示に従って使用してみてください。
  2. それでも駄目なら、合成殺虫剤を使用しましょう。ハムシ駆除に有効な殺虫剤の例としては、カルバリル、ペルメトリン、ビフェントリンなどがあります。殺虫剤はラベルに表記された指示に従って使用してください。
予防策
予防策
葉の甲虫の発生を防ぐには、以下の手順を実行してください。
  1. 定期的にハムシがいないか確認しましょう。大規模な害虫の発生を防ぐために、積極的に植物に害虫が付いていないかこまめにチェックし、見つけたらすぐに取り除くようにしましょう。
  2. ゴミを取り除きましょう。雑草やゴミを取り除き、ハムシが越冬したり隠れたりする場所を極力無くしましょう。
  3. 自然の捕食者を呼び寄せましょう。スズメバチやテントウムシなどの昆虫や鳥は、葉の甲虫にとって自然界の捕食者です。彼らの生息地や餌となるような多種多様な植物を取り入れて、来てもらうよう仕向けましょう。また、益虫に被害を加え殺してしまう可能性のある広域除草剤の散布は避けましょう。
  4. 香りのあるハーブを植えましょう。ミントやニンニク、ローズマリーなどのことで、葉の甲虫を撃退することができます。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース
すぐに使える大量のガイド...
close
ケムシ/イモムシ
plant poor
ケムシ/イモムシ
毛虫は蛾や蝶の多肉質の幼虫で、さまざまな色、模様、毛並みをしています。葉や花弁をかじって、大きく不規則な形の穴をあけます。
概要
概要
ケムシ/イモムシは家庭菜園に影響を与えてしまうことがあります。 害虫を駆除しなければ、害虫によってわずか数日のうちに葉がなくなってしまいます。一方で、毛虫は最終的に受粉や生態系全体にとって欠かせない美しい蝶や蛾になるため、家庭菜園家たちの悩みの種でもあります。
毛虫には何千もの種類があり、その多くは特定の植物だけを標的にしています。毛虫がトラブルを起こしている場合は、手で取り除くか、防虫ネットを使うことで、大切な植物を守ることができます。
症状の分析
症状の分析
ケムシ/イモムシは、蝶と蛾の幼虫です。暖かい季節には、庭を訪れる蝶や蛾は葉の裏側に卵を産みつけます。
小さな卵が孵化すると、若い幼虫が現れ、植物の葉を食べ始めます。孵化した幼虫の数にもよりますが、彼らは非常に短期間のうちに植物の葉を食べ尽くしてしまいます。ケムシ/イモムシは、この摂食サイクルの間に約4~5回、成長とともに脱皮します。
ケムシ/イモムシによって食べられた植物は、葉の穴によって確認できます。葉の縁が食べられてしまうこともありますし、花に影響が出ることもあります。
見つけやすいものもありますが、探さなければいけないものもあります。というのも、体が植物の一部のように隠れてしまっていることが多いからです。葉の裏側だけでなく、植物の茎に沿って注意深く観察しましょう。また、葉の裏側に白や黄色、茶色の小さな卵が群生していないか観察してください。
成長した毛虫はさなぎになります。それぞれの種によって定められた一定期間が経過した後、そのさなぎから蝶や蛾が出てきて、再びサイクルが始まるのです。
対処法
対処法
毛虫は多種多様ですが、どの種も植物をかじるので、大量発生すると深刻な被害を与えることがあります。
重症の場合には次のよう処置を行ってください。
  1. 殺虫剤を塗りましょう。有機溶剤である、Bacillus thuringiensis (Bt) をスプレーします。Btは蛾や蝶の幼虫期にのみ作用します。効果を得るためには、毛虫がBtを取り込む必要があるので、必ず植物全体をコーティングしてください。これは他の昆虫に害を与えません。
  2. チリエキスをスプレーしましょう。唐辛子の種を煮て、毛虫が嫌う辛みのあるスプレーを作ることができます。この混合物を植物にスプレーしますが、人間にとっても辛いので注意してください。
  3. 益虫を使用しましょう。寄生蜂のような毛虫を食べる害虫を庭に放してください。
軽症の場合には次のよう処置を行ってください。
  1. 手で摘みましょう。手袋を使って、植物に付いた毛虫を取り除き、石けん水の入ったバケツに移して処分します。
  2. 珪藻土を撒きましょう。人体には無害ですが、毛虫を刺激することができます。そのため毛虫は、移動や食事がしにくくなります。
予防策
予防策
既に発生してしまった害虫を駆除するよりも、予防を試みましょう。予防は次のようにして行います。
  1. 植物をよく観察しましょう。植物の葉に毛虫の卵がないか定期的にチェックしてください。絶滅危惧種でなければ、駆除してしまいましょう。
  2. 防虫ネットを使いましょう。防虫ネットで植物を覆い、蝶や蛾が植物に卵を産まないようにしましょう。
  3. 珪藻土を撒きましょう。珪藻土は初期段階から使用し、雨が降った後には再び撒きましょう。
  4. 多種多様な植物を育てましょう。これにより、寄生蜂などの捕食性昆虫を引き寄せることができます。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース
すぐに使える大量のガイド...
close
虫えい
plant poor
虫えい
虫や病気が原因で葉に奇妙な突起が現れることがあり、さまざまな色や形の突起が現れることもあります。
概要
概要
