camera identify
無料で試す
tab list
PictureThis
日本語
arrow
English
繁體中文
日本語
Español
Français
Deutsch
Pусский
Português
Italiano
한국어
Nederlands
العربية
Svenska
Polskie
ภาษาไทย
Bahasa Melayu
Bahasa Indonesia
PictureThis
Search
植物を検索
無料で試す
Global
日本語
English
繁體中文
日本語
Español
Français
Deutsch
Pусский
Português
Italiano
한국어
Nederlands
العربية
Svenska
Polskie
ภาษาไทย
Bahasa Melayu
Bahasa Indonesia
アプリを使用するとこのページはより良く表示されます
about about
アプリについて
care_guide care_guide
お世話ガイド
plant_info plant_info
詳しい情報
pests pests
害虫と病気
faq faq
お世話についてのよくある質問
pic top
Aucuba japonica 'Picturata'
Aucuba japonica 'Picturata'
Aucuba japonica 'Picturata'
Aucuba japonica 'Picturata'
Aucuba japonica 'Picturata'は山岳地帯に数多くみられる植物です。花期になると小ぶりで紫色の可愛らしい花を咲かせます。冬の時期になると赤い果実を付け、野鳥が好んで餌として食します。
耐寒ゾーン
耐寒ゾーン
10 〜 13
care guide

Aucuba japonica 'Picturata'のお世話ガイド

feedback
ご意見
feedback
土のお世話
土のお世話
砂, 粘土, ローム, 中性, アルカリ性
土の世話の詳細 土のお世話
最適な光
最適な光
半日陰, 完全な日陰, 十分な日光
必要な日光の詳細 最適な光
適温
適温
10 〜 13
気温の詳細 適温
植え付け時期
植え付け時期
晩春, 夏, 初秋
植え付け時期の詳細 植え付け時期
care guide bg
植物に実際に当たる光を知りましょう。
スマホで植物に最適な場所を見つけて、最大限に健康にしましょう。
アプリをダウンロード
Picture This
ポケットの中の植物学者
qrcode
QRコードをスキャンしてダウンロード
label
cover
Aucuba japonica 'Picturata'
水やり
水やり
毎週
日照量
日照量
半日陰
耐寒ゾーン
耐寒ゾーン
10 〜 13
plant_info

Aucuba japonica 'Picturata'の主要データ

feedback
ご意見
feedback

Aucuba japonica 'Picturata'の特性

形態
多年生
種類
低木
植え付け時期
晩春, 夏, 初秋
開花時期
春, 初夏
草丈
1.2 m to 1.8 m
樹冠の直径
1.2 m to 1.8 m
葉の色
斑入り
花の色
果実色
赤ワイン色
茎の色
葉の種類
常緑樹
適温
20 - 41 ℃
成長する季節
成長速度
遅い
icon
あなたにピッタリな植物を見つけます。
植物の種類やペットへの安全、技術水準、場所など、あなたの基準に基づいた緑のオアシスを計画しましょう。
pests

