PictureThis
camera identify
アプリを使う
tab list
ホーム 認識 アプリ
日本語
English
繁體中文
日本語
Español
Français
Deutsch
Pусский
Português
Italiano
한국어
Nederlands
العربية
Svenska
Polskie
ภาษาไทย
Bahasa Melayu
Bahasa Indonesia
アプリを入手
アプリを使用するとこのページはより良く表示されます
about about
アプリについて
care_guide care_guide
お世話ガイド
plant_info plant_info
詳しい情報
pests pests
害虫と病気
care_scenes care_scenes
より詳細なお世話ガイド
pic top
Opuntia microdasys 'Albata'
Opuntia microdasys 'Albata'
Opuntia microdasys 'Albata'
Opuntia microdasys 'Albata'
Opuntia microdasys 'Albata'は乾燥地帯に数多く自生する植物で、他の植物の発育を妨げるほどの強い繁殖力が特徴です。その可愛らしい見た目と丈夫さから観賞用として人気の高い多肉植物です。黄色やピンク色の花を咲かせます。但し、個体によっては有毒成分が含まれることが報告されていますので注意が必要です。
耐寒ゾーン
耐寒ゾーン
10 〜 13
more
care guide

Opuntia microdasys 'Albata'のお世話ガイド

水のお世話
水のお世話
耐乾性。水やりと水やりの間に土が乾く期間を設けましょう。水が土にしっかりと浸透し、余分な水が排水穴からそのまま排水されるまで、しっかりと水をやります。
水やりの仕方の詳細 水のお世話
肥料のお世話
肥料のお世話
成長期と開花期には3か月ごとに肥料を施しましょう。緩効性肥料を使いましょう。
肥料の与え方の詳細 肥料のお世話
Opuntia microdasys 'Albata'に必要な光はどんなものですか?
Opuntia microdasys 'Albata'に必要な光はどんなものですか?
十分な日光, 半日陰
必要な日光の詳細 Opuntia microdasys 'Albata'に必要な光はどんなものですか?
Opuntia microdasys 'Albata'に最適な温度の範囲はどこからどこまでですか?
Opuntia microdasys 'Albata'に最適な温度の範囲はどこからどこまでですか?
10 〜 13
気温の詳細 Opuntia microdasys 'Albata'に最適な温度の範囲はどこからどこまでですか?
care guide bg
植物に実際に当たる光を知りましょう。
スマホで植物に最適な場所を見つけて、最大限に健康にしましょう。
アプリをダウンロード
Picture This
ポケットの中の植物学者
qrcode
QRコードをスキャンしてダウンロード
label
cover
Opuntia microdasys 'Albata'
耐寒ゾーン
耐寒ゾーン
10 〜 13
plant_info

Opuntia microdasys 'Albata'の主要データ

Opuntia microdasys 'Albata'の特性

形態
多年生
草丈
91 cm
樹冠の直径
10 cm
葉の種類
常緑樹
icon
あなたにピッタリな植物を見つけます。
植物の種類やペットへの安全、技術水準、場所など、あなたの基準に基づいた緑のオアシスを計画しましょう。
pests