一般的な植物の炎症症状である虫えいは、木を含む様々な植物の葉や茎、枝、幹などに現れる、球状または塊状の腫瘍のようなものです。牡蠣の貝殻の中の砂の周りに真珠ができるように、潜在的な問題や刺激の周りに虫えいが形成され、植物の健康な部分を原因から分離しようとします。多くの場合、虫害や局部的な感染症の周りに形成されます。
症状の分析
症状の分析
植物の葉やその他の部分に、異常な塊が出現します。茶色もしくは鮮やかな色のこぶは、単純な構造のものから複雑な構造のものまで色々あります。
  • ほとんどの草本植物や樹木の葉に、虫こぶは発生し得ます。暖冬の後に最もよく発生します。害虫や病原菌が寒さのため死に絶えないためです。
  • 葉に発生するこぶは、葉が巻いているように見えたり、乳頭状の突起、水ぶくれ、毛せん(毛状の成長)のように見えたりし、葉の上面および下面に発生し得ます。
  • 芽や花にこぶが発生した場合は、その部分の大きさや形が変形します。
  • 茎や小枝にこぶが発生すると、小枝や茎に変形した成長をもたらします。わずかな腫れのようなものから、大きな節のような塊まで、症状は様々です。
  • こぶが養分を奪ってしまうため、植物の生育が悪くなることもあります
  • たくさんのこぶがあったり、長期間にわたって存在したりすると、長期的な被害が発生します
忘れてはならないのは、虫えい、特に葉に発生する虫こぶは非常に一般的な症状であるということです。虫こぶが時々植物に発生するのは特別なことではないため、虫こぶに気づいたからといって慌てる必要はありません。しかし、虫こぶが広範囲に発生したり、長期間にわたって発生したりした場合には、虫こぶを取り除くための処置が必要となります。
疾病の原因
疾病の原因
虫えいが発生する過程や、原因となる生物は数多く存在します。樹液を吸う虫が葉を食害時に発生、虫の卵が成長する過程で発生、真菌や細菌の感染に反応して発生する例が挙げられます。
最も一般的な原因は以下の通りです。
  • ダニや昆虫の食害や産卵:唾液などの分泌物により、植物に成長ホルモンを多く分泌させます。
  • ホルモンの分泌量が多いことにより、細胞数や細胞サイズが増大します(このため、成熟した植物は影響を受けない傾向があります。)。
  • 真菌の感染
  • 葉身や葉鞘に発生する虫えいは、真菌や細菌によるものが多いです。
  • 線虫も植物にこぶを発生させることがありますが、根に発生することが多いです。
  • ヤドリギなどの寄生植物は宿主にこぶを発生させます。
対処法
対処法
虫えいが発生すると、見た目が悪いため気になりますが、物理的には植物や樹木にほぼ悪影響を与えることはないため、化学的な処理は必要ありません。こぶの見た目が悪く処置したい場合は、滅菌した(10%に希釈した漂白剤を使用)演芸用はさみや高枝切りばさみで取り除きましょう。除去した植物のくずは、すべて廃棄または破棄してください。
害虫や病気を放っておくと長期的な被害をもたらすため、根本的な原因をみつけて治療する必要があります。害虫を特定した後は、個人の栽培方法の好みに応じて、自然または化学的療法を使い分けましょう。
  • 害虫を自然に処理するには、殺虫剤入りの石けんを散布しましょう。水1リットルに対して大さじ1杯の殺虫剤をスプレーボトルに入れ、軽く混ぜます。裏側や上部もしっかりとかかるように注意しながら、葉から水滴が滴り落ちるまで植物全体にスプレーします。その後も2〜3日おきに再散布しましょう。
  • 有機的に処理する場合は、天然由来の殺虫剤であるニームオイルを、ラベルの指示に従って、害虫が全滅するまで7日おきに散布します。
  • 化学的に処理する場合は、殺虫剤を葉面に散布します。製品ラベルに記載されているメーカーの指示に従って散布してください。
  • 真菌や細菌が原因の場合は、春に殺菌剤や銅系の殺菌剤を散布します。製品ラベルに記載されている投与方法に従って散布してください。
予防策
予防策
よくある虫えいの原因と対処法:
  • 生育期の終わりには落ち葉をかき集め、落ち葉やその他の植物のくずを処分し、虫えいの原因となる菌や生物が越冬できる場所を排除しましょう。
  • 肥料を与えすぎると植物がストレスを受け、害虫が発生しやすくなるので、肥料を与えすぎないようにしてください。
  • 植物に十分な水を与え、干ばつによるストレスを防ぎましょう。
  • 石油精製油を春先に散布し、葉を食べる虫を駆除しましょう。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース
すぐに使える大量のガイド...
close
水不足
plant poor
水不足
水分が不足すると、葉は枝の根元部分から徐々に黄色くなり、植物全体もしおれてきます。
症状の分析
症状の分析
植物の葉は水不足のため黄変しているところです。一番古い葉が最初に黄色に変わります。葉は縁から中央に向かって黄色になります。水不足のその他の兆候には、土壌がかなり乾燥していることや、鉢の端から離れていることなどがあります。
対処法
対処法
植物は乾いており、いますぐ水が必要です。
  1. 水やりで植物を復活させることができます。一番簡単な方法は、植物の土壌にゆっくりと水を注ぎ、表面全体が湿るようにすることです。水を速く注ぎすぎると、水は土壌全体に浸透する前に流れ出してしまいます。植木鉢に排水穴がない場合は、鉢の大きさの約3分の1を超える量の水を植物に与えないでください。植木鉢に排水穴がある場合は、土壌が完全に湿り、水が鉢の中を流れ出すまで、ゆっくりと水を与えることができます。
