camera identify
無料で試す
tab list
PictureThis
日本語
arrow
English
繁體中文
日本語
Español
Français
Deutsch
Pусский
Português
Italiano
한국어
Nederlands
العربية
Svenska
Polskie
ภาษาไทย
Bahasa Melayu
Bahasa Indonesia
PictureThis
Search
植物を検索
無料で試す
Global
日本語
English
繁體中文
日本語
Español
Français
Deutsch
Pусский
Português
Italiano
한국어
Nederlands
العربية
Svenska
Polskie
ภาษาไทย
Bahasa Melayu
Bahasa Indonesia
アプリを使用するとこのページはより良く表示されます
about about
アプリについて
care_guide care_guide
お世話ガイド
topic topic
お世話についてのよくある質問
plant_info plant_info
詳しい情報
pests pests
害虫と病気
distribution_map distribution_map
分布
care_scenes care_scenes
より詳細なお世話ガイド
more_plants more_plants
関連する植物
pic top
オノマンネングサ(雄の万年草)
オノマンネングサ(雄の万年草)
オノマンネングサ(雄の万年草)
オノマンネングサ(雄の万年草)
オノマンネングサ(雄の万年草)
オノマンネングサ(雄の万年草)
オノマンネングサ(雄の万年草)
Sedum lineare
オノマンネングサ(雄の万年草)は、日本各地の岩の上や石垣でよく見られ、星のような形の黄色い花を多数咲かせます。暑さや乾燥に強いだけではなく、耐寒性もあり大変丈夫であるため、土地を覆う被覆植物として植えられます。
水やり
水やり
3週ごと
日照量
日照量
十分な日光
more
care guide

オノマンネングサ(雄の万年草)のお世話ガイド

feedback
ご意見
feedback
水のお世話
水のお世話
一般的に水やりは、週に1回または土が表面から3 cmのところまで乾いた場合に行う必要があります。水が土にしっかりと浸透し、余分な水が排水穴からそのまま排水されるまで、しっかりと水をやります。
水やりの仕方の詳細 水のお世話
肥料のお世話
肥料のお世話
1年に2-4回肥料を与えます。
肥料の与え方の詳細 肥料のお世話
剪定
剪定
枯れた葉と花を刈る
剪定の詳細 剪定
土のお世話
土のお世話
砂, ローム, 粘土, 白亜質, 中性, 弱アルカリ性, 中程度のアルカリ性
土の世話の詳細 土のお世話
最適な光
最適な光
十分な日光, 半日陰
必要な日光の詳細 最適な光
care guide bg
植物に実際に当たる光を知りましょう。
スマホで植物に最適な場所を見つけて、最大限に健康にしましょう。
アプリをダウンロード
Picture This
ポケットの中の植物学者
qrcode
QRコードをスキャンしてダウンロード
label
cover
オノマンネングサ(雄の万年草)
水やり
水やり
3週ごと
日照量
日照量
十分な日光
耐寒ゾーン
耐寒ゾーン
7 〜 11
植え付け時期
植え付け時期
春, 秋半ば, 晩秋, 初冬, 晩冬
question

オノマンネングサ(雄の万年草)についての質問

feedback
ご意見
feedback
Watering Watering 水やり
Sunlight Sunlight 日当たり
Temperature Temperature 気温
Fertilizing Fertilizing 肥料
オノマンネングサ(雄の万年草) 水やりが多すぎたり少なすぎたりした場合はどうしたらよいですか?
水不足オノマンネングサ(雄の万年草) オノマンネングサ(雄の万年草) などの多肉植物は、長い間水がなくても耐えられるので、水枯れに悩まされることはまずありません。しかし、もしあなたが何らかの理由で植物のことを忘れ、1ヶ月以上水やりを怠っていたなら、おそらくあなたのオノマンネングサ(雄の万年草) 、水不足で渇いたように見えたり、葉が傷んだりしているのを発見するでしょう。 水不足のオノマンネングサ(雄の万年草) を見分けるのはとても簡単です。葉は萎れ、乾燥し、平らになっています。乾燥が続くと、下葉から上へ向かって、完全に乾いてしまったり、茶色くカリカリになってしまったり、株から落ちてしまうものもあります。そしてもちろん、土も完全に乾いてしまいます。 オノマンネングサ(雄の万年草) が喉が渇いて水不足になっている場合は、できるだけ早くたっぷりと水を与えてください。5~10分程度、鉢ごと水に浸すと、土と植物にしっかりと水分を補給することができます。指で土の表面に水分の感触を感じたら、水やりがきちんと行われたことを意味します。乾燥した葉がまだ付いている場合は、新しい成長のためのスペースを確保するために、先に摘み取ります。 水やりのしすぎオノマンネングサ(雄の万年草) 水のやりすぎは危険です。オノマンネングサ(雄の万年草) 、状況を改善しなければ、植物に致命的なダメージを与える可能性があります。長期間にわたって水分が多すぎると、根腐れを起こし、根が土から栄養分や水分を吸収できなくなります。根腐れは、湿った状態が土の中で菌類やバクテリアが繁殖し、根を食害することで起こります。水のやりすぎだとわかったら、風通しの良い場所に置き、水の回数を調整するなど、栽培条件を変えた方が良いですね。 過湿の症状は、葉が黄色く腫れ、半透明になり、水を含みすぎて破裂することもあります。そのままにしておくと、葉が茶色や黒に変色し、少し触れただけで落ちてしまうこともあります。水やりのしすぎが原因かどうかは、他の問題でも同じような症状が出ることがあるので、必ず土壌を確認してください。 水をやりすぎた植物を救うのは少し難しいです(不可能ではありません)。重要なのは、ダメージが大きくなる前に早期に発見することです。根が腐ってしまうと、植物全体が枯れてしまう可能性が高いからです。もし、オノマンネングサ(雄の万年草) 、水をやりすぎたと思われる場合は、まず、鉢から取り出して、根と土を確認することです。 鉢から取り出したら、根の周りの濡れた土をやさしく取り除き、常温の水できれいに洗い流します。土の中に潜んでいるカビを取り除くことができ、根の健康状態を把握することができます。すでに根腐れを起こしている場合は、根が暗褐色や黒色になり、軟らかく、ドロドロ、ヌルヌルした状態になっていることがわかります。 根の大部分がすでに根腐れしている場合、その植物を救うことができないかもしれません。この場合、元気な葉を取り除き、それを使って新しいオノマンネングサ(雄の万年草) を増殖させることを試みるのが最善です。幸いなことに、この植物は葉1枚からでも簡単に殖やすことができます。一方、根の一部だけが腐ってしまっていて、他の元気な根が残っている場合は、救われる可能性があります。 消毒したカッターナイフで不健康そうな根を取り除く。しっかりとした青白い根だけが残ったら、殺菌剤に浸して残っている胞子を死滅させるとよいでしょう。その後、オノマンネングサ(雄の万年草) 、新鮮で水はけのよい鉢植え用土に植え替えましょう。根腐れした多肉植物を救うことができるとは限りませんが、ほとんどの場合、この植物は完全に回復することができ、次の成長期から新しい成長を遂げることができます。
もっと読む more
オノマンネングサ(雄の万年草) 水やりはどのくらいの頻度で行えばよいのでしょうか?
オノマンネングサ(雄の万年草) 水やりの頻度については、厳密な決まりはありません。土の状態を確認し、乾いているときだけ水やりをするのがベストです。鉢の中に指を突っ込むか、水分計を使って表面下の土をチェックします。深めの鉢に植えるときは、棒や箸でやるといいでしょう。少しでも湿っていると感じたら、数日待ってもう一度確認してみてください。 オノマンネングサ(雄の万年草) 夏は2週間に1回、冬は1ヶ月に1回程度の水やりが必要な方が多いようですが、頻度を変える要因はいくつかあります。以下のセクションでは、水やりの頻度を決定するのに役立ついくつかの考慮事項を挙げています。
もっと読む more
オノマンネングサ(雄の万年草) の水やりの際に注意することはありますか?
オノマンネングサ(雄の万年草) の水やりに必要な環境条件は、容器の大きさ、土の種類、温度、湿度など、いくつか挙げられます。 まず、使用する容器と土によって、水やりの頻度と水の量が決まります。余分な水が鉢の外に出るように、底に水抜き穴がたくさんある容器を使用するようにしてください。小さな容器は土が入りきらないので水分が少なく、大きな容器は水分が長く保てるので水やりの回数が少なくて済みます。オノマンネングサ(雄の万年草) を大きな鉢に入れたままにしておくと、水のやりすぎになりやすいので注意が必要です。植え替えの際は、現在使用している鉢より一回り大きな鉢に植え替えましょう。オノマンネングサ(雄の万年草) は根が浅いので、深い容器よりも浅い容器の方が適しています。 オノマンネングサ(雄の万年草) は、冬は水やりの回数を減らし、春と秋の成長期には水やりの回数を増やす必要があります。冬は生育がかなり遅くなり、植物がエネルギーや水をあまり使っていない状態です。また、冬は気温が低いので蒸発による水分の損失が少なく、夏よりもずっと長い時間、土が湿っていることになります。 これは、あなたの家の周りの一般的な気候にも当てはまります。湿度が高く、雨がよく降る場所に住んでいる場合は、乾燥している場所に住んでいる場合よりも水やりの頻度が少なくて済みます。同じ場所でも、季節や室内の暖房・冷房の使用状況によって大きく変化することも覚えておいてください。 屋外での植栽 オノマンネングサ(雄の万年草) を地植えした場合、根を張った後は、降水や露で受ける以上の水を補う必要はないはずです。しかし、乾燥した時期が長く続くようであれば、時々水やりをしたほうがよいかもしれません。また、オノマンネングサ(雄の万年草) がコンテナでしか栽培できない地域では、春から夏にかけて気温が適切なときに外に出し、気温が下がり始めたら室内に戻すことができます。日陰のベランダでも日当たりが良いので、室内で育てるよりも、屋外で育てる鉢植えのオノマンネングサ(雄の万年草) の方が、通常、より多くの水を必要とします。
もっと読む more
オノマンネングサ(雄の万年草) 水やりはどうする?
オノマンネングサ(雄の万年草) 水やりの方法は、十分に水に浸した後、乾いてから再び水を与えるのがベストです。この植物は乾燥に強いので、かなり乾いてから水やりをすることもできます。この種の植物は、水をやりすぎるより、少なすぎるほうがいいのです。 水やりの際は、土が鉢全体にしっかり浸かるようにしましょう。一か所だけ水をかけるのではなく、プランターの縁をぐるりと一周して、植物の四方を濡らすようにします。正しい水の量は、容器の大きさや土が水を吸収する量によって異なります。オノマンネングサ(雄の万年草) 水抜き穴から水が抜けるくらい水を与え、(理想的には)抜いた水を受け皿に20~30分ほど放置して、乾いた土のポケットに吸収させます。その後、土が水浸しにならないように、受け皿に残っている余分な水は捨ててください。 底面給水は、オノマンネングサ(雄の万年草) 、土が十分に湿っていることを確認できるため、優れた方法です。これは、鉢を水の入った受け皿に置き、水抜き穴から土が水分を吸収するようにする方法です。表層が湿っていれば、土が十分に水を吸ったということがわかります。この方法は、トップウォーターよりも少し時間がかかりますが、鉢全体に均等に水を行き渡らせることができるため、ほぼ間違いありません。 オノマンネングサ(雄の万年草) の本来の生息地は、雨が少なく比較的乾燥していますが、雨が降れば土は十分に湿るものです。ですから、土が完全に乾いているときに底面給水することで、この状況を模倣することができます。オノマンネングサ(雄の万年草) の場合は、頻繁に軽い水やりをするよりも、深い土浴びをした方がよいでしょう。
もっと読む more
icon
あなたの植物に合ったヒントとコツを知りましょう。
水やりや日当たり、肥料などに関するガイドを参考に植物の幸せと健康を保ちましょう。
close
plant_info

