無料で試す
tab list
PictureThis
日本語
arrow
English
繁體中文
日本語
Español
Français
Deutsch
Pусский
Português
Italiano
한국어
Nederlands
العربية
Svenska
Polskie
ภาษาไทย
Bahasa Melayu
Bahasa Indonesia
PictureThis
Search
植物を検索
無料で試す
Global
日本語
English
繁體中文
日本語
Español
Français
Deutsch
Pусский
Português
Italiano
한국어
Nederlands
العربية
Svenska
Polskie
ภาษาไทย
Bahasa Melayu
Bahasa Indonesia
アプリを使用するとこのページはより良く表示されます
picturethis icon
写真1枚で植物をさっと判定
写真を撮って一瞬で植物を判定すると、病気の予防、治療、毒性、お世話、用途、花言葉などの知識がすぐに得られます。
無料でアプリをダウンロード
続きを読む
about about
アプリについて
care_guide care_guide
お世話ガイド
topic topic
お世話についてのよくある質問
plant_info plant_info
詳しい情報
identifypage identifypage
見分け方
pests pests
害虫と病気
distribution_map distribution_map
分布
care_scenes care_scenes
より詳細なお世話ガイド
more_plants more_plants
関連する植物
pic top
ツバキ(椿)
ツバキ(椿)
ツバキ(椿)
ツバキ(椿)
ツバキ(椿)
ツバキ(椿)
ツバキ(椿)
Camellia japonica
としても知られている : タイトウカ(耐冬花)
水やり
水やり
1-2週ごと
日照
日照
半日陰
more
care guide

ツバキ(椿)のお世話ガイド

feedback
ご意見
feedback
水のお世話
水のお世話
水やりの仕方の詳細 水のお世話
肥料のお世話
肥料のお世話
肥料の与え方の詳細 肥料のお世話
剪定
剪定
病気にかかっている枝、しおれている枝、成長し過ぎた枝を切り落とします
剪定の詳細 剪定
土のお世話
土のお世話
砂, ローム, 粘土, 酸性, 中性
土の世話の詳細 土のお世話
鉢を替える
鉢を替える
鉢植えのツバキ(椿)は毎春植え替えることができ、植え替え時に、枝と葉を剪定することができます。
植え替えの詳細 鉢を替える
care guide bg
植物に実際に当たる光を知りましょう。
スマホで植物に最適な場所を見つけて、最大限に健康にしましょう。
アプリをダウンロード
Picture This
ポケットの中の植物学者
qrcode
QRコードをスキャンしてダウンロード
label
cover
ツバキ(椿)
水やり
水やり
1-2週ごと
日照
日照
半日陰
耐寒性ゾーン
耐寒性ゾーン
8 〜 10
植え付け時期
植え付け時期
春, 初夏, 秋, 初冬
question

ツバキ(椿)についての質問

feedback
ご意見
feedback
Watering Watering 水やり
Pruning Pruning 剪定
Sunlight Sunlight 日当たり
Temperature Temperature 気温
Fertilizing Fertilizing 肥料
ツバキ(椿) 、どのような方法で水を与えるのがベストですか?
ツバキ(椿) は、水やりの方法にはあまりこだわらないでしょう。そのため、一般的な水やり用具を使用して土を湿らせることができます。水やり缶やホース、コップでも大丈夫です。ツバキ(椿) 。どの水やり道具を使っても、通常、土に直接水をかける必要があります。その際、根系のすべての部分に必要な水を与えるために、すべての土の部分を均等に湿らせるようにする必要があります。水道水には植物に有害な粒子が含まれていることがあるので、ろ過した水を使用するのもよいでしょう。また、室温かそれより少し高い温度の水を使うのも効果的です。冷たい水や熱い水は、ツバキ(椿) に多少ショックを与えることがあります。しかし、ツバキ(椿) は通常、どのような水を与えてもよく反応します。
もっと読む more
ツバキ(椿) 水やりが多すぎたり少なすぎたりした場合はどうしたらよいですか?
屋外の植物、特に植えたばかりの植物や植物の苗の場合、水やりが不足しがちです。木が小さいときや植えたばかりのときは、数カ月は十分な水やりを続ける必要があることを忘れないでください。根が張ってくれば、ツバキ(椿) 、ほとんどの場合、雨に頼ることができるからです。 ツバキ(椿) が鉢植えの場合、水のやりすぎはしばしば起こりやすくなります。誤ってツバキ(椿) に水をやりすぎてしまったときは、すぐに状況を改善できるように準備しておく必要があります。まず、すぐに水やりを中止して、水やりの影響を最小限にとどめましょう。その後、ツバキ(椿) を鉢から取り出して、根の状態を確認することをお勧めします。根腐れしていないようであれば、鉢に戻してもよいかもしれません。もし、根腐れの兆候が見られたら、根腐れしている根を切り取ってください。また、これ以上の被害を防ぐために、殺菌剤を塗布するのもよいでしょう。最後に、ツバキ(椿) 、水はけのよい土に植え替えましょう。水不足の場合は、ツバキ(椿) 、単にこの植物の水やりの頻度を増やすだけです。 水不足は多くの場合、簡単に解決できます。水不足の場合、植物の葉が垂れ下がって乾燥し、落葉しやすくなりますが、十分な水やりをすればすぐに葉は充実した状態に戻ります。水不足が発生したら、すぐに水やりの頻度を修正してください。
もっと読む more
ツバキ(椿) 水やりはどのくらいの頻度で行えばよいのでしょうか?
屋外で自然に生育する植物の多くは、降雨があれば正常に生育させることができます。もしあなたの地域が降雨量不足であれば、春と秋の間は2週間に1度、植物に十分な水やりをすることを検討してください。夏場はより頻繁な水やりが必要です。冬は、成長が遅くなり、植物が必要とする水の量が少なくなるため、水やりを控えめにします。冬の間は、水やりをしないこともあります。ツバキ(椿) が若かったり、植えたばかりだったりする場合は、より頻繁に水を与えて定着させ、より適応力が高く、乾燥に強い植物に成長させるために、成熟させてください。 鉢植えの場合、ツバキ(椿) の水やりの頻度を決めるには、主に2つの方法があります。1つ目は、あらかじめ水やりのスケジュールを決めておく方法です。この方法を選択した場合、この植物には毎週1回または隔週1回程度の水やりを計画する必要があります。しかし、この方法は、あなたのツバキ(椿) の生育環境のユニークな条件を考慮しないので、常にうまくいくとは限りません。 また、季節によっても水やりの頻度を変えることができます。例えば、水やりの頻度が最も高くなる夏場は、あらかじめ決められた水やりスケジュールでは不十分な場合があります。水やりの頻度は、土壌の水分量に応じて設定することもできます。一般的には、最初の2~4インチ(通常、鉢の深さ⑱~⑱)の土が完全に乾いてから、水を与えるのがベストです。
もっと読む more
ツバキ(椿) 、どれくらいの水が必要ですか?
ツバキ(椿) に水をやるとき、この植物が常に大量の水を必要とするわけではないことに驚かれるかもしれません。むしろ、前回の水やりから数センチしか土が乾いていなければ、水やりのたびに5~10オンス程度の水を与えることで、ツバキ(椿) の健全な成長をサポートできます。また、土の水分量に応じて水量を決めるのもよいでしょう。前述したように、水やりの間に何センチ土が乾いたかを記録しておくとよいでしょう。ツバキ(椿) に必要な水分を与える確実な方法は、前回の水やりで乾燥した土の層をすべて湿らせるのに十分な水を与えることです。土の半分以上が乾いている場合は、いつもより多めに水を与えることを検討する必要があります。その場合は、鉢の水抜き穴から水が抜けるのが確認できるまで、水を与え続けてください。 ツバキ(椿) 、屋外で雨がたくさん降る場所に植えられている場合、追加の水やりは必要ないかもしれません。ツバキ(椿) が若かったり、定着してきたばかりのときは、週に1~2インチの雨がかかるようにしてください。成長し定着してくると、雨水だけで生きていけるようになります。暑い日が続き、2-3週間まったく雨が降らないときだけ、ツバキ(椿) 、ストレスを受けないように、十分に水を与えることを検討してください。
もっと読む more
ツバキ(椿) の水やりが十分かどうかは、どうすればわかりますか?
ツバキ(椿) の場合、水のやりすぎの方がはるかに一般的な問題です。この問題が発生した場合、いくつかの兆候を確認する必要があります。一般的に、水をやりすぎたツバキ(椿) は、葉が黄色くなり、葉を落としてしまうこともあります。また、水のやりすぎは、植物全体の構造を萎縮させ、根腐れを促進する可能性があります。一方、水不足のツバキ(椿) も萎れはじめます。また、葉が茶色くなったり、触るともろくなったりすることがあります。水のやりすぎ、水不足にかかわらず、ツバキ(椿) の健康状態を回復させるための対策を講じる必要があります。
もっと読む more
ツバキ(椿) の成長段階別の水やりはどうすればいいのでしょうか?
ツバキ(椿) が苗の段階など非常に若いときは、成熟した年齢の場合よりも多くの水を与える必要があります。この植物の初期の段階では、根の発達を促すために、土を常に湿らせておくことが重要です。これは、新しい栽培場所に移植したツバキ(椿) にも同じことが言えます。また、ツバキ(椿) は、適切な手入れをすると、派手な花や果実をつけることができます。ツバキ(椿) が開花や結実の段階にある場合、これらの植物構造を支えるために、通常より少し多めに水を与える必要があるでしょう。
もっと読む more
ツバキ(椿) 季節を通じた水やりはどうすればいいのでしょうか?
季節の変化は、ツバキ(椿) の水やりの頻度に影響します。主に夏の暑い時期には、水やりの回数を増やす必要があります。特に、日光が十分に当たる場所で育てている場合は、水やりの回数を増やす必要があります。夏の強い日差しは、土の乾燥を早めるので、水やりの頻度を増やす必要があります。一方、ツバキ(椿) 、冬は成長期ではないので、水やりの回数がぐっと減ります。冬の間は、2~3週間に1回、またはまったく水を与えないこともあります。室内で育てている場合は、エアコンなどの電化製品に注意する必要があります。この電化製品は、植物の乾燥を早め、水やりの頻度も高くなります。
もっと読む more
ツバキ(椿) 室内と屋外での水やりの違いは何ですか?
ツバキ(椿) が外で育つ場合、補足的な水やりが必要なく、雨水だけで生きていけるケースもあります。ただし、雨がほとんど降らない地域にお住まいの場合は、2週間に1回程度、この植物に水を与える必要があります。もしあなたがこの植物の耐寒性ゾーンから外れたところに住んでいる人たちに属するのであれば、室内で育ててください。室内では、容器に入れたり、エアコンなどの空調機器に触れたりすると、土が早く乾くことがあるので、植物の状態を観察する必要があります。これらの乾燥要因によって、屋外で育てる場合よりも水やりの頻度を少し増やすことになります。
もっと読む more
icon
あなたの植物に合ったヒントとコツを知りましょう。
水やりや日当たり、肥料などに関するガイドを参考に植物の幸せと健康を保ちましょう。
close
plant_info

ツバキ(椿)の主要データ

feedback
ご意見
feedback

ツバキ(椿)の特性

形態
多年生
種類
低木
植え付け時期
春, 初夏, 秋, 初冬
開花時期
春, 晩冬
収穫時期
高さ
1.5 m to 15 m
株幅
1.8 m to 3 m
葉の色
花の直径
3 cm to 10 cm
花の色
ピンク
クリーム
果実色
銅色
茎の色
休眠
冬の休眠
葉の種類
常緑樹
適温
15 - 35 ℃
成長する季節
春, 冬
成長速度
遅い