Opuntia microdasys 'Albata'のよくある害虫と病気

1000万件の実例に基づく、Opuntia microdasys 'Albata'によく発生する問題
傷跡
傷跡 傷跡
傷跡
茎の退色している部分がそれ以上大きくならず、数も増えない場合、それは単なる傷跡です。
対処法: 傷の原因ごとに、植物の回復に役立つ手段は異なります。 人やペットによって擦り傷ができる場合は、幹や葉を物理的ダメージから保護しましょう。 害虫や病気が傷の原因である場合は、拡散防止のために、その植物を他の植物から隔離しましょう。害虫によっては、殺虫剤を使わなくても、柔らかい布と石鹸水、または希釈したイソプロピルアルコールスプレーなどで駆除することができます。 植物を直射日光が当たらない場所に移動して適切に水をやり、日焼けを防ぎます。 葉や芽が頻繁に落ちる場合は、光や栄養素が不足している可能性があります。
斑点細菌病
斑点細菌病 斑点細菌病
斑点細菌病
病原菌に感染すると、果実に(通常黒色や褐色の)病斑が現れる場合があります。
対処法: 定期的に剪定する:予防策として、また斑点細菌病の影響を受ける植物や植物の部分を取り除くために剪定する。 風通しと排水を改善する 必要に応じて施肥する 農薬散布:自家栽培の斑点細菌病に対処できる効果的な方法はほとんどないが、病気がひどい場合は、地元の農業相談窓口が化学的解決方法に関する情報を提供してくれることがある。
枝枯れ(病)
枝枯れ(病) 枝枯れ(病)
枝枯れ(病)
立ち枯れが発生する原因はいくつか考えられます。
対処法: 枝枯れ(病)の症状が現れた場合、いくつか推奨される対策があります: 肥料と水を与える:更に適切な剪定を行うことで根のストレスを軽減し生命力を回復させることができる 根が曲がって伸びていないか樹医に調べてもらう 土壌のpHを調べて、適切な状態を保つ 病状のある枝を取り除く
icon
植物の病気を治療して予防しましょう。
AIの植物ドクターは数秒で、あなたが植物の問題を診断するのを手助けします。
close
傷跡
plant poor
傷跡
茎の退色している部分がそれ以上大きくならず、数も増えない場合、それは単なる傷跡です。
症状の分析
症状の分析
傷が癒えた植物には、傷跡が残ります。人やペットがそばを通りすぎるときに擦られると、植物には傷ができる場合があります。原因となる問題が解決すると植物の傷は回復しますが、傷跡が残る可能性があります。
害虫や病原菌も傷跡の原因となります。植物を食べる害虫が大量発生して、大きな傷跡が残る場合もあります。真菌や細菌などの病原菌は弱らせ、茶色い斑点、ジクジク、ブツブツなどが発生し、それらが傷跡になる場合があります。
葉や芽が落ちてから回復すると、茎に傷跡ができます。硬い組織は、傷を保護するかさぶたのようなものです。
また、傷跡は、日光や暑さに過剰に晒されているなど、環境条件の問題を示している場合もあります。サボテンのような砂漠に自生する植物でさえ、日焼けの影響を受ける可能性があることに驚くかもしれません!
対処法
対処法
傷の原因ごとに、植物の回復に役立つ手段は異なります。
  1. 人やペットによって擦り傷ができる場合は、幹や葉を物理的ダメージから保護しましょう。
  2. 害虫や病気が傷の原因である場合は、拡散防止のために、その植物を他の植物から隔離しましょう。害虫によっては、殺虫剤を使わなくても、柔らかい布と石鹸水、または希釈したイソプロピルアルコールスプレーなどで駆除することができます。
  3. 植物を直射日光が当たらない場所に移動して適切に水をやり、日焼けを防ぎます。
  4. 葉や芽が頻繁に落ちる場合は、光や栄養素が不足している可能性があります。
予防策
予防策
傷の原因には、簡単に防げるものもあります。しかし、どのような原因でも、植物を自宅に持ち帰ることを決めたら、まずは植物に注意を払うことから始まります。
  1. 土壌の水はけ、水やり、肥料の条件など、その植物固有の栽培条件を確認しましょう。
  2. 植える前に植物を点検し、真菌や細菌の感染を防止するために消毒した鉢と新鮮な培養土や培地を使用しましょう。
  3. 根を張ったら、問題を早期発見できるように、傷や害虫の存在がないかを定期的に確認しましょう。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース そして すぐに使える大量のガイド...
qrcode
携帯のカメラでQRコードをスキャンするとアプリをダウンロードできます
斑点細菌病
plant poor
斑点細菌病
病原菌に感染すると、果実に(通常黒色や褐色の)病斑が現れる場合があります。
概要
概要
未熟な果実に茶色または黒色の斑点が出た場合は、斑点細菌病が原因の可能性が高いです。この病名は、果物や野菜の魅力を損なう斑点を生じさせる複数の病気を総称した俗称です。
斑点細菌病には、褐斑細菌病やトマト斑点細菌病、その他の(夏疫病などの)病気など、いくつかの原因があります。考慮すべき症状とその解決策を以下に示します。
症状の分析
症状の分析
斑点細菌病の症状は、影響を受ける植物の種類や、どの病原体が原因であるかによって異なります。トマト、ナシ、プラム、タマネギ、イチゴ、セロリ、桃など、ほぼすべての種類の植物が斑点細菌病の影響を受けることがあります。