オノマンネングサ(雄の万年草)の主要データ

feedback
ご意見
feedback

オノマンネングサ(雄の万年草)の特性

形態
多年生
種類
多肉植物, ハーブ
植え付け時期
春, 秋半ば, 晩秋, 初冬, 晩冬
開花時期
晩春, 夏
収穫時期
草丈
10 cm to 20 cm
樹冠の直径
60 cm
葉の色
花の直径
4 cm to 8 cm
花の色
茎の色
休眠
冬の休眠
葉の種類
常緑樹, 半常緑樹
適温
15 - 38 ℃
成長する季節
春, 夏
Pollinators
成長速度
速い

名前の物語

Carpet sedum
丈夫で手間のかからない植物で、まとめて植えたときに現れる花のじゅうたんが一番の魅力です。そのため、英名ではCarpet sedum(カーペット状のセダム)と呼ばれています。

花言葉

リズム感

利用方法

環境保全
従来の断熱材や防水保護材に代わると言われる屋上緑化に利用されます。
ガーデニング
暑さにも寒さにも強いオノマンネングサ(雄の万年草)は、地面を這うように成長する特徴からグランドカバーに利用される事の多い植物です。他にも、ハンギング仕立てにして飾られたり、耐乾性が高いので、ロックガーデンやドライガーデンなどに利用されたりします。

トリビアと面白い知識

オノマンネングサ(雄の万年草)の開花・結実期は農家の収穫期と重なります。風が吹くたびに、オノマンネングサ(雄の万年草)の果実が収穫の季節であることを伝えるかのように響きます。
icon
あなたにピッタリな植物を見つけます。
植物の種類やペットへの安全、技術水準、場所など、あなたの基準に基づいた緑のオアシスを計画しましょう。
pests