花言葉

利用方法

芸術的価値
ガーデニング

トリビアと面白い知識

icon
あなたにピッタリな植物を見つけます。
植物の種類やペットへの安全、技術水準、場所など、あなたの基準に基づいた緑のオアシスを計画しましょう。
identify

ツバキ(椿)を素早く判定

feedback
ご意見
feedback
icon
写真1枚で植物をさっと判定
写真を撮って一瞬で植物を判定すると、病気の予防、治療、毒性、お世話、用途、花言葉などの知識がすぐに得られます。
1
光沢があり、革のような葉は長さ2〜3インチ(5〜7.6 cm)で、細かな鋸歯状の縁を持ちます。
2
冬の終わりから春の初めにかけて咲く目立つ腋生の八重の花は直径3〜5インチ(7.6〜12.7 cm)です。
3
成熟時に色が変わる長さ約1インチ(2.54 cm)の木質カプセル果実。
4
黒っぽい皮目、三日月形の葉痕、粗い質感を持つダークブラウンの茎。
5
卵形から楕円形で鋸歯状の縁を持つ、長さ2〜4インチ(5〜10 cm)の互生単葉。
ツバキ(椿) identify image ツバキ(椿) identify image ツバキ(椿) identify image ツバキ(椿) identify image ツバキ(椿) identify image
識別についてもっと知るツバキ(椿)
pests

ツバキ(椿)のよくある害虫と病気

feedback
ご意見
feedback
1000万件の実例に基づく、ツバキ(椿)によく発生する問題
icon
植物の病気を治療して予防しましょう。
AIの植物ドクターは数秒で、あなたが植物の問題を診断するのを手助けします。
葉枯れ病
葉枯れ病 葉枯れ病
葉枯れ病
葉枯病は、ツバキ(椿) に深刻な影響を与える病気で、葉の変色や落葉を引き起こす。カビによって引き起こされるこの病害は、致命的となる可能性があり、植物の美観と健全性を著しく低下させる。この病害は、湿潤で温暖な条件下で最も活発に発生するが、予防可能であり、特定の方法で治療することができる。
赤斑病
赤斑病 赤斑病
赤斑病
この感染が原因で植物に赤斑の斑点が発生します。
対処法: 赤斑病の症状が軽い場合は、治療しなくても問題ありません。しかし、葉の多くに斑紋ができてしまった場合には対処することをおすすめします。はじめのうちは自然農薬で対処し、必要に応じてより強力な合成化学殺菌剤を散布します。 自然農薬ではカビを殺せませんが、広がることを防げます。 小さじ1/2杯の重曹と小さじ1杯の液体石鹸を4.5リットルの水に溶かす。その混合液を入れたスプレーボトルで混合液が滴り落ちるまで葉の両面に散布する。既存の斑紋が大きくならず、新しく発生しなくなるまで、2週間ごとに繰り返す。 銅ベースの殺菌性石鹸を葉にスプレーし、葉の上面と下面をコーティングする。製品ラベルの指示に従って再塗布すること。銅は葉の表面に浸透し、胞子の発芽を防ぎ、カビが広がるのを防ぐ。 ラベルの指示に従って株全体に万能殺菌剤を散布すること。
花枯病
花枯病 花枯病
花枯病
細菌に感染すると、花が軟化して腐る場合があります。
対処法: 他の真菌性の病気と同じように、いったん植物に感染すると、花枯病の進行を止めることは非常に難しく、元に戻すことはできません。一番良いのは、傷んだ花をすぐに取り除き、全部処分してしまうことです。芽胞が増殖して広がってしまうので、堆肥には入れないでください。
栄養欠乏症
栄養欠乏症 栄養欠乏症
栄養欠乏症
栄養不足によって、葉が広範囲にわたって黄色く変色します。葉の黄変は植物の根元や先端から始まるかもしれません。
対処法: 土壌の栄養欠乏症を改善する簡単な方法をいくつかご紹介します。 水溶性肥料を使用します。肥料には植物が必要とするほぼ全ての栄養素(マクロ、ミクロ共に)が含まれています。土壌に肥料を加えると、その栄養素が利用可能になり、不足が解消されます。 定期的に有機肥料のペレットを撒きます。動物の糞尿や骨粉などの有機肥料を与えることにより、植物が強く健康的に成長するために必要な全ての栄養素を供給することができます。 堆肥を使います。人工肥料ほど細かく調整されていませんが、それでも堆肥は重要な栄養素が豊富であるため、定期的に土壌に撒きましょう。 葉面に養分を散布します。土壌への養分投与だけではなく、葉面にも葉面用の肥料を直接かけます。葉面散布の栄養は、土壌の栄養よりも早く吸収されることが多いため、特定の栄養素の不足に迅速に対処するのに最適です。
イエロースポット
イエロースポット イエロースポット
イエロースポット
斑点病は、黄色や白色の斑点として葉に発生する場合があります。
対処法: 病気 殺菌剤は胞子の伝染を防ぐことができますが、感染してしまうと治療できない場合があります。最初のステップは、感染したすべての部分を取り除き、処分することです。次に、推奨される化学薬品を散布します。 細菌感染症の場合は、銅またはストレプトマイシンを含む薬品を使います。 真菌感染症については、どの殺菌剤が最も効果的か、地元の相談窓口に相談してください。 栄養不足 液体肥料を葉面散布し、不足分をすばやく補給します。投薬手順を確認し、そして雨の前に使用しないこと、または温度が推奨範囲外の場合など注意事項は、ラベルの指示に従ってください。 不適切な水やり 植えている植物の水やりの条件を確認し、それに従います。常に湿った土壌を好む植物もあれば、土壌が軽く乾いてから水を与える程度を好むものもあります。 害虫 逆性石鹸、ニームオイルなどの有機製品、または適切な化学殺虫剤を散布します。
葉ゾウムシ
葉ゾウムシ 葉ゾウムシ
葉ゾウムシ
葉ゾウムシは植物の葉を食べる昆虫である。
対処法: 葉ゾウムシを見つけた場合、比較的簡単に駆除できます。対処方法は以下の通りです。 葉に殺虫剤を散布する。 果樹や他の木本植物の下の幹の周りに粘着トラップを巻く。葉ゾウムシは飛べず、土から出てきたら茎をはい上がる。 熊手で植物の周りの土を掘り、幼虫を取り除き駆除する。 葉ゾウムシの幼虫を好物とする鶏を天敵として庭に放つ。
close
plant poor
葉枯れ病
概要
症状
原因
治療法
予防法
活動期間
ツバキ(椿)の葉枯れ病とはどんな病気ですか?
ツバキ(椿)の葉枯れ病とはどんな病気ですか?
葉枯病は、ツバキ(椿) に深刻な影響を与える病気で、葉の変色や落葉を引き起こす。カビによって引き起こされるこの病害は、致命的となる可能性があり、植物の美観と健全性を著しく低下させる。この病害は、湿潤で温暖な条件下で最も活発に発生するが、予防可能であり、特定の方法で治療することができる。
症状の分析
症状の分析
ツバキ(椿) 葉枯病にかかると、葉が変色し、しおれ、最終的には落葉する。最初は葉に水浸状の病斑ができ、次第に大きな褐色や黒色の斑点に変化し、最終的には葉が早期に落葉してしまう。
ツバキ(椿)の葉枯れ病は何が原因ですか?
ツバキ(椿)の葉枯れ病は何が原因ですか?
1
真菌病原体
ツバキ(椿) 、葉枯病は主にGlomerella cingulataという病原菌によって引き起こされる。この病原菌は、暖かく湿度の高い環境で繁殖するカビの一種である。
ツバキ(椿)の葉枯れ病の治療方法は?
ツバキ(椿)の葉枯れ病の治療方法は?
1
無農薬
剪定:罹患部分を定期的に剪定することで、病気の蔓延を防ぐことができる。腐敗し、病気にかかった葉や枝はすぐに取り除き、廃棄する。