Aucuba japonica 'Picturata'のよくある害虫と病気

feedback
ご意見
feedback
1000万件の実例に基づく、Aucuba japonica 'Picturata'によく発生する問題
赤斑病
赤斑病 赤斑病
赤斑病
この感染が原因で植物に赤斑の斑点が発生します。
対処法: 赤斑病の症状が軽い場合は、治療しなくても問題ありません。しかし、葉の多くに斑紋ができてしまった場合には対処することをおすすめします。はじめのうちは自然農薬で対処し、必要に応じてより強力な合成化学殺菌剤を散布します。 自然農薬ではカビを殺せませんが、広がることを防げます。 小さじ1/2杯の重曹と小さじ1杯の液体石鹸を4.5リットルの水に溶かす。その混合液を入れたスプレーボトルで混合液が滴り落ちるまで葉の両面に散布する。既存の斑紋が大きくならず、新しく発生しなくなるまで、2週間ごとに繰り返す。 銅ベースの殺菌性石鹸を葉にスプレーし、葉の上面と下面をコーティングする。製品ラベルの指示に従って再塗布すること。銅は葉の表面に浸透し、胞子の発芽を防ぎ、カビが広がるのを防ぐ。 ラベルの指示に従って株全体に万能殺菌剤を散布すること。
吸汁性害虫
吸汁性害虫 吸汁性害虫
吸汁性害虫
吸汁性害虫は、葉の上に黄色や白色の小さな斑点をたくさん作る場合があります。
対処法: 吸汁性害虫は小さいことが多く、葉の裏側にくっついているため、見つけるのが難しいかもしれません。発生の兆候が見られる場合は、次の手順に従って根絶してください。 虫を手で集め、卵を取り除く:植物に虫がいないか調べ、見つけたらそれを石鹸水の中に捨てましょう。葉の裏側も注意深く見て、見つけたら卵を押しつぶします。 .殺虫剤の使用:部分的に殺虫剤をスプレーすることでも、吸汁性害虫を取り除くことができます。被害が小さければ殺虫性石鹸で対処できますが、大規模発生にはより強力なスプレーが必要になる場合があります。 自然界の捕食者の助けを借りる:てんとう虫やカマキリなどの多くの昆虫は、吸汁性害虫が好物です。園芸店で購入し、感染した植物の近くで放すか、生息空間を作って野生の昆虫が活動できるようにしましょう。
水不足
水不足 水不足
水不足
水分が不足すると、葉は枝の根元部分から徐々に黄色くなり、植物全体もしおれてきます。
対処法: 植物は乾いており、いますぐ水が必要です。 水やりで植物を復活させることができます。一番簡単な方法は、植物の土壌にゆっくりと水を注ぎ、表面全体が湿るようにすることです。水を速く注ぎすぎると、水は土壌全体に浸透する前に流れ出してしまいます。植木鉢に排水穴がない場合は、鉢の大きさの約3分の1を超える量の水を植物に与えないでください。植木鉢に排水穴がある場合は、土壌が完全に湿り、水が鉢の中を流れ出すまで、ゆっくりと水を与えることができます。 植物の見た目を良くするために黄色の葉を切り落とす場合は、植物の葉の3分の1以上を取り除かないでください。葉が枯れ落ちるまで待って、拾う方が良いかもしれません。
傷跡
傷跡 傷跡
傷跡
茎の退色している部分がそれ以上大きくならず、数も増えない場合、それは単なる傷跡です。
対処法: 傷の原因ごとに、植物の回復に役立つ手段は異なります。 人やペットによって擦り傷ができる場合は、幹や葉を物理的ダメージから保護しましょう。 害虫や病気が傷の原因である場合は、拡散防止のために、その植物を他の植物から隔離しましょう。害虫によっては、殺虫剤を使わなくても、柔らかい布と石鹸水、または希釈したイソプロピルアルコールスプレーなどで駆除することができます。 植物を直射日光が当たらない場所に移動して適切に水をやり、日焼けを防ぎます。 葉や芽が頻繁に落ちる場合は、光や栄養素が不足している可能性があります。
icon
植物の病気を治療して予防しましょう。
AIの植物ドクターは数秒で、あなたが植物の問題を診断するのを手助けします。
close
赤斑病
plant poor
赤斑病
この感染が原因で植物に赤斑の斑点が発生します。
概要
概要
葉の変色した斑点は植物の一般的な病気です。カビもしくは細菌が原因ですが、ほとんどの場合はカビの病原体が関係しています。
赤斑病は、すべての観葉植物、顕花植物、野菜、および木、茂みや低木の葉に発生します。すべての植物が感染する可能性をもち、暖湿な環境ではさらに感染しやすくなります。葉が存在する限り、あらゆる成長段階で発生しえます。
小さな茶色がかった斑点が葉に出て、進行するにつれて拡大します。重症の場合、病斑が光合成を妨害したり落葉したりすると、植物や樹木が衰弱します。
症状の分析
症状の分析
多くの場合赤斑病は全体のごく一部のみに発症し、少数の葉に出ます。症状が軽い場合は、株にわずかなストレスを与えるだけです。しかし、治療せずに放置し、何シーズンにもわたって症状が進行すると、感染した株の健康と収穫に深刻な影響を与えます。
  • 胞子形成が始まると(真菌胞子の繁殖)、葉に小さな斑点がつく。