オノマンネングサ(雄の万年草)のよくある害虫と病気

feedback
ご意見
feedback
1000万件の実例に基づく、オノマンネングサ(雄の万年草)によく発生する問題
日光不足
日光不足 日光不足
日光不足
日照不足によって、茎や葉はやせ細って色褪せます。
対処法: 日光不足の症状は、植物に与える日光の量を増やすことによってのみ解決することができます。とはいえ、以下の方法は、黄化の症状がこれ以上進むのを止めることしかできません。一度変形してしまったものを元に戻すことはできないのです。 植物を、より多くの光を受けられる位置へ動かしましょう。日光が多すぎると植物が日焼けを起こしてしまうので、種ごとの必要量を確認してください。 適切な人工照明を設置しましょう。 改善された日光環境の中で、下の葉がよく育つように、最も長く伸びた茎を剪定するのも良いでしょう。
傷跡
傷跡 傷跡
傷跡
茎の退色している部分がそれ以上大きくならず、数も増えない場合、それは単なる傷跡です。
対処法: 傷の原因ごとに、植物の回復に役立つ手段は異なります。 人やペットによって擦り傷ができる場合は、幹や葉を物理的ダメージから保護しましょう。 害虫や病気が傷の原因である場合は、拡散防止のために、その植物を他の植物から隔離しましょう。害虫によっては、殺虫剤を使わなくても、柔らかい布と石鹸水、または希釈したイソプロピルアルコールスプレーなどで駆除することができます。 植物を直射日光が当たらない場所に移動して適切に水をやり、日焼けを防ぎます。 葉や芽が頻繁に落ちる場合は、光や栄養素が不足している可能性があります。
加齢による黄変と乾燥
加齢による黄変と乾燥 加齢による黄変と乾燥
加齢による黄変と乾燥
植物の老化により葉が黄色に変色し、乾燥していきます。
対処法: 葉や花が黄色くなったり、乾燥したりすることが年齢的に自然な流れであるならば、その過程を遅らせたり、止めたりすることはできません。植物の中のホルモンが老化のプロセスを開始すると、それは元に戻すことができません。
水不足
水不足 水不足
水不足
葉がしおれる原因はさまざまです。
対処法: 水不足に対処する最も簡単な(そして最も明白な)方法は、植物に十分に水を与えることです。ただし、これは慎重に行う必要があります。多くの人がやりがちな間違いは、水切れの植物に急に水を与えすぎることです。そうした場合、植物の根を驚かせ、株にショックを与える可能性があり、水切れよりもさらに被害が大きくなることがあります。 そうではなく、全体にゆっくりと水をやり、間を取って徐々に水を土壌にしみ込ませ、根に届ける必要があります。冷水は植物を驚かせてしまう可能性があるため、常温の水を使用してください。 その後は水やりの間隔を短くしてください。株の周りの土を毎日チェックするようにしましょう。少なくとも表面から5 cmほど乾いたら水をあげます。コンテナが急速に乾燥する場合は、排水の遅いコンテナに植え替えるといいでしょう。
葉腐病
葉腐病 葉腐病
葉腐病
この病原体により葉の腐敗が引き起こされます。
対処法: 細菌感染は、近くの健康な植物に広がり、屋内や屋外の広い範囲に影響が出る可能性があるため、早期に対処する必要があります。 軽度の場合:10%希釈の漂白剤で消毒した剪定ばさみなどを使い、感染した部位を剪定し、必ず別の場所に廃棄します。銅系の殺菌剤を使い、症状が出ていない葉や、周辺の土壌、植物を消毒します。製品ラベルに記載されている希釈倍数や使用方法などに従ってください。 重度の場合(植物全体の葉のうち半分以上に被害が出ている場合):感染した植物をすべて抜き取り、敷地外に廃棄します。銅系殺菌剤を使って周辺の土壌や植物を消毒します。製品ラベルに記載されている希釈倍数や使用方法などに従ってください。
赤斑病
赤斑病 赤斑病
赤斑病
この感染が原因で植物に赤斑の斑点が発生します。
対処法: 赤斑病の症状が軽い場合は、治療しなくても問題ありません。しかし、葉の多くに斑紋ができてしまった場合には対処することをおすすめします。はじめのうちは自然農薬で対処し、必要に応じてより強力な合成化学殺菌剤を散布します。 自然農薬ではカビを殺せませんが、広がることを防げます。 小さじ1/2杯の重曹と小さじ1杯の液体石鹸を4.5リットルの水に溶かす。その混合液を入れたスプレーボトルで混合液が滴り落ちるまで葉の両面に散布する。既存の斑紋が大きくならず、新しく発生しなくなるまで、2週間ごとに繰り返す。 銅ベースの殺菌性石鹸を葉にスプレーし、葉の上面と下面をコーティングする。製品ラベルの指示に従って再塗布すること。銅は葉の表面に浸透し、胞子の発芽を防ぎ、カビが広がるのを防ぐ。 ラベルの指示に従って株全体に万能殺菌剤を散布すること。
icon
植物の病気を治療して予防しましょう。
AIの植物ドクターは数秒で、あなたが植物の問題を診断するのを手助けします。
close
日光不足
plant poor
日光不足
日照不足によって、茎や葉はやせ細って色褪せます。
概要
概要
すべての植物は光を必要としています。必要とする量の日光が当たらない場合、黄化とよばれる現象が起こり、上手く成長できなくなってしまいます。黄化した植物は、十分に日光を得られる位置まで到達しようと必死になり、すべてのエネルギーを、より高く成長することに注ぎ込みます。これにより、その他多くの成長因子が阻害されるため、日光を奪われてしまった植物は弱ったり変形したりして、やがてほとんど認識もできないほどの姿になります。日光不足の症状は、室内で育つ観葉植物に最もよく見られますが、屋外の植物に発生することもあります。
症状の分析
症状の分析
症状は植物によって異なりますが、一般的な日光不足の症状はすぐに見つけられます。
  1. 植物の茎が高く、ひょろ長く伸びます。
  2. 葉が少なく、葉や茎に色味が無くなる傾向があります。これはクロロフィルの不足によるものです。
  3. 植物のあらゆる部分が弱り、中にはしおれるものもあります。これは、植物があらゆる光源に向かって急速に伸びようとし、エネルギーが全て、この成長のために消費されてしまうことが原因です。
疾病の原因
疾病の原因
種類により必要量は異なりますが、全ての植物は、光合成のために日光が必要です。光合成とは、成長と、果実や花をつけるためのエネルギーを生産する過程のことです。日光不足の環境に置かれた植物は、より良質な光を得るため、すべてのエネルギーを上方(先端)へ向かう成長に注ぎます。オーキシンと呼ばれる植物ホルモンが活発に成長する植物の先端部分から発生し、下へ向かって送られることにより側生を抑えます。細胞内のpHが低下すると、非酵素的な細胞壁タンパク質であるエクスパンシンが細胞壁を緩め、壁を伸長させます。この伸長により、茎、特に節間が異常に伸びたり、植物がひょろ長くなったりします。これは黄化した植物に見られます。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース そして すぐに使える大量のガイド...
qrcode
携帯のカメラでQRコードをスキャンするとアプリをダウンロードできます
傷跡
plant poor
傷跡
茎の退色している部分がそれ以上大きくならず、数も増えない場合、それは単なる傷跡です。
症状の分析
症状の分析
傷が癒えた植物には、傷跡が残ります。人やペットがそばを通りすぎるときに擦られると、植物には傷ができる場合があります。原因となる問題が解決すると植物の傷は回復しますが、傷跡が残る可能性があります。
害虫や病原菌も傷跡の原因となります。植物を食べる害虫が大量発生して、大きな傷跡が残る場合もあります。真菌や細菌などの病原菌は弱らせ、茶色い斑点、ジクジク、ブツブツなどが発生し、それらが傷跡になる場合があります。
葉や芽が落ちてから回復すると、茎に傷跡ができます。硬い組織は、傷を保護するかさぶたのようなものです。
また、傷跡は、日光や暑さに過剰に晒されているなど、環境条件の問題を示している場合もあります。サボテンのような砂漠に自生する植物でさえ、日焼けの影響を受ける可能性があることに驚くかもしれません!
対処法
対処法
傷の原因ごとに、植物の回復に役立つ手段は異なります。
  1. 人やペットによって擦り傷ができる場合は、幹や葉を物理的ダメージから保護しましょう。
  2. 害虫や病気が傷の原因である場合は、拡散防止のために、その植物を他の植物から隔離しましょう。害虫によっては、殺虫剤を使わなくても、柔らかい布と石鹸水、または希釈したイソプロピルアルコールスプレーなどで駆除することができます。
  3. 植物を直射日光が当たらない場所に移動して適切に水をやり、日焼けを防ぎます。
  4. 葉や芽が頻繁に落ちる場合は、光や栄養素が不足している可能性があります。
予防策
予防策
傷の原因には、簡単に防げるものもあります。しかし、どのような原因でも、植物を自宅に持ち帰ることを決めたら、まずは植物に注意を払うことから始まります。
  1. 土壌の水はけ、水やり、肥料の条件など、その植物固有の栽培条件を確認しましょう。
  2. 植える前に植物を点検し、真菌や細菌の感染を防止するために消毒した鉢と新鮮な培養土や培地を使用しましょう。
  3. 根を張ったら、問題を早期発見できるように、傷や害虫の存在がないかを定期的に確認しましょう。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース そして すぐに使える大量のガイド...
qrcode
携帯のカメラでQRコードをスキャンするとアプリをダウンロードできます
加齢による黄変と乾燥
plant poor
加齢による黄変と乾燥
植物の老化により葉が黄色に変色し、乾燥していきます。
概要
概要
植物の種類や育てている場所に関わらず、ある時期になると加齢による黄変と乾燥が始まります。加齢による黄変と乾燥は、植物がその人生のすべてのステップを終えたときに起こる、自然的で避けられないプロセスです。
一年生の植物は、1つの成長期の終わりに加齢による黄変と乾燥を経験します。多年生の植物は、数十年、数百年と数年間生き続けますが、最終的には加齢による黄変と乾燥が現れます。
症状の分析
症状の分析
植物が自然の発達段階を経て、ライフサイクルの終わりに近づくと、衰退の兆候が現れ始めます。葉は黄変して垂れ下がり、やがて紙のような茶色になり、乾燥していきます。
完全に乾燥すると、葉が落ち始め植物全体が乾燥します。
疾病の原因
疾病の原因
植物は寿命が尽きると、遺伝子の働きでエチレンの生産量が増え、老化をコントロールする植物ホルモンが分泌されます。細胞分裂が停止し、植物は他の部分で使用するために栄養分を異化し始めます。
このようにして、組織は黄色く乾燥し始め、植物全体が乾燥して枯れてしまいます。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース そして すぐに使える大量のガイド...
qrcode
携帯のカメラでQRコードをスキャンするとアプリをダウンロードできます
水不足
plant poor
水不足
葉がしおれる原因はさまざまです。
概要
概要
水不足によって植物が簡単に枯れてしまうのは基本知識です。しかし、育てている植物が必要とする水量を正確に知ることは難しく、特に水のあげすぎと水切れがに同じような症状を示すので手間がかかります。
それぞれの植物に対し、どの程度水やりを必要なのか注意を払うことが大切です。
症状の分析
症状の分析
先述したように、水のあげすぎと水切れは同様の症状を示します。発育不良、葉のしおれ、落葉、葉の先端または縁が茶色になるなどです。水はあげすぎても足りなくても植物を枯らしてしまいます。
水が多すぎるか少なすぎるかを判断する簡単な方法は、葉を観察することです。 水不足が原因の場合、葉は茶色でパリパリになりますが、水をあげすぎると黄色または淡い緑色となります。
最初は、特に丈夫な植物や水切れに強い植物は目立った症状が出ないかもしれませんが、水不足がひどくなるとしおれ始めます。葉の端が茶色になるか、丸まります。プランターの壁から土が離れてきたり、または茎がサクサクしたりもろくなるのも、その兆候です。
水不足が長引くと、植物の成長が阻害されます。葉落したり、病害虫の被害を受けやすくなります。
疾病の原因
疾病の原因
水不足は、簡単に言えば、植物に頻繁にまたは十分に深くまで水を与えていないことが原因です。次のいずれかの状況が当てはまる場合、水不足のリスクが高まります。
  • 極端な暑さと乾燥した天候。(屋外で栽培している時)
  • 明るすぎるまたは強すぎるグローライトまたは屋内照明。
  • 砂などの水はけの良い土壌を使用している。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース そして すぐに使える大量のガイド...
qrcode
携帯のカメラでQRコードをスキャンするとアプリをダウンロードできます
葉腐病
plant poor
葉腐病
この病原体により葉の腐敗が引き起こされます。
概要
概要
葉腐病は、観葉植物でも庭の植物でも見られる、非常に一般的な問題です。葉に被害をもたらす病気で、雨や栽培者による霧吹きなどで濡れた状態になった時によく発生します。病気の原因となるのは真菌症で、湿った葉に真菌の胞子が付着し、葉に侵入して急速に広がることで発症します。湿気が多く風通しの悪い環境では、感染しやすくなります。一方、他の要因としては、吸汁する昆虫が葉を傷つけ、そこから真菌が侵入する場合もあります。
症状の分析
症状の分析
  1. 胞子が湿った葉に付着して葉の中に侵入します。既存の傷から侵入することが多いです。
  2. 小さな暗褐色の斑点が出現し、胞子形成が始まるとともに急速に広がります。
  3. ダーツの的のような斑点はすぐに繋がって葉の全体に黒ずみが広がり、質感を失います。
  4. 葉が落ちはじめます。
疾病の原因
疾病の原因
これらの症状は、植物の細菌への感染によって引き起こされます。周辺環境の中のさまざまな感染源(空気、水、土壌、病気の植物)から、傷や、場合によっては開いた気孔を通じて植物に侵入します。葉の組織内に入ると、細菌は栄養を摂取しながら素早く繁殖し、健康な葉を破壊していきます。
細菌感染はほとんどの植物にとって脅威となり得ます。また、植物から植物へ、または土壌から植物へと移動しやすくなる、湿潤な気候においてよく発生します。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース そして すぐに使える大量のガイド...
qrcode
携帯のカメラでQRコードをスキャンするとアプリをダウンロードできます
赤斑病
plant poor
赤斑病
この感染が原因で植物に赤斑の斑点が発生します。
概要
概要
葉の変色した斑点は植物の一般的な病気です。カビもしくは細菌が原因ですが、ほとんどの場合はカビの病原体が関係しています。
赤斑病は、すべての観葉植物、顕花植物、野菜、および木、茂みや低木の葉に発生します。すべての植物が感染する可能性をもち、暖湿な環境ではさらに感染しやすくなります。葉が存在する限り、あらゆる成長段階で発生しえます。
小さな茶色がかった斑点が葉に出て、進行するにつれて拡大します。重症の場合、病斑が光合成を妨害したり落葉したりすると、植物や樹木が衰弱します。
症状の分析
症状の分析
多くの場合赤斑病は全体のごく一部のみに発症し、少数の葉に出ます。症状が軽い場合は、株にわずかなストレスを与えるだけです。しかし、治療せずに放置し、何シーズンにもわたって症状が進行すると、感染した株の健康と収穫に深刻な影響を与えます。
  • 胞子形成が始まると(真菌胞子の繁殖)、葉に小さな斑点がつく。
  • 病気が雨滴を通して広がるので、発生はランダムに散らばる。
  • 葉裏や湿度の高い植物の内部に現れることがある。
  • 茶色の斑点は拡大し、他の斑点とくっついて、より目立つ斑点になる。
  • 葉の縁が黄色になることがある。
  • デッドスポットには小さな黒点(菌の子実体)が現れる。
  • 斑点は葉全体が茶色になるまで広がる。
  • 落葉する。
重度の症状
  • 部分的または全体が早い時期に落葉する。
  • 成長が遅れる、
  • 害虫やその他の病気の被害にあいやすくなる。
疾病の原因
疾病の原因
赤斑病、または斑点病とは、植物や木の葉に被害を出す複数の病気を総称した一般的な用語です。葉の斑点に関する病気の約85%は、カビまたは糸状菌によるものです。 赤斑病は、細菌感染、または同様の症状を伴う害虫によるものがあります。
暖かく、葉の表面が湿っているときに、風や雨によって運ばれるカビの胞子が表面に付着します。カビの胞子は細胞壁を破壊しませんが、植物の原形質膜と細胞壁の間で繁殖します。胞子が繁殖するにつれて、毒素と酵素を放出し、葉に壊死斑(すなわち、死んだ組織)を生じさせ、細胞が分解されたときに放出された生成物をカビが消費するようになります。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース そして すぐに使える大量のガイド...
qrcode
携帯のカメラでQRコードをスキャンするとアプリをダウンロードできます
distribution