適切な水やり:菌は湿った環境で繁殖するため、葉に過度の水がかからないようにする。点滴灌漑を利用するか、ツバキ(椿) の根元に散水し、葉が濡れるのを最小限に抑える。
2
農薬
殺菌剤の散布:葉枯れ病と闘うには、銅ベースのスプレー剤など、適切な殺菌 剤を使用する。感染の兆候が見られたら、あるいは雨の多い暖か い天候のときには、予防的に処理する。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース そして すぐに使える大量のガイド...
qrcode
携帯のカメラでQRコードをスキャンするとアプリをダウンロードできます
赤斑病
plant poor
赤斑病
この感染が原因で植物に赤斑の斑点が発生します。
概要
概要
葉の変色した斑点は植物の一般的な病気です。カビもしくは細菌が原因ですが、ほとんどの場合はカビの病原体が関係しています。
赤斑病は、すべての観葉植物、顕花植物、野菜、および木、茂みや低木の葉に発生します。すべての植物が感染する可能性をもち、暖湿な環境ではさらに感染しやすくなります。葉が存在する限り、あらゆる成長段階で発生しえます。
小さな茶色がかった斑点が葉に出て、進行するにつれて拡大します。重症の場合、病斑が光合成を妨害したり落葉したりすると、植物や樹木が衰弱します。
症状の分析
症状の分析
多くの場合赤斑病は全体のごく一部のみに発症し、少数の葉に出ます。症状が軽い場合は、株にわずかなストレスを与えるだけです。しかし、治療せずに放置し、何シーズンにもわたって症状が進行すると、感染した株の健康と収穫に深刻な影響を与えます。
  • 胞子形成が始まると(真菌胞子の繁殖)、葉に小さな斑点がつく。
  • 病気が雨滴を通して広がるので、発生はランダムに散らばる。
  • 葉裏や湿度の高い植物の内部に現れることがある。
  • 茶色の斑点は拡大し、他の斑点とくっついて、より目立つ斑点になる。
  • 葉の縁が黄色になることがある。
  • デッドスポットには小さな黒点(菌の子実体)が現れる。
  • 斑点は葉全体が茶色になるまで広がる。
  • 落葉する。
重度の症状
  • 部分的または全体が早い時期に落葉する。
  • 成長が遅れる、
  • 害虫やその他の病気の被害にあいやすくなる。
疾病の原因
疾病の原因
赤斑病、または斑点病とは、植物や木の葉に被害を出す複数の病気を総称した一般的な用語です。葉の斑点に関する病気の約85%は、カビまたは糸状菌によるものです。 赤斑病は、細菌感染、または同様の症状を伴う害虫によるものがあります。
暖かく、葉の表面が湿っているときに、風や雨によって運ばれるカビの胞子が表面に付着します。カビの胞子は細胞壁を破壊しませんが、植物の原形質膜と細胞壁の間で繁殖します。胞子が繁殖するにつれて、毒素と酵素を放出し、葉に壊死斑(すなわち、死んだ組織)を生じさせ、細胞が分解されたときに放出された生成物をカビが消費するようになります。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース そして すぐに使える大量のガイド...
qrcode
携帯のカメラでQRコードをスキャンするとアプリをダウンロードできます
花枯病
plant poor
花枯病
細菌に感染すると、花が軟化して腐る場合があります。
概要
概要
花枯病は花腐病と呼ばれることもあり、観賞用の顕花植物の花にのみ影響を及ぼす真菌性の病気です。感染が進行すると、花は死滅しますが、植物の栄養器官や緑色の部分は損傷を受けません。
花が感染すると症状は灰色かび病に似ていますが、灰色かび病の場合は、死んだ植物組織や休眠中の植物組織にも感染します。
この病気は1919年に日本の植物で、米国では1930年代後半に初めて発見されました。現在はニュージーランドやオーストラリア、ヨーロッパの一部でも見られます。残念なことに、どの植物も花枯病に対する抵抗性は高いわけではありませんが、特定の品種、特に二重咲きの種は他の品種よりも感染しやすいと言えます。
気温が穏やか、あるいは暖かいとき(最適温度は15~21°C) 、また霧や雨の場合、感染率が高くなります。
全体として、花枯病は花の見た目を台無しにします。植物の長期間な健康に害を与えるわけではありません。
症状の分析
症状の分析
病気の重症度は、感染した植物の種類によって異なります。花枯病の兆候は、開花直後によく見られます。
  • 色のついた花びらに、青白い斑点が現れる。
  • 白い花びらには、茶色の斑点が現れます。
  • 花びらの縁が茶色になる。
  • 小さな斑点は水に濡れているように見える。
  • 斑点は急速に広がり、合体する。
  • 花がぐったりする。
  • 花全体が薄茶色になるが、潰れることはない。
  • 花はぬるぬるし始め、それから皮のような質感になる。
  • 花弁の基部には白または灰色の菌糸体の輪が見られる。
疾病の原因
疾病の原因
花枯病はいくつかの異なる真菌によって引き起こされ、それぞれが特定の植物に感染する。花腐菌核病菌はツツジの品種であるシャクナゲに感染し、ツバキキンカクチャワンタケはツバキ品種に感染する。
開花後すぐに、カビはがくを介して花の基部に感染します。このカビは細胞壁分解酵素を生産し、数日以内に花を破壊します。花が地面に落ちると、カビの固い子実体も土に落ち、翌年の春まで冬を越えようとします。
翌年、気温が最適な範囲に達すると胞子は昆虫によって運ばれるか、または風によって19 km先まで運ばれます。一旦地中に入ると、病原菌は3~5年間にわたって活動することができます。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース そして すぐに使える大量のガイド...
qrcode
携帯のカメラでQRコードをスキャンするとアプリをダウンロードできます
栄養欠乏症
plant poor
栄養欠乏症
栄養不足によって、葉が広範囲にわたって黄色く変色します。葉の黄変は植物の根元や先端から始まるかもしれません。
概要
概要
栄養欠乏症にかかると、植物にさまざまな影響が出ます。基本的には、栄養が不足すると植物の成長が阻害され、茎と葉が衰弱し、病害虫の被害を受けやすくなります。植物は土壌の栄養素を用いて光合成することで、健康に成長します。栄養素が不足している植物は、元気がなく不健康に見えます。そのままにしておくと、そのうち枯れてしまいます。植物が必要とする最も重要な栄養素は、窒素、リン、カリウム、カルシウム、マグネシウム、および硫黄です。さらに、植物は鉄、ホウ素、マンガン、亜鉛、銅、モリブデンなどの微量栄養素も少しずつ必要とします。
症状の分析
症状の分析
栄養欠乏症の一般的なサインは葉の黄変です。全体的に黄色くなることもあれば、葉は黄色で葉脈はまだ緑色の場合もあります。この葉はやがて茶色く変色し、枯れます。
植物の元気がなくなることもひとつの症状です。植物が思うように成長していかなくなったり、成長が阻害されたりします。
植物が栄養不足となった際の一般的な症状は、以下の通りです。
窒素(N):内側の古い葉が最初に黄色くなります。深刻な窒素不足の場合、黄変は外側の新葉にも広がります。
カリウム(K):葉の端が茶色くしわが寄り、そのすぐ内側に黄色い層が現れます。古い葉が最初に影響を受けやすいです。
リン(P):成長が鈍化し、植物の成長が妨げられているように見えます。
亜鉛(Zn):まず、葉の付け根から黄変が発生しやすいです。
銅(Cu):新葉が最初に黄変し、銅不足が深刻になった場合のみ、古い葉も黄変します。
ホウ素(B):新葉が最初に影響を受けます。ホウ素が不足している場合、葉が特にもろくなることもあります。
疾病の原因
疾病の原因
植物が必要な栄養素を得られない状態である、栄養欠乏症に陥ってしまう要因はいくつかあります。土壌の養分が不足しているか、土壌のpHが高すぎたり低すぎるのかもしれません。土壌のpHが適正でないと、植物が特定の栄養素を吸収することができなくなる恐れがあります。または、水不足の可能性も考えられます。土壌から栄養分を吸収するためには、水が必要不可欠だからです。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース そして すぐに使える大量のガイド...
qrcode
携帯のカメラでQRコードをスキャンするとアプリをダウンロードできます
イエロースポット
plant poor
イエロースポット
斑点病は、黄色や白色の斑点として葉に発生する場合があります。
概要
概要
イエロースポットは、世界中のあらゆる種類の植物(顕花観賞植物、樹木、低木、ハーブ、野菜植物)に被害をもたらします。黄斑は数十の潜在的な原因によるのため、さまざまな環境および気候条件で発生しますが、幸いなことに多くの場合簡単に対処できます。イエロースポットの一般的な原因は、病気、栄養不足、不適切な水やりや害虫などです。
ほとんどの場合、イエロースポットは株にダメージを残さず治療できます。しかし、カビが原因の場合、感染後に治療することができず、植物は最終的に枯れてしまいます。
そのため、イエロースポットに対処する際に最も大切なことは、原因を正しく特定することです。
症状の分析
症状の分析
症状は原因に応じて、植物のさまざまな部分で発生します。小さな斑点は感染症がまだ早期だったり、新たに感染していることを示している場合が多いです。
  • 葉に小さな黄色い斑点が現れる。
  • 斑点が葉の裏や表、あるいは両方に発生する。
  • 葉が縁取られた、または滑らかな、隆起した、丸みを帯びた、または沈んだ斑点ができる。
  • 他の斑点と一緒になって大きくなったり、葉が完全に変色することがある。
  • 発育が阻害される。
  • 成熟する前に落葉する。
疾病の原因
疾病の原因
イエロースポットの病気の多くは、カビの病原体によって引き起こされますが、バクテリア、環境条件などが原因となっている場合もあります。
この病気は通常は同属の植物にのみ影響しますが、どの植物でも少なくても1種類のイエロースポットにかかりやすいです。一般的な例を挙げると、葉枯れ、葉セプトリア、うどん粉病、べと病などです。
すべての植物は発育のために土壌からの特定の栄養素を吸収します。その栄養素が特定の条件のために枯渇するか、摂取できなくなると欠乏し、イエロースポットが見られます。
  • 窒素はクロロフィルの不可欠な成分である。
  • クロロフィルを作る酵素には鉄が必要である。
イエロースポットは、不適切な水やり(少ないことが多い)、またはアブラムシなどの樹液を吸う害虫の蔓延が原因で発生することがあります。
  • 水が少なすぎると光合成が阻害される。水が多すぎると酸素が土壌から押し出され、根は栄養分や水さえも吸収できなくなる。
  • 害虫は食害する時に葉を傷つけてイエロースポットを引き起こしたり、病原体を感染させることがある。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース そして すぐに使える大量のガイド...
qrcode
携帯のカメラでQRコードをスキャンするとアプリをダウンロードできます
葉ゾウムシ
plant poor
葉ゾウムシ
葉ゾウムシは植物の葉を食べる昆虫である。
概要
概要
葉ゾウムシは葉を食害する害虫です。食用、非食用植物の両方に大きな被害を与えます。この害虫がいないか注意して、発生したらすぐに駆除してください。
症状の分析
症状の分析
葉ゾウムシは飛べない小さな虫で、通常は長さ 6 mmです。楕円形で短い羽毛で覆われた硬い体、下向きの長い鼻、そして爪が付いた6本の脚があります。
交尾するとメスの葉ゾウムシは一度に約20個の卵を落葉や土に産みます。通常、1年に1回しか卵を産みませんが、条件が理想的な場合は2回産むこともあります。
卵が孵化するのに約6〜15日かかります。幼虫が出てくると土に穴を掘ります。この幼虫は咀嚼する口はありますが、足はありません。幼虫が植物の根を食害すると植物は根から地上の成長部分に十分な水を供給できないため、葉、茎や花がしおれることがあります。
最後は、幼虫は柔らかな白い蛹に進化します。蛹化期間は通常約1〜3週間です。その後、成虫の葉ゾウムシが現れ、植物をはい上がって葉を食べます。
成虫の葉ゾウムシは、ほとんどの種類の植物の若い葉、茎、花、つぼみを食べます。さまざまな果物や野菜、観賞用植物も対象になります。食害されると、葉に不規則な丸い穴ができます。この穴は通常、葉の端の方からできてきます。花に穴が開いたり、果実の皮に病斑が生じたり、茎全体が食害されることもあります。
葉ゾウムシは、暖かく湿気の多い環境を好みます。主に夜間に活動し、日中は落葉、根などの残骸に隠れていす。
対処法
対処法
葉ゾウムシを見つけた場合、比較的簡単に駆除できます。対処方法は以下の通りです。
  • 葉に殺虫剤を散布する。
  • 果樹や他の木本植物の下の幹の周りに粘着トラップを巻く。葉ゾウムシは飛べず、土から出てきたら茎をはい上がる。
  • 熊手で植物の周りの土を掘り、幼虫を取り除き駆除する。
  • 葉ゾウムシの幼虫を好物とする鶏を天敵として庭に放つ。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース そして すぐに使える大量のガイド...
qrcode
携帯のカメラでQRコードをスキャンするとアプリをダウンロードできます
distribution