  • 病気が雨滴を通して広がるので、発生はランダムに散らばる。
  • 葉裏や湿度の高い植物の内部に現れることがある。
  • 茶色の斑点は拡大し、他の斑点とくっついて、より目立つ斑点になる。
  • 葉の縁が黄色になることがある。
  • デッドスポットには小さな黒点(菌の子実体)が現れる。
  • 斑点は葉全体が茶色になるまで広がる。
  • 落葉する。
重度の症状
  • 部分的または全体が早い時期に落葉する。
  • 成長が遅れる、
  • 害虫やその他の病気の被害にあいやすくなる。
疾病の原因
疾病の原因
赤斑病、または斑点病とは、植物や木の葉に被害を出す複数の病気を総称した一般的な用語です。葉の斑点に関する病気の約85%は、カビまたは糸状菌によるものです。 赤斑病は、細菌感染、または同様の症状を伴う害虫によるものがあります。
暖かく、葉の表面が湿っているときに、風や雨によって運ばれるカビの胞子が表面に付着します。カビの胞子は細胞壁を破壊しませんが、植物の原形質膜と細胞壁の間で繁殖します。胞子が繁殖するにつれて、毒素と酵素を放出し、葉に壊死斑(すなわち、死んだ組織)を生じさせ、細胞が分解されたときに放出された生成物をカビが消費するようになります。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース そして すぐに使える大量のガイド...
qrcode
携帯のカメラでQRコードをスキャンするとアプリをダウンロードできます
吸汁性害虫
plant poor
吸汁性害虫
吸汁性害虫は、葉の上に黄色や白色の小さな斑点をたくさん作る場合があります。
症状の分析
症状の分析
カビのような小さな黄色がかった斑点が、植物の葉全体に散らばっています。これらのしみが消えない場合は、アブラムシ、スクワッシュ・バグ、カイガラムシ、ヨコバイ、コナジラミ、ダニ、コナカイガラムシなどの養分を吸う虫が原因である可能性があります。
これらの害虫はそれぞれ、口器で葉の組織を突き刺し、樹液を吸います。被害の兆候をすぐに見つけるのは困難ですが、大量発生はすぐに植物全体を危険にさらす可能性があります。すでに暑さや干ばつで弱っている植物が標的になりやすいため、真夏に吸汁性害虫を目にする機会が最も多くなります。
吸汁性害虫自体が植物を枯れさせることはあまりありませんが、植物をひどく弱体化させ、病気にかかりやすくする可能性があります。また、餌を食べるにつれ、植物間でウイルスが広がる可能性があります。
対処法
対処法
吸汁性害虫は小さいことが多く、葉の裏側にくっついているため、見つけるのが難しいかもしれません。発生の兆候が見られる場合は、次の手順に従って根絶してください。
  1. 虫を手で集め、卵を取り除く:植物に虫がいないか調べ、見つけたらそれを石鹸水の中に捨てましょう。葉の裏側も注意深く見て、見つけたら卵を押しつぶします。
  2. .殺虫剤の使用:部分的に殺虫剤をスプレーすることでも、吸汁性害虫を取り除くことができます。被害が小さければ殺虫性石鹸で対処できますが、大規模発生にはより強力なスプレーが必要になる場合があります。
  3. 自然界の捕食者の助けを借りる:てんとう虫やカマキリなどの多くの昆虫は、吸汁性害虫が好物です。園芸店で購入し、感染した植物の近くで放すか、生息空間を作って野生の昆虫が活動できるようにしましょう。
予防策
予防策
健康な植物は、吸汁性害虫の攻撃に苦しむ確率が低くなります。植物を肥料と適切な量の水と日光で強くしましょう。窒素過剰の植物も攻撃を受けやすいので、肥料を与えすぎないようにしてください。また、害虫の生息空間を作らないように、屋外の植物の周りの雑草や背の高い草を取り除く必要があります。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース そして すぐに使える大量のガイド...
qrcode
携帯のカメラでQRコードをスキャンするとアプリをダウンロードできます
水不足
plant poor
水不足
水分が不足すると、葉は枝の根元部分から徐々に黄色くなり、植物全体もしおれてきます。
症状の分析
症状の分析
植物の葉は水不足のため黄変しているところです。一番古い葉が最初に黄色に変わります。葉は縁から中央に向かって黄色になります。水不足のその他の兆候には、土壌がかなり乾燥していることや、鉢の端から離れていることなどがあります。
対処法
対処法
植物は乾いており、いますぐ水が必要です。
  1. 水やりで植物を復活させることができます。一番簡単な方法は、植物の土壌にゆっくりと水を注ぎ、表面全体が湿るようにすることです。水を速く注ぎすぎると、水は土壌全体に浸透する前に流れ出してしまいます。植木鉢に排水穴がない場合は、鉢の大きさの約3分の1を超える量の水を植物に与えないでください。植木鉢に排水穴がある場合は、土壌が完全に湿り、水が鉢の中を流れ出すまで、ゆっくりと水を与えることができます。
