camera identify
無料で試す
tab list
PictureThis
日本語
arrow
English
繁體中文
日本語
Español
Français
Deutsch
Pусский
Português
Italiano
한국어
Nederlands
العربية
Svenska
Polskie
ภาษาไทย
Bahasa Melayu
Bahasa Indonesia
PictureThis
Search
植物を検索
無料で試す
Global
日本語
English
繁體中文
日本語
Español
Français
Deutsch
Pусский
Português
Italiano
한국어
Nederlands
العربية
Svenska
Polskie
ภาษาไทย
Bahasa Melayu
Bahasa Indonesia
アプリを使用するとこのページはより良く表示されます
about about
アプリについて
care_guide care_guide
お世話ガイド
topic topic
お世話についてのよくある質問
plant_info plant_info
詳しい情報
pests pests
害虫と病気
distribution_map distribution_map
分布
care_scenes care_scenes
より詳細なお世話ガイド
more_plants more_plants
関連する植物
pic top
ホウセンカ(鳳仙花)
ホウセンカ(鳳仙花)
ホウセンカ(鳳仙花)
ホウセンカ(鳳仙花)
ホウセンカ(鳳仙花)
ホウセンカ(鳳仙花)
ホウセンカ(鳳仙花)
Impatiens balsamina
としても知られている : ホネヌキ(骨抜き)
水やり
水やり
毎週
日照
日照
半日陰
more
care guide

ホウセンカ(鳳仙花)のお世話ガイド

feedback
ご意見
feedback
水のお世話
水のお世話
水やりの仕方の詳細 水のお世話
肥料のお世話
肥料のお世話
肥料の与え方の詳細 肥料のお世話
剪定
剪定
花が咲いたあとに、病気にかかっている枝、しおれている枝、成長し過ぎた枝を切り落とします
剪定の詳細 剪定
土のお世話
土のお世話
粘土, 砂, ローム, 砂壌土, 酸性, 中性, アルカリ性
土の世話の詳細 土のお世話
最適な光
最適な光
半日陰, 日なた
必要な日光の詳細 最適な光
care guide bg
植物に実際に当たる光を知りましょう。
スマホで植物に最適な場所を見つけて、最大限に健康にしましょう。
アプリをダウンロード
Picture This
ポケットの中の植物学者
qrcode
QRコードをスキャンしてダウンロード
label
cover
ホウセンカ(鳳仙花)
水やり
水やり
毎週
日照
日照
半日陰
耐寒性ゾーン
耐寒性ゾーン
2 〜 11
植え付け時期
植え付け時期
question

ホウセンカ(鳳仙花)についての質問

feedback
ご意見
feedback
Watering Watering 水やり
Pruning Pruning 剪定
Sunlight Sunlight 日当たり
Temperature Temperature 気温
Fertilizing Fertilizing 肥料
ホウセンカ(鳳仙花) 、どのような方法で水を与えるのがベストですか?
ホウセンカ(鳳仙花) への水やりは、スプレーノズルの付いたガーデンホースやじょうろなど、一般的な水やり道具を使用することができます。一般的に、ホウセンカ(鳳仙花) は、雨水、水道水、濾過水などで生活できるため、水の受け取り方にあまりこだわりがないようです。頭上から水をかけると、葉や花にダメージを与え、病気になることもあるので、なるべく頭上から水をかけないようにしましょう。水やりには、点滴灌漑システムを設置するのが最適な場合もあります。このシステムは、ホウセンカ(鳳仙花) 、水を均等に、そして直接土に与えることができるので効果的です。容器栽培のホウセンカ(鳳仙花) 、使用する道具を変えれば、同じような水やりの方法を使うことができます。容器栽培のホウセンカ(鳳仙花) には、コップやじょうろ、水道の蛇口などを使って、土に直接水を与えます。
もっと読む more
ホウセンカ(鳳仙花) 水やりが多すぎたり少なすぎたりした場合はどうしたらよいですか?
ホウセンカ(鳳仙花) 水不足になったときの対処法は、ある程度明白です。あなたの植物に水分が不足していることに気づいたとき、単により定期的に水を与え始める。水やりのしすぎは、特に早く気づかなかった場合、より悲惨な状況になる可能性があります。ホウセンカ(鳳仙花) が水をやりすぎると、病気にかかり、衰退して死んでしまうかもしれません。このような事態を防ぐには、適切な栽培場所を選ぶことです。土壌を乾かすのに十分な日光が当たり、余分な水が溜まらず排水されるような水はけの良い場所を選ぶことです。もし、鉢植えで育てているホウセンカ(鳳仙花) に水を与えすぎている場合は、新しい鉢に植え替えることを検討する必要があるかもしれません。以前の容器に水はけのよい土が入っていなかったり、十分な水抜き穴がなかったりした可能性があります。水やりをしたホウセンカ(鳳仙花) を植え替える際には、緩い土を加え、水はけの良い鉢を使うようにしましょう。
もっと読む more
ホウセンカ(鳳仙花) 水やりはどのくらいの頻度で行えばよいのでしょうか?
ホウセンカ(鳳仙花) 生育期間中、定期的に水を与える必要があります。春になったら、1週間に1回程度を目安に水やりをしましょう。季節が進み、暖かくなってきたら、週に2~3回程度まで水やりを増やす必要があるかもしれません。このペースを超えると、ホウセンカ(鳳仙花) に悪影響を及ぼすことがあります。また、水やりの回数にかかわらず、ホウセンカ(鳳仙花) の土が比較的湿っていることを確認する必要があります。鉢で生活しているホウセンカ(鳳仙花) への水やりは少し違います。一般的に、水やりの回数を増やす必要があります。鉢の中の土は、地面の土よりも熱を持ち、乾燥するのが少し早いからです。そのため、地植えの場合は週に1回程度であるのに対し、コンテナ栽培のホウセンカ(鳳仙花) 、ほとんどの場合、週に数回水やりをするように計画する必要があります。
もっと読む more
ホウセンカ(鳳仙花) 、どれくらいの水が必要ですか?
ホウセンカ(鳳仙花) に与える水の量を決めるには、いくつかの異なる方法があります。ガーデニングをする人の中には、土の湿り気を感じながら水量を決める人もいます。この方法では、土の最初の5センチが湿ったように感じるまで水をやるのがよいでしょう。また、ホウセンカ(鳳仙花) の水やりの量を決めるのに、決まった測定方法を使うこともできます。一般的に、ホウセンカ(鳳仙花) 、暑さや土の乾きの早さにもよりますが、1週間に約2ガロンの水を与える必要があります。ただし、何らかの理由で1週間に必要な水量が2ガロン以下になった場合、そのような厳しいガイドラインに従うと、水のやり過ぎにつながる可能性があります。ホウセンカ(鳳仙花) をコンテナで栽培する場合は、別の方法で水の量を決定する必要があります。一般的には、乾燥した土の層がすべて湿るくらいの水を与える必要があります。そのためには、土の中に指を突っ込んで、水分を感じることができます。また、鉢の水抜き穴から余分な水がわずかに出てくるのを確認できるまで水を与えることもできます。
もっと読む more
ホウセンカ(鳳仙花) の水やりが十分かどうかは、どうすればわかりますか?
ホウセンカ(鳳仙花) に水をやり過ぎないようにするのは、やや難しいかもしれません。一方では、これらの植物は比較的根が深いので、毎週土を湿らせる必要があります。一方で、ホウセンカ(鳳仙花) は根腐れしやすい植物です。根腐れだけでなく、ホウセンカ(鳳仙花) 、水のやりすぎで茶色くなることもあります。ホウセンカ(鳳仙花) の場合、水不足になる可能性はかなり低く、水やりがなくてもしばらくは大丈夫です。しかし、あまりにも長い間水を与えないでいると、しおれ始めるでしょう。また、葉が乾いてしまうこともあります。
もっと読む more
ホウセンカ(鳳仙花) 四季を通じて、どのように水やりをすればいいのでしょうか?
ホウセンカ(鳳仙花) の水やりは、季節が進むにつれて必要量が増えていきます。春の間は、週に1回程度を目安に水やりをしてください。その後、夏の暑さがやってくると、ホウセンカ(鳳仙花) の水やりの回数が増え、週に3回くらいになることがあります。特に、コンテナで育てているホウセンカ(鳳仙花) は、気温が高くなると、コンテナの土が地面の土よりも早く乾きやすくなるためです。秋になると、ホウセンカ(鳳仙花) がまだ花を咲かせている間は、気温が下がり、日差しが夏ほど強くなくなるため、少し水を控える必要があるかもしれません。
もっと読む more
ホウセンカ(鳳仙花) 成長段階によって、どのように水やりをすればいいのでしょうか?
ホウセンカ(鳳仙花) は、年間を通していくつかの異なる成長段階を経ていきますが、そのうちのいくつかは、他のものよりも多くの水を必要とするかもしれません。例えば、ホウセンカ(鳳仙花) は、おそらく種から始めることになるでしょう。種が発芽するまでの間、ホウセンカ(鳳仙花) が将来必要とする水量よりも多めに水を与え、土壌の水分を一定に保つために頻繁に水やりをする必要があります。数週間後、ホウセンカ(鳳仙花) は土の上に伸びてくるので、苗の段階よりやや少ない水量で済むかもしれません。その後、この植物が成熟したら、週に1回程度の通常の水やりの頻度で始められます。花が咲き始めると、そのプロセスを助けるために、少し多めの水を与える必要があるかもしれません。
もっと読む more
ホウセンカ(鳳仙花) 室内と屋外での水やりの違いは何ですか?
多くのホウセンカ(鳳仙花) 、室内ではなく屋外で育てる理由はいくつかあります。1つ目の理由は、これらの植物は一般的に背が高くなることです。第二の理由は、ホウセンカ(鳳仙花) は、ほとんどの屋内栽培場所が提供できるよりも多くの毎日の日光を必要とするからです。もし、屋内に適切な栽培場所を提供できるのであれば、ホウセンカ(鳳仙花) 、屋外の栽培場所よりも少し頻繁に水を与える必要があることがわかるかもしれません。その理由の一つは、屋内では空調設備があるため、屋外よりも乾燥しがちであることです。もう一つの理由は、コンテナの中の土は、地中の土に比べて比較的早く乾くことがあるからです。
もっと読む more
icon
あなたの植物に合ったヒントとコツを知りましょう。
水やりや日当たり、肥料などに関するガイドを参考に植物の幸せと健康を保ちましょう。
close
plant_info

ホウセンカ(鳳仙花)の主要データ

feedback
ご意見
feedback

ホウセンカ(鳳仙花)の特性

形態
1年生
種類
ハーブ
植え付け時期
開花時期
晩春, 夏, 初秋, 秋半ば
収穫時期
夏, 秋
高さ
60 cm to 1 m
株幅
30 cm to 40 cm
葉の色
花の直径
3 cm to 4 cm
花の色
ピンク
果実色
ゴールド
茎の色
赤ワイン色
休眠
冬の休眠
葉の種類
常緑樹, 落葉性
適温
20 - 38 ℃
成長する季節
春, 夏, 秋
成長速度
速い