オノマンネングサ(雄の万年草)の分布

feedback
ご意見
feedback

オノマンネングサ(雄の万年草)の分布地図

distribution map
在来
栽培
侵略
侵略的になりうる
外来
報告なし
habit
care_scenes

オノマンネングサ(雄の万年草)の成長と世話の詳細情報

feedback
ご意見
基本のお世話ガイド
もっと見る
照明
十分な日光
オノマンネングサ(雄の万年草) 日照時間の長い環境を好み、一日の大半を太陽が照らす場所で繁栄する。原産地は日照時間の長い場所です。最適な生育のためには、過度な日陰を避け、安定した日照を確保しましょう。
普段の最適な日光
気温
-10 - 43 ℃
オノマンネングサ(雄の万年草) 、自生地の気温は59~100 ℉(15~38 ㍑)で生育する。この範囲内の温度を好み、時折50 ℉(10 ℉)まで下がったり、104 ℉(40 ℉)まで上がったりしても耐えることができる。涼しい季節には、霜から守るために室内か日陰で管理することをお勧めします。
健康な成長に適した気温
植え替え
4-6 inches
オノマンネングサ(雄の万年草) 、移植に最適な時期は春の半ばから初夏にかけてです。暑さが厳しくなる前に根を張ることができるからです。最良の結果を得るためには、部分的に日陰のある、水はけのよい場所を選びましょう。移植の際には、根球をやさしくほぐし、健全な生育を促しましょう。
植え替えのテクニック
受粉
簡単
オノマンネングサ(雄の万年草) その主要な受粉媒介者はミツバチだ。鮮やかな色合いとおいしい蜜で、受粉のためにブンブン飛び回るこの花たちを誘うのだ。受粉の際、ミツバチは蜜を求めて花粉を体に集め、それを次に訪れる花に運ぶ。この交配戦略は通常、植物の開花期間中に行われ、種子の生産に成功する。
受粉のテクニック
Overwinter
-10 - 43 ℃
東アジアの温帯地域が原産で、オノマンネングサ(雄の万年草) 、寒い冬に適応し、気温が下がると休眠期に入る。肉厚で多肉質の葉は、生存を助けるために水分を蓄えている。越冬したオノマンネングサ(雄の万年草) の手入れは、断熱のためにマルチングを施し、根腐れを防ぐために水やりを控える。霜の害から守りながら、活力を維持するために十分な光を当てることが重要です。
冬のテクニック
風水の方角
北西
オノマンネングサ(雄の万年草) は風水の原則によく合致している。特に北西の方角と相性が良く、八卦では師匠の運と父親の姿に関連する地域です。低く広く広がるオノマンネングサ(雄の万年草) の成長パターンは、グラウンディングと安定を象徴する。これは北西方位に優勢な父性のエネルギーをさりげなく強化し、決定的な顕現を主張することなく、調和のとれた方法で宇宙のエネルギーをさりげなくうながします。
風水の詳細
other_plant

オノマンネングサ(雄の万年草)に関連する植物

feedback
ご意見
feedback
ノボタン
ノボタン
ノボタンは夏から秋にかけて鮮やかな紫の花をたくさん咲かせる熱帯花木です。冬暖かい地域であれば日当たりのよい場所に地植えできますが、鉢植えでも栽培は可能です。株をコンパクトに保つために大きく切り戻しをする場合は、開花に影響しないよう4月中旬ごろまでに済ませるようにします。
シチヨウジュ(七葉樹)
シチヨウジュ(七葉樹)
シチヨウジュ(七葉樹)は樹皮に有毒成分を含むことが確認されています。植物の成長が速く、栽培が容易である特徴をもつことから、鉛筆や棺桶、コルクなど様々な生活用品にも使用されています。
テッセン(鉄線)
テッセン(鉄線)
その名の通り、つるが鉄でできているように強いことから、テッセン(鉄線)は「甘い束縛」や「縛り付ける」などの花言葉を持っています。クレマチスの原種のひとつで、クレマチス全体のことを「テッセン(鉄線)」と呼ぶ場合もありますが、正確には1つの品種(原種)のことを指します。
ロイヤルジャスミン
ロイヤルジャスミン
ロイヤルジャスミンは、1819年に中国から沖縄に入ってきたつる性常緑低木です。素馨という名前はかつての南漢の劉王「素馨」の愛人のお気に入りの花だったことに由来します。白い花には強い香りがあり、花が咲いた直後の花から精油を抽出し、ジャスミンの花精油として使用されます。
ニオイササウチワ(匂笹団扇)
ニオイササウチワ(匂笹団扇)
ニオイササウチワ(匂笹団扇)はスパティフィラム属の植物です。同属の他の仲間は白い仏炎苞(ぶつえんほう:ミズバショウに見られるような花を包む大きな苞葉)を持ちますが、ニオイササウチワ(匂笹団扇)の仏炎苞は葉の色に近くあまり目立ちません(そのかわり、最大で30cmほどと迫力のある大きさになります)。花はパイナップルのような香りがします。
オリヅルラン(折鶴蘭)
オリヅルラン(折鶴蘭)
オリヅルラン(折鶴蘭)は南アフリカ原産で、明治時代初期に日本へ持ち込まれました。長く伸びる茎の先に花を付け、そこから新たな株を形成する様子が折り鶴に似ていることからオリヅルランと呼ばれます。英名ではこれをクモに見立てスパイダープラントと呼ばれます。
クチナシ
クチナシ
クチナシ は、日本では古くから染料として利用されてきた低木です。秋に実る橙赤色の実が熟しても裂けず、口無しと比喩されていたことから「クチナシ」と呼ばれるようになりました。純白で香りの良い花を咲かせ、幸せにまつわる花言葉もあることから、結婚式やお祝いの場でよく使われます。
ポトス
ポトス
ポトスは、光沢のあるハート型の葉を持つ常緑の観葉植物です。メンテナンスが簡単で、ツル状に伸びる特徴を生かしてハンギングバスケットなどで栽培するのに適しています。
さらに植物を見る
close
product icon
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース そして すぐに使える大量のガイド...
究極の植物ガイド
判定し、よりよく育て、世話をする!
product icon
17,000種の在来植物と400,000種の世界の植物が研究されました
product icon
約5年間もの調査
product icon
80人以上の植物学とガーデニングの学者
ad
ad
ポケットの中の植物学者
Scan the QR code with your phone camera to download the app
アプリについて
お世話ガイド
お世話についてのよくある質問
詳しい情報
害虫と病気
分布
より詳細なお世話ガイド
関連する植物
オノマンネングサ(雄の万年草)
オノマンネングサ(雄の万年草)
オノマンネングサ(雄の万年草)
オノマンネングサ(雄の万年草)
オノマンネングサ(雄の万年草)
オノマンネングサ(雄の万年草)
オノマンネングサ(雄の万年草)
Sedum lineare
オノマンネングサ(雄の万年草)は、日本各地の岩の上や石垣でよく見られ、星のような形の黄色い花を多数咲かせます。暑さや乾燥に強いだけではなく、耐寒性もあり大変丈夫であるため、土地を覆う被覆植物として植えられます。
水やり
水やり
3週ごと
日照量
日照量
十分な日光
more
question

オノマンネングサ(雄の万年草)についての質問

feedback
ご意見
feedback
Watering Watering 水やり
Sunlight Sunlight 日当たり
Temperature Temperature 気温
Fertilizing Fertilizing 肥料
オノマンネングサ(雄の万年草) 水やりが多すぎたり少なすぎたりした場合はどうしたらよいですか?
more
オノマンネングサ(雄の万年草) 水やりはどのくらいの頻度で行えばよいのでしょうか?
more
オノマンネングサ(雄の万年草) の水やりの際に注意することはありますか?
more
オノマンネングサ(雄の万年草) 水やりはどうする?
more
icon
あなたの植物に合ったヒントとコツを知りましょう。
水やりや日当たり、肥料などに関するガイドを参考に植物の幸せと健康を保ちましょう。
アプリをダウンロード
close
plant_info