  2. 植物の見た目を良くするために黄色の葉を切り落とす場合は、植物の葉の3分の1以上を取り除かないでください。葉が枯れ落ちるまで待って、拾う方が良いかもしれません。
予防策
予防策
  1. 新しい植物を手に入れたら、その植物に合った水やりの方法を調べてください。植物に定期的に水やりをするのを忘れないようにリマインダーを設定しましょう。すべての植物が同じではないので、水やりスケジュールですべての植物を区別するようにしてください。
  2. 植物の根の近くに配置する長い測定器を備えた土壌水分計を購入することをお勧めします。頻繁にチェックして、土壌水分計が水やりが必要であると示したら、植物に水をやりましょう。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース
すぐに使える大量のガイド...
close
立ち枯れ病
plant poor
立ち枯れ病
環境の急激な変化や、植物が通常の開花期を終えたために、花が乾いてしまうことがある。
概要
概要
花が弱ったり、垂れ下がったり、しおれたり、色あせたりして、回復できなくなってしまった状態を立ち枯れ病といいます。花が完全に乾燥するか枯れてしまうまで、しわくちゃになったり縮んだりして枯れていきます。
植物の種類や生育する気候にかかわらず、どの花も枯れることがあります。これは、室内用鉢植え植物、ハーブ、花を咲かせる観賞植物、樹木、低木、園芸野菜、食用作物など、世界中で広く起こりうる症状です。
しおれ(枯れることと混同されることが多い)とは異なり、花が枯れる原因はさまざまです。また多くの場合、原因は水不足だけではありません。重症化した場合、花が枯れることで植物全体が死に至ることもあります。
症状の分析
症状の分析
立ち枯れ病は、きわめて軽症の状態から始まって、花を殺してしまうほど重度な状態にまで進行します。症状の重症度は、原因と、症状が進行してから処置されるまでの期間により左右されます。
  • 花がしおれ垂れ下がります。
  • 花びらと葉がしわしわになり始めます。
  • 花弁や葉先に褐色の紙のような筋や斑点が現れます。
  • 花頭が小さくなります。
  • 花びらの色が薄くなります。
  • 葉が黄色くなります。
  • 花が完全に死んでしまいます。
疾病の原因
疾病の原因
立ち枯れ病の主な原因には、自然な老化、水分不足、栄養不足、細菌性または真菌性の病気などがあります。立ち枯れ病を見つけたら、根本的な原因を特定することが重要です。治療が可能であれば、最善の治療方針にたどり着く糸口となるためです。
土壌の水分量を調べ、栄養不足の兆しがないか植物全体をよく観察しましょう。どちらも原因に該当しない場合は、花の下の茎を切り開いてください。断面に茶色やさび色の汚れがある場合、細菌や真菌の感染であると考えてよいでしょう。
花が寿命の終わりに近づいている場合は、植物内の遺伝暗号により、老化を制御する植物ホルモンであるエチレンが増え、細胞の老化と死が進行します。細胞分裂は停止し、植物は、花の内部にあるエネルギーを分解し始め、そのエネルギーは植物の他の部位で消費されます。
上記以外の立ち枯れ病の原因としては、植物が防衛機構として茎を封鎖し、維管束系内の輸送を停止するときに起こります。これは、花から水分が失われるのを防ぐだけでなく、細菌や真菌が植物の健康な部分に感染するのを防ぐ目的があります。水と栄養の輸送が止まると、花はしおれ始め、最終的には枯れてしまいます。
対処法
対処法
花が枯れてしまうのが加齢による自然な現象であれば、その過程を遅らせたり止めたりする方法はありません。植物内のホルモンがいったん老化プロセスを開始すると、それを元に戻すことはできないのです。
水不足の場合は、室温の雨水、ボトルに入れた湧水、ろ過した水道水などを用いて、すぐ水やりをしましょう。余分な水が鉢植えの底から出てくるまで水を与えましょう。地上に植えてある植物の場合は、土が浸水するまで水を与えますが、表面には水が溜まらないようにしましょう。
栄養不足の場合は、粒状または水溶性の液肥を使用しましょう。推奨量の約半分を土にまくことが最善です。葉につけないように、また、粒状のものは土へよく染み込むようにしてください。
植物が細菌や真菌に感染した場合、病気の植物を治す治療法はありません。最も良い方法は、感染した植物を取り除き、敷地外に廃棄してしまうことです。決して堆肥には入れないでください。
予防策
予防策
この病気は、治療より予防の方が効果的である例の一つです。早い段階で立ち枯れ病が起こってしまわないよう、予防策を紹介します。
  • 必要に応じて植物に水をやりましょう。土を少しだけ湿らせた状態を保つか、土の表面から3〜5cmの部分が乾燥してから再び水をやりましょう。
  • 肥料は、植物の成長に応じて、少しずつ定期的に与えましょう。成長の早い植物や、花や果実をつける植物は、成長の遅い植物よりも頻繁に肥料を与える必要があります。
  • 病気や病原菌がないことが確認された植物を購入しましょう。
  • 耐病性品種を見つけましょう。
  • 病気の症状が出ている植物を隔離して、隣接する植物への感染を防ぎましょう。
  • 植物から落下したくずをできるだけ早く取り除き、植物の衛生状態を良好に保ちましょう。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース
すぐに使える大量のガイド...
care_more_info