花言葉

利用方法

ガーデニング

トリビアと面白い知識

icon
あなたにピッタリな植物を見つけます。
植物の種類やペットへの安全、技術水準、場所など、あなたの基準に基づいた緑のオアシスを計画しましょう。
pests

ホウセンカ(鳳仙花)のよくある害虫と病気

feedback
ご意見
feedback
1000万件の実例に基づく、ホウセンカ(鳳仙花)によく発生する問題
icon
植物の病気を治療して予防しましょう。
AIの植物ドクターは数秒で、あなたが植物の問題を診断するのを手助けします。
葉のしおれ
葉枯れは、植物に一般的な病気であり、葉が元気を失い垂れ下がる原因となります。ホウセンカ(鳳仙花)では、深刻な葉の落葉と植物の成長の減少につながることがあります。この病気はさまざまな要因によって引き起こされ、中程度の感染性があります。
赤斑病
赤斑病 赤斑病
赤斑病
この感染が原因で植物に赤斑の斑点が発生します。
対処法: 赤斑病の症状が軽い場合は、治療しなくても問題ありません。しかし、葉の多くに斑紋ができてしまった場合には対処することをおすすめします。はじめのうちは自然農薬で対処し、必要に応じてより強力な合成化学殺菌剤を散布します。 自然農薬ではカビを殺せませんが、広がることを防げます。 小さじ1/2杯の重曹と小さじ1杯の液体石鹸を4.5リットルの水に溶かす。その混合液を入れたスプレーボトルで混合液が滴り落ちるまで葉の両面に散布する。既存の斑紋が大きくならず、新しく発生しなくなるまで、2週間ごとに繰り返す。 銅ベースの殺菌性石鹸を葉にスプレーし、葉の上面と下面をコーティングする。製品ラベルの指示に従って再塗布すること。銅は葉の表面に浸透し、胞子の発芽を防ぎ、カビが広がるのを防ぐ。 ラベルの指示に従って株全体に万能殺菌剤を散布すること。
葉の甲虫
葉の甲虫 葉の甲虫
葉の甲虫
リーフ・ビートルは、10~20mmの大きさの有色昆虫の一種。葉や花びらをかじるので、表面に小さな丸い穴が散在する。
対処法: 被害があまり深刻でない場合: 成虫、幼虫、卵を取り除きましょう。全てのライフステージのハムシを取り除き、温かい石鹸水の入ったバケツの中に入れて駆除します。バケツを被害を受けている葉の下に置いて植物を揺らすと、より簡単に駆除することができます。葉の甲虫の活動が活発になる午後に行うのが最も効果的です。虫が逃げて他の植物に被害が広がらないように、必ず密封された袋や容器に入れて処分してください。 より深刻な被害がある場合: 有機殺虫剤を使用しましょう。合成殺虫剤の前に、まずは天然由来の殺虫剤を使用してみましょう。ニーム油や除虫菊などの天然由来の殺虫剤を、ラベルに表記された指示に従って使用してみてください。 それでも駄目なら、合成殺虫剤を使用しましょう。ハムシ駆除に有効な殺虫剤の例としては、カルバリル、ペルメトリン、ビフェントリンなどがあります。殺虫剤はラベルに表記された指示に従って使用してください。
開花してすぐにしおれてしまう
開花してすぐにしおれてしまう 開花してすぐにしおれてしまう
開花してすぐにしおれてしまう
花がしおれる原因はさまざまです。
対処法: 土や鉢植え用の培養土をチェックしましょう。粒子が粗いざらざらした土だと水が早く抜けてしまうので、水分を十分に吸収できなきないことがあります。土や根がとても乾燥しているようであれば、水分を保持できるミズゴケや、他の培養土などを加えましょう。 水やりは、植物品種毎に、それぞれ推奨されている方法で行ってください。 湿度が低いときは、霧吹きで定期的に水をかけたり、加湿器の近くに置いてあげると良いでしょう。他の植物のそばに置いておくのも効果的です。 温度、湿度、照明などの室内環境を一定に保ちましょう。通気口やヒーター、エアコンの近くには置かないようにし、温度によるショックを受けるような場所には移動させないようにしましょう。多くの植物にとって、高温で乾燥した状態や冷たい風は問題となります。 特に、屋外に置かれている植物の場合は、熱や日差しがストレスになっている可能性があります。日陰のある場所に動かしてあげましょう。
立ち枯れ病
立ち枯れ病 立ち枯れ病
立ち枯れ病
環境の急激な変化や、植物が通常の開花期を終えたために、花が乾いてしまうことがある。
対処法: 花が枯れてしまうのが加齢による自然な現象であれば、その過程を遅らせたり止めたりする方法はありません。植物内のホルモンがいったん老化プロセスを開始すると、それを元に戻すことはできないのです。 水不足の場合は、室温の雨水、ボトルに入れた湧水、ろ過した水道水などを用いて、すぐ水やりをしましょう。余分な水が鉢植えの底から出てくるまで水を与えましょう。地上に植えてある植物の場合は、土が浸水するまで水を与えますが、表面には水が溜まらないようにしましょう。 栄養不足の場合は、粒状または水溶性の液肥を使用しましょう。推奨量の約半分を土にまくことが最善です。葉につけないように、また、粒状のものは土へよく染み込むようにしてください。 植物が細菌や真菌に感染した場合、病気の植物を治す治療法はありません。最も良い方法は、感染した植物を取り除き、敷地外に廃棄してしまうことです。決して堆肥には入れないでください。
葉腐病
葉腐病 葉腐病
葉腐病
この病原体により葉の腐敗が引き起こされます。
対処法: 細菌感染は、近くの健康な植物に広がり、屋内や屋外の広い範囲に影響が出る可能性があるため、早期に対処する必要があります。 軽度の場合:10%希釈の漂白剤で消毒した剪定ばさみなどを使い、感染した部位を剪定し、必ず別の場所に廃棄します。銅系の殺菌剤を使い、症状が出ていない葉や、周辺の土壌、植物を消毒します。製品ラベルに記載されている希釈倍数や使用方法などに従ってください。 重度の場合(植物全体の葉のうち半分以上に被害が出ている場合):感染した植物をすべて抜き取り、敷地外に廃棄します。銅系殺菌剤を使って周辺の土壌や植物を消毒します。製品ラベルに記載されている希釈倍数や使用方法などに従ってください。
close
plant poor
葉のしおれ
概要
症状
原因
治療法
予防法
活動期間
ホウセンカ(鳳仙花)の葉のしおれとはどんな病気ですか?
ホウセンカ(鳳仙花)の葉のしおれとはどんな病気ですか?
葉枯れは、植物に一般的な病気であり、葉が元気を失い垂れ下がる原因となります。ホウセンカ(鳳仙花)では、深刻な葉の落葉と植物の成長の減少につながることがあります。この病気はさまざまな要因によって引き起こされ、中程度の感染性があります。
症状の分析
症状の分析
影響を受けたホウセンカ(鳳仙花)は、しばしば捲れた縁を持つ、垂れ下がる黄色い葉を示します。葉枯れは、葉の縁から始まり、全体の葉や茎に進行します。無治療の場合、植物は葉の落葉を経験するかもしれません。
ホウセンカ(鳳仙花)の葉のしおれは何が原因ですか?
ホウセンカ(鳳仙花)の葉のしおれは何が原因ですか?
1
真菌病原体
VerticilliumやFusariumなどの特定の菌類は、葉枯れを引き起こす血管壊死性疾患を引き起こします。
2
環境ストレス
過度の水遣り、過少の水遣り、温度の極端、または土壌状態の悪化はホウセンカ(鳳仙花)をストレス状態に置き、葉枯れを引き起こす可能性があります。
3
昆虫被害
アブラムシのような昆虫はホウセンカ(鳳仙花)の樹液を吸って葉枯れを引き起こす可能性があります。
ホウセンカ(鳳仙花)の葉のしおれの治療方法は?
ホウセンカ(鳳仙花)の葉のしおれの治療方法は?
1
農薬不使用
適切な水管理: ホウセンカ(鳳仙花)が適切に水やりされていても過度にならず、一貫した土壌湿度を維持してください。

戦略的な植栽: ホウセンカ(鳳仙花)に最適な生育条件を提供し、十分な排水のできる土壌と適切な日光曝露を含め、ストレスによる葉枯れを最小限に抑えます。
2
殺虫剤
殺菌剤の使用: 真菌性の枯死には、そのラベルの指示に従った適切な殺菌剤を適用してください。