ツバキ(椿)の分布

feedback
ご意見
feedback

ツバキ(椿)の生育地

丘や海岸の木々
北半球
南半球

ツバキ(椿)の分布地図

distribution map
在来
栽培
侵略
侵略的になりうる
外来
報告なし
habit
care_scenes

ツバキ(椿)の成長と世話の詳細情報

feedback
ご意見
基本のお世話ガイド
よくある害虫と病気
もっと見る
照明
半日陰
ツバキ(椿) 適度な日照を好み、本来の生息地である森林のように、日光がろ過された場所で生育する。日当たりや日陰にも耐えるが、過度の日照りでは葉が焦げることがある。
普段の最適な日光
植え替え
10-15 feet
ツバキ(椿) を移植するのに最適な時期は、株が根を効果的に張る春半ばから初夏にかけてです。水はけがよく、日陰の場所を選びましょう。植え替えの際は、根球をやさしくほぐすと生育がよくなります。
植え替えのテクニック
気温
-5 - 41 ℃
ツバキ(椿) の好む温度範囲は59~95℃(15~35℃)である。温帯湿潤気候の地域が原産で、50~80℉(10~27℃)で生育する。冬場は氷点下の気温が短時間であれば耐えることができるが、凍結するような気温に長時間さらされると株がダメージを受ける。
健康な成長に適した気温
剪定
晩春, 初夏
鮮やかな花と艶やかな葉が魅力のツバキ(椿) は、定期的な剪定で樹形と花つきが良くなります。理想的な時期は、晩春から初夏の開花直後です。枯れた木や弱い木は剪定し、密生している部分は間引く。枝を少し短くすることで、茂みを促します。ツバキ(椿) 、古い木に花を咲かせるので、花を落とさないよう、強い切り込みは避ける。
剪定のテクニック
繁殖方法
春、夏
ツバキ(椿) は、春から夏にかけての暖かい時期に半硬木の挿し木で繁殖させるのが最適である。挿し木の難易度は中程度で、成功するかどうかは新しい葉が生長するかどうかで判断できる。最適な結果を得るためには、適切な湿度を保つこと。
繁殖のテクニック
Overwinter
-5 - 41 ℃
日本の霜の降りない地方が原産地で、ツバキ(椿) 、冬でもたくましく咲く。小ぶりで光沢のある常緑の葉は寒さに負けず、鮮やかな花を大胆に咲かせます。ツバキ(椿) の原産地の気候を模倣するには、ガーデニングをする人が積極的に厳しい条件から守る必要があります。防風林やハウスウォールを利用し、水はけのよい土壌を確保し、たっぷりとマルチングをして水分を保ち、根の寒さを防ぎます。温暖な気候であれば、ツバキ(椿) 。
冬のテクニック
購入に最適な時期
早春, 仲春
ツバキ(椿) 、春先から中頃にかけて繁茂しているときに捕獲する。生長速度が緩やかで、メンテナンスの必要性も控えめなため、好ましい選択肢です。ツバキ(椿) の特徴は、光沢のある常緑の葉と見事な花です。お買い求めは?葉が生き生きとしていて、黄色い葉がないことを確認してください。
ツバキ(椿)の選択方法
葉枯れ病
葉枯病は、ツバキ(椿) に深刻な影響を与える病気で、葉の変色や落葉を引き起こす。カビによって引き起こされるこの病害は、致命的となる可能性があり、植物の美観と健全性を著しく低下させる。この病害は、湿潤で温暖な条件下で最も活発に発生するが、予防可能であり、特定の方法で治療することができる。
もっと読む
葉腐病
葉腐病は、ツバキ(椿) の健康に重大な影響を与え、その活力と美的価値を低下させる有害な植物病害である。この病害は、真菌の病原菌や生育条件の悪さによって引き起こされ、腐敗や変色を引き起こし、治療しなければ枯死することもある。
もっと読む
しおれ
萎凋病は、ツバキ(椿) に深刻な影響を与える病態で、葉が垂れ下がり、枯れ、脱水したように見える。この病気は進行性で、治療しなければ致命的であり、植物の健康と美観を著しく損なう。
もっと読む
赤斑病
褐斑病は、ツバキ(椿)に大きな影響を与える植物病害である。褐斑病は真菌のCercospora theaeによって引き起こされ、葉に黄色から褐色の斑点を生じ、しばしば葉を落とす。
もっと読む
カイガラムシ
スケール昆虫は、ツバキ(椿)に侵入し、葉の変色、成長の阻害、時には植物の枯死を引き起こす害虫です。これらの植物の健康のために効果的な管理が重要です。
もっと読む
葉先のしおれ
葉先枯れは、ツバキ(椿)に現れる特徴的な植物病であり、葉の先端が茶色になり巻き上がるものです。この状態は美観を大幅に損ない、植物の成長を阻害する可能性があります。
もっと読む
枝の枯れ
枝枯れは、ツバキ(椿)において枝の進行性の乾燥と枯死を特徴とし、大量の葉の喪失や植物の死亡につながります。この病気は主に血管系に影響し、栄養や水の輸送を妨げます。
もっと読む
黄色い縁取り
主にツバキ(椿)の葉に影響を及ぼす黄色い縁の病気は、栄養バランスの乱れや水の管理の不足により、葉の縁が黄色くなる結果をもたらします。これにより植物の活力が低下し、全体的な健康と成長に影響します。
もっと読む
暗い斑点
葉の ツバキ(椿) には、外観の損傷や潜在的な健康被害を引き起こすカビの感染による黒い斑点が見られます。効果的な治療と適切な文化的慣行によって病気の影響を軽減できます。
もっと読む
全葉ウィザリング
葉全体の枯れは、ツバキ(椿)に影響する病気であり、葉の劣化や植物の死亡を引き起こす可能性があります。植物の美観と生命力を損ないます。
もっと読む
スポット
ツバキ(椿)に斑点があることは、見た目の損傷や健康状態の低下を引き起こす一般的な病気です。原因となる要因と症状を早期に特定して、迅速な管理を行うことが重要です。
もっと読む
非ベースブランチの枯渇
地際の枝枯れはツバキ(椿)に影響する病気で、葉の早期落葉と株の活力低下をもたらします。感染した植物は葉落ちと枝の枯死により大幅な減退を示します。
もっと読む
ノッチ
切れ込み病はツバキ(椿)の美観と健康に大きな影響を与え、落葉や花の質の低下をもたらします。この病気は、切れ込んだ葉や生命力の低下を通じて現れます。
もっと読む
葉の黄変
葉の黄化、または葉焼けと呼ばれる病気は、ツバキ(椿)に重大な影響を与えます。この状態は植物を弱め、徐々に黄色に変色した葉を落としていきます。問題は植物の美観を損なう可能性があり、治療されない場合は寿命を縮める可能性があります。
もっと読む
黒カビ
ブラックカビは主にツバキ(椿)に影響を与える真菌病で、光合成を遮断して植物の健康を損ない、最終的には成長と花の生命力に影響を与えます。
もっと読む
アブラムシ
ウジ病は、ツバキ(椿)に著しい影響を与え、粘着性のあるすすや黄色黒色のカビ、育成の停止などが現れます。植物に対する重大な損傷を軽減するために管理が重要です。
もっと読む
暗い斑点
ダークブロッチは、ツバキ(椿)に影響を与える病気で、葉や茎に茶色から濃い黒の斑点が特徴です。特に湿気の多い条件下で、植物の健康と美しさに深刻な影響を与えることがあります。
もっと読む
傷跡
ツバキ(椿)の傷は病気ではなく、機械的な損傷や環境ストレスによるもので、美観の損ないや病原体への脆弱性を引き起こす可能性があります。
もっと読む
白い斑点
ホワイトブロッチは、ツバキ(椿)を特定の標的とする真菌病で、葉に太く不規則な模様を引き起こし、光による損傷や葉の早期脱落を引き起こす。
もっと読む
全草枯れ
病気にかかった ツバキ(椿) は、急速に衰退し、倒れて植物全体が枯れる傾向が特徴であり、美観と健康に影響を与えます。この病気は完全にしぼんで、治療を受けなければ植物の死につながります。
もっと読む
葉のしおれ
葉がしおれるのは、ツバキ(椿)における生理的な反応であり、しおれや変色によって特徴付けられ、植物の活力と美観を減少させます。さまざまな要因、例えば環境ストレスや病原体によって引き起こされる可能性があります。
もっと読む
葉斑病
リーフブロッチは、変色し斑状の葉を特徴とする、ツバキ(椿)に影響する真菌病であり、光合成を減少させ、葉落を引き起こし、植物の美観や健康に大きな影響を与えます。
もっと読む
風水の方角
ツバキ(椿) は愛と長寿のシンボルとされ、生活空間のエネルギーの流れを調和的に高めてくれます。南の方角に置くと、火のエレメントの豊かさを増幅させ、人生の様々な局面での成長と情熱をサポートすると信じられています。ただし、この相性は個人の風水の習慣や信念によって異なるかもしれません。
風水の詳細
象徴
控えめな美しさ
ツバキの花言葉は「控えめな美しさ」です。,ツバキは冬から早春にかけて美しい花を咲かせます。,日本文化において、ツバキは重要なシンボルとされています。
ツバキ(椿)の花言葉
other_plant

ツバキ(椿)に関連する植物

feedback
ご意見
feedback
ズッキーニ
ズッキーニ
ハロウィンでよく使われるズッキーニ。多くの園芸品種があり、どれも見た目がユニークで可愛らしいことから「おもちゃかぼちゃ」と呼ばれることもあります。耐暑性があり、比較的育てやすい種類です。
ヒツジグサ(未草)
ヒツジグサ(未草)
ヒツジグサ(未草)は沼や池に分布する多年草で、葉を水面に浮かべながら水の底に根を張ります。楕円形の切れ込みの入った葉をつけ、直径約5 cmほどの花をつけます。開花が終わると花は水中に沈み、最終的に種子だけが沈んでいきます。
ブッソウゲ(扶桑花)
ブッソウゲ(扶桑花)
ブッソウゲ(扶桑花)の渡来時期は明らかになっていませんが、琉球(現在の沖縄)にはかなり昔から入ってきていたと推測されています。1614年に島津藩が徳川家康に献上したことが伝えられています。沖縄県では、沖縄市や平良市の市花に指定されています。
ドリミオプシス・マクラータ
ドリミオプシス・マクラータ
南アフリカ原産の球根植物で、原産地では常緑ですが日本では地域によって冬に落葉し、休眠します。波打つ葉には黄緑色に濃い緑の水玉が入り、観葉植物としても流通します。成長が早く、まっすぐ伸びる茎の上にあまり目立たない白~薄緑色の花を付けます。
ポフツカワ
ポフツカワ
ポフツカワは、原産地の先住民マオリ族にとって古くから伝統・宗教的に重要な存在として扱われてきました。海岸に自生しますが、現在では花の美しさから公園や街路樹に植栽されています。花はミツバチを引きつけ、そうしてできた蜂蜜は評価が高く一般的に流通しています。
ヤマカルチュウ(ヤマカル柱)
ヤマカルチュウ(ヤマカル柱)
ヤマカルチュウ(ヤマカル柱)は柱のように高く成長するサボテンの一種で、高さ約6 mに達するものもあります。白い美しい花を一晩だけ咲かせ、朝には枯れてしまいます。棘が全体に生えていますが、焼いて処理することで動物の飼料として用いられます。
クチナシ
クチナシ
クチナシ は、日本では古くから染料として利用されてきた低木です。秋に実る橙赤色の実が熟しても裂けず、口無しと比喩されていたことから「クチナシ」と呼ばれるようになりました。純白で香りの良い花を咲かせ、幸せにまつわる花言葉もあることから、結婚式やお祝いの場でよく使われます。
ポトス
ポトス
ポトスは、光沢のあるハート型の葉を持つ常緑の観葉植物です。メンテナンスが簡単で、ツル状に伸びる特徴を生かしてハンギングバスケットなどで栽培するのに適しています。
さらに植物を見る
close
product icon
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース そして すぐに使える大量のガイド...
究極の植物ガイド
判定し、よりよく育て、世話をする!
product icon
17,000種の在来植物と400,000種の世界の植物が研究されました
product icon
約5年間もの調査
product icon
80人以上の植物学とガーデニングの学者
ad
ad
ポケットの中の植物学者
Scan the QR code with your phone camera to download the app
アプリについて
お世話ガイド
お世話についてのよくある質問
詳しい情報
見分け方
害虫と病気
分布
より詳細なお世話ガイド
関連する植物
ツバキ(椿)
ツバキ(椿)
ツバキ(椿)
ツバキ(椿)
ツバキ(椿)
ツバキ(椿)
ツバキ(椿)
Camellia japonica
としても知られている: タイトウカ(耐冬花)
水やり
水やり
1-2週ごと
日照
日照
半日陰
more
icon
写真1枚で植物をさっと判定
写真を撮って一瞬で植物を判定すると、病気の予防、治療、毒性、お世話、用途、花言葉などの知識がすぐに得られます。
無料でアプリをダウンロード
question

ツバキ(椿)についての質問

feedback
ご意見
feedback
Watering Watering 水やり
Pruning Pruning 剪定
Sunlight Sunlight 日当たり
Temperature Temperature 気温
Fertilizing Fertilizing 肥料
ツバキ(椿) 、どのような方法で水を与えるのがベストですか?
more
ツバキ(椿) 水やりが多すぎたり少なすぎたりした場合はどうしたらよいですか?
more
ツバキ(椿) 水やりはどのくらいの頻度で行えばよいのでしょうか?
more
ツバキ(椿) 、どれくらいの水が必要ですか?
more
ツバキ(椿) の水やりが十分かどうかは、どうすればわかりますか?
more
ツバキ(椿) の成長段階別の水やりはどうすればいいのでしょうか?
more
ツバキ(椿) 季節を通じた水やりはどうすればいいのでしょうか?
more
ツバキ(椿) 室内と屋外での水やりの違いは何ですか?
more
icon
あなたの植物に合ったヒントとコツを知りましょう。
水やりや日当たり、肥料などに関するガイドを参考に植物の幸せと健康を保ちましょう。
無料でアプリをダウンロード
close
plant_info