潜在的な症状のいくつかの例を以下に示します。
小さな斑点
  • 小さな斑点は、一般的に斑点細菌病に関連している。
  • 斑点は果物だけでなく、葉など他の地上部分に現れることがある。
  • 感染した果実には小さな黒い斑点がつく(斑点は直径1.5 mm未満)
  • 斑点は明確な境界線で隆起し、果実が成熟すると凹んだ穴になる。
  • 斑点の近くの果物の組織は、他の果物よりも長く緑色のままである。
  • 斑点は暗褐色から黒色で、近くの斑点と合体する。
大きな斑点
  • 大きな斑点は、細菌の斑点、初期の枯死、および関連する病気に苦しむ植物によく見られる。
  • 斑点は大きく、場合によっては1.3 cmよりも大きくなります。
  • 一部の斑点は、茶色から灰色がかった色のダーツのターゲットのように見える場合がある。
  • 古い斑点は黒く、ぎざぎざの境界線で隆起している。
  • 斑点は表面的なものであり、種には浸透しない。
  • 斑点はへこんだ穴に変わり、成熟するとクレーターのようになることがある。
  • 果物の皮にひびが入り、水に浸した境界線のようなものができる。
  • 一部の斑点からはゼラチン状の物質がにじみ出ることがある。
疾病の原因
疾病の原因
斑点細菌病の原因はいくつかあります。これらは病原体と植物の種類に依存します。褐斑細菌病と斑点細菌病は、トマト、グランドチェリーなどの植物に影響を与えることのある一般的な病気です。
褐斑細菌病はシュードモナスシリンゲが原因です。
1933年に米国で最初に発見され、トマトや近くの雑草で最も一般的ですが、他の植物や果実にも影響を与えることがあります。低温(24 ℃未満)および高湿度でより発生します。
トマト斑点細菌病は、Xanthomonas campestris pv.vesicatoria(ザントモナス カンペストリス 病原型 ヴェシカトリア)という細菌感染による病害です。
1912年にテキサスで最初に発見されたこの病気は、温暖な気候や高湿度の条件でより一般的です
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース そして すぐに使える大量のガイド...
qrcode
携帯のカメラでQRコードをスキャンするとアプリをダウンロードできます
枝枯れ(病)
plant poor
枝枯れ(病)
立ち枯れが発生する原因はいくつか考えられます。
概要
概要
植物の枝枯れ(病)を対処するのは容易ではありません。様々な種類の病気から起こる症状で、芽、小枝、根、枝が徐々に壊死に近づいていく病気で、先端から病状が発生します。
多くのケースでは、枝枯れ(病)は菌類や細菌によって引き起こされます。これらの病原体は瘤を発生させ、萎ませ、茎や根を腐らせ、潰瘍まで発生させますが、最も一般的な症状は、勿論植物の一部、又は全体が、文字通り立ち枯れてしまうことです。
症状の分析
症状の分析
枝枯れ(病)の症状は、徐々に、若しくは少し急激に発生、進行します。一般的には、ゆっくりと発症し、各部位に広がっていきます。
植物の種類によっては、全ての小枝、枝のみが感染する等、局所的な症状が出るものも存在します。考えられる症状としては:
  • 枝や小枝が壊死している、若しくは壊死に向かっている
  • 立ち枯れは通常頭頂部から発症し下に向かって広がっていく(針葉樹等下部から発症する種類も存在する)
  • 春の萌芽が遅れる
  • 葉縁が萎びる
  • 葉が薄緑色、又は黄色に変色する
  • 小さい、又は歪んだ成葉になる
  • 早期落葉する
  • 小枝や茎の成長が減退する
  • 樹冠が細くなる
  • 吸枝が幹や枝に生える
  • 白樺、モミジバフウ、カエデ、オーク、トネリコ等の早期紅葉
立ち枯れの症状は1期内で起こる場合もあれば、悪化した場合毎年続く可能性があります。
疾病の原因
疾病の原因
枝枯れ(病)にはいくつか種類があり、それぞれ異なる原因で引き起こされます。
天狗巣病を含む、”枝枯れ(病)”現象は菌や細菌に感染して発症します。天狗巣病は上部の枝がゆっくりと立ち枯れていく現象で、患った大枝が牡鹿の頭のように見えることから英語ではStaghead(牡鹿の頭病)と言います。
その他の枝枯れ(病)の症状を引き起こす原因の一部を以下に記載します。
  • 瘤が発生し、萎れる
  • 幹や根が腐る
  • 線虫
  • 穿孔性害虫
  • 根の上に舗装が敷かれる
  • 寒害
  • 塩害
  • 不適切な量の水分
  • 栄養不足
虫に攻撃されたり、気温が極度に高かったり低かったり、土壌の水分が常に一定でなかったりする木や低木は枝枯れ(病)が発症しやすくなります。このようなストレス要因は、単独で、又はその他の要因と絡み合い、葉や芽の成長を妨げ、枝を壊死させてしまいます。
これらの問題は全て枝枯れ(病)を生じさせる原因になりますが、根が傷を負った時が、最も深刻な結果を引き起こします。不適切な方法で植えられたり、好ましくない環境下に植えられた木や低木も同様です。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース そして すぐに使える大量のガイド...
qrcode
携帯のカメラでQRコードをスキャンするとアプリをダウンロードできます
care_scenes