殺虫剤の使用: 葉枯れを引き起こす昆虫被害には、適切な殺虫剤を使用して対処してください。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース そして すぐに使える大量のガイド...
qrcode
携帯のカメラでQRコードをスキャンするとアプリをダウンロードできます
赤斑病
plant poor
赤斑病
この感染が原因で植物に赤斑の斑点が発生します。
概要
概要
葉の変色した斑点は植物の一般的な病気です。カビもしくは細菌が原因ですが、ほとんどの場合はカビの病原体が関係しています。
赤斑病は、すべての観葉植物、顕花植物、野菜、および木、茂みや低木の葉に発生します。すべての植物が感染する可能性をもち、暖湿な環境ではさらに感染しやすくなります。葉が存在する限り、あらゆる成長段階で発生しえます。
小さな茶色がかった斑点が葉に出て、進行するにつれて拡大します。重症の場合、病斑が光合成を妨害したり落葉したりすると、植物や樹木が衰弱します。
症状の分析
症状の分析
多くの場合赤斑病は全体のごく一部のみに発症し、少数の葉に出ます。症状が軽い場合は、株にわずかなストレスを与えるだけです。しかし、治療せずに放置し、何シーズンにもわたって症状が進行すると、感染した株の健康と収穫に深刻な影響を与えます。
  • 胞子形成が始まると(真菌胞子の繁殖)、葉に小さな斑点がつく。
  • 病気が雨滴を通して広がるので、発生はランダムに散らばる。
  • 葉裏や湿度の高い植物の内部に現れることがある。
  • 茶色の斑点は拡大し、他の斑点とくっついて、より目立つ斑点になる。
  • 葉の縁が黄色になることがある。
  • デッドスポットには小さな黒点(菌の子実体)が現れる。
  • 斑点は葉全体が茶色になるまで広がる。
  • 落葉する。
重度の症状
  • 部分的または全体が早い時期に落葉する。
  • 成長が遅れる、
  • 害虫やその他の病気の被害にあいやすくなる。
疾病の原因
疾病の原因
赤斑病、または斑点病とは、植物や木の葉に被害を出す複数の病気を総称した一般的な用語です。葉の斑点に関する病気の約85%は、カビまたは糸状菌によるものです。 赤斑病は、細菌感染、または同様の症状を伴う害虫によるものがあります。
暖かく、葉の表面が湿っているときに、風や雨によって運ばれるカビの胞子が表面に付着します。カビの胞子は細胞壁を破壊しませんが、植物の原形質膜と細胞壁の間で繁殖します。胞子が繁殖するにつれて、毒素と酵素を放出し、葉に壊死斑(すなわち、死んだ組織)を生じさせ、細胞が分解されたときに放出された生成物をカビが消費するようになります。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース そして すぐに使える大量のガイド...
qrcode
携帯のカメラでQRコードをスキャンするとアプリをダウンロードできます
葉の甲虫
plant poor
葉の甲虫
リーフ・ビートルは、10~20mmの大きさの有色昆虫の一種。葉や花びらをかじるので、表面に小さな丸い穴が散在する。
概要
概要
葉の甲虫の大きさは様々で、1.5 mmから2 cmまでの成虫が存在します。ハムシの成虫も幼虫も、多様な種類の植物の葉を食べます。葉の甲虫には35,000種類以上の種があり、金色、緑色、黄色の縞模様、赤い縞模様など様々な色や柄があります。ハムシの中には、その形や色から、テントウムシと間違えられるような外見のものもいます。楕円形や丸い形、細長い形の体を持っています。この害虫は、春と夏に最も活発に活動します。
ハムシは、駆除しなければ野菜や観葉植物に大きな被害を与えます。様々な植物の葉、花、茎、根、果実などを食べてしまうのです。また、飛ぶことができるので、植物から植物へと簡単に移動することができます。葉の甲虫には、特定の作物だけを食害する種もいれば、様々な種類の植物を食べる種もいます。被害の大半は表面上の傷に過ぎませんが、蔓延すると植物が弱り、他のより重大な病気にかかりやすくなってしまいます。
症状の分析
症状の分析
葉の甲虫の発生が確認できる最初の兆候としては、葉に、目に見えるほどの小さな穴が開くことが挙げられます。被害が進行すると、葉は変色し、黒いハムシの糞が見られるようになります。やがて葉が黄色や茶色に変色してくると、枯れ落ちてしまいます。中には葉脈だけが残ってスケルトンのようになる葉もあります。
春になると成虫が土の中から出てきて、植物の葉の上に卵を産みつけます。孵化すると、若い幼虫は葉をムシャムシャと食べながら成長していきます。体が大きくなり成虫となった葉の甲虫は地面に落ち、冬の間は土の中で蛹になり、また同じサイクルを繰り返します。
また、葉の甲虫は果物や野菜にも穴を開けて食べてしまいます。食害は小さな丸い穴として出現し、穴の周りには一回り大きい茶色い部分が見られることもあります。
対処法
対処法
被害があまり深刻でない場合:
  1. 成虫、幼虫、卵を取り除きましょう。全てのライフステージのハムシを取り除き、温かい石鹸水の入ったバケツの中に入れて駆除します。バケツを被害を受けている葉の下に置いて植物を揺らすと、より簡単に駆除することができます。葉の甲虫の活動が活発になる午後に行うのが最も効果的です。虫が逃げて他の植物に被害が広がらないように、必ず密封された袋や容器に入れて処分してください。
より深刻な被害がある場合:
  1. 有機殺虫剤を使用しましょう。合成殺虫剤の前に、まずは天然由来の殺虫剤を使用してみましょう。ニーム油や除虫菊などの天然由来の殺虫剤を、ラベルに表記された指示に従って使用してみてください。
  2. それでも駄目なら、合成殺虫剤を使用しましょう。ハムシ駆除に有効な殺虫剤の例としては、カルバリル、ペルメトリン、ビフェントリンなどがあります。殺虫剤はラベルに表記された指示に従って使用してください。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース そして すぐに使える大量のガイド...
qrcode
携帯のカメラでQRコードをスキャンするとアプリをダウンロードできます
開花してすぐにしおれてしまう
plant poor
開花してすぐにしおれてしまう
花がしおれる原因はさまざまです。
概要
概要
開花してすぐにしおれてしまうのは、花が自然に老化していることもありますが、何か問題が起きていることの現れかもしれません。例えば蘭の花は、通常は2週間から3ヶ月程度咲き続けるのに、数日でしおれてしまうとしたら、ほとんどの品種で何か問題が起きていると言えます。実際のところ、この問題は花を咲かせるあらゆる観葉植物に起きる可能性があります。根が浅かったり、乾燥や強い日差し、低湿度に対する耐性が低いものほど影響を受けやすくなります。
これは一般的な問題なので、簡単に解決できることが多いです。ただし根に病気がある場合や害虫からの被害など、もっと深刻な原因で起きることもあります。
症状の分析
症状の分析
  • 最初のうちが、花がちょっとぐったりしているように見えるかもしれません。
  • 花びらが乾燥して茶色くなることもあります。
  • 最終的に、花ごと株から落ちてしまうこともあります。
疾病の原因
疾病の原因
花がしおれてしまうのは、根が不健康な状態になっている証拠です。植物が水分や栄養を十分に吸収できない状態が続くと、花がしおれたり、その他の症状が出たりします。水分が不足すると茎や葉、そして花の内部の圧力を適切に保てなくなり、しおれてしまいます。
これは、植え替えの際に根が折れてしまったり、ネキリムシなどの虫の被害といった、物理的なダメージが原因です。最近、植え替えをしたばかりであれば、根が傷ついてしまっていると考えられます。虫が見つかったら、葉や根、花などが食べられているかもしれません。また、菌類の感染は水分や栄養の吸収を妨げるので、根腐れの原因となります。
最後に、単純に花の老化のしたことでしおれたということもありえます。他に症状が見られない場合は、花の寿命が来ただけかもしれません。しかし、もし寿命が来るのが早すぎるように思われましたら、水、湿度、日照、ストレスなどといった環境要因が原因である可能性があります。これらの中では水不足がよく原因になります。同様に、高湿度の環境に適応した植物は、冬や乾燥した気候など、低湿度環境だとすぐに干からびてしまいます。また、日陰が必要な植物の場合は、日差しが強すぎても花がしおれてしまいます。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース そして すぐに使える大量のガイド...
qrcode
携帯のカメラでQRコードをスキャンするとアプリをダウンロードできます
立ち枯れ病
plant poor
立ち枯れ病
環境の急激な変化や、植物が通常の開花期を終えたために、花が乾いてしまうことがある。
概要
概要
花が弱ったり、垂れ下がったり、しおれたり、色あせたりして、回復できなくなってしまった状態を立ち枯れ病といいます。花が完全に乾燥するか枯れてしまうまで、しわくちゃになったり縮んだりして枯れていきます。
植物の種類や生育する気候にかかわらず、どの花も枯れることがあります。これは、室内用鉢植え植物、ハーブ、花を咲かせる観賞植物、樹木、低木、園芸野菜、食用作物など、世界中で広く起こりうる症状です。
しおれ(枯れることと混同されることが多い)とは異なり、花が枯れる原因はさまざまです。また多くの場合、原因は水不足だけではありません。重症化した場合、花が枯れることで植物全体が死に至ることもあります。
症状の分析
症状の分析
立ち枯れ病は、きわめて軽症の状態から始まって、花を殺してしまうほど重度な状態にまで進行します。症状の重症度は、原因と、症状が進行してから処置されるまでの期間により左右されます。
  • 花がしおれ垂れ下がります。
  • 花びらと葉がしわしわになり始めます。
  • 花弁や葉先に褐色の紙のような筋や斑点が現れます。
  • 花頭が小さくなります。
  • 花びらの色が薄くなります。
  • 葉が黄色くなります。
  • 花が完全に死んでしまいます。
疾病の原因
疾病の原因
立ち枯れ病の主な原因には、自然な老化、水分不足、栄養不足、細菌性または真菌性の病気などがあります。立ち枯れ病を見つけたら、根本的な原因を特定することが重要です。治療が可能であれば、最善の治療方針にたどり着く糸口となるためです。
土壌の水分量を調べ、栄養不足の兆しがないか植物全体をよく観察しましょう。どちらも原因に該当しない場合は、花の下の茎を切り開いてください。断面に茶色やさび色の汚れがある場合、細菌や真菌の感染であると考えてよいでしょう。
花が寿命の終わりに近づいている場合は、植物内の遺伝暗号により、老化を制御する植物ホルモンであるエチレンが増え、細胞の老化と死が進行します。細胞分裂は停止し、植物は、花の内部にあるエネルギーを分解し始め、そのエネルギーは植物の他の部位で消費されます。
上記以外の立ち枯れ病の原因としては、植物が防衛機構として茎を封鎖し、維管束系内の輸送を停止するときに起こります。これは、花から水分が失われるのを防ぐだけでなく、細菌や真菌が植物の健康な部分に感染するのを防ぐ目的があります。水と栄養の輸送が止まると、花はしおれ始め、最終的には枯れてしまいます。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース そして すぐに使える大量のガイド...
qrcode
携帯のカメラでQRコードをスキャンするとアプリをダウンロードできます
葉腐病
plant poor
葉腐病
この病原体により葉の腐敗が引き起こされます。
概要
概要
葉腐病は、観葉植物でも庭の植物でも見られる、非常に一般的な問題です。葉に被害をもたらす病気で、雨や栽培者による霧吹きなどで濡れた状態になった時によく発生します。病気の原因となるのは真菌症で、湿った葉に真菌の胞子が付着し、葉に侵入して急速に広がることで発症します。湿気が多く風通しの悪い環境では、感染しやすくなります。一方、他の要因としては、吸汁する昆虫が葉を傷つけ、そこから真菌が侵入する場合もあります。
症状の分析
症状の分析
  1. 胞子が湿った葉に付着して葉の中に侵入します。既存の傷から侵入することが多いです。
  2. 小さな暗褐色の斑点が出現し、胞子形成が始まるとともに急速に広がります。
  3. ダーツの的のような斑点はすぐに繋がって葉の全体に黒ずみが広がり、質感を失います。
  4. 葉が落ちはじめます。
疾病の原因
疾病の原因
これらの症状は、植物の細菌への感染によって引き起こされます。周辺環境の中のさまざまな感染源(空気、水、土壌、病気の植物)から、傷や、場合によっては開いた気孔を通じて植物に侵入します。葉の組織内に入ると、細菌は栄養を摂取しながら素早く繁殖し、健康な葉を破壊していきます。
細菌感染はほとんどの植物にとって脅威となり得ます。また、植物から植物へ、または土壌から植物へと移動しやすくなる、湿潤な気候においてよく発生します。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース そして すぐに使える大量のガイド...
qrcode
携帯のカメラでQRコードをスキャンするとアプリをダウンロードできます
distribution