  2. 植物の見た目を良くするために黄色の葉を切り落とす場合は、植物の葉の3分の1以上を取り除かないでください。葉が枯れ落ちるまで待って、拾う方が良いかもしれません。
予防策
予防策
  1. 新しい植物を手に入れたら、その植物に合った水やりの方法を調べてください。植物に定期的に水やりをするのを忘れないようにリマインダーを設定しましょう。すべての植物が同じではないので、水やりスケジュールですべての植物を区別するようにしてください。
  2. 植物の根の近くに配置する長い測定器を備えた土壌水分計を購入することをお勧めします。頻繁にチェックして、土壌水分計が水やりが必要であると示したら、植物に水をやりましょう。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース そして すぐに使える大量のガイド...
qrcode
携帯のカメラでQRコードをスキャンするとアプリをダウンロードできます
傷跡
plant poor
傷跡
茎の退色している部分がそれ以上大きくならず、数も増えない場合、それは単なる傷跡です。
症状の分析
症状の分析
傷が癒えた植物には、傷跡が残ります。人やペットがそばを通りすぎるときに擦られると、植物には傷ができる場合があります。原因となる問題が解決すると植物の傷は回復しますが、傷跡が残る可能性があります。
害虫や病原菌も傷跡の原因となります。植物を食べる害虫が大量発生して、大きな傷跡が残る場合もあります。真菌や細菌などの病原菌は弱らせ、茶色い斑点、ジクジク、ブツブツなどが発生し、それらが傷跡になる場合があります。
葉や芽が落ちてから回復すると、茎に傷跡ができます。硬い組織は、傷を保護するかさぶたのようなものです。
また、傷跡は、日光や暑さに過剰に晒されているなど、環境条件の問題を示している場合もあります。サボテンのような砂漠に自生する植物でさえ、日焼けの影響を受ける可能性があることに驚くかもしれません!
対処法
対処法
傷の原因ごとに、植物の回復に役立つ手段は異なります。
  1. 人やペットによって擦り傷ができる場合は、幹や葉を物理的ダメージから保護しましょう。
  2. 害虫や病気が傷の原因である場合は、拡散防止のために、その植物を他の植物から隔離しましょう。害虫によっては、殺虫剤を使わなくても、柔らかい布と石鹸水、または希釈したイソプロピルアルコールスプレーなどで駆除することができます。
  3. 植物を直射日光が当たらない場所に移動して適切に水をやり、日焼けを防ぎます。
  4. 葉や芽が頻繁に落ちる場合は、光や栄養素が不足している可能性があります。
予防策
予防策
傷の原因には、簡単に防げるものもあります。しかし、どのような原因でも、植物を自宅に持ち帰ることを決めたら、まずは植物に注意を払うことから始まります。
  1. 土壌の水はけ、水やり、肥料の条件など、その植物固有の栽培条件を確認しましょう。
  2. 植える前に植物を点検し、真菌や細菌の感染を防止するために消毒した鉢と新鮮な培養土や培地を使用しましょう。
  3. 根を張ったら、問題を早期発見できるように、傷や害虫の存在がないかを定期的に確認しましょう。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース そして すぐに使える大量のガイド...
qrcode
携帯のカメラでQRコードをスキャンするとアプリをダウンロードできます
close
product icon
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース そして すぐに使える大量のガイド...
究極の植物ガイド
判定し、よりよく育て、世話をする!
product icon
17,000種の在来植物と400,000種の世界の植物が研究されました
product icon
約5年間もの調査
product icon
80人以上の植物学とガーデニングの学者
ad
ad
ポケットの中の植物学者
Scan the QR code with your phone camera to download the app
アプリについて
お世話ガイド
詳しい情報
害虫と病気
お世話についてのよくある質問
Aucuba japonica 'Picturata'
Aucuba japonica 'Picturata'
Aucuba japonica 'Picturata'
Aucuba japonica 'Picturata'
Aucuba japonica 'Picturata'は山岳地帯に数多くみられる植物です。花期になると小ぶりで紫色の可愛らしい花を咲かせます。冬の時期になると赤い果実を付け、野鳥が好んで餌として食します。
耐寒ゾーン
耐寒ゾーン
10 〜 13
care guide