Opuntia Microdasys 'albata'の成長と世話の詳細情報

基本のお世話ガイド
close
product icon
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース そして すぐに使える大量のガイド...
究極の植物ガイド
判定し、よりよく育て、世話をする!
product icon
17,000種の在来植物と400,000種の世界の植物が研究されました
product icon
約5年間もの調査
product icon
80人以上の植物学とガーデニングの学者
ad
ad
ポケットの中の植物学者
Scan the QR code with your phone camera to download the app
アプリについて
お世話ガイド
詳しい情報
害虫と病気
より詳細なお世話ガイド
Opuntia microdasys 'Albata'
Opuntia microdasys 'Albata'
Opuntia microdasys 'Albata'
Opuntia microdasys 'Albata'
Opuntia microdasys 'Albata'は乾燥地帯に数多く自生する植物で、他の植物の発育を妨げるほどの強い繁殖力が特徴です。その可愛らしい見た目と丈夫さから観賞用として人気の高い多肉植物です。黄色やピンク色の花を咲かせます。但し、個体によっては有毒成分が含まれることが報告されていますので注意が必要です。
耐寒ゾーン
耐寒ゾーン
10 〜 13
more
plant_info

Opuntia microdasys 'Albata'の主要データ

Opuntia microdasys 'Albata'の特性

形態
多年生
草丈
91 cm
樹冠の直径
10 cm
葉の種類
常緑樹
icon
さらに役立つ植物の知識を得る
情報豊富な植物事典を使って、さらに理解を深めましょう
アプリをダウンロード
icon
二度とお世話を忘れません!
特製の便利なお世話の通知で、植物のお世話は今まで以上に簡単になりました。
アプリをダウンロード
pests