ホウセンカ(鳳仙花)の分布

feedback
ご意見
feedback

ホウセンカ(鳳仙花)の分布地図

distribution map
在来
栽培
侵略
侵略的になりうる
外来
報告なし
habit
care_scenes

ホウセンカ(鳳仙花)の成長と世話の詳細情報

feedback
ご意見
基本のお世話ガイド
よくある害虫と病気
もっと見る
照明
半日陰
ホウセンカ(鳳仙花) 日照に恵まれた場所を好むが、低照度にも耐える。自生地である森林の下層では、薄日が当たる。生長をサポートするためには、極端に強すぎない十分な日照を確保すること。
普段の最適な日光
植え替え
6-8 inches
ホウセンカ(鳳仙花) の移植に最適な時期は、晩春から初秋にかけてです。移植場所は、水はけのよい土壌で、部分的に日光が当たるようにしましょう。移植の際は、デリケートな根を丁寧に扱うことを忘れないようにしましょう。
植え替えのテクニック
気温
0 - 43 ℃
ホウセンカ(鳳仙花) は暖かい土地が原産で、気温は20~38℃に傾く。夏の暑い環境が繁茂のカギとなる。寒い季節には、原産地の気候を再現するため、暖房の効いた屋内をお勧めします。
健康な成長に適した気温
剪定
春, 夏, 秋
水はけのよい湿った土壌で生育する。ホウセンカ(鳳仙花) 剪定は、若い株の先端をピンチバックして茂らせ、花が咲き 続けるように定期的に花芽を摘み取ります。ホウセンカ(鳳仙花) 剪定は春先から晩秋の間に、しおれた花や脚の長い茎を中心に行いましょう。このような剪定を行うことで、開花を最大化し、不要な広が りを防ぎ、株の健康と美観を維持することができます。
剪定のテクニック
葉のしおれ
葉枯れは、植物に一般的な病気であり、葉が元気を失い垂れ下がる原因となります。ホウセンカ(鳳仙花)では、深刻な葉の落葉と植物の成長の減少につながることがあります。この病気はさまざまな要因によって引き起こされ、中程度の感染性があります。
もっと読む
全葉ウィザリング
全体的な葉萎れは、ホウセンカ(鳳仙花)の葉の徐々にしおれると腐敗する病気です。この病気はホウセンカ(鳳仙花)の美観を著しく損ない、総合的な生命力と成長を減少させます。
もっと読む
赤斑病
褐斑病は、ホウセンカ(鳳仙花) に大きな影響を与える一般的な真菌病である。この病害は、無処置の場合、樹勢の低下、壊死を引き起こし、最終的には植物の枯死につながる可能性がある。
もっと読む
肥料不足
肥料の不足は病気ではなく、ホウセンカ(鳳仙花)(ガーデン・バルサム)に影響する栄養素の不足です。これは植物の成長に影響し、花の数を減らし、色鮮やかさを損ない、最終的には植物全体の健康を損ないます。
もっと読む
葉腐病
葉腐病は、ホウセンカ(鳳仙花) に深刻なダメージを与え、葉が水浸しになった後、黄色く変色して落葉する。無処置の場合、枯死することもある。感染力は強いが、致死率は中程度である。
もっと読む
水不足
水不足はホウセンカ(鳳仙花)に影響を与える非病原性の疾患であり、植物のストレス、しおれ、そして最終的に死に至るものです。 水の供給が不十分であることによって促され、植物の見た目や全体の健康状態が変化し、成長や花芽形成が妨げられます。
もっと読む
花のしぼみ
花の萎れは主にホウセンカ(鳳仙花)に影響を与える植物病です。花弁のしおれや変色に特徴があり、植物の美観と生命力を減退させます。この病気は主に真菌病原体によって引き起こされ、無視すると潜在的に有害となる可能性があります。
もっと読む
植物が干からびる
植物の枯れ'は、しばしばホウセンカ(鳳仙花)に影響を与え、部分的な脱水症状や茶色化を引き起こす状態です。干ばつ、不適切な潅水、カビの病原体などの要因が通常これらの症状を特徴付け、これらが放置されると、植物がしおれたり、最悪の場合は植物の死につながる可能性があります。
もっと読む
しおれ
ホウセンカ(鳳仙花) の萎凋病は、株の下葉がくすみ、黄色くなり、やがてしおれるという重大な病気である。適切な時期に防除しないと、植物の健康、全体的な成長、果実の生産に大きな影響を与える。
もっと読む
風水の方角
ホウセンカ(鳳仙花) 北の方角は、一般的に水のエレメントと関連しているため、北の方角と相性の良い関係を持っています。風水の教義では、北は水を表すとされているからだ。したがって、ホウセンカ(鳳仙花) 'の流動性と変容を促進する能力は、最終的にはあなたの個人的な経験が配置の実際の有効性を決定するものの、北向きの空間の本質的なエネルギーを微妙に増幅する可能性があります。
風水の詳細
other_plant

ホウセンカ(鳳仙花)に関連する植物

feedback
ご意見
feedback
アツバチトセラン
アツバチトセラン
明治の終わり頃に渡来してきたアツバチトセランは、葉が虎のしっぽのような独特の横縞模様を持つことから観葉植物として広まりました。原産地のアフリカでは、葉から繊維を取り出して、紐や布などを作っていたと言われています。
サトイモ(里芋)
サトイモ(里芋)
サトイモ(里芋)は食用作物として塊茎部分が一般的に流通しています。根菜として日本では年中食され、煮物や汁物に調理されます。オーストラリアやアメリカ大陸の一部では、耕作地から逸脱したものが侵略的な雑草として扱われます。
クロトン
クロトン
熱帯が原産のクロトンは、沖縄以外の日本では観葉植物として温室で栽培されるのが一般的です。多様な色彩の線や斑点で模様づけられている葉から、ヘンヨウボクという別名が付けられました。折れた枝や茎から出る樹液に触れると、体質によってはかぶれる可能性があります。
アンスリウム
アンスリウム
アンスリウムは赤やピンク色に咲きますが、鮮やかなハート型は花ではなく仏炎苞です。ここから伸びる細い尾のような黄色い突起が花です。その独特の形から、大紅団扇という和名がついています。ハワイではバレンタインデーに贈る花として人気があります。
エゾノギシギシ(蝦夷の羊蹄)
エゾノギシギシ(蝦夷の羊蹄)
日本各地で雑草化した外来種です。子供の背丈ほどにまで成長し、下部には幅の広い大きな葉がつきます。果実の翼にとげのようなギザギザがある点で、同じように雑草化した同属の近縁種と区別できます。
リンゴ
リンゴ
日本人にとって最も馴染みのある果実であるリンゴが定着するようになったのは、1871年に開拓使がアメリカから苗木を導入して東北や長野などに配布したことがきっかけです。果実ばかりが注目されがちですが花も美しく、青森県では県の花に指定されています。
クチナシ
クチナシ
クチナシ は、日本では古くから染料として利用されてきた低木です。秋に実る橙赤色の実が熟しても裂けず、口無しと比喩されていたことから「クチナシ」と呼ばれるようになりました。純白で香りの良い花を咲かせ、幸せにまつわる花言葉もあることから、結婚式やお祝いの場でよく使われます。
ポトス
ポトス
ポトスは、光沢のあるハート型の葉を持つ常緑の観葉植物です。メンテナンスが簡単で、ツル状に伸びる特徴を生かしてハンギングバスケットなどで栽培するのに適しています。
さらに植物を見る
close
product icon
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース そして すぐに使える大量のガイド...
究極の植物ガイド
判定し、よりよく育て、世話をする!
product icon
17,000種の在来植物と400,000種の世界の植物が研究されました
product icon
約5年間もの調査
product icon
80人以上の植物学とガーデニングの学者
ad
ad
ポケットの中の植物学者
Scan the QR code with your phone camera to download the app
アプリについて
お世話ガイド
お世話についてのよくある質問
詳しい情報
害虫と病気
分布
より詳細なお世話ガイド
関連する植物
ホウセンカ(鳳仙花)
ホウセンカ(鳳仙花)
ホウセンカ(鳳仙花)
ホウセンカ(鳳仙花)
ホウセンカ(鳳仙花)
ホウセンカ(鳳仙花)
ホウセンカ(鳳仙花)
Impatiens balsamina
としても知られている: ホネヌキ(骨抜き)
水やり
水やり
毎週
日照
日照
半日陰
more
icon
写真1枚で植物をさっと判定
写真を撮って一瞬で植物を判定すると、病気の予防、治療、毒性、お世話、用途、花言葉などの知識がすぐに得られます。
無料でアプリをダウンロード
care guide

ホウセンカ(鳳仙花)のお世話ガイド

feedback
ご意見
feedback
icon
植物に実際に当たる光を知りましょう。
スマホで植物に最適な場所を見つけて、最大限に健康にしましょう。
無料でアプリをダウンロード
close
bg bg
download btn
ダウンロード
question

ホウセンカ(鳳仙花)についての質問

feedback
ご意見
feedback
Watering Watering 水やり
Pruning Pruning 剪定
Sunlight Sunlight 日当たり
Temperature Temperature 気温
Fertilizing Fertilizing 肥料
ホウセンカ(鳳仙花) 、どのような方法で水を与えるのがベストですか?
more
ホウセンカ(鳳仙花) 水やりが多すぎたり少なすぎたりした場合はどうしたらよいですか?
more
ホウセンカ(鳳仙花) 水やりはどのくらいの頻度で行えばよいのでしょうか?
more
ホウセンカ(鳳仙花) 、どれくらいの水が必要ですか?
more
ホウセンカ(鳳仙花) の水やりが十分かどうかは、どうすればわかりますか?
more
ホウセンカ(鳳仙花) 四季を通じて、どのように水やりをすればいいのでしょうか?
more
ホウセンカ(鳳仙花) 成長段階によって、どのように水やりをすればいいのでしょうか?
more
ホウセンカ(鳳仙花) 室内と屋外での水やりの違いは何ですか?
more
icon
あなたの植物に合ったヒントとコツを知りましょう。
水やりや日当たり、肥料などに関するガイドを参考に植物の幸せと健康を保ちましょう。
無料でアプリをダウンロード
close
plant_info

ホウセンカ(鳳仙花)の主要データ

feedback
ご意見
feedback

ホウセンカ(鳳仙花)の特性

形態
1年生
種類
ハーブ
植え付け時期
開花時期
晩春, 夏, 初秋, 秋半ば
収穫時期
夏, 秋
高さ
60 cm to 1 m
株幅
30 cm to 40 cm
葉の色
花の直径
3 cm to 4 cm
花の色
ピンク
果実色
ゴールド
茎の色
赤ワイン色
休眠
冬の休眠
葉の種類
常緑樹, 落葉性
適温
20 - 38 ℃
成長する季節
春, 夏, 秋
成長速度
速い
icon
さらに役立つ植物の知識を得る
情報豊富な植物事典を使って、さらに理解を深めましょう
無料でアプリをダウンロード