オノマンネングサ(雄の万年草)の主要データ

feedback
ご意見
feedback

オノマンネングサ(雄の万年草)の特性

形態
多年生
種類
多肉植物, ハーブ
植え付け時期
春, 秋半ば, 晩秋, 初冬, 晩冬
開花時期
晩春, 夏
収穫時期
草丈
10 cm to 20 cm
樹冠の直径
60 cm
葉の色
花の直径
4 cm to 8 cm
花の色
茎の色
休眠
冬の休眠
葉の種類
常緑樹, 半常緑樹
適温
15 - 38 ℃
成長する季節
春, 夏
Pollinators
成長速度
速い
icon
さらに役立つ植物の知識を得る
情報豊富な植物事典を使って、さらに理解を深めましょう
アプリをダウンロード

名前の物語

Carpet sedum
丈夫で手間のかからない植物で、まとめて植えたときに現れる花のじゅうたんが一番の魅力です。そのため、英名ではCarpet sedum(カーペット状のセダム)と呼ばれています。

花言葉

リズム感

利用方法

環境保全
従来の断熱材や防水保護材に代わると言われる屋上緑化に利用されます。
ガーデニング
暑さにも寒さにも強いオノマンネングサ(雄の万年草)は、地面を這うように成長する特徴からグランドカバーに利用される事の多い植物です。他にも、ハンギング仕立てにして飾られたり、耐乾性が高いので、ロックガーデンやドライガーデンなどに利用されたりします。

トリビアと面白い知識

オノマンネングサ(雄の万年草)の開花・結実期は農家の収穫期と重なります。風が吹くたびに、オノマンネングサ(雄の万年草)の果実が収穫の季節であることを伝えるかのように響きます。
icon
二度とお世話を忘れません!
特製の便利なお世話の通知で、植物のお世話は今まで以上に簡単になりました。
アプリをダウンロード
pests