Opuntia microdasys 'Albata'のよくある害虫と病気

1000万件の実例に基づく、Opuntia microdasys 'Albata'によく発生する問題
傷跡
傷跡 傷跡 傷跡
茎の退色している部分がそれ以上大きくならず、数も増えない場合、それは単なる傷跡です。
対処法: 傷の原因ごとに、植物の回復に役立つ手段は異なります。 人やペットによって擦り傷ができる場合は、幹や葉を物理的ダメージから保護しましょう。 害虫や病気が傷の原因である場合は、拡散防止のために、その植物を他の植物から隔離しましょう。害虫によっては、殺虫剤を使わなくても、柔らかい布と石鹸水、または希釈したイソプロピルアルコールスプレーなどで駆除することができます。 植物を直射日光が当たらない場所に移動して適切に水をやり、日焼けを防ぎます。 葉や芽が頻繁に落ちる場合は、光や栄養素が不足している可能性があります。
Learn More About the 傷跡 more
斑点細菌病
斑点細菌病 斑点細菌病 斑点細菌病
病原菌に感染すると、果実に(通常黒色や褐色の)病斑が現れる場合があります。
対処法: 定期的に剪定する:予防策として、また斑点細菌病の影響を受ける植物や植物の部分を取り除くために剪定する。 風通しと排水を改善する 必要に応じて施肥する 農薬散布:自家栽培の斑点細菌病に対処できる効果的な方法はほとんどないが、病気がひどい場合は、地元の農業相談窓口が化学的解決方法に関する情報を提供してくれることがある。
Learn More About the 斑点細菌病 more
枝枯れ(病)
枝枯れ(病) 枝枯れ(病) 枝枯れ(病)
立ち枯れが発生する原因はいくつか考えられます。
対処法: 枝枯れ(病)の症状が現れた場合、いくつか推奨される対策があります: 肥料と水を与える:更に適切な剪定を行うことで根のストレスを軽減し生命力を回復させることができる 根が曲がって伸びていないか樹医に調べてもらう 土壌のpHを調べて、適切な状態を保つ 病状のある枝を取り除く
Learn More About the 枝枯れ(病) more
icon
植物の病気を治療して予防しましょう。
AIの植物ドクターは数秒で、あなたが植物の問題を診断するのを手助けします。
アプリをダウンロード
close
傷跡
plant poor
傷跡
茎の退色している部分がそれ以上大きくならず、数も増えない場合、それは単なる傷跡です。
症状の分析
症状の分析
傷が癒えた植物には、傷跡が残ります。人やペットがそばを通りすぎるときに擦られると、植物には傷ができる場合があります。原因となる問題が解決すると植物の傷は回復しますが、傷跡が残る可能性があります。
害虫や病原菌も傷跡の原因となります。植物を食べる害虫が大量発生して、大きな傷跡が残る場合もあります。真菌や細菌などの病原菌は弱らせ、茶色い斑点、ジクジク、ブツブツなどが発生し、それらが傷跡になる場合があります。
葉や芽が落ちてから回復すると、茎に傷跡ができます。硬い組織は、傷を保護するかさぶたのようなものです。
また、傷跡は、日光や暑さに過剰に晒されているなど、環境条件の問題を示している場合もあります。サボテンのような砂漠に自生する植物でさえ、日焼けの影響を受ける可能性があることに驚くかもしれません!
対処法
対処法
傷の原因ごとに、植物の回復に役立つ手段は異なります。
  1. 人やペットによって擦り傷ができる場合は、幹や葉を物理的ダメージから保護しましょう。
  2. 害虫や病気が傷の原因である場合は、拡散防止のために、その植物を他の植物から隔離しましょう。害虫によっては、殺虫剤を使わなくても、柔らかい布と石鹸水、または希釈したイソプロピルアルコールスプレーなどで駆除することができます。
  3. 植物を直射日光が当たらない場所に移動して適切に水をやり、日焼けを防ぎます。
  4. 葉や芽が頻繁に落ちる場合は、光や栄養素が不足している可能性があります。
予防策
予防策
傷の原因には、簡単に防げるものもあります。しかし、どのような原因でも、植物を自宅に持ち帰ることを決めたら、まずは植物に注意を払うことから始まります。
  1. 土壌の水はけ、水やり、肥料の条件など、その植物固有の栽培条件を確認しましょう。
  2. 植える前に植物を点検し、真菌や細菌の感染を防止するために消毒した鉢と新鮮な培養土や培地を使用しましょう。