ツバキ(椿)の主要データ

feedback
ご意見
feedback

ツバキ(椿)の特性

形態
多年生
種類
低木
植え付け時期
春, 初夏, 秋, 初冬
開花時期
春, 晩冬
収穫時期
高さ
1.5 m to 15 m
株幅
1.8 m to 3 m
葉の色
花の直径
3 cm to 10 cm
花の色
ピンク
クリーム
果実色
銅色
茎の色
休眠
冬の休眠
葉の種類
常緑樹
適温
15 - 35 ℃
成長する季節
春, 冬
成長速度
遅い
icon
さらに役立つ植物の知識を得る
情報豊富な植物事典を使って、さらに理解を深めましょう
無料でアプリをダウンロード

花言葉

利用方法

芸術的価値
ガーデニング

トリビアと面白い知識

icon
二度とお世話を忘れません!
特製の便利なお世話の通知で、植物のお世話は今まで以上に簡単になりました。
無料でアプリをダウンロード
identify

ツバキ(椿)を素早く判定

feedback
ご意見
feedback
icon
写真1枚で植物をさっと判定
写真を撮って一瞬で植物を判定すると、病気の予防、治療、毒性、お世話、用途、花言葉などの知識がすぐに得られます。
無料でアプリをダウンロード
1
光沢があり、革のような葉は長さ2〜3インチ(5〜7.6 cm)で、細かな鋸歯状の縁を持ちます。
2
冬の終わりから春の初めにかけて咲く目立つ腋生の八重の花は直径3〜5インチ(7.6〜12.7 cm)です。
3
成熟時に色が変わる長さ約1インチ(2.54 cm)の木質カプセル果実。
4
黒っぽい皮目、三日月形の葉痕、粗い質感を持つダークブラウンの茎。
5
卵形から楕円形で鋸歯状の縁を持つ、長さ2〜4インチ(5〜10 cm)の互生単葉。
ツバキ(椿) identify image ツバキ(椿) identify image ツバキ(椿) identify image ツバキ(椿) identify image ツバキ(椿) identify image
識別についてもっと知るツバキ(椿)
pests

ツバキ(椿)のよくある害虫と病気

feedback
ご意見
feedback
1000万件の実例に基づく、ツバキ(椿)によく発生する問題
icon
植物の病気の自動診断と予防
AIの植物ドクターが植物の問題をすぐに診断するのを手助けします。
無料でアプリをダウンロード
葉枯れ病
葉枯れ病 葉枯れ病 葉枯れ病
葉枯病は、ツバキ(椿) に深刻な影響を与える病気で、葉の変色や落葉を引き起こす。カビによって引き起こされるこの病害は、致命的となる可能性があり、植物の美観と健全性を著しく低下させる。この病害は、湿潤で温暖な条件下で最も活発に発生するが、予防可能であり、特定の方法で治療することができる。
葉枯れ病についてもっと知る more
赤斑病
赤斑病 赤斑病 赤斑病
この感染が原因で植物に赤斑の斑点が発生します。
対処法: 赤斑病の症状が軽い場合は、治療しなくても問題ありません。しかし、葉の多くに斑紋ができてしまった場合には対処することをおすすめします。はじめのうちは自然農薬で対処し、必要に応じてより強力な合成化学殺菌剤を散布します。 自然農薬ではカビを殺せませんが、広がることを防げます。 小さじ1/2杯の重曹と小さじ1杯の液体石鹸を4.5リットルの水に溶かす。その混合液を入れたスプレーボトルで混合液が滴り落ちるまで葉の両面に散布する。既存の斑紋が大きくならず、新しく発生しなくなるまで、2週間ごとに繰り返す。 銅ベースの殺菌性石鹸を葉にスプレーし、葉の上面と下面をコーティングする。製品ラベルの指示に従って再塗布すること。銅は葉の表面に浸透し、胞子の発芽を防ぎ、カビが広がるのを防ぐ。 ラベルの指示に従って株全体に万能殺菌剤を散布すること。
赤斑病についてもっと知る more
花枯病
花枯病 花枯病 花枯病
細菌に感染すると、花が軟化して腐る場合があります。
対処法: 他の真菌性の病気と同じように、いったん植物に感染すると、花枯病の進行を止めることは非常に難しく、元に戻すことはできません。一番良いのは、傷んだ花をすぐに取り除き、全部処分してしまうことです。芽胞が増殖して広がってしまうので、堆肥には入れないでください。
花枯病についてもっと知る more
栄養欠乏症
栄養欠乏症 栄養欠乏症 栄養欠乏症
栄養不足によって、葉が広範囲にわたって黄色く変色します。葉の黄変は植物の根元や先端から始まるかもしれません。
対処法: 土壌の栄養欠乏症を改善する簡単な方法をいくつかご紹介します。 水溶性肥料を使用します。肥料には植物が必要とするほぼ全ての栄養素(マクロ、ミクロ共に)が含まれています。土壌に肥料を加えると、その栄養素が利用可能になり、不足が解消されます。 定期的に有機肥料のペレットを撒きます。動物の糞尿や骨粉などの有機肥料を与えることにより、植物が強く健康的に成長するために必要な全ての栄養素を供給することができます。 堆肥を使います。人工肥料ほど細かく調整されていませんが、それでも堆肥は重要な栄養素が豊富であるため、定期的に土壌に撒きましょう。 葉面に養分を散布します。土壌への養分投与だけではなく、葉面にも葉面用の肥料を直接かけます。葉面散布の栄養は、土壌の栄養よりも早く吸収されることが多いため、特定の栄養素の不足に迅速に対処するのに最適です。
栄養欠乏症についてもっと知る more
イエロースポット
イエロースポット イエロースポット イエロースポット
斑点病は、黄色や白色の斑点として葉に発生する場合があります。
対処法: 病気 殺菌剤は胞子の伝染を防ぐことができますが、感染してしまうと治療できない場合があります。最初のステップは、感染したすべての部分を取り除き、処分することです。次に、推奨される化学薬品を散布します。 細菌感染症の場合は、銅またはストレプトマイシンを含む薬品を使います。 真菌感染症については、どの殺菌剤が最も効果的か、地元の相談窓口に相談してください。 栄養不足 液体肥料を葉面散布し、不足分をすばやく補給します。投薬手順を確認し、そして雨の前に使用しないこと、または温度が推奨範囲外の場合など注意事項は、ラベルの指示に従ってください。 不適切な水やり 植えている植物の水やりの条件を確認し、それに従います。常に湿った土壌を好む植物もあれば、土壌が軽く乾いてから水を与える程度を好むものもあります。 害虫 逆性石鹸、ニームオイルなどの有機製品、または適切な化学殺虫剤を散布します。
イエロースポットについてもっと知る more
葉ゾウムシ
葉ゾウムシ 葉ゾウムシ 葉ゾウムシ
葉ゾウムシは植物の葉を食べる昆虫である。
対処法: 葉ゾウムシを見つけた場合、比較的簡単に駆除できます。対処方法は以下の通りです。 葉に殺虫剤を散布する。 果樹や他の木本植物の下の幹の周りに粘着トラップを巻く。葉ゾウムシは飛べず、土から出てきたら茎をはい上がる。 熊手で植物の周りの土を掘り、幼虫を取り除き駆除する。 葉ゾウムシの幼虫を好物とする鶏を天敵として庭に放つ。
葉ゾウムシについてもっと知る more
close
plant poor
葉枯れ病
概要
症状
原因
治療法
予防法
活動期間
ツバキ(椿)の葉枯れ病とはどんな病気ですか?
ツバキ(椿)の葉枯れ病とはどんな病気ですか?
葉枯病は、ツバキ(椿) に深刻な影響を与える病気で、葉の変色や落葉を引き起こす。カビによって引き起こされるこの病害は、致命的となる可能性があり、植物の美観と健全性を著しく低下させる。この病害は、湿潤で温暖な条件下で最も活発に発生するが、予防可能であり、特定の方法で治療することができる。
症状の分析
症状の分析
ツバキ(椿) 葉枯病にかかると、葉が変色し、しおれ、最終的には落葉する。最初は葉に水浸状の病斑ができ、次第に大きな褐色や黒色の斑点に変化し、最終的には葉が早期に落葉してしまう。
ツバキ(椿)の葉枯れ病は何が原因ですか?
ツバキ(椿)の葉枯れ病は何が原因ですか?
1
真菌病原体
ツバキ(椿) 、葉枯病は主にGlomerella cingulataという病原菌によって引き起こされる。この病原菌は、暖かく湿度の高い環境で繁殖するカビの一種である。
ツバキ(椿)の葉枯れ病の治療方法は?
ツバキ(椿)の葉枯れ病の治療方法は?
1
無農薬
剪定:罹患部分を定期的に剪定することで、病気の蔓延を防ぐことができる。腐敗し、病気にかかった葉や枝はすぐに取り除き、廃棄する。