Aucuba japonica 'Picturata'のお世話ガイド

feedback
ご意見
feedback
icon
植物に実際に当たる光を知りましょう。
スマホで植物に最適な場所を見つけて、最大限に健康にしましょう。
アプリをダウンロード
close
bg bg
download btn
ダウンロード
plant_info

Aucuba japonica 'Picturata'の主要データ

feedback
ご意見
feedback

Aucuba japonica 'Picturata'の特性

形態
多年生
種類
低木
植え付け時期
晩春, 夏, 初秋
開花時期
春, 初夏
草丈
1.2 m to 1.8 m
樹冠の直径
1.2 m to 1.8 m
葉の色
斑入り
花の色
果実色
赤ワイン色
茎の色
葉の種類
常緑樹
適温
20 - 41 ℃
成長する季節
成長速度
遅い
icon
さらに役立つ植物の知識を得る
情報豊富な植物事典を使って、さらに理解を深めましょう
アプリをダウンロード
icon
二度とお世話を忘れません!
特製の便利なお世話の通知で、植物のお世話は今まで以上に簡単になりました。
アプリをダウンロード
pests

Aucuba japonica 'Picturata'のよくある害虫と病気

feedback
ご意見
feedback
1000万件の実例に基づく、Aucuba japonica 'Picturata'によく発生する問題
赤斑病
赤斑病 赤斑病 赤斑病
この感染が原因で植物に赤斑の斑点が発生します。
対処法: 赤斑病の症状が軽い場合は、治療しなくても問題ありません。しかし、葉の多くに斑紋ができてしまった場合には対処することをおすすめします。はじめのうちは自然農薬で対処し、必要に応じてより強力な合成化学殺菌剤を散布します。 自然農薬ではカビを殺せませんが、広がることを防げます。 小さじ1/2杯の重曹と小さじ1杯の液体石鹸を4.5リットルの水に溶かす。その混合液を入れたスプレーボトルで混合液が滴り落ちるまで葉の両面に散布する。既存の斑紋が大きくならず、新しく発生しなくなるまで、2週間ごとに繰り返す。 銅ベースの殺菌性石鹸を葉にスプレーし、葉の上面と下面をコーティングする。製品ラベルの指示に従って再塗布すること。銅は葉の表面に浸透し、胞子の発芽を防ぎ、カビが広がるのを防ぐ。 ラベルの指示に従って株全体に万能殺菌剤を散布すること。
Learn More About the 赤斑病 more
吸汁性害虫
吸汁性害虫 吸汁性害虫 吸汁性害虫
吸汁性害虫は、葉の上に黄色や白色の小さな斑点をたくさん作る場合があります。
対処法: 吸汁性害虫は小さいことが多く、葉の裏側にくっついているため、見つけるのが難しいかもしれません。発生の兆候が見られる場合は、次の手順に従って根絶してください。 虫を手で集め、卵を取り除く:植物に虫がいないか調べ、見つけたらそれを石鹸水の中に捨てましょう。葉の裏側も注意深く見て、見つけたら卵を押しつぶします。 .殺虫剤の使用:部分的に殺虫剤をスプレーすることでも、吸汁性害虫を取り除くことができます。被害が小さければ殺虫性石鹸で対処できますが、大規模発生にはより強力なスプレーが必要になる場合があります。 自然界の捕食者の助けを借りる:てんとう虫やカマキリなどの多くの昆虫は、吸汁性害虫が好物です。園芸店で購入し、感染した植物の近くで放すか、生息空間を作って野生の昆虫が活動できるようにしましょう。
Learn More About the 吸汁性害虫 more
水不足
水不足 水不足 水不足
水分が不足すると、葉は枝の根元部分から徐々に黄色くなり、植物全体もしおれてきます。
対処法: 植物は乾いており、いますぐ水が必要です。 水やりで植物を復活させることができます。一番簡単な方法は、植物の土壌にゆっくりと水を注ぎ、表面全体が湿るようにすることです。水を速く注ぎすぎると、水は土壌全体に浸透する前に流れ出してしまいます。植木鉢に排水穴がない場合は、鉢の大きさの約3分の1を超える量の水を植物に与えないでください。植木鉢に排水穴がある場合は、土壌が完全に湿り、水が鉢の中を流れ出すまで、ゆっくりと水を与えることができます。 植物の見た目を良くするために黄色の葉を切り落とす場合は、植物の葉の3分の1以上を取り除かないでください。葉が枯れ落ちるまで待って、拾う方が良いかもしれません。
Learn More About the 水不足 more
傷跡
傷跡 傷跡 傷跡
茎の退色している部分がそれ以上大きくならず、数も増えない場合、それは単なる傷跡です。
対処法: 傷の原因ごとに、植物の回復に役立つ手段は異なります。 人やペットによって擦り傷ができる場合は、幹や葉を物理的ダメージから保護しましょう。 害虫や病気が傷の原因である場合は、拡散防止のために、その植物を他の植物から隔離しましょう。害虫によっては、殺虫剤を使わなくても、柔らかい布と石鹸水、または希釈したイソプロピルアルコールスプレーなどで駆除することができます。 植物を直射日光が当たらない場所に移動して適切に水をやり、日焼けを防ぎます。 葉や芽が頻繁に落ちる場合は、光や栄養素が不足している可能性があります。
Learn More About the 傷跡 more
icon
植物の病気を治療して予防しましょう。
AIの植物ドクターは数秒で、あなたが植物の問題を診断するのを手助けします。
アプリをダウンロード
close
赤斑病
plant poor
赤斑病
この感染が原因で植物に赤斑の斑点が発生します。
概要
概要
葉の変色した斑点は植物の一般的な病気です。カビもしくは細菌が原因ですが、ほとんどの場合はカビの病原体が関係しています。
赤斑病は、すべての観葉植物、顕花植物、野菜、および木、茂みや低木の葉に発生します。すべての植物が感染する可能性をもち、暖湿な環境ではさらに感染しやすくなります。葉が存在する限り、あらゆる成長段階で発生しえます。
小さな茶色がかった斑点が葉に出て、進行するにつれて拡大します。重症の場合、病斑が光合成を妨害したり落葉したりすると、植物や樹木が衰弱します。
症状の分析
症状の分析
多くの場合赤斑病は全体のごく一部のみに発症し、少数の葉に出ます。症状が軽い場合は、株にわずかなストレスを与えるだけです。しかし、治療せずに放置し、何シーズンにもわたって症状が進行すると、感染した株の健康と収穫に深刻な影響を与えます。