オノマンネングサ(雄の万年草)のよくある害虫と病気

feedback
ご意見
feedback
1000万件の実例に基づく、オノマンネングサ(雄の万年草)によく発生する問題
日光不足
日光不足 日光不足 日光不足
日照不足によって、茎や葉はやせ細って色褪せます。
対処法: 日光不足の症状は、植物に与える日光の量を増やすことによってのみ解決することができます。とはいえ、以下の方法は、黄化の症状がこれ以上進むのを止めることしかできません。一度変形してしまったものを元に戻すことはできないのです。 植物を、より多くの光を受けられる位置へ動かしましょう。日光が多すぎると植物が日焼けを起こしてしまうので、種ごとの必要量を確認してください。 適切な人工照明を設置しましょう。 改善された日光環境の中で、下の葉がよく育つように、最も長く伸びた茎を剪定するのも良いでしょう。
Learn More About the 日光不足 more
傷跡
傷跡 傷跡 傷跡
茎の退色している部分がそれ以上大きくならず、数も増えない場合、それは単なる傷跡です。
対処法: 傷の原因ごとに、植物の回復に役立つ手段は異なります。 人やペットによって擦り傷ができる場合は、幹や葉を物理的ダメージから保護しましょう。 害虫や病気が傷の原因である場合は、拡散防止のために、その植物を他の植物から隔離しましょう。害虫によっては、殺虫剤を使わなくても、柔らかい布と石鹸水、または希釈したイソプロピルアルコールスプレーなどで駆除することができます。 植物を直射日光が当たらない場所に移動して適切に水をやり、日焼けを防ぎます。 葉や芽が頻繁に落ちる場合は、光や栄養素が不足している可能性があります。
Learn More About the 傷跡 more
加齢による黄変と乾燥
加齢による黄変と乾燥 加齢による黄変と乾燥 加齢による黄変と乾燥
植物の老化により葉が黄色に変色し、乾燥していきます。
対処法: 葉や花が黄色くなったり、乾燥したりすることが年齢的に自然な流れであるならば、その過程を遅らせたり、止めたりすることはできません。植物の中のホルモンが老化のプロセスを開始すると、それは元に戻すことができません。
Learn More About the 加齢による黄変と乾燥 more
水不足
水不足 水不足 水不足
葉がしおれる原因はさまざまです。
対処法: 水不足に対処する最も簡単な(そして最も明白な)方法は、植物に十分に水を与えることです。ただし、これは慎重に行う必要があります。多くの人がやりがちな間違いは、水切れの植物に急に水を与えすぎることです。そうした場合、植物の根を驚かせ、株にショックを与える可能性があり、水切れよりもさらに被害が大きくなることがあります。 そうではなく、全体にゆっくりと水をやり、間を取って徐々に水を土壌にしみ込ませ、根に届ける必要があります。冷水は植物を驚かせてしまう可能性があるため、常温の水を使用してください。 その後は水やりの間隔を短くしてください。株の周りの土を毎日チェックするようにしましょう。少なくとも表面から5 cmほど乾いたら水をあげます。コンテナが急速に乾燥する場合は、排水の遅いコンテナに植え替えるといいでしょう。
Learn More About the 水不足 more
葉腐病
葉腐病 葉腐病 葉腐病
この病原体により葉の腐敗が引き起こされます。
対処法: 細菌感染は、近くの健康な植物に広がり、屋内や屋外の広い範囲に影響が出る可能性があるため、早期に対処する必要があります。 軽度の場合:10%希釈の漂白剤で消毒した剪定ばさみなどを使い、感染した部位を剪定し、必ず別の場所に廃棄します。銅系の殺菌剤を使い、症状が出ていない葉や、周辺の土壌、植物を消毒します。製品ラベルに記載されている希釈倍数や使用方法などに従ってください。 重度の場合(植物全体の葉のうち半分以上に被害が出ている場合):感染した植物をすべて抜き取り、敷地外に廃棄します。銅系殺菌剤を使って周辺の土壌や植物を消毒します。製品ラベルに記載されている希釈倍数や使用方法などに従ってください。
Learn More About the 葉腐病 more
赤斑病
赤斑病 赤斑病 赤斑病
この感染が原因で植物に赤斑の斑点が発生します。
対処法: 赤斑病の症状が軽い場合は、治療しなくても問題ありません。しかし、葉の多くに斑紋ができてしまった場合には対処することをおすすめします。はじめのうちは自然農薬で対処し、必要に応じてより強力な合成化学殺菌剤を散布します。 自然農薬ではカビを殺せませんが、広がることを防げます。 小さじ1/2杯の重曹と小さじ1杯の液体石鹸を4.5リットルの水に溶かす。その混合液を入れたスプレーボトルで混合液が滴り落ちるまで葉の両面に散布する。既存の斑紋が大きくならず、新しく発生しなくなるまで、2週間ごとに繰り返す。 銅ベースの殺菌性石鹸を葉にスプレーし、葉の上面と下面をコーティングする。製品ラベルの指示に従って再塗布すること。銅は葉の表面に浸透し、胞子の発芽を防ぎ、カビが広がるのを防ぐ。 ラベルの指示に従って株全体に万能殺菌剤を散布すること。
Learn More About the 赤斑病 more
icon
植物の病気を治療して予防しましょう。
AIの植物ドクターは数秒で、あなたが植物の問題を診断するのを手助けします。
アプリをダウンロード
close
日光不足
plant poor
日光不足
日照不足によって、茎や葉はやせ細って色褪せます。
概要
概要
すべての植物は光を必要としています。必要とする量の日光が当たらない場合、黄化とよばれる現象が起こり、上手く成長できなくなってしまいます。黄化した植物は、十分に日光を得られる位置まで到達しようと必死になり、すべてのエネルギーを、より高く成長することに注ぎ込みます。これにより、その他多くの成長因子が阻害されるため、日光を奪われてしまった植物は弱ったり変形したりして、やがてほとんど認識もできないほどの姿になります。日光不足の症状は、室内で育つ観葉植物に最もよく見られますが、屋外の植物に発生することもあります。
症状の分析
症状の分析
症状は植物によって異なりますが、一般的な日光不足の症状はすぐに見つけられます。
  1. 植物の茎が高く、ひょろ長く伸びます。
  2. 葉が少なく、葉や茎に色味が無くなる傾向があります。これはクロロフィルの不足によるものです。
  3. 植物のあらゆる部分が弱り、中にはしおれるものもあります。これは、植物があらゆる光源に向かって急速に伸びようとし、エネルギーが全て、この成長のために消費されてしまうことが原因です。
疾病の原因
疾病の原因
種類により必要量は異なりますが、全ての植物は、光合成のために日光が必要です。光合成とは、成長と、果実や花をつけるためのエネルギーを生産する過程のことです。日光不足の環境に置かれた植物は、より良質な光を得るため、すべてのエネルギーを上方(先端)へ向かう成長に注ぎます。オーキシンと呼ばれる植物ホルモンが活発に成長する植物の先端部分から発生し、下へ向かって送られることにより側生を抑えます。細胞内のpHが低下すると、非酵素的な細胞壁タンパク質であるエクスパンシンが細胞壁を緩め、壁を伸長させます。この伸長により、茎、特に節間が異常に伸びたり、植物がひょろ長くなったりします。これは黄化した植物に見られます。
対処法
対処法
日光不足の症状は、植物に与える日光の量を増やすことによってのみ解決することができます。とはいえ、以下の方法は、黄化の症状がこれ以上進むのを止めることしかできません。一度変形してしまったものを元に戻すことはできないのです。
  • 植物を、より多くの光を受けられる位置へ動かしましょう。日光が多すぎると植物が日焼けを起こしてしまうので、種ごとの必要量を確認してください。
  • 適切な人工照明を設置しましょう。
  • 改善された日光環境の中で、下の葉がよく育つように、最も長く伸びた茎を剪定するのも良いでしょう。
予防策
予防策
黄化を起こさないためには、最初から十分な量の日光を与えるようにしましょう。
  1. それぞれの植物にとって、適切な量の日光が当たる場所を選びましょう。多くの屋内植物は、日照時間が最も長い南向きの窓またはその近くで最もよく育ちます。花をつける植物や色付きの葉をもつ植物は、全体が緑色の植物よりも多くの光を必要とします。これは、葉の緑色の部分でのみ光合成が行われるためです。
  2. 設置場所の光の条件に合った植物を選択しましょう。栽培する品種によっては、日光量が少なくても問題のないものもあります。
  3. グローライトを使用しましょう。暗い場所では人工照明が必要になることがあります。日照時間が短い冬には、より必要性が高まることもあるでしょう。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース
すぐに使える大量のガイド...
close
傷跡
plant poor
傷跡
茎の退色している部分がそれ以上大きくならず、数も増えない場合、それは単なる傷跡です。
症状の分析
症状の分析
傷が癒えた植物には、傷跡が残ります。人やペットがそばを通りすぎるときに擦られると、植物には傷ができる場合があります。原因となる問題が解決すると植物の傷は回復しますが、傷跡が残る可能性があります。
害虫や病原菌も傷跡の原因となります。植物を食べる害虫が大量発生して、大きな傷跡が残る場合もあります。真菌や細菌などの病原菌は弱らせ、茶色い斑点、ジクジク、ブツブツなどが発生し、それらが傷跡になる場合があります。
葉や芽が落ちてから回復すると、茎に傷跡ができます。硬い組織は、傷を保護するかさぶたのようなものです。
また、傷跡は、日光や暑さに過剰に晒されているなど、環境条件の問題を示している場合もあります。サボテンのような砂漠に自生する植物でさえ、日焼けの影響を受ける可能性があることに驚くかもしれません!
対処法
対処法
傷の原因ごとに、植物の回復に役立つ手段は異なります。
  1. 人やペットによって擦り傷ができる場合は、幹や葉を物理的ダメージから保護しましょう。
  2. 害虫や病気が傷の原因である場合は、拡散防止のために、その植物を他の植物から隔離しましょう。害虫によっては、殺虫剤を使わなくても、柔らかい布と石鹸水、または希釈したイソプロピルアルコールスプレーなどで駆除することができます。
  3. 植物を直射日光が当たらない場所に移動して適切に水をやり、日焼けを防ぎます。
  4. 葉や芽が頻繁に落ちる場合は、光や栄養素が不足している可能性があります。
予防策
予防策
傷の原因には、簡単に防げるものもあります。しかし、どのような原因でも、植物を自宅に持ち帰ることを決めたら、まずは植物に注意を払うことから始まります。
  1. 土壌の水はけ、水やり、肥料の条件など、その植物固有の栽培条件を確認しましょう。
  2. 植える前に植物を点検し、真菌や細菌の感染を防止するために消毒した鉢と新鮮な培養土や培地を使用しましょう。
  3. 根を張ったら、問題を早期発見できるように、傷や害虫の存在がないかを定期的に確認しましょう。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース
すぐに使える大量のガイド...
close
加齢による黄変と乾燥
plant poor
加齢による黄変と乾燥
植物の老化により葉が黄色に変色し、乾燥していきます。
概要
概要
植物の種類や育てている場所に関わらず、ある時期になると加齢による黄変と乾燥が始まります。加齢による黄変と乾燥は、植物がその人生のすべてのステップを終えたときに起こる、自然的で避けられないプロセスです。
一年生の植物は、1つの成長期の終わりに加齢による黄変と乾燥を経験します。多年生の植物は、数十年、数百年と数年間生き続けますが、最終的には加齢による黄変と乾燥が現れます。
症状の分析
症状の分析
植物が自然の発達段階を経て、ライフサイクルの終わりに近づくと、衰退の兆候が現れ始めます。葉は黄変して垂れ下がり、やがて紙のような茶色になり、乾燥していきます。
完全に乾燥すると、葉が落ち始め植物全体が乾燥します。
疾病の原因
疾病の原因