適切な水やり:菌は湿った環境で繁殖するため、葉に過度の水がかからないようにする。点滴灌漑を利用するか、ツバキ(椿) の根元に散水し、葉が濡れるのを最小限に抑える。
2
農薬
殺菌剤の散布:葉枯れ病と闘うには、銅ベースのスプレー剤など、適切な殺菌 剤を使用する。感染の兆候が見られたら、あるいは雨の多い暖か い天候のときには、予防的に処理する。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース
すぐに使える大量のガイド...
close
赤斑病
plant poor
赤斑病
この感染が原因で植物に赤斑の斑点が発生します。
概要
概要
葉の変色した斑点は植物の一般的な病気です。カビもしくは細菌が原因ですが、ほとんどの場合はカビの病原体が関係しています。
赤斑病は、すべての観葉植物、顕花植物、野菜、および木、茂みや低木の葉に発生します。すべての植物が感染する可能性をもち、暖湿な環境ではさらに感染しやすくなります。葉が存在する限り、あらゆる成長段階で発生しえます。
小さな茶色がかった斑点が葉に出て、進行するにつれて拡大します。重症の場合、病斑が光合成を妨害したり落葉したりすると、植物や樹木が衰弱します。
症状の分析
症状の分析
多くの場合赤斑病は全体のごく一部のみに発症し、少数の葉に出ます。症状が軽い場合は、株にわずかなストレスを与えるだけです。しかし、治療せずに放置し、何シーズンにもわたって症状が進行すると、感染した株の健康と収穫に深刻な影響を与えます。
  • 胞子形成が始まると(真菌胞子の繁殖)、葉に小さな斑点がつく。
  • 病気が雨滴を通して広がるので、発生はランダムに散らばる。
  • 葉裏や湿度の高い植物の内部に現れることがある。
  • 茶色の斑点は拡大し、他の斑点とくっついて、より目立つ斑点になる。
  • 葉の縁が黄色になることがある。
  • デッドスポットには小さな黒点(菌の子実体)が現れる。
  • 斑点は葉全体が茶色になるまで広がる。
  • 落葉する。
重度の症状
  • 部分的または全体が早い時期に落葉する。
  • 成長が遅れる、
  • 害虫やその他の病気の被害にあいやすくなる。
疾病の原因
疾病の原因
赤斑病、または斑点病とは、植物や木の葉に被害を出す複数の病気を総称した一般的な用語です。葉の斑点に関する病気の約85%は、カビまたは糸状菌によるものです。 赤斑病は、細菌感染、または同様の症状を伴う害虫によるものがあります。
暖かく、葉の表面が湿っているときに、風や雨によって運ばれるカビの胞子が表面に付着します。カビの胞子は細胞壁を破壊しませんが、植物の原形質膜と細胞壁の間で繁殖します。胞子が繁殖するにつれて、毒素と酵素を放出し、葉に壊死斑(すなわち、死んだ組織)を生じさせ、細胞が分解されたときに放出された生成物をカビが消費するようになります。
対処法
対処法
赤斑病の症状が軽い場合は、治療しなくても問題ありません。しかし、葉の多くに斑紋ができてしまった場合には対処することをおすすめします。はじめのうちは自然農薬で対処し、必要に応じてより強力な合成化学殺菌剤を散布します。
自然農薬ではカビを殺せませんが、広がることを防げます。
  1. 小さじ1/2杯の重曹と小さじ1杯の液体石鹸を4.5リットルの水に溶かす。その混合液を入れたスプレーボトルで混合液が滴り落ちるまで葉の両面に散布する。既存の斑紋が大きくならず、新しく発生しなくなるまで、2週間ごとに繰り返す。
  2. 銅ベースの殺菌性石鹸を葉にスプレーし、葉の上面と下面をコーティングする。製品ラベルの指示に従って再塗布すること。銅は葉の表面に浸透し、胞子の発芽を防ぎ、カビが広がるのを防ぐ。
  3. ラベルの指示に従って株全体に万能殺菌剤を散布すること。
予防策
予防策
他の多くの病気と同様に、赤斑病は治療するよりも予防​​する方が簡単で、手入れを通して行います。
  • 菌類やバクテリアが越冬する可能性のある場所を最小限に抑えるために、冬の前に地面から落ち葉を取り除く。
  • 株を適切な間隔で植えて、風通しをよくする。
  • 剪定により、株の中心付近の風通しをよくする。
  • 病気の植物を処理した剪定道具は徹底的に掃除する。
  • 病気の植物材料を堆肥にしないこと。
  • 葉が湿りすぎないように、株の上からの水やりは避ける。
  • 適切な日光、水、肥料を与えて、株の健康を保つこと。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース
すぐに使える大量のガイド...
close
花枯病
plant poor
花枯病
細菌に感染すると、花が軟化して腐る場合があります。
概要
概要
花枯病は花腐病と呼ばれることもあり、観賞用の顕花植物の花にのみ影響を及ぼす真菌性の病気です。感染が進行すると、花は死滅しますが、植物の栄養器官や緑色の部分は損傷を受けません。
花が感染すると症状は灰色かび病に似ていますが、灰色かび病の場合は、死んだ植物組織や休眠中の植物組織にも感染します。
この病気は1919年に日本の植物で、米国では1930年代後半に初めて発見されました。現在はニュージーランドやオーストラリア、ヨーロッパの一部でも見られます。残念なことに、どの植物も花枯病に対する抵抗性は高いわけではありませんが、特定の品種、特に二重咲きの種は他の品種よりも感染しやすいと言えます。
気温が穏やか、あるいは暖かいとき(最適温度は15~21°C) 、また霧や雨の場合、感染率が高くなります。
全体として、花枯病は花の見た目を台無しにします。植物の長期間な健康に害を与えるわけではありません。
症状の分析
症状の分析
病気の重症度は、感染した植物の種類によって異なります。花枯病の兆候は、開花直後によく見られます。
  • 色のついた花びらに、青白い斑点が現れる。
  • 白い花びらには、茶色の斑点が現れます。
  • 花びらの縁が茶色になる。
  • 小さな斑点は水に濡れているように見える。
  • 斑点は急速に広がり、合体する。
  • 花がぐったりする。
  • 花全体が薄茶色になるが、潰れることはない。
  • 花はぬるぬるし始め、それから皮のような質感になる。
  • 花弁の基部には白または灰色の菌糸体の輪が見られる。
疾病の原因
疾病の原因
花枯病はいくつかの異なる真菌によって引き起こされ、それぞれが特定の植物に感染する。花腐菌核病菌はツツジの品種であるシャクナゲに感染し、ツバキキンカクチャワンタケはツバキ品種に感染する。
開花後すぐに、カビはがくを介して花の基部に感染します。このカビは細胞壁分解酵素を生産し、数日以内に花を破壊します。花が地面に落ちると、カビの固い子実体も土に落ち、翌年の春まで冬を越えようとします。
翌年、気温が最適な範囲に達すると胞子は昆虫によって運ばれるか、または風によって19 km先まで運ばれます。一旦地中に入ると、病原菌は3~5年間にわたって活動することができます。
対処法
対処法
他の真菌性の病気と同じように、いったん植物に感染すると、花枯病の進行を止めることは非常に難しく、元に戻すことはできません。一番良いのは、傷んだ花をすぐに取り除き、全部処分してしまうことです。芽胞が増殖して広がってしまうので、堆肥には入れないでください。
予防策
予防策
  • 花が咲き始めたらすぐに予防用の防カビ剤を使用する。
  • このような予防剤は土壌浸漬として、あるいは植物の花に直接塗ることができる。
  • 花が咲いている間は頭上散水を避ける。
  • 季節の終わりに、落ち葉や枯れた花を取り除くこと。
  • 感染した土を荒らさないよう気をつけ、冬の前に感染した植物の下の地面を4つの新鮮な有機マルチで覆う。
  • 可能であれば、裸根植物を購入する。
  • 鉢植え植物を購入する場合は、鉢植えの土の上層を取り除き、新鮮なマルチに交換する。
  • 気温が高くなる前の早い時期に開花する植物品種を植え、花枯病の病原体が広がらないようにする。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース
すぐに使える大量のガイド...
close
栄養欠乏症
plant poor
栄養欠乏症
栄養不足によって、葉が広範囲にわたって黄色く変色します。葉の黄変は植物の根元や先端から始まるかもしれません。
概要
概要
栄養欠乏症にかかると、植物にさまざまな影響が出ます。基本的には、栄養が不足すると植物の成長が阻害され、茎と葉が衰弱し、病害虫の被害を受けやすくなります。植物は土壌の栄養素を用いて光合成することで、健康に成長します。栄養素が不足している植物は、元気がなく不健康に見えます。そのままにしておくと、そのうち枯れてしまいます。植物が必要とする最も重要な栄養素は、窒素、リン、カリウム、カルシウム、マグネシウム、および硫黄です。さらに、植物は鉄、ホウ素、マンガン、亜鉛、銅、モリブデンなどの微量栄養素も少しずつ必要とします。
症状の分析
症状の分析
栄養欠乏症の一般的なサインは葉の黄変です。全体的に黄色くなることもあれば、葉は黄色で葉脈はまだ緑色の場合もあります。この葉はやがて茶色く変色し、枯れます。
植物の元気がなくなることもひとつの症状です。植物が思うように成長していかなくなったり、成長が阻害されたりします。
植物が栄養不足となった際の一般的な症状は、以下の通りです。
窒素(N):内側の古い葉が最初に黄色くなります。深刻な窒素不足の場合、黄変は外側の新葉にも広がります。
カリウム(K):葉の端が茶色くしわが寄り、そのすぐ内側に黄色い層が現れます。古い葉が最初に影響を受けやすいです。
リン(P):成長が鈍化し、植物の成長が妨げられているように見えます。
亜鉛(Zn):まず、葉の付け根から黄変が発生しやすいです。
銅(Cu):新葉が最初に黄変し、銅不足が深刻になった場合のみ、古い葉も黄変します。
ホウ素(B):新葉が最初に影響を受けます。ホウ素が不足している場合、葉が特にもろくなることもあります。
疾病の原因
疾病の原因
植物が必要な栄養素を得られない状態である、栄養欠乏症に陥ってしまう要因はいくつかあります。土壌の養分が不足しているか、土壌のpHが高すぎたり低すぎるのかもしれません。土壌のpHが適正でないと、植物が特定の栄養素を吸収することができなくなる恐れがあります。または、水不足の可能性も考えられます。土壌から栄養分を吸収するためには、水が必要不可欠だからです。
対処法
対処法
土壌の栄養欠乏症を改善する簡単な方法をいくつかご紹介します。
  1. 水溶性肥料を使用します。肥料には植物が必要とするほぼ全ての栄養素(マクロ、ミクロ共に)が含まれています。土壌に肥料を加えると、その栄養素が利用可能になり、不足が解消されます。
  2. 定期的に有機肥料のペレットを撒きます。動物の糞尿や骨粉などの有機肥料を与えることにより、植物が強く健康的に成長するために必要な全ての栄養素を供給することができます。
  3. 堆肥を使います。人工肥料ほど細かく調整されていませんが、それでも堆肥は重要な栄養素が豊富であるため、定期的に土壌に撒きましょう。
  4. 葉面に養分を散布します。土壌への養分投与だけではなく、葉面にも葉面用の肥料を直接かけます。葉面散布の栄養は、土壌の栄養よりも早く吸収されることが多いため、特定の栄養素の不足に迅速に対処するのに最適です。
予防策
予防策
栄養不足を防ぐ簡単な方法をいくつかご紹介します。
  1. 定期的な施肥。土壌への定期的な追肥は、栄養素の欠乏を防ぐ最も簡単で効果的な方法です。
  2. 適切な水やり。水やりが多すぎたり不足すると、植物の根に悪影響を与え、栄養素を適切に吸収しにくくなります。
  3. 土壌のpH検査。土壌が酸性またはアルカリ性に傾いていると、各栄養素の吸収具合に影響します。土壌のpHを把握し、個々の植物に合わせて土壌を改善しましょう。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース
すぐに使える大量のガイド...
close
イエロースポット
plant poor
イエロースポット
斑点病は、黄色や白色の斑点として葉に発生する場合があります。
概要
概要
イエロースポットは、世界中のあらゆる種類の植物(顕花観賞植物、樹木、低木、ハーブ、野菜植物)に被害をもたらします。黄斑は数十の潜在的な原因によるのため、さまざまな環境および気候条件で発生しますが、幸いなことに多くの場合簡単に対処できます。イエロースポットの一般的な原因は、病気、栄養不足、不適切な水やりや害虫などです。
ほとんどの場合、イエロースポットは株にダメージを残さず治療できます。しかし、カビが原因の場合、感染後に治療することができず、植物は最終的に枯れてしまいます。
そのため、イエロースポットに対処する際に最も大切なことは、原因を正しく特定することです。
症状の分析
症状の分析
症状は原因に応じて、植物のさまざまな部分で発生します。小さな斑点は感染症がまだ早期だったり、新たに感染していることを示している場合が多いです。
  • 葉に小さな黄色い斑点が現れる。
  • 斑点が葉の裏や表、あるいは両方に発生する。
  • 葉が縁取られた、または滑らかな、隆起した、丸みを帯びた、または沈んだ斑点ができる。
  • 他の斑点と一緒になって大きくなったり、葉が完全に変色することがある。
  • 発育が阻害される。
  • 成熟する前に落葉する。
疾病の原因
疾病の原因
イエロースポットの病気の多くは、カビの病原体によって引き起こされますが、バクテリア、環境条件などが原因となっている場合もあります。
この病気は通常は同属の植物にのみ影響しますが、どの植物でも少なくても1種類のイエロースポットにかかりやすいです。一般的な例を挙げると、葉枯れ、葉セプトリア、うどん粉病、べと病などです。
すべての植物は発育のために土壌からの特定の栄養素を吸収します。その栄養素が特定の条件のために枯渇するか、摂取できなくなると欠乏し、イエロースポットが見られます。
  • 窒素はクロロフィルの不可欠な成分である。
  • クロロフィルを作る酵素には鉄が必要である。
イエロースポットは、不適切な水やり(少ないことが多い)、またはアブラムシなどの樹液を吸う害虫の蔓延が原因で発生することがあります。
  • 水が少なすぎると光合成が阻害される。水が多すぎると酸素が土壌から押し出され、根は栄養分や水さえも吸収できなくなる。
  • 害虫は食害する時に葉を傷つけてイエロースポットを引き起こしたり、病原体を感染させることがある。
対処法
対処法
病気
殺菌剤は胞子の伝染を防ぐことができますが、感染してしまうと治療できない場合があります。最初のステップは、感染したすべての部分を取り除き、処分することです。次に、推奨される化学薬品を散布します。
細菌感染症の場合は、銅またはストレプトマイシンを含む薬品を使います。
真菌感染症については、どの殺菌剤が最も効果的か、地元の相談窓口に相談してください。
栄養不足
液体肥料を葉面散布し、不足分をすばやく補給します。投薬手順を確認し、そして雨の前に使用しないこと、または温度が推奨範囲外の場合など注意事項は、ラベルの指示に従ってください。
不適切な水やり
植えている植物の水やりの条件を確認し、それに従います。常に湿った土壌を好む植物もあれば、土壌が軽く乾いてから水を与える程度を好むものもあります。
害虫
逆性石鹸、ニームオイルなどの有機製品、または適切な化学殺虫剤を散布します。
予防策
予防策
植物の種類とイエロースポットを引き起こしている特定の病気によっては、次の予防を講じることで問題を回避できる場合があります。
  • 耐性品種を植える
  • 感染しやすい品種を近づけて植えないこと: 距離を離すと、カビの胞子が新しい株に移りにくくなる。
  • 適切な水やり:葉に水をかけるのではなく、下から水を与えること。そうすると、イエロースポットの原因となる細菌性病原体とカビの病原体の拡散を減らすことができる。
  • 剪定:影響を受けた葉を取り除くだけでなく、他の植物へイエロースポットの広がりを防ぐため剪定する。また、風通しをよくして、病気の蔓延を防ぐことができる。
  • 輪作:べと病を含む多くの病気は、冬の間は土壌に生息し、何年にもわたって問題を引き起こすことがある。一年生作物を毎年新しい場所に移しかえて、過去3〜4年以内に同じ種類の植物が植えられた場所で育てないようにすること。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース
すぐに使える大量のガイド...
close
葉ゾウムシ
plant poor
葉ゾウムシ
葉ゾウムシは植物の葉を食べる昆虫である。
概要
概要
葉ゾウムシは葉を食害する害虫です。食用、非食用植物の両方に大きな被害を与えます。この害虫がいないか注意して、発生したらすぐに駆除してください。
症状の分析
症状の分析
葉ゾウムシは飛べない小さな虫で、通常は長さ 6 mmです。楕円形で短い羽毛で覆われた硬い体、下向きの長い鼻、そして爪が付いた6本の脚があります。
交尾するとメスの葉ゾウムシは一度に約20個の卵を落葉や土に産みます。通常、1年に1回しか卵を産みませんが、条件が理想的な場合は2回産むこともあります。
卵が孵化するのに約6〜15日かかります。幼虫が出てくると土に穴を掘ります。この幼虫は咀嚼する口はありますが、足はありません。幼虫が植物の根を食害すると植物は根から地上の成長部分に十分な水を供給できないため、葉、茎や花がしおれることがあります。
最後は、幼虫は柔らかな白い蛹に進化します。蛹化期間は通常約1〜3週間です。その後、成虫の葉ゾウムシが現れ、植物をはい上がって葉を食べます。
成虫の葉ゾウムシは、ほとんどの種類の植物の若い葉、茎、花、つぼみを食べます。さまざまな果物や野菜、観賞用植物も対象になります。食害されると、葉に不規則な丸い穴ができます。この穴は通常、葉の端の方からできてきます。花に穴が開いたり、果実の皮に病斑が生じたり、茎全体が食害されることもあります。
葉ゾウムシは、暖かく湿気の多い環境を好みます。主に夜間に活動し、日中は落葉、根などの残骸に隠れていす。
対処法
対処法
葉ゾウムシを見つけた場合、比較的簡単に駆除できます。対処方法は以下の通りです。
  • 葉に殺虫剤を散布する。
  • 果樹や他の木本植物の下の幹の周りに粘着トラップを巻く。葉ゾウムシは飛べず、土から出てきたら茎をはい上がる。
  • 熊手で植物の周りの土を掘り、幼虫を取り除き駆除する。
  • 葉ゾウムシの幼虫を好物とする鶏を天敵として庭に放つ。
予防策
予防策
葉ゾウムシを寄せ付けない方法は次の通りです。
  • タンポポ、ワタゲハナギ、スベリヒユ、アオイ科の植物、スイバ、ギシギシ(ウシグサ)などの雑草を取り除く。葉ゾウムシはこれらに引き付けられ、棲み家を作ります。
  • 果樹が互いに十分に離れていることを確認すること。葉ゾウムシの成虫および幼虫が他の木に移るのを防ぐ。
  • 新しい作物を植える前に土壌を耕し、成虫や蛹を見つけて駆除する。
  • ミミズと微生物の活動を促進するために、定期的に土壌を耕す。
  • 定期的に植物を観察して、ゾウムシがいないかを確認する。また、剥がれそうな樹皮、マルチ、落葉や落枝の下、および株の茎のつけ根を確認すること。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース
すぐに使える大量のガイド...
distribution