ナツボダイジュ(夏菩提樹)の詳細

種類
種類
高木
形態
形態
多年生
樹冠の直径
樹冠の直径
9 〜 15 m
開花時期
開花時期
晩春, 夏
花の色
花の色
葉の色
葉の色
花の直径
花の直径
7 〜 11 cm
草丈
草丈
18 〜 24 m
plantfinder

あなたにピッタリな植物を見つけます。

植物の種類やペットへの安全、技術水準、場所など、あなたの基準に基づいた緑のオアシスを計画しましょう。
care_faq

よくある質問

強い風でナツボダイジュ(夏菩提樹)が傾いたり倒れたりしないようにするにはどうすればよいですか?

more more
苗木が移植されたばかりのときは、根は完全には定着していません。したがって、苗木は強い風で簡単に傾いたり倒れたりしてしまいます。複数の棒や鉄製のパイプとフレームを使って、苗木が倒れないように支えることができます。支柱と幹が接触する部分に干し草や布を入れて、幹が支柱によって傷つかないようにしましょう。
care_new_plant

新たな植物のお世話

new-plant
次の花の咲く植物の写真とガイドは新たな環境に植物が適応し、元気に育つことを手助けします。
more
1
健康な花の咲く植物を選ぶ
check-health

健康状態を確認しましょう

part
植物の全体
左右対称の樹冠、均等に分布した枝、充実したコンパクトな形状、過剰な成長がない、節間が近い、葉の大きさが均一である。
part
未開封の花蕾がたくさん付いていて、揺すっても簡単に落ちず、花弁に病斑や萎れが見られない。
part
枝が枯れておらず、幹に穴が開いていたり、損傷がない。
part
株元にカビや褐変、軟腐病がないこと。
part
植物の内側、日陰や重なる部分、葉の裏を確認する。色が均一か、黄ばんでいないか、茶色の斑点がないか、虫が這っていないか、蜘蛛の巣がないか、変形していないか、しおれていないか。
health-trouble

健康状態のトラブル解決

植物の全体
more
more 1 クラウンが非対称であったり、欠落していたり、枝ぶりが不揃いである: 非対称のクラウンの大きい部分の弱くて細い枝を剪定し、その後、伸びすぎた大きい枝を刈り込みます。
more
more 2 節間が上部ほど長く、葉はまばらで上部ほど小さい: 光量や時間を増やす。
more
more 1 乾いた枝: 樹皮の一部を剥がして枝が生きているかどうかを確認し、乾燥した枝は切り落とす。枝の内側に虫の侵入の跡がないか、注意してください。
more
more 2 穴の開いたバーク: の穴に殺虫剤を注入し、根に浸透性殺虫剤を塗布する。
more
more 3 破損した樹皮: をブラシで塗り、傷を治す薬剤を塗って、濡らさないようにします。
more
根元にカビ、褐変、軟腐病が発生する: を風通しのよい乾燥した環境に置き、殺菌剤で水やりをします。
more
more 1 すでに多くの花が咲いています: 開花期間を長くするために、環境中の温度を下げましょう。枯れてきた花は適時剪定し、養分の枯渇を防ぐ。
more
more 2 花芽が落ちる: 温度は15〜25℃に保ち、明るい日陰に置き、水やりはこまめに行い、肥料は与えないようにしましょう。
more
more 3 花弁に斑点や病気がある: 花びらに直接水をかけることは避けてください。
more
more 4 花がしおれる: 水分が多すぎたり、乾燥しすぎている土は避けてください。指で土を触ったとき、しっとりとした感触があるが、指に水の跡が残らない程度がよい。
more
more 1 葉の色にムラがある、黄ばんでいる: 黄葉を剪定し、株元に腐敗の兆候がないか確認する。重症の場合は殺菌剤を散布する。
more
more 2 茶色の斑点や小さな黄色の斑点がある: は風通しの良い場所に置き、葉への水やりは控える。重症の場合は殺菌剤を散布してください。
more
more 3 葉の裏や葉の間のクモの巣に小さな這う昆虫がいます: 光照射を増やし、重症の場合は殺虫剤を散布する。
more
more 4 葉に変形や欠落がある: は、物理的なダメージか害虫の侵入かを判断します。線状や裂け目の被害は物理的なもので、それ以外は害虫の発生です。殺虫剤を散布する。
more
more 5 葉っぱが枯れる: は部分的に日陰を作り、過度の日射しを避ける。重症の場合は葉の1/3~1/2を切除する。
autodiagnose

植物の病気を治療して予防しましょう。

AIの植物ドクターは数秒で、あなたが植物の問題を診断するのを手助けします。
check-condition

生育条件を確認しましょう

more
土の確認
土は雨上がりのような爽やかな香りがして、カビ臭さがないことが大切です。
more
光量の確認
植物が必要とする光量を確認し、それが植える場所と一致しているかどうかを確認する。
more
風通しの確認
換気をよくしてください。
more
気温の確認
外気温が植物に適していることを確認する。
condition-trouble