  • 胞子形成が始まると(真菌胞子の繁殖)、葉に小さな斑点がつく。
  • 病気が雨滴を通して広がるので、発生はランダムに散らばる。
  • 葉裏や湿度の高い植物の内部に現れることがある。
  • 茶色の斑点は拡大し、他の斑点とくっついて、より目立つ斑点になる。
  • 葉の縁が黄色になることがある。
  • デッドスポットには小さな黒点(菌の子実体)が現れる。
  • 斑点は葉全体が茶色になるまで広がる。
  • 落葉する。
重度の症状
  • 部分的または全体が早い時期に落葉する。
  • 成長が遅れる、
  • 害虫やその他の病気の被害にあいやすくなる。
疾病の原因
疾病の原因
赤斑病、または斑点病とは、植物や木の葉に被害を出す複数の病気を総称した一般的な用語です。葉の斑点に関する病気の約85%は、カビまたは糸状菌によるものです。 赤斑病は、細菌感染、または同様の症状を伴う害虫によるものがあります。
暖かく、葉の表面が湿っているときに、風や雨によって運ばれるカビの胞子が表面に付着します。カビの胞子は細胞壁を破壊しませんが、植物の原形質膜と細胞壁の間で繁殖します。胞子が繁殖するにつれて、毒素と酵素を放出し、葉に壊死斑(すなわち、死んだ組織)を生じさせ、細胞が分解されたときに放出された生成物をカビが消費するようになります。
対処法
対処法
赤斑病の症状が軽い場合は、治療しなくても問題ありません。しかし、葉の多くに斑紋ができてしまった場合には対処することをおすすめします。はじめのうちは自然農薬で対処し、必要に応じてより強力な合成化学殺菌剤を散布します。
自然農薬ではカビを殺せませんが、広がることを防げます。
  1. 小さじ1/2杯の重曹と小さじ1杯の液体石鹸を4.5リットルの水に溶かす。その混合液を入れたスプレーボトルで混合液が滴り落ちるまで葉の両面に散布する。既存の斑紋が大きくならず、新しく発生しなくなるまで、2週間ごとに繰り返す。
  2. 銅ベースの殺菌性石鹸を葉にスプレーし、葉の上面と下面をコーティングする。製品ラベルの指示に従って再塗布すること。銅は葉の表面に浸透し、胞子の発芽を防ぎ、カビが広がるのを防ぐ。
  3. ラベルの指示に従って株全体に万能殺菌剤を散布すること。
予防策
予防策
他の多くの病気と同様に、赤斑病は治療するよりも予防​​する方が簡単で、手入れを通して行います。
  • 菌類やバクテリアが越冬する可能性のある場所を最小限に抑えるために、冬の前に地面から落ち葉を取り除く。
  • 株を適切な間隔で植えて、風通しをよくする。
  • 剪定により、株の中心付近の風通しをよくする。
  • 病気の植物を処理した剪定道具は徹底的に掃除する。
  • 病気の植物材料を堆肥にしないこと。
  • 葉が湿りすぎないように、株の上からの水やりは避ける。
  • 適切な日光、水、肥料を与えて、株の健康を保つこと。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース
すぐに使える大量のガイド...
close
吸汁性害虫
plant poor
吸汁性害虫
吸汁性害虫は、葉の上に黄色や白色の小さな斑点をたくさん作る場合があります。
症状の分析
症状の分析
カビのような小さな黄色がかった斑点が、植物の葉全体に散らばっています。これらのしみが消えない場合は、アブラムシ、スクワッシュ・バグ、カイガラムシ、ヨコバイ、コナジラミ、ダニ、コナカイガラムシなどの養分を吸う虫が原因である可能性があります。
これらの害虫はそれぞれ、口器で葉の組織を突き刺し、樹液を吸います。被害の兆候をすぐに見つけるのは困難ですが、大量発生はすぐに植物全体を危険にさらす可能性があります。すでに暑さや干ばつで弱っている植物が標的になりやすいため、真夏に吸汁性害虫を目にする機会が最も多くなります。
吸汁性害虫自体が植物を枯れさせることはあまりありませんが、植物をひどく弱体化させ、病気にかかりやすくする可能性があります。また、餌を食べるにつれ、植物間でウイルスが広がる可能性があります。
対処法
対処法
吸汁性害虫は小さいことが多く、葉の裏側にくっついているため、見つけるのが難しいかもしれません。発生の兆候が見られる場合は、次の手順に従って根絶してください。
  1. 虫を手で集め、卵を取り除く:植物に虫がいないか調べ、見つけたらそれを石鹸水の中に捨てましょう。葉の裏側も注意深く見て、見つけたら卵を押しつぶします。
  2. .殺虫剤の使用:部分的に殺虫剤をスプレーすることでも、吸汁性害虫を取り除くことができます。被害が小さければ殺虫性石鹸で対処できますが、大規模発生にはより強力なスプレーが必要になる場合があります。
  3. 自然界の捕食者の助けを借りる:てんとう虫やカマキリなどの多くの昆虫は、吸汁性害虫が好物です。園芸店で購入し、感染した植物の近くで放すか、生息空間を作って野生の昆虫が活動できるようにしましょう。
予防策
予防策
健康な植物は、吸汁性害虫の攻撃に苦しむ確率が低くなります。植物を肥料と適切な量の水と日光で強くしましょう。窒素過剰の植物も攻撃を受けやすいので、肥料を与えすぎないようにしてください。また、害虫の生息空間を作らないように、屋外の植物の周りの雑草や背の高い草を取り除く必要があります。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース
すぐに使える大量のガイド...
close
水不足
plant poor
水不足
水分が不足すると、葉は枝の根元部分から徐々に黄色くなり、植物全体もしおれてきます。
症状の分析
症状の分析
植物の葉は水不足のため黄変しているところです。一番古い葉が最初に黄色に変わります。葉は縁から中央に向かって黄色になります。水不足のその他の兆候には、土壌がかなり乾燥していることや、鉢の端から離れていることなどがあります。
対処法
対処法
植物は乾いており、いますぐ水が必要です。
  1. 水やりで植物を復活させることができます。一番簡単な方法は、植物の土壌にゆっくりと水を注ぎ、表面全体が湿るようにすることです。水を速く注ぎすぎると、水は土壌全体に浸透する前に流れ出してしまいます。植木鉢に排水穴がない場合は、鉢の大きさの約3分の1を超える量の水を植物に与えないでください。植木鉢に排水穴がある場合は、土壌が完全に湿り、水が鉢の中を流れ出すまで、ゆっくりと水を与えることができます。