ツバキ(椿)の分布

feedback
ご意見
feedback

ツバキ(椿)の生育地

丘や海岸の木々
北半球
南半球

ツバキ(椿)の分布地図

distribution map
在来
栽培
侵略
侵略的になりうる
外来
報告なし
care_scenes

ツバキ(椿)の成長と世話の詳細情報

feedback
基本のお世話ガイド
よくある害虫と病気
もっと見る
葉枯れ病
葉枯れ病
葉枯病は、ツバキ(椿) に深刻な影響を与える病気で、葉の変色や落葉を引き起こす。カビによって引き起こされるこの病害は、致命的となる可能性があり、植物の美観と健全性を著しく低下させる。この病害は、湿潤で温暖な条件下で最も活発に発生するが、予防可能であり、特定の方法で治療することができる。
 detail
葉腐病
葉腐病
葉腐病は、ツバキ(椿) の健康に重大な影響を与え、その活力と美的価値を低下させる有害な植物病害である。この病害は、真菌の病原菌や生育条件の悪さによって引き起こされ、腐敗や変色を引き起こし、治療しなければ枯死することもある。
 detail
しおれ
しおれ
萎凋病は、ツバキ(椿) に深刻な影響を与える病態で、葉が垂れ下がり、枯れ、脱水したように見える。この病気は進行性で、治療しなければ致命的であり、植物の健康と美観を著しく損なう。
 detail
赤斑病
赤斑病
褐斑病は、ツバキ(椿)に大きな影響を与える植物病害である。褐斑病は真菌のCercospora theaeによって引き起こされ、葉に黄色から褐色の斑点を生じ、しばしば葉を落とす。
 detail
カイガラムシ
スケール昆虫は、ツバキ(椿)に侵入し、葉の変色、成長の阻害、時には植物の枯死を引き起こす害虫です。これらの植物の健康のために効果的な管理が重要です。
 detail
葉先のしおれ
葉先枯れは、ツバキ(椿)に現れる特徴的な植物病であり、葉の先端が茶色になり巻き上がるものです。この状態は美観を大幅に損ない、植物の成長を阻害する可能性があります。
 detail
枝の枯れ
枝枯れは、ツバキ(椿)において枝の進行性の乾燥と枯死を特徴とし、大量の葉の喪失や植物の死亡につながります。この病気は主に血管系に影響し、栄養や水の輸送を妨げます。
 detail
黄色い縁取り
主にツバキ(椿)の葉に影響を及ぼす黄色い縁の病気は、栄養バランスの乱れや水の管理の不足により、葉の縁が黄色くなる結果をもたらします。これにより植物の活力が低下し、全体的な健康と成長に影響します。
 detail
暗い斑点
葉の ツバキ(椿) には、外観の損傷や潜在的な健康被害を引き起こすカビの感染による黒い斑点が見られます。効果的な治療と適切な文化的慣行によって病気の影響を軽減できます。
 detail
全葉ウィザリング
葉全体の枯れは、ツバキ(椿)に影響する病気であり、葉の劣化や植物の死亡を引き起こす可能性があります。植物の美観と生命力を損ないます。
 detail
スポット
ツバキ(椿)に斑点があることは、見た目の損傷や健康状態の低下を引き起こす一般的な病気です。原因となる要因と症状を早期に特定して、迅速な管理を行うことが重要です。
 detail
非ベースブランチの枯渇
地際の枝枯れはツバキ(椿)に影響する病気で、葉の早期落葉と株の活力低下をもたらします。感染した植物は葉落ちと枝の枯死により大幅な減退を示します。
 detail
ノッチ
切れ込み病はツバキ(椿)の美観と健康に大きな影響を与え、落葉や花の質の低下をもたらします。この病気は、切れ込んだ葉や生命力の低下を通じて現れます。
 detail
葉の黄変
葉の黄化、または葉焼けと呼ばれる病気は、ツバキ(椿)に重大な影響を与えます。この状態は植物を弱め、徐々に黄色に変色した葉を落としていきます。問題は植物の美観を損なう可能性があり、治療されない場合は寿命を縮める可能性があります。
 detail
黒カビ
ブラックカビは主にツバキ(椿)に影響を与える真菌病で、光合成を遮断して植物の健康を損ない、最終的には成長と花の生命力に影響を与えます。
 detail
アブラムシ
ウジ病は、ツバキ(椿)に著しい影響を与え、粘着性のあるすすや黄色黒色のカビ、育成の停止などが現れます。植物に対する重大な損傷を軽減するために管理が重要です。
 detail
暗い斑点
ダークブロッチは、ツバキ(椿)に影響を与える病気で、葉や茎に茶色から濃い黒の斑点が特徴です。特に湿気の多い条件下で、植物の健康と美しさに深刻な影響を与えることがあります。
 detail
傷跡
ツバキ(椿)の傷は病気ではなく、機械的な損傷や環境ストレスによるもので、美観の損ないや病原体への脆弱性を引き起こす可能性があります。
 detail
白い斑点
ホワイトブロッチは、ツバキ(椿)を特定の標的とする真菌病で、葉に太く不規則な模様を引き起こし、光による損傷や葉の早期脱落を引き起こす。
 detail
全草枯れ
病気にかかった ツバキ(椿) は、急速に衰退し、倒れて植物全体が枯れる傾向が特徴であり、美観と健康に影響を与えます。この病気は完全にしぼんで、治療を受けなければ植物の死につながります。
 detail
葉のしおれ
葉がしおれるのは、ツバキ(椿)における生理的な反応であり、しおれや変色によって特徴付けられ、植物の活力と美観を減少させます。さまざまな要因、例えば環境ストレスや病原体によって引き起こされる可能性があります。
 detail
葉斑病
リーフブロッチは、変色し斑状の葉を特徴とする、ツバキ(椿)に影響する真菌病であり、光合成を減少させ、葉落を引き起こし、植物の美観や健康に大きな影響を与えます。
 detail
plant_info