  3. 根を張ったら、問題を早期発見できるように、傷や害虫の存在がないかを定期的に確認しましょう。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース
すぐに使える大量のガイド...
close
斑点細菌病
plant poor
斑点細菌病
病原菌に感染すると、果実に(通常黒色や褐色の)病斑が現れる場合があります。
概要
概要
未熟な果実に茶色または黒色の斑点が出た場合は、斑点細菌病が原因の可能性が高いです。この病名は、果物や野菜の魅力を損なう斑点を生じさせる複数の病気を総称した俗称です。
斑点細菌病には、褐斑細菌病やトマト斑点細菌病、その他の(夏疫病などの)病気など、いくつかの原因があります。考慮すべき症状とその解決策を以下に示します。
症状の分析
症状の分析
斑点細菌病の症状は、影響を受ける植物の種類や、どの病原体が原因であるかによって異なります。トマト、ナシ、プラム、タマネギ、イチゴ、セロリ、桃など、ほぼすべての種類の植物が斑点細菌病の影響を受けることがあります。
潜在的な症状のいくつかの例を以下に示します。
小さな斑点
  • 小さな斑点は、一般的に斑点細菌病に関連している。
  • 斑点は果物だけでなく、葉など他の地上部分に現れることがある。
  • 感染した果実には小さな黒い斑点がつく(斑点は直径1.5 mm未満)
  • 斑点は明確な境界線で隆起し、果実が成熟すると凹んだ穴になる。
  • 斑点の近くの果物の組織は、他の果物よりも長く緑色のままである。
  • 斑点は暗褐色から黒色で、近くの斑点と合体する。
大きな斑点
  • 大きな斑点は、細菌の斑点、初期の枯死、および関連する病気に苦しむ植物によく見られる。
  • 斑点は大きく、場合によっては1.3 cmよりも大きくなります。
  • 一部の斑点は、茶色から灰色がかった色のダーツのターゲットのように見える場合がある。
  • 古い斑点は黒く、ぎざぎざの境界線で隆起している。
  • 斑点は表面的なものであり、種には浸透しない。
  • 斑点はへこんだ穴に変わり、成熟するとクレーターのようになることがある。
  • 果物の皮にひびが入り、水に浸した境界線のようなものができる。
  • 一部の斑点からはゼラチン状の物質がにじみ出ることがある。
疾病の原因
疾病の原因
斑点細菌病の原因はいくつかあります。これらは病原体と植物の種類に依存します。褐斑細菌病と斑点細菌病は、トマト、グランドチェリーなどの植物に影響を与えることのある一般的な病気です。
褐斑細菌病はシュードモナスシリンゲが原因です。
1933年に米国で最初に発見され、トマトや近くの雑草で最も一般的ですが、他の植物や果実にも影響を与えることがあります。低温(24 ℃未満)および高湿度でより発生します。
トマト斑点細菌病は、Xanthomonas campestris pv.vesicatoria(ザントモナス カンペストリス 病原型 ヴェシカトリア)という細菌感染による病害です。
1912年にテキサスで最初に発見されたこの病気は、温暖な気候や高湿度の条件でより一般的です
対処法
対処法
  • 定期的に剪定する:予防策として、また斑点細菌病の影響を受ける植物や植物の部分を取り除くために剪定する。
  • 風通しと排水を改善する
  • 必要に応じて施肥する
  • 農薬散布:自家栽培の斑点細菌病に対処できる効果的な方法はほとんどないが、病気がひどい場合は、地元の農業相談窓口が化学的解決方法に関する情報を提供してくれることがある。
予防策
予防策
両方の斑点細菌病が収穫に影響を与えないようにする方法は次の通りです。
  • 輪作する。毎年同じ場所に同じ種類の植物を植えるのではなく、2〜3年ごとに場所を切り替える。
  • 無病の種子と苗を使用する。植える前に熱水処理を使用して種子を殺菌することも効果的。
  • 早い時間の水やり:日暮前に乾く時間を確保するため、一日の早い時間に水やりを行う。
  • 植物が濡れているときは、植物の周りでの作業は避ける。
  • 雑草を防除する。
  • 成長期の終わりに植物の残骸を取り除くか、地面に埋める。
  • より多くの窒素を肥料を与え、カルシウムはより少なくする。
  • 利用可能な場合は植物耐性品種を選ぶ。