花言葉

利用方法

ガーデニング

トリビアと面白い知識

icon
二度とお世話を忘れません!
特製の便利なお世話の通知で、植物のお世話は今まで以上に簡単になりました。
無料でアプリをダウンロード
pests

ホウセンカ(鳳仙花)のよくある害虫と病気

feedback
ご意見
feedback
1000万件の実例に基づく、ホウセンカ(鳳仙花)によく発生する問題
icon
植物の病気の自動診断と予防
AIの植物ドクターが植物の問題をすぐに診断するのを手助けします。
無料でアプリをダウンロード
葉のしおれ
葉枯れは、植物に一般的な病気であり、葉が元気を失い垂れ下がる原因となります。ホウセンカ(鳳仙花)では、深刻な葉の落葉と植物の成長の減少につながることがあります。この病気はさまざまな要因によって引き起こされ、中程度の感染性があります。
葉のしおれについてもっと知る more
赤斑病
赤斑病 赤斑病 赤斑病
この感染が原因で植物に赤斑の斑点が発生します。
対処法: 赤斑病の症状が軽い場合は、治療しなくても問題ありません。しかし、葉の多くに斑紋ができてしまった場合には対処することをおすすめします。はじめのうちは自然農薬で対処し、必要に応じてより強力な合成化学殺菌剤を散布します。 自然農薬ではカビを殺せませんが、広がることを防げます。 小さじ1/2杯の重曹と小さじ1杯の液体石鹸を4.5リットルの水に溶かす。その混合液を入れたスプレーボトルで混合液が滴り落ちるまで葉の両面に散布する。既存の斑紋が大きくならず、新しく発生しなくなるまで、2週間ごとに繰り返す。 銅ベースの殺菌性石鹸を葉にスプレーし、葉の上面と下面をコーティングする。製品ラベルの指示に従って再塗布すること。銅は葉の表面に浸透し、胞子の発芽を防ぎ、カビが広がるのを防ぐ。 ラベルの指示に従って株全体に万能殺菌剤を散布すること。
赤斑病についてもっと知る more
葉の甲虫
葉の甲虫 葉の甲虫 葉の甲虫
リーフ・ビートルは、10~20mmの大きさの有色昆虫の一種。葉や花びらをかじるので、表面に小さな丸い穴が散在する。
対処法: 被害があまり深刻でない場合: 成虫、幼虫、卵を取り除きましょう。全てのライフステージのハムシを取り除き、温かい石鹸水の入ったバケツの中に入れて駆除します。バケツを被害を受けている葉の下に置いて植物を揺らすと、より簡単に駆除することができます。葉の甲虫の活動が活発になる午後に行うのが最も効果的です。虫が逃げて他の植物に被害が広がらないように、必ず密封された袋や容器に入れて処分してください。 より深刻な被害がある場合: 有機殺虫剤を使用しましょう。合成殺虫剤の前に、まずは天然由来の殺虫剤を使用してみましょう。ニーム油や除虫菊などの天然由来の殺虫剤を、ラベルに表記された指示に従って使用してみてください。 それでも駄目なら、合成殺虫剤を使用しましょう。ハムシ駆除に有効な殺虫剤の例としては、カルバリル、ペルメトリン、ビフェントリンなどがあります。殺虫剤はラベルに表記された指示に従って使用してください。
葉の甲虫についてもっと知る more
開花してすぐにしおれてしまう
開花してすぐにしおれてしまう 開花してすぐにしおれてしまう 開花してすぐにしおれてしまう
花がしおれる原因はさまざまです。
対処法: 土や鉢植え用の培養土をチェックしましょう。粒子が粗いざらざらした土だと水が早く抜けてしまうので、水分を十分に吸収できなきないことがあります。土や根がとても乾燥しているようであれば、水分を保持できるミズゴケや、他の培養土などを加えましょう。 水やりは、植物品種毎に、それぞれ推奨されている方法で行ってください。 湿度が低いときは、霧吹きで定期的に水をかけたり、加湿器の近くに置いてあげると良いでしょう。他の植物のそばに置いておくのも効果的です。 温度、湿度、照明などの室内環境を一定に保ちましょう。通気口やヒーター、エアコンの近くには置かないようにし、温度によるショックを受けるような場所には移動させないようにしましょう。多くの植物にとって、高温で乾燥した状態や冷たい風は問題となります。 特に、屋外に置かれている植物の場合は、熱や日差しがストレスになっている可能性があります。日陰のある場所に動かしてあげましょう。
開花してすぐにしおれてしまうについてもっと知る more
立ち枯れ病
立ち枯れ病 立ち枯れ病 立ち枯れ病
環境の急激な変化や、植物が通常の開花期を終えたために、花が乾いてしまうことがある。
対処法: 花が枯れてしまうのが加齢による自然な現象であれば、その過程を遅らせたり止めたりする方法はありません。植物内のホルモンがいったん老化プロセスを開始すると、それを元に戻すことはできないのです。 水不足の場合は、室温の雨水、ボトルに入れた湧水、ろ過した水道水などを用いて、すぐ水やりをしましょう。余分な水が鉢植えの底から出てくるまで水を与えましょう。地上に植えてある植物の場合は、土が浸水するまで水を与えますが、表面には水が溜まらないようにしましょう。 栄養不足の場合は、粒状または水溶性の液肥を使用しましょう。推奨量の約半分を土にまくことが最善です。葉につけないように、また、粒状のものは土へよく染み込むようにしてください。 植物が細菌や真菌に感染した場合、病気の植物を治す治療法はありません。最も良い方法は、感染した植物を取り除き、敷地外に廃棄してしまうことです。決して堆肥には入れないでください。
立ち枯れ病についてもっと知る more
葉腐病
葉腐病 葉腐病 葉腐病
この病原体により葉の腐敗が引き起こされます。
対処法: 細菌感染は、近くの健康な植物に広がり、屋内や屋外の広い範囲に影響が出る可能性があるため、早期に対処する必要があります。 軽度の場合:10%希釈の漂白剤で消毒した剪定ばさみなどを使い、感染した部位を剪定し、必ず別の場所に廃棄します。銅系の殺菌剤を使い、症状が出ていない葉や、周辺の土壌、植物を消毒します。製品ラベルに記載されている希釈倍数や使用方法などに従ってください。 重度の場合(植物全体の葉のうち半分以上に被害が出ている場合):感染した植物をすべて抜き取り、敷地外に廃棄します。銅系殺菌剤を使って周辺の土壌や植物を消毒します。製品ラベルに記載されている希釈倍数や使用方法などに従ってください。
葉腐病についてもっと知る more
close
plant poor
葉のしおれ
概要
症状
原因
治療法
予防法
活動期間
ホウセンカ(鳳仙花)の葉のしおれとはどんな病気ですか?
ホウセンカ(鳳仙花)の葉のしおれとはどんな病気ですか?
葉枯れは、植物に一般的な病気であり、葉が元気を失い垂れ下がる原因となります。ホウセンカ(鳳仙花)では、深刻な葉の落葉と植物の成長の減少につながることがあります。この病気はさまざまな要因によって引き起こされ、中程度の感染性があります。
症状の分析
症状の分析
影響を受けたホウセンカ(鳳仙花)は、しばしば捲れた縁を持つ、垂れ下がる黄色い葉を示します。葉枯れは、葉の縁から始まり、全体の葉や茎に進行します。無治療の場合、植物は葉の落葉を経験するかもしれません。
ホウセンカ(鳳仙花)の葉のしおれは何が原因ですか?
ホウセンカ(鳳仙花)の葉のしおれは何が原因ですか?
1
真菌病原体
VerticilliumやFusariumなどの特定の菌類は、葉枯れを引き起こす血管壊死性疾患を引き起こします。
2
環境ストレス
過度の水遣り、過少の水遣り、温度の極端、または土壌状態の悪化はホウセンカ(鳳仙花)をストレス状態に置き、葉枯れを引き起こす可能性があります。
3
昆虫被害
アブラムシのような昆虫はホウセンカ(鳳仙花)の樹液を吸って葉枯れを引き起こす可能性があります。
ホウセンカ(鳳仙花)の葉のしおれの治療方法は?
ホウセンカ(鳳仙花)の葉のしおれの治療方法は?
1
農薬不使用
適切な水管理: ホウセンカ(鳳仙花)が適切に水やりされていても過度にならず、一貫した土壌湿度を維持してください。

戦略的な植栽: ホウセンカ(鳳仙花)に最適な生育条件を提供し、十分な排水のできる土壌と適切な日光曝露を含め、ストレスによる葉枯れを最小限に抑えます。
2
殺虫剤
殺菌剤の使用: 真菌性の枯死には、そのラベルの指示に従った適切な殺菌剤を適用してください。