生育条件のトラブル解決

適温
風通し
適切な光量
check
白亜質, 壌土
土壌がカビ臭くなったり、悪臭を放つ: は、根が腐っていないか確認し、風通しのよい乾燥した環境に置き、殺菌剤を入れて水やりします。
check
適温
温度が低すぎる: 一時的に室内に移し、気温が上がったら屋外に出す。
check
十分な風通し
風通し
非風通しの環境: 根腐れ、病気、花落ちの原因になります。死角を避けて風通しの良い場所に植物を配置する。
check
十分な日光, 半日陰
適切な光量
光量が足りない: 開花期は適度に減光するが、完全な遮光環境にはしない。開花後は通常の栽培環境に移行する。開花・結実期間が長い植物では、短縮しないように通常の光を与えてください。
移植の回復: 移植後の鉢植えは、一時的に遮光し、1週間後に異常な落下や枯れがなければ、通常の光に移します。地植えの場合は、1週間ほど遮光し、その後通常の光に移すか、水やりに注意してください。
more
2
新たな花の咲く植物を導入する
ステップ1
condition-image
植え替え
鉢植え - 開花期を過ぎてから植え替えをする。 地植え - 根を傷つけないように、また土を落とさないように、直接植える。
ステップ2
condition-image
剪定
残った花、黄色い葉、枯れた葉を剪定する。それ以外の剪定はしない。
ステップ3
condition-image
水やり
適切な水やりをしてください。新しく移植した植物や購入した植物には、少なくとも2週間は土が常に湿っているように、より頻繁に水を与えます。過湿は避け、土に触れて指に水がついたら水をやらないようにしましょう。水不足や過湿は、植物の花や実を落とす原因になります。
ステップ4
condition-image
肥料
購入直後は肥料を与えないでください。2週間後に半分の濃度で肥料を与えてください。
lightmeter