ツバキ(椿)に関連する植物

feedback
ご意見
feedback
product icon close
究極の植物ガイド
判定し、よりよく育て、世話をする!
product icon
17,000種の在来植物と400,000種の世界の植物が研究されました
product icon
約5年間もの調査
product icon
80人以上の植物学とガーデニングの学者
ad
product icon close
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース
すぐに使える大量のガイド...
照明
close
室内
室内
屋外
あなたに合った世話のコツを知るには、ここから場所を選択してください。
必要な条件
半日陰
理想
約3から6時間の日光
日なた, 日陰
許容範囲
6時間を超える日光
庭で太陽の光が優雅に移動する様子を観察し、植物のために光と陰のバランスが完璧な場所を選びましょう。そうすることで、植物たちが幸せに育つことができます。
要点
ツバキ(椿) 適度な日照を好み、本来の生息地である森林のように、日光がろ過された場所で生育する。日当たりや日陰にも耐えるが、過度の日照りでは葉が焦げることがある。
好ましい
許容範囲
適さない
icon
植物に実際に当たる光を知りましょう。
スマホで植物に最適な場所を見つけて、最大限に健康にしましょう。
アプリをダウンロード
人工照明
室内の植物は最適な成長には適切な照明が必要です。自然光が不足している場合、特に冬や日照の少ない場所では、人工照明が重要な解決策となり、より速く健康的な成長を促進します。
詳細を表示
屋内の植物は、最適な成長のために適切な照明を必要とします。特に冬や日照の少ない場所では、自然光が不十分な場合、人工光はより速く、健康的な成長を促進する重要な解決策となります。
1. 適切な人工光の種類を選ぶ:植物が必要とする特定の光の波長を提供できるため、LEDライトは屋内の植物の照明に人気のある選択肢です。
フルサンの植物には、30-50ワット/平方フィートの人工光が必要であり、部分的な日陰の植物には、20-30ワット/平方フィートが必要であり、完全な日陰の植物には、10-20ワット/平方フィートが必要です。
2. 適切な距離を決定する:植物から12〜36インチ上に光源を配置し、自然光を模倣します。
3. 適切な時間を決定する:植物の種に合わせて自然の日光時間の長さを模倣します。ほとんどの植物は1日に8〜12時間の光を必要とします。
重要な症状
%sの不十分な光の症状
ツバキ(椿) は、完全な日照下で生育するが、部分的な日陰にも耐えることができる万能植物である。さまざまな光条件に適応できるが、光量不足の室内で栽培すると、微妙な光線欠乏症状が現れることがある。
詳細を表示
(症状の詳細と対処法)
開花・結実への影響
日照不足による明らかな異常は見られないかもしれないが、将来の開花や結実に悪影響を及ぼす可能性がある。
より速い落葉
植物は弱い光条件にさらされると、資源を節約するために古い葉を早めに落とす傾向がある。限られた時間の中で、植物のエネルギーが枯渇するまで、これらの資源は新しい葉を成長させるために利用される。
新芽の成長が遅い、または全くない
ツバキ(椿) は、光条件が悪いとサバイバルモードに入り、葉の生産を停止させる。その結果、植物の成長が遅れたり、完全に止まったりする。
対処法
1. 植物の成長を最適化するために、週ごとに日当たりの良い場所に移動させ、毎日3〜6時間の直射日光を受けるようにし、徐々に変化する光条件に適応させます。2. 植物に追加の光を提供するために、大きい場合や移動が容易でない場合は人工光を使用することを検討してください。デスクや天井のランプを毎日少なくとも8時間点灯させるか、専門の植物用グローライトを導入して十分な光を確保します。
%sの過剰な光の症状
ツバキ(椿) 日当たりのよい場所で生育するが、部分的な日陰にも適応できる。日焼けの症状が出ることもあるが、回復力があるため、一般的にはさまざまな光条件にも耐性がある。
詳細を表示
(症状の詳細と対処法)
白化
葉の白化は、植物の葉が緑色を失い黄色に変色する状態です。これは過剰な日光による葉緑素の分解に起因し、植物の光合成能力に悪影響を及ぼします。
葉焼け
日焼けは、植物の葉や茎が強い日光によって損傷を受けると発生します。植物組織上には淡色、漂白、壊死した領域として現れ、植物の全体的な健康状態を低下させることがあります。
葉がカールする
日光の強い環境下では、葉が巻き曲がったりねじれたりする症状が見られます。これは植物が日光にさらされた表面積を減らし、水分の損失やダメージを最小限に抑えるために使用する防御メカニズムです。
しおれ
しおれは、植物が持続圧を失い、葉や茎が垂れ下がる状態です。日光の過剰曝露によって蒸散を通じた植物の水分喪失が増加し、適切な水分補給を維持することが困難になるため、しおれが起こることがあります。
葉焼け
葉焼けは、過剰な日光によって葉の縁や斑点が茶色く乾燥しパリパリとした状態になる症状です。これによって光合成能力や全体的な植物の健康状態が低下する可能性があります。
対処法
1. 植物を豊富な日光を受けるが一部日陰もある最適な位置に移動してください。朝日が優しい東向きの窓が理想的です。これにより、植物は十分な日光を楽しむことができ、日焼けのリスクを減らすことができます。2. 完全に脱水したりしぼんだ部分を切り取ることをおすすめします。
植物の病気や毒性、雑草の管理などについての情報を参照しましょう。
気温
close
室内
室内
屋外
あなたに合った世話のコツを知るには、ここから場所を選択してください。
必要な条件
理想
許容範囲
適さない
人と同様に、それぞれの植物には好みがあります。植物の温度要件を学び、彼らが豊かに成長するための快適な環境を整えましょう。 植物に愛情を注ぎながら、深い絆が育まれます。植物の温度要件を学びながら、直感に信頼し、共有する旅を楽しみましょう。 植物の周囲の温度を心を込めてモニターし、必要に応じて環境を調整してください。温度計はこの真心のこもった取り組みにおいて頼りになるパートナーとなります。 植物の温度要件を探求する際に、自分自身に対して忍耐強く優しく接してください。成功を喜び、課題から学び、愛情を込めて庭を育みながら、あなたのケアの温もりを反映した安らぎの場を作りましょう。
要点
ツバキ(椿) の好む温度範囲は59~95℃(15~35℃)である。温帯湿潤気候の地域が原産で、50~80℉(10~27℃)で生育する。冬場は氷点下の気温が短時間であれば耐えることができるが、凍結するような気温に長時間さらされると株がダメージを受ける。
地域での冬越し方針
ツバキ(椿) はある程度の耐寒性を持っており、一般的に{耐寒性_生 育温度_分}以上であれば、追加の対策は必要ない。しかし、気温が{Tolerable_growing_temperature_min}を下回ると予想される場合は、ビニールフィルムや布などで包むなど、一時的な防寒対策が必要である。気温が再び上昇したら、速やかに防寒措置を解除する。
重要な症状
ツバキ(椿)の低温の症状
ツバキ(椿) 低温に対する耐性は中程度で、{Suitable_growth_temperature_min}以上 であれば最も生育が旺盛になる。冬期は、{Tolerable_growing_temperature_min}以上に保つ。{Limit_growth_temperature}を下回ると、葉が垂れ始めることがある。軽度の場合は回復しますが、重度の場合は葉がしおれ、最終的には落葉します。
対処法
霜で傷んだ部分は切り落とす。再び低温になる前に、植物を不織布や布などで包み、冷たい風から守る防風壁を作る。
ツバキ(椿)の高温の症状
夏場は、ツバキ(椿) 、{Suitable_growth_temperature_max} 以下で管理する。温度 が{Tolerable_growing_temperature_max}を超えると、葉の色が薄 くなり、葉先が乾燥して枯れたり、葉が丸まったり、日焼けしやす くなったりする。
対処法
日焼けした部分や乾燥した部分は切り取る。日中と午後の日差しが遮られる場所に植物を移動させるか、遮光布で日陰を作る。水やりは朝夕に行い、土を湿らせておく。
植物の病気や毒性、雑草の管理などについての情報を参照しましょう。
クッキー管理ツール
ブラウザやデバイスでクッキーを管理するのに加えて、こちらでクッキーの設定を変更できます。
必要なクッキー
必要なクッキーは、中核的機能を可能にします。これらのクッキーがないとウェブサイトは正常に機能せず、ブラウザの設定を変更することでのみ無効化することができます。
分析クッキー
分析クッキーは利用に関する情報を収集・報告することで、当社がアプリやウェブサイトの改善をするのに役立ちます。
クッキーの名称 ソース 目的 有効期限
_ga Googleアナリティクス このクッキーは当社によるGoogleアナリティクスの利用のために設定されています。このクッキーはアプリやウェブサイトの利用に関する情報を収集するのに利用されます。このクッキーはあなたのIPアドレスやデバイスに関するデータ、アプリやウェブサイトの利用に関するその他の情報などの特定の情報を収集します。データ処理は基本的にGoogle LLCにより行われ、Googleはプロファイリングなど独自の目的でクッキーで収集されたデータを利用する可能性があり、Googleアカウントなどその他のデータと結びつけることがあることにご留意ください。 Googleによるあなたのデータの処理方法やGoogleのプライバシーへの取り組み、あなたのデータの保護実行に関するその他の情報はこちらをご覧ください。 1年
_pta PictureThisアナリティクス 当社はこれらのクッキーを使用することで、あなたが当社のサイトをどのように利用するかに関する情報の収集や、サイトのパフォーマンスの測定、サイトのパフォーマンスとサービス、そしてあなたの体験の改善を行います。 1年
クッキーの名称
_ga
ソース
Googleアナリティクス
目的
このクッキーは当社によるGoogleアナリティクスの利用のために設定されています。このクッキーはアプリやウェブサイトの利用に関する情報を収集するのに利用されます。このクッキーはあなたのIPアドレスやデバイスに関するデータ、アプリやウェブサイトの利用に関するその他の情報などの特定の情報を収集します。データ処理は基本的にGoogle LLCにより行われ、Googleはプロファイリングなど独自の目的でクッキーで収集されたデータを利用する可能性があり、Googleアカウントなどその他のデータと結びつけることがあることにご留意ください。 Googleによるあなたのデータの処理方法やGoogleのプライバシーへの取り組み、あなたのデータの保護実行に関するその他の情報はこちらをご覧ください。
有効期限
1年

クッキーの名称
_pta
ソース
PictureThisアナリティクス
目的
当社はこれらのクッキーを使用することで、あなたが当社のサイトをどのように利用するかに関する情報の収集や、サイトのパフォーマンスの測定、サイトのパフォーマンスとサービス、そしてあなたの体験の改善を行います。
有効期限
1年
マーケティングクッキー
マーケティングクッキーは広告会社に利用され、あなたの関心に関連した広告を提供します。
クッキーの名称 ソース 目的 有効期限
_fbp Facebookピクセル リターゲティング活動のために当社が使用しているコンバージョン・ピクセル・トラッキングです。詳しくはこちらからどうぞ。 1年
_adj Adjust このクッキーがモバイル分析と属性サービスを提供することで、当社はアプリ内でのマーケティング活動や何らかのイベント、活動の有効性を測定・分析することができます。詳しくはこちらをご覧ください。 1年
クッキーの名称
_fbp
ソース
Facebookピクセル
目的
リターゲティング活動のために当社が使用しているコンバージョン・ピクセル・トラッキングです。詳しくはこちらからどうぞ。
有効期限
1年

クッキーの名称
_adj
ソース
Adjust
目的
このクッキーがモバイル分析と属性サービスを提供することで、当社はアプリ内でのマーケティング活動や何らかのイベント、活動の有効性を測定・分析することができます。詳しくはこちらをご覧ください。
有効期限
1年
picturethis icon
picturethis icon
植え付け、毒性、栽培、病気の情報などを入手するために写真を撮りましょう。
アプリを使う
アプリを使用するとこのページはより良く表示されます
開いた