殺虫剤の使用: 葉枯れを引き起こす昆虫被害には、適切な殺虫剤を使用して対処してください。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース
すぐに使える大量のガイド...
close
赤斑病
plant poor
赤斑病
この感染が原因で植物に赤斑の斑点が発生します。
概要
概要
葉の変色した斑点は植物の一般的な病気です。カビもしくは細菌が原因ですが、ほとんどの場合はカビの病原体が関係しています。
赤斑病は、すべての観葉植物、顕花植物、野菜、および木、茂みや低木の葉に発生します。すべての植物が感染する可能性をもち、暖湿な環境ではさらに感染しやすくなります。葉が存在する限り、あらゆる成長段階で発生しえます。
小さな茶色がかった斑点が葉に出て、進行するにつれて拡大します。重症の場合、病斑が光合成を妨害したり落葉したりすると、植物や樹木が衰弱します。
症状の分析
症状の分析
多くの場合赤斑病は全体のごく一部のみに発症し、少数の葉に出ます。症状が軽い場合は、株にわずかなストレスを与えるだけです。しかし、治療せずに放置し、何シーズンにもわたって症状が進行すると、感染した株の健康と収穫に深刻な影響を与えます。
  • 胞子形成が始まると(真菌胞子の繁殖)、葉に小さな斑点がつく。
  • 病気が雨滴を通して広がるので、発生はランダムに散らばる。
  • 葉裏や湿度の高い植物の内部に現れることがある。
  • 茶色の斑点は拡大し、他の斑点とくっついて、より目立つ斑点になる。
  • 葉の縁が黄色になることがある。
  • デッドスポットには小さな黒点(菌の子実体)が現れる。
  • 斑点は葉全体が茶色になるまで広がる。
  • 落葉する。
重度の症状
  • 部分的または全体が早い時期に落葉する。
  • 成長が遅れる、
  • 害虫やその他の病気の被害にあいやすくなる。
疾病の原因
疾病の原因
赤斑病、または斑点病とは、植物や木の葉に被害を出す複数の病気を総称した一般的な用語です。葉の斑点に関する病気の約85%は、カビまたは糸状菌によるものです。 赤斑病は、細菌感染、または同様の症状を伴う害虫によるものがあります。
暖かく、葉の表面が湿っているときに、風や雨によって運ばれるカビの胞子が表面に付着します。カビの胞子は細胞壁を破壊しませんが、植物の原形質膜と細胞壁の間で繁殖します。胞子が繁殖するにつれて、毒素と酵素を放出し、葉に壊死斑(すなわち、死んだ組織)を生じさせ、細胞が分解されたときに放出された生成物をカビが消費するようになります。
対処法
対処法
赤斑病の症状が軽い場合は、治療しなくても問題ありません。しかし、葉の多くに斑紋ができてしまった場合には対処することをおすすめします。はじめのうちは自然農薬で対処し、必要に応じてより強力な合成化学殺菌剤を散布します。
自然農薬ではカビを殺せませんが、広がることを防げます。
  1. 小さじ1/2杯の重曹と小さじ1杯の液体石鹸を4.5リットルの水に溶かす。その混合液を入れたスプレーボトルで混合液が滴り落ちるまで葉の両面に散布する。既存の斑紋が大きくならず、新しく発生しなくなるまで、2週間ごとに繰り返す。
  2. 銅ベースの殺菌性石鹸を葉にスプレーし、葉の上面と下面をコーティングする。製品ラベルの指示に従って再塗布すること。銅は葉の表面に浸透し、胞子の発芽を防ぎ、カビが広がるのを防ぐ。
  3. ラベルの指示に従って株全体に万能殺菌剤を散布すること。
予防策
予防策
他の多くの病気と同様に、赤斑病は治療するよりも予防​​する方が簡単で、手入れを通して行います。
  • 菌類やバクテリアが越冬する可能性のある場所を最小限に抑えるために、冬の前に地面から落ち葉を取り除く。
  • 株を適切な間隔で植えて、風通しをよくする。
  • 剪定により、株の中心付近の風通しをよくする。
  • 病気の植物を処理した剪定道具は徹底的に掃除する。
  • 病気の植物材料を堆肥にしないこと。
  • 葉が湿りすぎないように、株の上からの水やりは避ける。
  • 適切な日光、水、肥料を与えて、株の健康を保つこと。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース
すぐに使える大量のガイド...
close
葉の甲虫
plant poor
葉の甲虫
リーフ・ビートルは、10~20mmの大きさの有色昆虫の一種。葉や花びらをかじるので、表面に小さな丸い穴が散在する。
概要
概要
葉の甲虫の大きさは様々で、1.5 mmから2 cmまでの成虫が存在します。ハムシの成虫も幼虫も、多様な種類の植物の葉を食べます。葉の甲虫には35,000種類以上の種があり、金色、緑色、黄色の縞模様、赤い縞模様など様々な色や柄があります。ハムシの中には、その形や色から、テントウムシと間違えられるような外見のものもいます。楕円形や丸い形、細長い形の体を持っています。この害虫は、春と夏に最も活発に活動します。
ハムシは、駆除しなければ野菜や観葉植物に大きな被害を与えます。様々な植物の葉、花、茎、根、果実などを食べてしまうのです。また、飛ぶことができるので、植物から植物へと簡単に移動することができます。葉の甲虫には、特定の作物だけを食害する種もいれば、様々な種類の植物を食べる種もいます。被害の大半は表面上の傷に過ぎませんが、蔓延すると植物が弱り、他のより重大な病気にかかりやすくなってしまいます。
症状の分析
症状の分析
葉の甲虫の発生が確認できる最初の兆候としては、葉に、目に見えるほどの小さな穴が開くことが挙げられます。被害が進行すると、葉は変色し、黒いハムシの糞が見られるようになります。やがて葉が黄色や茶色に変色してくると、枯れ落ちてしまいます。中には葉脈だけが残ってスケルトンのようになる葉もあります。
春になると成虫が土の中から出てきて、植物の葉の上に卵を産みつけます。孵化すると、若い幼虫は葉をムシャムシャと食べながら成長していきます。体が大きくなり成虫となった葉の甲虫は地面に落ち、冬の間は土の中で蛹になり、また同じサイクルを繰り返します。
また、葉の甲虫は果物や野菜にも穴を開けて食べてしまいます。食害は小さな丸い穴として出現し、穴の周りには一回り大きい茶色い部分が見られることもあります。
対処法
対処法
被害があまり深刻でない場合:
  1. 成虫、幼虫、卵を取り除きましょう。全てのライフステージのハムシを取り除き、温かい石鹸水の入ったバケツの中に入れて駆除します。バケツを被害を受けている葉の下に置いて植物を揺らすと、より簡単に駆除することができます。葉の甲虫の活動が活発になる午後に行うのが最も効果的です。虫が逃げて他の植物に被害が広がらないように、必ず密封された袋や容器に入れて処分してください。
より深刻な被害がある場合:
  1. 有機殺虫剤を使用しましょう。合成殺虫剤の前に、まずは天然由来の殺虫剤を使用してみましょう。ニーム油や除虫菊などの天然由来の殺虫剤を、ラベルに表記された指示に従って使用してみてください。
  2. それでも駄目なら、合成殺虫剤を使用しましょう。ハムシ駆除に有効な殺虫剤の例としては、カルバリル、ペルメトリン、ビフェントリンなどがあります。殺虫剤はラベルに表記された指示に従って使用してください。
予防策
予防策
葉の甲虫の発生を防ぐには、以下の手順を実行してください。
  1. 定期的にハムシがいないか確認しましょう。大規模な害虫の発生を防ぐために、積極的に植物に害虫が付いていないかこまめにチェックし、見つけたらすぐに取り除くようにしましょう。
  2. ゴミを取り除きましょう。雑草やゴミを取り除き、ハムシが越冬したり隠れたりする場所を極力無くしましょう。
  3. 自然の捕食者を呼び寄せましょう。スズメバチやテントウムシなどの昆虫や鳥は、葉の甲虫にとって自然界の捕食者です。彼らの生息地や餌となるような多種多様な植物を取り入れて、来てもらうよう仕向けましょう。また、益虫に被害を加え殺してしまう可能性のある広域除草剤の散布は避けましょう。
  4. 香りのあるハーブを植えましょう。ミントやニンニク、ローズマリーなどのことで、葉の甲虫を撃退することができます。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース
すぐに使える大量のガイド...
close
開花してすぐにしおれてしまう
plant poor
開花してすぐにしおれてしまう
花がしおれる原因はさまざまです。
概要
概要
開花してすぐにしおれてしまうのは、花が自然に老化していることもありますが、何か問題が起きていることの現れかもしれません。例えば蘭の花は、通常は2週間から3ヶ月程度咲き続けるのに、数日でしおれてしまうとしたら、ほとんどの品種で何か問題が起きていると言えます。実際のところ、この問題は花を咲かせるあらゆる観葉植物に起きる可能性があります。根が浅かったり、乾燥や強い日差し、低湿度に対する耐性が低いものほど影響を受けやすくなります。
これは一般的な問題なので、簡単に解決できることが多いです。ただし根に病気がある場合や害虫からの被害など、もっと深刻な原因で起きることもあります。
症状の分析
症状の分析
  • 最初のうちが、花がちょっとぐったりしているように見えるかもしれません。
  • 花びらが乾燥して茶色くなることもあります。
  • 最終的に、花ごと株から落ちてしまうこともあります。
疾病の原因
疾病の原因
花がしおれてしまうのは、根が不健康な状態になっている証拠です。植物が水分や栄養を十分に吸収できない状態が続くと、花がしおれたり、その他の症状が出たりします。水分が不足すると茎や葉、そして花の内部の圧力を適切に保てなくなり、しおれてしまいます。
これは、植え替えの際に根が折れてしまったり、ネキリムシなどの虫の被害といった、物理的なダメージが原因です。最近、植え替えをしたばかりであれば、根が傷ついてしまっていると考えられます。虫が見つかったら、葉や根、花などが食べられているかもしれません。また、菌類の感染は水分や栄養の吸収を妨げるので、根腐れの原因となります。
最後に、単純に花の老化のしたことでしおれたということもありえます。他に症状が見られない場合は、花の寿命が来ただけかもしれません。しかし、もし寿命が来るのが早すぎるように思われましたら、水、湿度、日照、ストレスなどといった環境要因が原因である可能性があります。これらの中では水不足がよく原因になります。同様に、高湿度の環境に適応した植物は、冬や乾燥した気候など、低湿度環境だとすぐに干からびてしまいます。また、日陰が必要な植物の場合は、日差しが強すぎても花がしおれてしまいます。
対処法
対処法
  • 土や鉢植え用の培養土をチェックしましょう。粒子が粗いざらざらした土だと水が早く抜けてしまうので、水分を十分に吸収できなきないことがあります。土や根がとても乾燥しているようであれば、水分を保持できるミズゴケや、他の培養土などを加えましょう。
  • 水やりは、植物品種毎に、それぞれ推奨されている方法で行ってください。
  • 湿度が低いときは、霧吹きで定期的に水をかけたり、加湿器の近くに置いてあげると良いでしょう。他の植物のそばに置いておくのも効果的です。
  • 温度、湿度、照明などの室内環境を一定に保ちましょう。通気口やヒーター、エアコンの近くには置かないようにし、温度によるショックを受けるような場所には移動させないようにしましょう。多くの植物にとって、高温で乾燥した状態や冷たい風は問題となります。
  • 特に、屋外に置かれている植物の場合は、熱や日差しがストレスになっている可能性があります。日陰のある場所に動かしてあげましょう。
予防策
予防策
  • 水分、光、土質など、それぞれの植物に適した条件をしっかり調べて、水に浸かったり、光量が足りなかったりして花がしおれてしまわないように注意しましょう。
  • 開花期間中の植え替えは避けましょう。植え替えをすると、植物は傷ついた根を修復したり、新しい微環境に適応しなければならなくなります。これがさらなるストレスになって、花がしおれる原因となる恐れがあります。
  • もう一つの原因は、植物の成熟に関係する植物ホルモンとして知られているエチレンガスです。果物や野菜の中には、バナナが代表的ですが、エチレンガスを発生させるものがあります。りんご、ぶどう、メロン、アボカド、じゃがいもなどもバナナと同じようにエチレンガスを発生させるので、花が咲いた植物を、これらの新鮮な野菜や果物に近づけないようにしましょう。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース
すぐに使える大量のガイド...
close
立ち枯れ病
plant poor
立ち枯れ病
環境の急激な変化や、植物が通常の開花期を終えたために、花が乾いてしまうことがある。
概要
概要
花が弱ったり、垂れ下がったり、しおれたり、色あせたりして、回復できなくなってしまった状態を立ち枯れ病といいます。花が完全に乾燥するか枯れてしまうまで、しわくちゃになったり縮んだりして枯れていきます。
植物の種類や生育する気候にかかわらず、どの花も枯れることがあります。これは、室内用鉢植え植物、ハーブ、花を咲かせる観賞植物、樹木、低木、園芸野菜、食用作物など、世界中で広く起こりうる症状です。
しおれ(枯れることと混同されることが多い)とは異なり、花が枯れる原因はさまざまです。また多くの場合、原因は水不足だけではありません。重症化した場合、花が枯れることで植物全体が死に至ることもあります。
症状の分析
症状の分析
立ち枯れ病は、きわめて軽症の状態から始まって、花を殺してしまうほど重度な状態にまで進行します。症状の重症度は、原因と、症状が進行してから処置されるまでの期間により左右されます。
  • 花がしおれ垂れ下がります。
  • 花びらと葉がしわしわになり始めます。
  • 花弁や葉先に褐色の紙のような筋や斑点が現れます。
  • 花頭が小さくなります。
  • 花びらの色が薄くなります。
  • 葉が黄色くなります。
  • 花が完全に死んでしまいます。
疾病の原因
疾病の原因
立ち枯れ病の主な原因には、自然な老化、水分不足、栄養不足、細菌性または真菌性の病気などがあります。立ち枯れ病を見つけたら、根本的な原因を特定することが重要です。治療が可能であれば、最善の治療方針にたどり着く糸口となるためです。
土壌の水分量を調べ、栄養不足の兆しがないか植物全体をよく観察しましょう。どちらも原因に該当しない場合は、花の下の茎を切り開いてください。断面に茶色やさび色の汚れがある場合、細菌や真菌の感染であると考えてよいでしょう。
花が寿命の終わりに近づいている場合は、植物内の遺伝暗号により、老化を制御する植物ホルモンであるエチレンが増え、細胞の老化と死が進行します。細胞分裂は停止し、植物は、花の内部にあるエネルギーを分解し始め、そのエネルギーは植物の他の部位で消費されます。
上記以外の立ち枯れ病の原因としては、植物が防衛機構として茎を封鎖し、維管束系内の輸送を停止するときに起こります。これは、花から水分が失われるのを防ぐだけでなく、細菌や真菌が植物の健康な部分に感染するのを防ぐ目的があります。水と栄養の輸送が止まると、花はしおれ始め、最終的には枯れてしまいます。
対処法
対処法
花が枯れてしまうのが加齢による自然な現象であれば、その過程を遅らせたり止めたりする方法はありません。植物内のホルモンがいったん老化プロセスを開始すると、それを元に戻すことはできないのです。
水不足の場合は、室温の雨水、ボトルに入れた湧水、ろ過した水道水などを用いて、すぐ水やりをしましょう。余分な水が鉢植えの底から出てくるまで水を与えましょう。地上に植えてある植物の場合は、土が浸水するまで水を与えますが、表面には水が溜まらないようにしましょう。
栄養不足の場合は、粒状または水溶性の液肥を使用しましょう。推奨量の約半分を土にまくことが最善です。葉につけないように、また、粒状のものは土へよく染み込むようにしてください。
植物が細菌や真菌に感染した場合、病気の植物を治す治療法はありません。最も良い方法は、感染した植物を取り除き、敷地外に廃棄してしまうことです。決して堆肥には入れないでください。
予防策
予防策
この病気は、治療より予防の方が効果的である例の一つです。早い段階で立ち枯れ病が起こってしまわないよう、予防策を紹介します。
  • 必要に応じて植物に水をやりましょう。土を少しだけ湿らせた状態を保つか、土の表面から3〜5cmの部分が乾燥してから再び水をやりましょう。
  • 肥料は、植物の成長に応じて、少しずつ定期的に与えましょう。成長の早い植物や、花や果実をつける植物は、成長の遅い植物よりも頻繁に肥料を与える必要があります。
  • 病気や病原菌がないことが確認された植物を購入しましょう。
  • 耐病性品種を見つけましょう。
  • 病気の症状が出ている植物を隔離して、隣接する植物への感染を防ぎましょう。
  • 植物から落下したくずをできるだけ早く取り除き、植物の衛生状態を良好に保ちましょう。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース
すぐに使える大量のガイド...
close
葉腐病
plant poor
葉腐病
この病原体により葉の腐敗が引き起こされます。
概要
概要
葉腐病は、観葉植物でも庭の植物でも見られる、非常に一般的な問題です。葉に被害をもたらす病気で、雨や栽培者による霧吹きなどで濡れた状態になった時によく発生します。病気の原因となるのは真菌症で、湿った葉に真菌の胞子が付着し、葉に侵入して急速に広がることで発症します。湿気が多く風通しの悪い環境では、感染しやすくなります。一方、他の要因としては、吸汁する昆虫が葉を傷つけ、そこから真菌が侵入する場合もあります。
症状の分析
症状の分析
  1. 胞子が湿った葉に付着して葉の中に侵入します。既存の傷から侵入することが多いです。
  2. 小さな暗褐色の斑点が出現し、胞子形成が始まるとともに急速に広がります。
  3. ダーツの的のような斑点はすぐに繋がって葉の全体に黒ずみが広がり、質感を失います。
  4. 葉が落ちはじめます。
疾病の原因
疾病の原因
これらの症状は、植物の細菌への感染によって引き起こされます。周辺環境の中のさまざまな感染源(空気、水、土壌、病気の植物)から、傷や、場合によっては開いた気孔を通じて植物に侵入します。葉の組織内に入ると、細菌は栄養を摂取しながら素早く繁殖し、健康な葉を破壊していきます。
細菌感染はほとんどの植物にとって脅威となり得ます。また、植物から植物へ、または土壌から植物へと移動しやすくなる、湿潤な気候においてよく発生します。
対処法
対処法
細菌感染は、近くの健康な植物に広がり、屋内や屋外の広い範囲に影響が出る可能性があるため、早期に対処する必要があります。
軽度の場合:10%希釈の漂白剤で消毒した剪定ばさみなどを使い、感染した部位を剪定し、必ず別の場所に廃棄します。銅系の殺菌剤を使い、症状が出ていない葉や、周辺の土壌、植物を消毒します。製品ラベルに記載されている希釈倍数や使用方法などに従ってください。
重度の場合(植物全体の葉のうち半分以上に被害が出ている場合):感染した植物をすべて抜き取り、敷地外に廃棄します。銅系殺菌剤を使って周辺の土壌や植物を消毒します。製品ラベルに記載されている希釈倍数や使用方法などに従ってください。
予防策
予防策
  1. シーズンの終わりに庭に落ちた植物のくずを掃除します。特に、病気の植物の組織を地面に放置しないようにしましょう。病原菌が越冬し、翌年に新しい植物に感染することがあるためです。
  2. 植物の上から水やりをしないようにしましょう。葉は乾燥した状態を保ち、別の植物へと病原菌が広がるのを防ぎます。
  3. 土壌中の細菌が健康な植物に飛び散るのを防ぐために、植物の根元にマルチングを施しましょう。
  4. 剪定を行ったり、次の植物に移動したりする際には、剪定ばさみを都度10%希釈の漂白剤で消毒しましょう。
  5. 庭の植物が濡れているときには、作業しないでください。
  6. 同じ場所での連作による細菌の蓄積を防ぐため、作物をローテーションしましょう。
  7. 感染予防のため、春先に銅系またはストレプトマイシンを含む殺菌剤を散布します。全ての植物に適した薬剤ではないので、ラベルに記載の使用方法をよく読んでから行いましょう。
  8. 植物間の間隔を十分に取り、密に茂るタイプの植物は葉を間引きすることで、風通しを可能な限りよくしましょう。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース
すぐに使える大量のガイド...
distribution