植物に実際に当たる光を知りましょう。

スマホで植物に最適な場所を見つけて、最大限に健康にしましょう。
product icon close
究極の植物ガイド
判定し、よりよく育て、世話をする!
product icon
17,000種の在来植物と400,000種の世界の植物が研究されました
product icon
約5年間もの調査
product icon
80人以上の植物学とガーデニングの学者
ad
product icon close
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース
すぐに使える大量のガイド...
照明
close
室内
室内
屋外
あなたに合った世話のコツを知るには、ここから場所を選択してください。
必要な条件
十分な日光
理想
6時間を超える日光
半日陰
許容範囲
約3から6時間の日光
庭で太陽の光が優雅に移動する様子を観察し、植物のために光と陰のバランスが完璧な場所を選びましょう。そうすることで、植物たちが幸せに育つことができます。
要点
ナツボダイジュ(夏菩提樹) 原産地は日当たりのよい草地や林縁など、十分な光量が得られる開放的な環境。日当たりのよい場所で生育するが、部分日照にも耐えることができ、さまざまな日照条件に適応する。
好ましい
許容範囲
適さない
icon
植物に実際に当たる光を知りましょう。
スマホで植物に最適な場所を見つけて、最大限に健康にしましょう。
アプリをダウンロード
人工照明
室内の植物は最適な成長には適切な照明が必要です。自然光が不足している場合、特に冬や日照の少ない場所では、人工照明が重要な解決策となり、より速く健康的な成長を促進します。
詳細を表示
屋内の植物は、最適な成長のために適切な照明を必要とします。特に冬や日照の少ない場所では、自然光が不十分な場合、人工光はより速く、健康的な成長を促進する重要な解決策となります。
1. 適切な人工光の種類を選ぶ:植物が必要とする特定の光の波長を提供できるため、LEDライトは屋内の植物の照明に人気のある選択肢です。
フルサンの植物には、30-50ワット/平方フィートの人工光が必要であり、部分的な日陰の植物には、20-30ワット/平方フィートが必要であり、完全な日陰の植物には、10-20ワット/平方フィートが必要です。
2. 適切な距離を決定する:植物から12〜36インチ上に光源を配置し、自然光を模倣します。
3. 適切な時間を決定する:植物の種に合わせて自然の日光時間の長さを模倣します。ほとんどの植物は1日に8〜12時間の光を必要とします。
重要な症状
不十分な光
ナツボダイジュ(夏菩提樹) 日照が十分な場所で生育するが、暑さには弱い。日照量の多い屋外で栽培するのが一般的な植物なので、照明が最適でない室内に置くと、光線不足の微妙な症状を示すことがある。
詳細を表示
(症状の詳細と対処法)
小さな葉
新しい葉は成熟すると、以前の葉に比べて小さくなる場合があります。
徒長か、まばらな成長
ナツボダイジュ(夏菩提樹)の葉や茎の間のスペースが広がり、細く伸びた外見になる可能性があります。これにより、植物はまばらで弱々しく見え、自身の重みによって簡単に折れたり傾いたりすることがあります。
落葉が早い
植物が光が不足している条件にさらされると、資源を節約するために古い葉を早く落とす傾向があります。限られた時間内に、これらの資源を利用して新しい葉が成長することができますが、植物のエネルギー準備が枯渇するまでです。
ゆっくりか、成長しない
光条件が悪い場合、ナツボダイジュ(夏菩提樹)は生存モードに入り、葉の生産が停止します。その結果、植物の成長が遅れたり完全に止まったりします。
明るい色の新しい葉
十分な日光がないと、葉が不規則な色の模様や薄く見えることがあります。これは、葉緑素と必須栄養素の不足を示しています。
対処法
1. 最適な成長を確保するために、植物を週ごとに徐々に日当たりの良い場所に移動させてください。直射日光を毎日少なくとも6時間受けるようになるまで移動させます。南向きの窓を使用し、カーテンを昼間は開けて最大限の日光にさらし、栄養蓄積を促します。2. 植物に追加の光を提供するために、大型のものや移動が難しい場合は人工光を使用することを検討してください。デスクランプや天井の照明を毎日少なくとも8時間点灯させるか、専用の植物用グローライトを導入して十分な光を確保します。
過剰な光
ナツボダイジュ(夏菩提樹) は完全な日光浴で成長するが、暑さには弱い。日焼けの症状が出ることもあるが、高温環境での強い日差しには耐えられない。
詳細を表示
(症状の詳細と対処法)
白化
葉の白化は、植物の葉が緑色を失い黄色に変色する状態です。これは過剰な日光による葉緑素の分解に起因し、植物の光合成能力に悪影響を及ぼします。
葉焼け