  2. 植物の見た目を良くするために黄色の葉を切り落とす場合は、植物の葉の3分の1以上を取り除かないでください。葉が枯れ落ちるまで待って、拾う方が良いかもしれません。
予防策
予防策
  1. 新しい植物を手に入れたら、その植物に合った水やりの方法を調べてください。植物に定期的に水やりをするのを忘れないようにリマインダーを設定しましょう。すべての植物が同じではないので、水やりスケジュールですべての植物を区別するようにしてください。
  2. 植物の根の近くに配置する長い測定器を備えた土壌水分計を購入することをお勧めします。頻繁にチェックして、土壌水分計が水やりが必要であると示したら、植物に水をやりましょう。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース
すぐに使える大量のガイド...
close
傷跡
plant poor
傷跡
茎の退色している部分がそれ以上大きくならず、数も増えない場合、それは単なる傷跡です。
症状の分析
症状の分析
傷が癒えた植物には、傷跡が残ります。人やペットがそばを通りすぎるときに擦られると、植物には傷ができる場合があります。原因となる問題が解決すると植物の傷は回復しますが、傷跡が残る可能性があります。
害虫や病原菌も傷跡の原因となります。植物を食べる害虫が大量発生して、大きな傷跡が残る場合もあります。真菌や細菌などの病原菌は弱らせ、茶色い斑点、ジクジク、ブツブツなどが発生し、それらが傷跡になる場合があります。
葉や芽が落ちてから回復すると、茎に傷跡ができます。硬い組織は、傷を保護するかさぶたのようなものです。
また、傷跡は、日光や暑さに過剰に晒されているなど、環境条件の問題を示している場合もあります。サボテンのような砂漠に自生する植物でさえ、日焼けの影響を受ける可能性があることに驚くかもしれません!
対処法
対処法
傷の原因ごとに、植物の回復に役立つ手段は異なります。
  1. 人やペットによって擦り傷ができる場合は、幹や葉を物理的ダメージから保護しましょう。
  2. 害虫や病気が傷の原因である場合は、拡散防止のために、その植物を他の植物から隔離しましょう。害虫によっては、殺虫剤を使わなくても、柔らかい布と石鹸水、または希釈したイソプロピルアルコールスプレーなどで駆除することができます。
  3. 植物を直射日光が当たらない場所に移動して適切に水をやり、日焼けを防ぎます。
  4. 葉や芽が頻繁に落ちる場合は、光や栄養素が不足している可能性があります。
予防策
予防策
傷の原因には、簡単に防げるものもあります。しかし、どのような原因でも、植物を自宅に持ち帰ることを決めたら、まずは植物に注意を払うことから始まります。
  1. 土壌の水はけ、水やり、肥料の条件など、その植物固有の栽培条件を確認しましょう。
  2. 植える前に植物を点検し、真菌や細菌の感染を防止するために消毒した鉢と新鮮な培養土や培地を使用しましょう。
  3. 根を張ったら、問題を早期発見できるように、傷や害虫の存在がないかを定期的に確認しましょう。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース
すぐに使える大量のガイド...
product icon close
究極の植物ガイド
判定し、よりよく育て、世話をする!
product icon
17,000種の在来植物と400,000種の世界の植物が研究されました
product icon
約5年間もの調査
product icon
80人以上の植物学とガーデニングの学者
ad
product icon close
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース
すぐに使える大量のガイド...
クッキー管理ツール
ブラウザやデバイスでクッキーを管理するのに加えて、こちらでクッキーの設定を変更できます。
必要なクッキー
必要なクッキーは、中核的機能を可能にします。これらのクッキーがないとウェブサイトは正常に機能せず、ブラウザの設定を変更することでのみ無効化することができます。
分析クッキー
分析クッキーは利用に関する情報を収集・報告することで、当社がアプリやウェブサイトの改善をするのに役立ちます。
クッキーの名称 ソース 目的 有効期限
_ga Googleアナリティクス このクッキーは当社によるGoogleアナリティクスの利用のために設定されています。このクッキーはアプリやウェブサイトの利用に関する情報を収集するのに利用されます。このクッキーはあなたのIPアドレスやデバイスに関するデータ、アプリやウェブサイトの利用に関するその他の情報などの特定の情報を収集します。データ処理は基本的にGoogle LLCにより行われ、Googleはプロファイリングなど独自の目的でクッキーで収集されたデータを利用する可能性があり、Googleアカウントなどその他のデータと結びつけることがあることにご留意ください。 Googleによるあなたのデータの処理方法やGoogleのプライバシーへの取り組み、あなたのデータの保護実行に関するその他の情報はこちらをご覧ください。 1年
_pta PictureThisアナリティクス 当社はこれらのクッキーを使用することで、あなたが当社のサイトをどのように利用するかに関する情報の収集や、サイトのパフォーマンスの測定、サイトのパフォーマンスとサービス、そしてあなたの体験の改善を行います。 1年
クッキーの名称
_ga
ソース
Googleアナリティクス
目的
このクッキーは当社によるGoogleアナリティクスの利用のために設定されています。このクッキーはアプリやウェブサイトの利用に関する情報を収集するのに利用されます。このクッキーはあなたのIPアドレスやデバイスに関するデータ、アプリやウェブサイトの利用に関するその他の情報などの特定の情報を収集します。データ処理は基本的にGoogle LLCにより行われ、Googleはプロファイリングなど独自の目的でクッキーで収集されたデータを利用する可能性があり、Googleアカウントなどその他のデータと結びつけることがあることにご留意ください。 Googleによるあなたのデータの処理方法やGoogleのプライバシーへの取り組み、あなたのデータの保護実行に関するその他の情報はこちらをご覧ください。
有効期限
1年