ホウセンカ(鳳仙花)の分布

feedback
ご意見
feedback

ホウセンカ(鳳仙花)の分布地図

distribution map
在来
栽培
侵略
侵略的になりうる
外来
報告なし
care_scenes

ホウセンカ(鳳仙花)の成長と世話の詳細情報

feedback
基本のお世話ガイド
よくある害虫と病気
もっと見る
葉のしおれ
葉枯れは、植物に一般的な病気であり、葉が元気を失い垂れ下がる原因となります。ホウセンカ(鳳仙花)では、深刻な葉の落葉と植物の成長の減少につながることがあります。この病気はさまざまな要因によって引き起こされ、中程度の感染性があります。
 detail
全葉ウィザリング
全体的な葉萎れは、ホウセンカ(鳳仙花)の葉の徐々にしおれると腐敗する病気です。この病気はホウセンカ(鳳仙花)の美観を著しく損ない、総合的な生命力と成長を減少させます。
 detail
赤斑病
褐斑病は、ホウセンカ(鳳仙花) に大きな影響を与える一般的な真菌病である。この病害は、無処置の場合、樹勢の低下、壊死を引き起こし、最終的には植物の枯死につながる可能性がある。
 detail
肥料不足
肥料の不足は病気ではなく、ホウセンカ(鳳仙花)(ガーデン・バルサム)に影響する栄養素の不足です。これは植物の成長に影響し、花の数を減らし、色鮮やかさを損ない、最終的には植物全体の健康を損ないます。
 detail
葉腐病
葉腐病は、ホウセンカ(鳳仙花) に深刻なダメージを与え、葉が水浸しになった後、黄色く変色して落葉する。無処置の場合、枯死することもある。感染力は強いが、致死率は中程度である。
 detail
水不足
水不足はホウセンカ(鳳仙花)に影響を与える非病原性の疾患であり、植物のストレス、しおれ、そして最終的に死に至るものです。 水の供給が不十分であることによって促され、植物の見た目や全体の健康状態が変化し、成長や花芽形成が妨げられます。
 detail
花のしぼみ
花の萎れは主にホウセンカ(鳳仙花)に影響を与える植物病です。花弁のしおれや変色に特徴があり、植物の美観と生命力を減退させます。この病気は主に真菌病原体によって引き起こされ、無視すると潜在的に有害となる可能性があります。
 detail
植物が干からびる
植物の枯れ'は、しばしばホウセンカ(鳳仙花)に影響を与え、部分的な脱水症状や茶色化を引き起こす状態です。干ばつ、不適切な潅水、カビの病原体などの要因が通常これらの症状を特徴付け、これらが放置されると、植物がしおれたり、最悪の場合は植物の死につながる可能性があります。
 detail
しおれ
ホウセンカ(鳳仙花) の萎凋病は、株の下葉がくすみ、黄色くなり、やがてしおれるという重大な病気である。適切な時期に防除しないと、植物の健康、全体的な成長、果実の生産に大きな影響を与える。
 detail
plant_info