植物は寿命が尽きると、遺伝子の働きでエチレンの生産量が増え、老化をコントロールする植物ホルモンが分泌されます。細胞分裂が停止し、植物は他の部分で使用するために栄養分を異化し始めます。
このようにして、組織は黄色く乾燥し始め、植物全体が乾燥して枯れてしまいます。
対処法
対処法
葉や花が黄色くなったり、乾燥したりすることが年齢的に自然な流れであるならば、その過程を遅らせたり、止めたりすることはできません。植物の中のホルモンが老化のプロセスを開始すると、それは元に戻すことができません。
予防策
予防策
残念ながら、植物の老衰を防ぐ方法はありません。植物を長持ちさせ、加齢による黄変と乾燥の症状を少しでも和らげるためには、十分な水を与え、適切な肥料を与え、十分な日光を浴びるようにするなどの十分な手入れをし、植物を大切にしましょう。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース
すぐに使える大量のガイド...
close
水不足
plant poor
水不足
葉がしおれる原因はさまざまです。
概要
概要
水不足によって植物が簡単に枯れてしまうのは基本知識です。しかし、育てている植物が必要とする水量を正確に知ることは難しく、特に水のあげすぎと水切れがに同じような症状を示すので手間がかかります。
それぞれの植物に対し、どの程度水やりを必要なのか注意を払うことが大切です。
症状の分析
症状の分析
先述したように、水のあげすぎと水切れは同様の症状を示します。発育不良、葉のしおれ、落葉、葉の先端または縁が茶色になるなどです。水はあげすぎても足りなくても植物を枯らしてしまいます。
水が多すぎるか少なすぎるかを判断する簡単な方法は、葉を観察することです。 水不足が原因の場合、葉は茶色でパリパリになりますが、水をあげすぎると黄色または淡い緑色となります。
最初は、特に丈夫な植物や水切れに強い植物は目立った症状が出ないかもしれませんが、水不足がひどくなるとしおれ始めます。葉の端が茶色になるか、丸まります。プランターの壁から土が離れてきたり、または茎がサクサクしたりもろくなるのも、その兆候です。
水不足が長引くと、植物の成長が阻害されます。葉落したり、病害虫の被害を受けやすくなります。
疾病の原因
疾病の原因
水不足は、簡単に言えば、植物に頻繁にまたは十分に深くまで水を与えていないことが原因です。次のいずれかの状況が当てはまる場合、水不足のリスクが高まります。
  • 極端な暑さと乾燥した天候。(屋外で栽培している時)
  • 明るすぎるまたは強すぎるグローライトまたは屋内照明。
  • 砂などの水はけの良い土壌を使用している。
対処法
対処法
水不足に対処する最も簡単な(そして最も明白な)方法は、植物に十分に水を与えることです。ただし、これは慎重に行う必要があります。多くの人がやりがちな間違いは、水切れの植物に急に水を与えすぎることです。そうした場合、植物の根を驚かせ、株にショックを与える可能性があり、水切れよりもさらに被害が大きくなることがあります。
そうではなく、全体にゆっくりと水をやり、間を取って徐々に水を土壌にしみ込ませ、根に届ける必要があります。冷水は植物を驚かせてしまう可能性があるため、常温の水を使用してください。
その後は水やりの間隔を短くしてください。株の周りの土を毎日チェックするようにしましょう。少なくとも表面から5 cmほど乾いたら水をあげます。コンテナが急速に乾燥する場合は、排水の遅いコンテナに植え替えるといいでしょう。
予防策
予防策
水やりの前に必ず土壌を確認してください。土の表面から3 cmほど指を入れて、濡れていなく、湿っていると感じる具合が理想です。乾燥している場合は、すぐに水をやります。ドロッとした感じの場合は、もう少し乾くまで水やりを避けてください。
また、日光が適切であることを確認してください。強い光や大量の熱により植物はより速く成長し、より多くの水を必要とします。水不足を防ぐため、日光条件を確認し、必要に応じて変更します。多くのコンテナの土壌混合物は、水はけが良いことが多いです。堆肥やピートモスなどの水分を保持する材料を追加することで防げます。
水不足を防ぐ方法は次のとおりです:
  • 適切なサイズの排水穴のある鉢を選ぶ。
  • 暑すぎる温度は避ける。
  • 土を増やせる大きな鉢を使用する。(乾くのに時間がかかる)
  • すぐに水がなくなるテラコッタポットは避ける。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース
すぐに使える大量のガイド...
close
葉腐病
plant poor
葉腐病
この病原体により葉の腐敗が引き起こされます。
概要
概要
葉腐病は、観葉植物でも庭の植物でも見られる、非常に一般的な問題です。葉に被害をもたらす病気で、雨や栽培者による霧吹きなどで濡れた状態になった時によく発生します。病気の原因となるのは真菌症で、湿った葉に真菌の胞子が付着し、葉に侵入して急速に広がることで発症します。湿気が多く風通しの悪い環境では、感染しやすくなります。一方、他の要因としては、吸汁する昆虫が葉を傷つけ、そこから真菌が侵入する場合もあります。
症状の分析
症状の分析
  1. 胞子が湿った葉に付着して葉の中に侵入します。既存の傷から侵入することが多いです。
  2. 小さな暗褐色の斑点が出現し、胞子形成が始まるとともに急速に広がります。
  3. ダーツの的のような斑点はすぐに繋がって葉の全体に黒ずみが広がり、質感を失います。
  4. 葉が落ちはじめます。
疾病の原因
疾病の原因
これらの症状は、植物の細菌への感染によって引き起こされます。周辺環境の中のさまざまな感染源(空気、水、土壌、病気の植物)から、傷や、場合によっては開いた気孔を通じて植物に侵入します。葉の組織内に入ると、細菌は栄養を摂取しながら素早く繁殖し、健康な葉を破壊していきます。
細菌感染はほとんどの植物にとって脅威となり得ます。また、植物から植物へ、または土壌から植物へと移動しやすくなる、湿潤な気候においてよく発生します。
対処法
対処法
細菌感染は、近くの健康な植物に広がり、屋内や屋外の広い範囲に影響が出る可能性があるため、早期に対処する必要があります。
軽度の場合:10%希釈の漂白剤で消毒した剪定ばさみなどを使い、感染した部位を剪定し、必ず別の場所に廃棄します。銅系の殺菌剤を使い、症状が出ていない葉や、周辺の土壌、植物を消毒します。製品ラベルに記載されている希釈倍数や使用方法などに従ってください。
重度の場合(植物全体の葉のうち半分以上に被害が出ている場合):感染した植物をすべて抜き取り、敷地外に廃棄します。銅系殺菌剤を使って周辺の土壌や植物を消毒します。製品ラベルに記載されている希釈倍数や使用方法などに従ってください。
予防策
予防策
  1. シーズンの終わりに庭に落ちた植物のくずを掃除します。特に、病気の植物の組織を地面に放置しないようにしましょう。病原菌が越冬し、翌年に新しい植物に感染することがあるためです。
  2. 植物の上から水やりをしないようにしましょう。葉は乾燥した状態を保ち、別の植物へと病原菌が広がるのを防ぎます。
  3. 土壌中の細菌が健康な植物に飛び散るのを防ぐために、植物の根元にマルチングを施しましょう。
  4. 剪定を行ったり、次の植物に移動したりする際には、剪定ばさみを都度10%希釈の漂白剤で消毒しましょう。
  5. 庭の植物が濡れているときには、作業しないでください。
  6. 同じ場所での連作による細菌の蓄積を防ぐため、作物をローテーションしましょう。
  7. 感染予防のため、春先に銅系またはストレプトマイシンを含む殺菌剤を散布します。全ての植物に適した薬剤ではないので、ラベルに記載の使用方法をよく読んでから行いましょう。
  8. 植物間の間隔を十分に取り、密に茂るタイプの植物は葉を間引きすることで、風通しを可能な限りよくしましょう。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース
すぐに使える大量のガイド...
close
赤斑病
plant poor
赤斑病
この感染が原因で植物に赤斑の斑点が発生します。
概要
概要
葉の変色した斑点は植物の一般的な病気です。カビもしくは細菌が原因ですが、ほとんどの場合はカビの病原体が関係しています。
赤斑病は、すべての観葉植物、顕花植物、野菜、および木、茂みや低木の葉に発生します。すべての植物が感染する可能性をもち、暖湿な環境ではさらに感染しやすくなります。葉が存在する限り、あらゆる成長段階で発生しえます。
小さな茶色がかった斑点が葉に出て、進行するにつれて拡大します。重症の場合、病斑が光合成を妨害したり落葉したりすると、植物や樹木が衰弱します。
症状の分析
症状の分析
多くの場合赤斑病は全体のごく一部のみに発症し、少数の葉に出ます。症状が軽い場合は、株にわずかなストレスを与えるだけです。しかし、治療せずに放置し、何シーズンにもわたって症状が進行すると、感染した株の健康と収穫に深刻な影響を与えます。
  • 胞子形成が始まると(真菌胞子の繁殖)、葉に小さな斑点がつく。
  • 病気が雨滴を通して広がるので、発生はランダムに散らばる。
  • 葉裏や湿度の高い植物の内部に現れることがある。
  • 茶色の斑点は拡大し、他の斑点とくっついて、より目立つ斑点になる。
  • 葉の縁が黄色になることがある。
  • デッドスポットには小さな黒点(菌の子実体)が現れる。
  • 斑点は葉全体が茶色になるまで広がる。
  • 落葉する。
重度の症状
  • 部分的または全体が早い時期に落葉する。
  • 成長が遅れる、
  • 害虫やその他の病気の被害にあいやすくなる。
疾病の原因
疾病の原因
赤斑病、または斑点病とは、植物や木の葉に被害を出す複数の病気を総称した一般的な用語です。葉の斑点に関する病気の約85%は、カビまたは糸状菌によるものです。 赤斑病は、細菌感染、または同様の症状を伴う害虫によるものがあります。
暖かく、葉の表面が湿っているときに、風や雨によって運ばれるカビの胞子が表面に付着します。カビの胞子は細胞壁を破壊しませんが、植物の原形質膜と細胞壁の間で繁殖します。胞子が繁殖するにつれて、毒素と酵素を放出し、葉に壊死斑(すなわち、死んだ組織)を生じさせ、細胞が分解されたときに放出された生成物をカビが消費するようになります。
対処法
対処法
赤斑病の症状が軽い場合は、治療しなくても問題ありません。しかし、葉の多くに斑紋ができてしまった場合には対処することをおすすめします。はじめのうちは自然農薬で対処し、必要に応じてより強力な合成化学殺菌剤を散布します。
自然農薬ではカビを殺せませんが、広がることを防げます。
  1. 小さじ1/2杯の重曹と小さじ1杯の液体石鹸を4.5リットルの水に溶かす。その混合液を入れたスプレーボトルで混合液が滴り落ちるまで葉の両面に散布する。既存の斑紋が大きくならず、新しく発生しなくなるまで、2週間ごとに繰り返す。
  2. 銅ベースの殺菌性石鹸を葉にスプレーし、葉の上面と下面をコーティングする。製品ラベルの指示に従って再塗布すること。銅は葉の表面に浸透し、胞子の発芽を防ぎ、カビが広がるのを防ぐ。
  3. ラベルの指示に従って株全体に万能殺菌剤を散布すること。
予防策
予防策
他の多くの病気と同様に、赤斑病は治療するよりも予防​​する方が簡単で、手入れを通して行います。
  • 菌類やバクテリアが越冬する可能性のある場所を最小限に抑えるために、冬の前に地面から落ち葉を取り除く。
  • 株を適切な間隔で植えて、風通しをよくする。
  • 剪定により、株の中心付近の風通しをよくする。
  • 病気の植物を処理した剪定道具は徹底的に掃除する。
  • 病気の植物材料を堆肥にしないこと。
  • 葉が湿りすぎないように、株の上からの水やりは避ける。
  • 適切な日光、水、肥料を与えて、株の健康を保つこと。
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース
すぐに使える大量のガイド...
distribution