  • 移植時に植物を剪定して傷をつけないようにする。
  • 影響を受けた植物の部分はすぐに処分しないこと。(堆肥にしないこと)
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース
すぐに使える大量のガイド...
close
枝枯れ(病)
plant poor
枝枯れ(病)
立ち枯れが発生する原因はいくつか考えられます。
概要
概要
植物の枝枯れ(病)を対処するのは容易ではありません。様々な種類の病気から起こる症状で、芽、小枝、根、枝が徐々に壊死に近づいていく病気で、先端から病状が発生します。
多くのケースでは、枝枯れ(病)は菌類や細菌によって引き起こされます。これらの病原体は瘤を発生させ、萎ませ、茎や根を腐らせ、潰瘍まで発生させますが、最も一般的な症状は、勿論植物の一部、又は全体が、文字通り立ち枯れてしまうことです。
症状の分析
症状の分析
枝枯れ(病)の症状は、徐々に、若しくは少し急激に発生、進行します。一般的には、ゆっくりと発症し、各部位に広がっていきます。
植物の種類によっては、全ての小枝、枝のみが感染する等、局所的な症状が出るものも存在します。考えられる症状としては:
  • 枝や小枝が壊死している、若しくは壊死に向かっている
  • 立ち枯れは通常頭頂部から発症し下に向かって広がっていく(針葉樹等下部から発症する種類も存在する)
  • 春の萌芽が遅れる
  • 葉縁が萎びる
  • 葉が薄緑色、又は黄色に変色する
  • 小さい、又は歪んだ成葉になる
  • 早期落葉する
  • 小枝や茎の成長が減退する
  • 樹冠が細くなる
  • 吸枝が幹や枝に生える
  • 白樺、モミジバフウ、カエデ、オーク、トネリコ等の早期紅葉
立ち枯れの症状は1期内で起こる場合もあれば、悪化した場合毎年続く可能性があります。
疾病の原因
疾病の原因
枝枯れ(病)にはいくつか種類があり、それぞれ異なる原因で引き起こされます。
天狗巣病を含む、”枝枯れ(病)”現象は菌や細菌に感染して発症します。天狗巣病は上部の枝がゆっくりと立ち枯れていく現象で、患った大枝が牡鹿の頭のように見えることから英語ではStaghead(牡鹿の頭病)と言います。
その他の枝枯れ(病)の症状を引き起こす原因の一部を以下に記載します。
  • 瘤が発生し、萎れる
  • 幹や根が腐る
  • 線虫
  • 穿孔性害虫
  • 根の上に舗装が敷かれる
  • 寒害
  • 塩害
  • 不適切な量の水分
  • 栄養不足
虫に攻撃されたり、気温が極度に高かったり低かったり、土壌の水分が常に一定でなかったりする木や低木は枝枯れ(病)が発症しやすくなります。このようなストレス要因は、単独で、又はその他の要因と絡み合い、葉や芽の成長を妨げ、枝を壊死させてしまいます。
これらの問題は全て枝枯れ(病)を生じさせる原因になりますが、根が傷を負った時が、最も深刻な結果を引き起こします。不適切な方法で植えられたり、好ましくない環境下に植えられた木や低木も同様です。
対処法
対処法
枝枯れ(病)の症状が現れた場合、いくつか推奨される対策があります:
  • 肥料と水を与える:更に適切な剪定を行うことで根のストレスを軽減し生命力を回復させることができる
  • 根が曲がって伸びていないか樹医に調べてもらう
  • 土壌のpHを調べて、適切な状態を保つ
  • 病状のある枝を取り除く
予防策
予防策
適切な場所で植物を育てることが、枝枯れ(病)に対する最良の予防対策です。新たに栽培する際は、徹底してその植物に適した条件を満たすことが重要です。
  • 肥沃で水捌けの良い土壌を選び、適切な深さに植える。
  • 根詰まりしてしまわないよう、成木になった時の大きさを考慮する
  • 栽培する場所を変えることは避ける
  • 土壌の密度が問題であれば、数センチの木材チップを導入し、根部の上の往来を避ける
  • 適切な方法で肥料と水をやる
枝枯れ(病)の病原体からの感染を予防することも重要です:
  • 出来る限り根と幹が詰まったり傷を負ったりしないよう手入れする
  • 過度な剪定は避ける
  • 道具を使用する前に消毒を行い、感染拡大を抑制する
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース
すぐに使える大量のガイド...
care_scenes