ホウセンカ(鳳仙花)に関連する植物

feedback
ご意見
feedback
product icon close
究極の植物ガイド
判定し、よりよく育て、世話をする!
product icon
17,000種の在来植物と400,000種の世界の植物が研究されました
product icon
約5年間もの調査
product icon
80人以上の植物学とガーデニングの学者
ad
product icon close
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース
すぐに使える大量のガイド...
照明
close
室内
室内
屋外
あなたに合った世話のコツを知るには、ここから場所を選択してください。
必要な条件
半日陰
理想
約3から6時間の日光
日なた
許容範囲
6時間を超える日光
庭で太陽の光が優雅に移動する様子を観察し、植物のために光と陰のバランスが完璧な場所を選びましょう。そうすることで、植物たちが幸せに育つことができます。
要点
ホウセンカ(鳳仙花) 日照に恵まれた場所を好むが、低照度にも耐える。自生地である森林の下層では、薄日が当たる。生長をサポートするためには、極端に強すぎない十分な日照を確保すること。
好ましい
許容範囲
適さない
icon
植物に実際に当たる光を知りましょう。
スマホで植物に最適な場所を見つけて、最大限に健康にしましょう。
アプリをダウンロード
人工照明
室内の植物は最適な成長には適切な照明が必要です。自然光が不足している場合、特に冬や日照の少ない場所では、人工照明が重要な解決策となり、より速く健康的な成長を促進します。
詳細を表示
屋内の植物は、最適な成長のために適切な照明を必要とします。特に冬や日照の少ない場所では、自然光が不十分な場合、人工光はより速く、健康的な成長を促進する重要な解決策となります。
1. 適切な人工光の種類を選ぶ:植物が必要とする特定の光の波長を提供できるため、LEDライトは屋内の植物の照明に人気のある選択肢です。
フルサンの植物には、30-50ワット/平方フィートの人工光が必要であり、部分的な日陰の植物には、20-30ワット/平方フィートが必要であり、完全な日陰の植物には、10-20ワット/平方フィートが必要です。
2. 適切な距離を決定する:植物から12〜36インチ上に光源を配置し、自然光を模倣します。
3. 適切な時間を決定する:植物の種に合わせて自然の日光時間の長さを模倣します。ほとんどの植物は1日に8〜12時間の光を必要とします。
重要な症状
%sの不十分な光の症状
ホウセンカ(鳳仙花) 完全な日照下で生育するが、部分的な日陰にも耐える。光線不足の症状は目立ちにくいかもしれないが、光線不足の室内で栽培した場合、明らかになることがある。
詳細を表示
(症状の詳細と対処法)
新芽の成長が遅い、または全くない
ホウセンカ(鳳仙花) は、光条件が悪いとサバイバルモードに入り、葉の生産を停止させる。その結果、植物の成長が遅れたり、完全に止まったりする。
開花・結実への影響
日照不足による明らかな異常は見られないかもしれないが、将来の開花や結実に悪影響を及ぼす可能性がある。
明るい色の新葉
日照不足になると、葉の色が不規則になったり、青白く見えたりすることがある。これは、葉緑素と必須栄養素の不足を示す。
脚がだるい、または生育がまばら
ホウセンカ(鳳仙花) の葉と葉の間や茎と茎の間が長くなり、細く伸びたように見えることがあります。その結果、葉と葉の間や茎の間が長くなり、細く伸びたように見えることがあります。そのため、株がまばらで弱々しく見え、重みで折れたり傾いたりしやすくなります。
対処法
1. 植物の成長を最適化するために、週ごとに日当たりの良い場所に移動させ、毎日3〜6時間の直射日光を受けるようにし、徐々に変化する光条件に適応させます。2. 植物に追加の光を提供するために、大きい場合や移動が容易でない場合は人工光を使用することを検討してください。デスクや天井のランプを毎日少なくとも8時間点灯させるか、専門の植物用グローライトを導入して十分な光を確保します。
%sの過剰な光の症状
ホウセンカ(鳳仙花) 日当たりのよい場所で生育するが、部分的な日陰にも適応できる。様々な光条件にも耐えるが、日焼けをすることがあり、その場合、微妙な症状が現れ、目に見えにくいことが多い。
詳細を表示
(症状の詳細と対処法)
白化
葉の白化は、植物の葉が緑色を失い黄色に変色する状態です。これは過剰な日光による葉緑素の分解に起因し、植物の光合成能力に悪影響を及ぼします。
葉焼け
日焼けは、植物の葉や茎が強い日光によって損傷を受けると発生します。植物組織上には淡色、漂白、壊死した領域として現れ、植物の全体的な健康状態を低下させることがあります。
葉がカールする
日光の強い環境下では、葉が巻き曲がったりねじれたりする症状が見られます。これは植物が日光にさらされた表面積を減らし、水分の損失やダメージを最小限に抑えるために使用する防御メカニズムです。
しおれ
しおれは、植物が持続圧を失い、葉や茎が垂れ下がる状態です。日光の過剰曝露によって蒸散を通じた植物の水分喪失が増加し、適切な水分補給を維持することが困難になるため、しおれが起こることがあります。
葉焼け
葉焼けは、過剰な日光によって葉の縁や斑点が茶色く乾燥しパリパリとした状態になる症状です。これによって光合成能力や全体的な植物の健康状態が低下する可能性があります。
対処法
1. 植物を豊富な日光を受けるが一部日陰もある最適な位置に移動してください。朝日が優しい東向きの窓が理想的です。これにより、植物は十分な日光を楽しむことができ、日焼けのリスクを減らすことができます。2. 完全に脱水したりしぼんだ部分を切り取ることをおすすめします。
植物の病気や毒性、雑草の管理などについての情報を参照しましょう。
気温
close
室内
室内
屋外
あなたに合った世話のコツを知るには、ここから場所を選択してください。
必要な条件
理想
許容範囲
適さない
人と同様に、それぞれの植物には好みがあります。植物の温度要件を学び、彼らが豊かに成長するための快適な環境を整えましょう。 植物に愛情を注ぎながら、深い絆が育まれます。植物の温度要件を学びながら、直感に信頼し、共有する旅を楽しみましょう。 植物の周囲の温度を心を込めてモニターし、必要に応じて環境を調整してください。温度計はこの真心のこもった取り組みにおいて頼りになるパートナーとなります。 植物の温度要件を探求する際に、自分自身に対して忍耐強く優しく接してください。成功を喜び、課題から学び、愛情を込めて庭を育みながら、あなたのケアの温もりを反映した安らぎの場を作りましょう。
要点
ホウセンカ(鳳仙花) は暖かい土地が原産で、気温は20~38℃に傾く。夏の暑い環境が繁茂のカギとなる。寒い季節には、原産地の気候を再現するため、暖房の効いた屋内をお勧めします。
地域での冬越し方針
ホウセンカ(鳳仙花) は耐寒性が強いので、通常、冬期は特別な防霜対策は必要ない。しかし、冬の気温が{生育限界温度}を下回ると予想される場合は、やはり防寒対策が重要です。これは、土やわらなどの資材で植物を覆うことで実現できます。秋の最初の凍結の前には、たっぷりと水を与え、土壌が凍った状態になるようにすることをお勧めします。こうすることで、冬から春先にかけての乾燥や水不足を防ぐことができます。
重要な症状
ホウセンカ(鳳仙花)の低温の症状
ホウセンカ(鳳仙花) は寒さに強く、{Suitable_growth_temperature_min}以上で最もよく生育する。冬期は{Tolerable_growing_temperature_min}以上に保つ。{Limit_growth_temperature}}を下回ると、冬場は目立った変化はないものの、発芽が悪くなったり、春になっても発芽しないことがある。
対処法
春になったら、芽が出なかった部分を取り除く。
ホウセンカ(鳳仙花)の高温の症状
夏場は、ホウセンカ(鳳仙花) 、{Suitable_growth_temperature_max} 以下で管理する。温度 が{Tolerable_growing_temperature_max}を超えると、葉の色が薄 くなったり、葉が巻いたり、日焼けしやすくなったり、ひどい場 合には株全体がしおれたり、乾燥したりすることがある。
対処法
日焼けした部分や乾燥した部分は切り取る。日中と午後の日差しが遮られる場所に植物を移動させるか、遮光布で日陰を作る。水やりは朝夕に行い、土を湿らせておく。
植物の病気や毒性、雑草の管理などについての情報を参照しましょう。
クッキー管理ツール
ブラウザやデバイスでクッキーを管理するのに加えて、こちらでクッキーの設定を変更できます。
必要なクッキー
必要なクッキーは、中核的機能を可能にします。これらのクッキーがないとウェブサイトは正常に機能せず、ブラウザの設定を変更することでのみ無効化することができます。
分析クッキー
分析クッキーは利用に関する情報を収集・報告することで、当社がアプリやウェブサイトの改善をするのに役立ちます。
クッキーの名称 ソース 目的 有効期限
_ga Googleアナリティクス このクッキーは当社によるGoogleアナリティクスの利用のために設定されています。このクッキーはアプリやウェブサイトの利用に関する情報を収集するのに利用されます。このクッキーはあなたのIPアドレスやデバイスに関するデータ、アプリやウェブサイトの利用に関するその他の情報などの特定の情報を収集します。データ処理は基本的にGoogle LLCにより行われ、Googleはプロファイリングなど独自の目的でクッキーで収集されたデータを利用する可能性があり、Googleアカウントなどその他のデータと結びつけることがあることにご留意ください。 Googleによるあなたのデータの処理方法やGoogleのプライバシーへの取り組み、あなたのデータの保護実行に関するその他の情報はこちらをご覧ください。 1年
_pta PictureThisアナリティクス 当社はこれらのクッキーを使用することで、あなたが当社のサイトをどのように利用するかに関する情報の収集や、サイトのパフォーマンスの測定、サイトのパフォーマンスとサービス、そしてあなたの体験の改善を行います。 1年
クッキーの名称
_ga
ソース
Googleアナリティクス
目的
このクッキーは当社によるGoogleアナリティクスの利用のために設定されています。このクッキーはアプリやウェブサイトの利用に関する情報を収集するのに利用されます。このクッキーはあなたのIPアドレスやデバイスに関するデータ、アプリやウェブサイトの利用に関するその他の情報などの特定の情報を収集します。データ処理は基本的にGoogle LLCにより行われ、Googleはプロファイリングなど独自の目的でクッキーで収集されたデータを利用する可能性があり、Googleアカウントなどその他のデータと結びつけることがあることにご留意ください。 Googleによるあなたのデータの処理方法やGoogleのプライバシーへの取り組み、あなたのデータの保護実行に関するその他の情報はこちらをご覧ください。
有効期限
1年

クッキーの名称
_pta
ソース
PictureThisアナリティクス
目的
当社はこれらのクッキーを使用することで、あなたが当社のサイトをどのように利用するかに関する情報の収集や、サイトのパフォーマンスの測定、サイトのパフォーマンスとサービス、そしてあなたの体験の改善を行います。
有効期限
1年
マーケティングクッキー
マーケティングクッキーは広告会社に利用され、あなたの関心に関連した広告を提供します。
クッキーの名称 ソース 目的 有効期限
_fbp Facebookピクセル リターゲティング活動のために当社が使用しているコンバージョン・ピクセル・トラッキングです。詳しくはこちらからどうぞ。 1年
_adj Adjust このクッキーがモバイル分析と属性サービスを提供することで、当社はアプリ内でのマーケティング活動や何らかのイベント、活動の有効性を測定・分析することができます。詳しくはこちらをご覧ください。 1年
クッキーの名称
_fbp
ソース
Facebookピクセル
目的
リターゲティング活動のために当社が使用しているコンバージョン・ピクセル・トラッキングです。詳しくはこちらからどうぞ。
有効期限
1年

クッキーの名称
_adj
ソース
Adjust
目的
このクッキーがモバイル分析と属性サービスを提供することで、当社はアプリ内でのマーケティング活動や何らかのイベント、活動の有効性を測定・分析することができます。詳しくはこちらをご覧ください。
有効期限
1年
アプリを使用するとこのページはより良く表示されます
開いた