オノマンネングサ(雄の万年草)の分布

feedback
ご意見
feedback

オノマンネングサ(雄の万年草)の分布地図

distribution map
在来
栽培
侵略
侵略的になりうる
外来
報告なし
care_scenes

オノマンネングサ(雄の万年草)の成長と世話の詳細情報

feedback
基本のお世話ガイド
もっと見る
plant_info

オノマンネングサ(雄の万年草)に関連する植物

feedback
ご意見
feedback
product icon close
究極の植物ガイド
判定し、よりよく育て、世話をする!
product icon
17,000種の在来植物と400,000種の世界の植物が研究されました
product icon
約5年間もの調査
product icon
80人以上の植物学とガーデニングの学者
ad
product icon close
アプリで続きを読む - おすすめ
400,000以上の植物データベース
すぐに使える大量のガイド...
照明
close
室内
室内
屋外
あなたに合った世話のコツを知るには、ここから場所を選択してください。
必要な条件
十分な日光
理想
6時間を超える日光
半日陰
許容範囲
約3から6時間の日光
庭で太陽の光が優雅に移動する様子を観察し、植物のために光と陰のバランスが完璧な場所を選びましょう。そうすることで、植物たちが幸せに育つことができます。
要点
オノマンネングサ(雄の万年草) 日照時間の長い環境を好み、一日の大半を太陽が照らす場所で繁栄する。原産地は日照時間の長い場所です。最適な生育のためには、過度な日陰を避け、安定した日照を確保しましょう。
好ましい
許容範囲
適さない
icon
植物に実際に当たる光を知りましょう。
スマホで植物に最適な場所を見つけて、最大限に健康にしましょう。
アプリをダウンロード
人工照明
室内の植物は最適な成長には適切な照明が必要です。自然光が不足している場合、特に冬や日照の少ない場所では、人工照明が重要な解決策となり、より速く健康的な成長を促進します。
詳細を表示
屋内の植物は、最適な成長のために適切な照明を必要とします。特に冬や日照の少ない場所では、自然光が不十分な場合、人工光はより速く、健康的な成長を促進する重要な解決策となります。
1. 適切な人工光の種類を選ぶ:植物が必要とする特定の光の波長を提供できるため、LEDライトは屋内の植物の照明に人気のある選択肢です。
フルサンの植物には、30-50ワット/平方フィートの人工光が必要であり、部分的な日陰の植物には、20-30ワット/平方フィートが必要であり、完全な日陰の植物には、10-20ワット/平方フィートが必要です。
2. 適切な距離を決定する:植物から12〜36インチ上に光源を配置し、自然光を模倣します。
3. 適切な時間を決定する:植物の種に合わせて自然の日光時間の長さを模倣します。ほとんどの植物は1日に8〜12時間の光を必要とします。
重要な症状
%sの不十分な光の症状
オノマンネングサ(雄の万年草) は屋内園芸で愛されている植物で、生育には強い光が必要です。しかし、照明が最適でない部屋に置くと、光線欠乏症の症状が出ることがあります。
詳細を表示
(症状の詳細と対処法)
明るい色の新葉
日照不足になると、葉の色が不規則になったり、青白く見えたりすることがある。これは、葉緑素と必須栄養素の不足を示す。
脚がだるい、または生育がまばら
オノマンネングサ(雄の万年草) の葉と葉の間や茎と茎の間が長くなり、細く伸びたように見えることがあります。その結果、葉と葉の間や茎の間が長くなり、細く伸びたように見えることがあります。そのため、株がまばらで弱々しく見え、重みで折れたり傾いたりしやすくなります。
新芽の成長が遅い、または全くない
オノマンネングサ(雄の万年草) は、光条件が悪いとサバイバルモードに入り、葉の生産を停止させる。その結果、植物の成長が遅れたり、完全に止まったりする。
より速い落葉
植物は弱い光条件にさらされると、資源を節約するために古い葉を早めに落とす傾向がある。限られた時間の中で、植物のエネルギーが枯渇するまで、これらの資源は新しい葉を成長させるために利用される。
対処法
1. 最適な成長を確保するために、植物を週ごとに徐々に日当たりの良い場所に移動させてください。直射日光を毎日少なくとも6時間受けるようになるまで移動させます。南向きの窓を使用し、カーテンを昼間は開けて最大限の日光にさらし、栄養蓄積を促します。2. 植物に追加の光を提供するために、大型のものや移動が難しい場合は人工光を使用することを検討してください。デスクランプや天井の照明を毎日少なくとも8時間点灯させるか、専用の植物用グローライトを導入して十分な光を確保します。
%sの過剰な光の症状
オノマンネングサ(雄の万年草) 成長するためには強い光が必要だが、中には日光に驚くほど強く、ほとんど日焼けをしないものもある。
詳細を表示
(症状の詳細と対処法)
白化
葉の白化は、植物の葉が緑色を失い黄色に変色する状態です。これは過剰な日光による葉緑素の分解に起因し、植物の光合成能力に悪影響を及ぼします。
葉焼け
日焼けは、植物の葉や茎が強い日光によって損傷を受けると発生します。植物組織上には淡色、漂白、壊死した領域として現れ、植物の全体的な健康状態を低下させることがあります。
葉がカールする
日光の強い環境下では、葉が巻き曲がったりねじれたりする症状が見られます。これは植物が日光にさらされた表面積を減らし、水分の損失やダメージを最小限に抑えるために使用する防御メカニズムです。
しおれ
しおれは、植物が持続圧を失い、葉や茎が垂れ下がる状態です。日光の過剰曝露によって蒸散を通じた植物の水分喪失が増加し、適切な水分補給を維持することが困難になるため、しおれが起こることがあります。
葉焼け
葉焼けは、過剰な日光によって葉の縁や斑点が茶色く乾燥しパリパリとした状態になる症状です。これによって光合成能力や全体的な植物の健康状態が低下する可能性があります。
対処法
1. 植物を最適な位置に移動し、豊富な日光を受けることができるが、一部の日陰もある場所に置いてください。朝の日光が穏やかな東向きの窓が理想的です。これにより、植物は十分な日光を楽しむことができ、日焼けのリスクを減らすことができます。2. 完全に脱水または枯れた部分を切り取ることをおすすめします。
植物の病気や毒性、雑草の管理などについての情報を参照しましょう。
気温
close
室内
室内
屋外
あなたに合った世話のコツを知るには、ここから場所を選択してください。
必要な条件
理想
許容範囲
適さない
人と同様に、それぞれの植物には好みがあります。植物の温度要件を学び、彼らが豊かに成長するための快適な環境を整えましょう。 植物に愛情を注ぎながら、深い絆が育まれます。植物の温度要件を学びながら、直感に信頼し、共有する旅を楽しみましょう。 植物の周囲の温度を心を込めてモニターし、必要に応じて環境を調整してください。温度計はこの真心のこもった取り組みにおいて頼りになるパートナーとなります。 植物の温度要件を探求する際に、自分自身に対して忍耐強く優しく接してください。成功を喜び、課題から学び、愛情を込めて庭を育みながら、あなたのケアの温もりを反映した安らぎの場を作りましょう。
要点
オノマンネングサ(雄の万年草) 、自生地の気温は59~100 ℉(15~38 ㍑)で生育する。この範囲内の温度を好み、時折50 ℉(10 ℉)まで下がったり、104 ℉(40 ℉)まで上がったりしても耐えることができる。涼しい季節には、霜から守るために室内か日陰で管理することをお勧めします。
地域での冬越し方針
オノマンネングサ(雄の万年草) は暑さを好む植物で、冬の間は徐々に成長が止まり休眠状態に入る。外気温が{Tolerable_growing_temperature_min}以下になったら、室内に移動して栽培します。南向きの窓際を選び、できるだけ日照を確保する。自然光が十分でない場合は、補助照明を使用する。気温が{Suitable_growth_temperature_min}を下回ると生育が鈍るので、根腐れを防ぐために水やりを控えるか、中止する。オノマンネングサ(雄の万年草) 、屋外で栽培する場合は、低温の間は水やりを完全に中止する。可能であれば、仮設の温室を設けて断熱材を入れたり、ビニールフィルムや布などの資材で低温期の植物を包んだりすることもできます。
重要な症状
オノマンネングサ(雄の万年草)の低温の症状
オノマンネングサ(雄の万年草) 高温で生育し、低温には弱い。気温が{Suitable_growth_temperature_min}以上のときに最もよく生育する。冬期は{Tolerable_growing_temperature_min}以上に保つ。{Limit_growth_temperature}を下回 ると、株が弱ったり、しおれたり、根腐れしやすくなります。軽度の霜害の場合、初期症状はなくても、1 週間もすると徐々に枯れてきます。
対処法
根が腐っていないか注意しながら、霜にやられた部分を切り取る。根が腐っている場合は切り取る必要があり、挿し木で殖やすことができる。すぐに室内の暖かい場所に移し、南向きの窓際に置いて日当たりを確保する。光量が足りない場合は、補助照明を使用することもできる。
オノマンネングサ(雄の万年草)の高温の症状
夏場は、オノマンネングサ(雄の万年草) 、{Suitable_growth_temperature_max}以下に保つ。温度が {Tolerable_growing_temperature_max} を超えると、植物の生長は止まり、水分が失われ、しおれ、日焼けしやすくなります。
対処法
日焼けして腐った部分を取り除く。植物が回復し、再び成長を始めるまで、午後の日光を遮る。根腐れを起こした株は、新しい根が出始めるまで水やりを中止する。
植物の病気や毒性、雑草の管理などについての情報を参照しましょう。
クッキー管理ツール
ブラウザやデバイスでクッキーを管理するのに加えて、こちらでクッキーの設定を変更できます。
必要なクッキー
必要なクッキーは、中核的機能を可能にします。これらのクッキーがないとウェブサイトは正常に機能せず、ブラウザの設定を変更することでのみ無効化することができます。
分析クッキー
分析クッキーは利用に関する情報を収集・報告することで、当社がアプリやウェブサイトの改善をするのに役立ちます。
クッキーの名称 ソース 目的 有効期限
_ga Googleアナリティクス このクッキーは当社によるGoogleアナリティクスの利用のために設定されています。このクッキーはアプリやウェブサイトの利用に関する情報を収集するのに利用されます。このクッキーはあなたのIPアドレスやデバイスに関するデータ、アプリやウェブサイトの利用に関するその他の情報などの特定の情報を収集します。データ処理は基本的にGoogle LLCにより行われ、Googleはプロファイリングなど独自の目的でクッキーで収集されたデータを利用する可能性があり、Googleアカウントなどその他のデータと結びつけることがあることにご留意ください。 Googleによるあなたのデータの処理方法やGoogleのプライバシーへの取り組み、あなたのデータの保護実行に関するその他の情報はこちらをご覧ください。 1年
_pta PictureThisアナリティクス 当社はこれらのクッキーを使用することで、あなたが当社のサイトをどのように利用するかに関する情報の収集や、サイトのパフォーマンスの測定、サイトのパフォーマンスとサービス、そしてあなたの体験の改善を行います。 1年
クッキーの名称
_ga
ソース
Googleアナリティクス
目的
このクッキーは当社によるGoogleアナリティクスの利用のために設定されています。このクッキーはアプリやウェブサイトの利用に関する情報を収集するのに利用されます。このクッキーはあなたのIPアドレスやデバイスに関するデータ、アプリやウェブサイトの利用に関するその他の情報などの特定の情報を収集します。データ処理は基本的にGoogle LLCにより行われ、Googleはプロファイリングなど独自の目的でクッキーで収集されたデータを利用する可能性があり、Googleアカウントなどその他のデータと結びつけることがあることにご留意ください。 Googleによるあなたのデータの処理方法やGoogleのプライバシーへの取り組み、あなたのデータの保護実行に関するその他の情報はこちらをご覧ください。
有効期限
1年

クッキーの名称
_pta
ソース
PictureThisアナリティクス
目的
当社はこれらのクッキーを使用することで、あなたが当社のサイトをどのように利用するかに関する情報の収集や、サイトのパフォーマンスの測定、サイトのパフォーマンスとサービス、そしてあなたの体験の改善を行います。
有効期限
1年
マーケティングクッキー
マーケティングクッキーは広告会社に利用され、あなたの関心に関連した広告を提供します。
クッキーの名称 ソース 目的 有効期限
_fbp Facebookピクセル リターゲティング活動のために当社が使用しているコンバージョン・ピクセル・トラッキングです。詳しくはこちらからどうぞ。 1年
_adj Adjust このクッキーがモバイル分析と属性サービスを提供することで、当社はアプリ内でのマーケティング活動や何らかのイベント、活動の有効性を測定・分析することができます。詳しくはこちらをご覧ください。 1年
クッキーの名称
_fbp
ソース
Facebookピクセル
目的
リターゲティング活動のために当社が使用しているコンバージョン・ピクセル・トラッキングです。詳しくはこちらからどうぞ。
有効期限
1年

クッキーの名称
_adj
ソース
Adjust
目的
このクッキーがモバイル分析と属性サービスを提供することで、当社はアプリ内でのマーケティング活動や何らかのイベント、活動の有効性を測定・分析することができます。詳しくはこちらをご覧ください。
有効期限
1年
アプリを使用するとこのページはより良く表示されます
開いた