Opuntia Microdasys 'albata'の成長と世話の詳細情報

基本のお世話ガイド
product icon close
究極の植物ガイド
判定し、よりよく育て、世話をする!
product icon
17,000種の在来植物と400,000種の世界の植物が研究されました
product icon
約5年間もの調査
product icon
80人以上の植物学とガーデニングの学者
ad
product icon close
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース
すぐに使える大量のガイド...
照明
close
室内
室内
屋外
あなたに合った世話のコツを知るには、ここから場所を選択してください。
必要な条件
十分な日光
理想
6時間を超える日光
半日陰
許容範囲
約3から6時間の日光
庭で太陽の光が優雅に移動する様子を観察し、植物のために光と陰のバランスが完璧な場所を選びましょう。そうすることで、植物たちが幸せに育つことができます。
植物の病気や毒性、雑草の管理などについての情報を参照しましょう。
気温
close
室内
室内
屋外
あなたに合った世話のコツを知るには、ここから場所を選択してください。
必要な条件
理想
許容範囲
適さない
人と同様に、それぞれの植物には好みがあります。植物の温度要件を学び、彼らが豊かに成長するための快適な環境を整えましょう。 植物に愛情を注ぎながら、深い絆が育まれます。植物の温度要件を学びながら、直感に信頼し、共有する旅を楽しみましょう。 植物の周囲の温度を心を込めてモニターし、必要に応じて環境を調整してください。温度計はこの真心のこもった取り組みにおいて頼りになるパートナーとなります。 植物の温度要件を探求する際に、自分自身に対して忍耐強く優しく接してください。成功を喜び、課題から学び、愛情を込めて庭を育みながら、あなたのケアの温もりを反映した安らぎの場を作りましょう。
植物の病気や毒性、雑草の管理などについての情報を参照しましょう。
クッキー管理ツール
ブラウザやデバイスでクッキーを管理するのに加えて、こちらでクッキーの設定を変更できます。
必要なクッキー
必要なクッキーは、中核的機能を可能にします。これらのクッキーがないとウェブサイトは正常に機能せず、ブラウザの設定を変更することでのみ無効化することができます。
分析クッキー
分析クッキーは利用に関する情報を収集・報告することで、当社がアプリやウェブサイトの改善をするのに役立ちます。
クッキーの名称 ソース 目的 有効期限
_ga Googleアナリティクス このクッキーは当社によるGoogleアナリティクスの利用のために設定されています。このクッキーはアプリやウェブサイトの利用に関する情報を収集するのに利用されます。このクッキーはあなたのIPアドレスやデバイスに関するデータ、アプリやウェブサイトの利用に関するその他の情報などの特定の情報を収集します。データ処理は基本的にGoogle LLCにより行われ、Googleはプロファイリングなど独自の目的でクッキーで収集されたデータを利用する可能性があり、Googleアカウントなどその他のデータと結びつけることがあることにご留意ください。 Googleによるあなたのデータの処理方法やGoogleのプライバシーへの取り組み、あなたのデータの保護実行に関するその他の情報はこちらをご覧ください。 1年
_pta PictureThisアナリティクス 当社はこれらのクッキーを使用することで、あなたが当社のサイトをどのように利用するかに関する情報の収集や、サイトのパフォーマンスの測定、サイトのパフォーマンスとサービス、そしてあなたの体験の改善を行います。 1年
クッキーの名称
_ga
ソース
Googleアナリティクス
目的
このクッキーは当社によるGoogleアナリティクスの利用のために設定されています。このクッキーはアプリやウェブサイトの利用に関する情報を収集するのに利用されます。このクッキーはあなたのIPアドレスやデバイスに関するデータ、アプリやウェブサイトの利用に関するその他の情報などの特定の情報を収集します。データ処理は基本的にGoogle LLCにより行われ、Googleはプロファイリングなど独自の目的でクッキーで収集されたデータを利用する可能性があり、Googleアカウントなどその他のデータと結びつけることがあることにご留意ください。 Googleによるあなたのデータの処理方法やGoogleのプライバシーへの取り組み、あなたのデータの保護実行に関するその他の情報はこちらをご覧ください。
有効期限
1年

クッキーの名称
_pta
ソース
PictureThisアナリティクス
目的
当社はこれらのクッキーを使用することで、あなたが当社のサイトをどのように利用するかに関する情報の収集や、サイトのパフォーマンスの測定、サイトのパフォーマンスとサービス、そしてあなたの体験の改善を行います。
有効期限
1年
マーケティングクッキー
マーケティングクッキーは広告会社に利用され、あなたの関心に関連した広告を提供します。
クッキーの名称 ソース 目的 有効期限
_fbp Facebookピクセル リターゲティング活動のために当社が使用しているコンバージョン・ピクセル・トラッキングです。詳しくはこちらからどうぞ。 1年
_adj Adjust このクッキーがモバイル分析と属性サービスを提供することで、当社はアプリ内でのマーケティング活動や何らかのイベント、活動の有効性を測定・分析することができます。詳しくはこちらをご覧ください。 1年
クッキーの名称
_fbp
ソース
Facebookピクセル
目的
リターゲティング活動のために当社が使用しているコンバージョン・ピクセル・トラッキングです。詳しくはこちらからどうぞ。
有効期限
1年

クッキーの名称
_adj
ソース
Adjust
目的
このクッキーがモバイル分析と属性サービスを提供することで、当社はアプリ内でのマーケティング活動や何らかのイベント、活動の有効性を測定・分析することができます。詳しくはこちらをご覧ください。
有効期限
1年
アプリを使用するとこのページはより良く表示されます
開いた