日焼けは、植物の葉や茎が強い日光によって損傷を受けると発生します。植物組織上には淡色、漂白、壊死した領域として現れ、植物の全体的な健康状態を低下させることがあります。
葉がカールする
日光の強い環境下では、葉が巻き曲がったりねじれたりする症状が見られます。これは植物が日光にさらされた表面積を減らし、水分の損失やダメージを最小限に抑えるために使用する防御メカニズムです。
しおれ
しおれは、植物が持続圧を失い、葉や茎が垂れ下がる状態です。日光の過剰曝露によって蒸散を通じた植物の水分喪失が増加し、適切な水分補給を維持することが困難になるため、しおれが起こることがあります。
葉焼け
葉焼けは、過剰な日光によって葉の縁や斑点が茶色く乾燥しパリパリとした状態になる症状です。これによって光合成能力や全体的な植物の健康状態が低下する可能性があります。
対処法
1. 植物を最適な位置に移動し、豊富な日光を受けることができるが、一部の日陰もある場所に置いてください。朝の日光が穏やかな東向きの窓が理想的です。これにより、植物は十分な日光を楽しむことができ、日焼けのリスクを減らすことができます。2. 完全に脱水または枯れた部分を切り取ることをおすすめします。
季節ごとのお世話のヒントや植物の病気など、植物のお世話に関する情報を知りたいですか?
気温
close
室内
室内
屋外
あなたに合った世話のコツを知るには、ここから場所を選択してください。
必要な条件
理想
許容範囲
適さない
人と同様に、それぞれの植物には好みがあります。植物の温度要件を学び、彼らが豊かに成長するための快適な環境を整えましょう。 植物に愛情を注ぎながら、深い絆が育まれます。植物の温度要件を学びながら、直感に信頼し、共有する旅を楽しみましょう。 植物の周囲の温度を心を込めてモニターし、必要に応じて環境を調整してください。温度計はこの真心のこもった取り組みにおいて頼りになるパートナーとなります。 植物の温度要件を探求する際に、自分自身に対して忍耐強く優しく接してください。成功を喜び、課題から学び、愛情を込めて庭を育みながら、あなたのケアの温もりを反映した安らぎの場を作りましょう。
季節ごとのお世話のヒントや植物の病気など、植物のお世話に関する情報を知りたいですか?
クッキー管理ツール
ブラウザやデバイスでクッキーを管理するのに加えて、こちらでクッキーの設定を変更できます。
必要なクッキー
必要なクッキーは、中核的機能を可能にします。これらのクッキーがないとウェブサイトは正常に機能せず、ブラウザの設定を変更することでのみ無効化することができます。
分析クッキー
分析クッキーは利用に関する情報を収集・報告することで、当社がアプリやウェブサイトの改善をするのに役立ちます。
クッキーの名称 ソース 目的 有効期限
_ga Googleアナリティクス このクッキーは当社によるGoogleアナリティクスの利用のために設定されています。このクッキーはアプリやウェブサイトの利用に関する情報を収集するのに利用されます。このクッキーはあなたのIPアドレスやデバイスに関するデータ、アプリやウェブサイトの利用に関するその他の情報などの特定の情報を収集します。データ処理は基本的にGoogle LLCにより行われ、Googleはプロファイリングなど独自の目的でクッキーで収集されたデータを利用する可能性があり、Googleアカウントなどその他のデータと結びつけることがあることにご留意ください。 Googleによるあなたのデータの処理方法やGoogleのプライバシーへの取り組み、あなたのデータの保護実行に関するその他の情報はこちらをご覧ください。 1年
_pta PictureThisアナリティクス 当社はこれらのクッキーを使用することで、あなたが当社のサイトをどのように利用するかに関する情報の収集や、サイトのパフォーマンスの測定、サイトのパフォーマンスとサービス、そしてあなたの体験の改善を行います。 1年
クッキーの名称
_ga
ソース
Googleアナリティクス
目的
このクッキーは当社によるGoogleアナリティクスの利用のために設定されています。このクッキーはアプリやウェブサイトの利用に関する情報を収集するのに利用されます。このクッキーはあなたのIPアドレスやデバイスに関するデータ、アプリやウェブサイトの利用に関するその他の情報などの特定の情報を収集します。データ処理は基本的にGoogle LLCにより行われ、Googleはプロファイリングなど独自の目的でクッキーで収集されたデータを利用する可能性があり、Googleアカウントなどその他のデータと結びつけることがあることにご留意ください。 Googleによるあなたのデータの処理方法やGoogleのプライバシーへの取り組み、あなたのデータの保護実行に関するその他の情報はこちらをご覧ください。
有効期限
1年