クッキーの名称
_pta
ソース
PictureThisアナリティクス
目的
当社はこれらのクッキーを使用することで、あなたが当社のサイトをどのように利用するかに関する情報の収集や、サイトのパフォーマンスの測定、サイトのパフォーマンスとサービス、そしてあなたの体験の改善を行います。
有効期限
1年
マーケティングクッキー
マーケティングクッキーは広告会社に利用され、あなたの関心に関連した広告を提供します。
クッキーの名称 ソース 目的 有効期限
_fbp Facebookピクセル リターゲティング活動のために当社が使用しているコンバージョン・ピクセル・トラッキングです。詳しくはこちらからどうぞ。 1年
_adj Adjust このクッキーがモバイル分析と属性サービスを提供することで、当社はアプリ内でのマーケティング活動や何らかのイベント、活動の有効性を測定・分析することができます。詳しくはこちらをご覧ください。 1年
クッキーの名称
_fbp
ソース
Facebookピクセル
目的
リターゲティング活動のために当社が使用しているコンバージョン・ピクセル・トラッキングです。詳しくはこちらからどうぞ。
有効期限
1年

クッキーの名称
_adj
ソース
Adjust
目的
このクッキーがモバイル分析と属性サービスを提供することで、当社はアプリ内でのマーケティング活動や何らかのイベント、活動の有効性を測定・分析することができます。詳しくはこちらをご覧ください。
有効期限
1年
アプリを使用するとこのページはより良く表示されます
開いた