クッキーの名称
_pta
ソース
PictureThisアナリティクス
目的
当社はこれらのクッキーを使用することで、あなたが当社のサイトをどのように利用するかに関する情報の収集や、サイトのパフォーマンスの測定、サイトのパフォーマンスとサービス、そしてあなたの体験の改善を行います。
有効期限
1年
マーケティングクッキー
マーケティングクッキーは広告会社に利用され、あなたの関心に関連した広告を提供します。
クッキーの名称 ソース 目的 有効期限
_fbp Facebookピクセル リターゲティング活動のために当社が使用しているコンバージョン・ピクセル・トラッキングです。詳しくはこちらからどうぞ。 1年
_adj Adjust このクッキーがモバイル分析と属性サービスを提供することで、当社はアプリ内でのマーケティング活動や何らかのイベント、活動の有効性を測定・分析することができます。詳しくはこちらをご覧ください。 1年
クッキーの名称
_fbp
ソース
Facebookピクセル
目的
リターゲティング活動のために当社が使用しているコンバージョン・ピクセル・トラッキングです。詳しくはこちらからどうぞ。
有効期限
1年

クッキーの名称
_adj
ソース
Adjust
目的
このクッキーがモバイル分析と属性サービスを提供することで、当社はアプリ内でのマーケティング活動や何らかのイベント、活動の有効性を測定・分析することができます。詳しくはこちらをご覧ください。
有効期限
1年
アプリを使用するとこのページはより良く表示されます
開いた